人体 書き方。 ウィトルウィウス的人体図

ウィトルウィウス的人体図

人体 書き方

中国占星術のルーツは、中国最古の「夏」という王朝があったとされる、四〇〇〇年の昔に遡ります。 この時代、あるいはもっと古い時代に算命学の骨格となるものが考え出された、と推定されています。 生命と宇宙のリズム 私たちが世の中に生を受けるとはどういう事なのか、何かと因果関係があるのか。 四〇〇〇年昔の人たちは疑問を持ちました。 そして、ある事に注目をしました。 生まれて来ようが来まいが宇宙や地球は一定のリズムを保って動いている。 このリズムの中で私たちは生まれ死んでいくのですから、生命は宇宙のリズムと関係があるのではないかと考えたのです。 十干~自然界の形と質~ 地球には一日があって、昼があって夜がある。 さらに一月があり一年…という風に宇宙のリズムがあります。 また、一年の中には四季があって、春に花が咲き夏には虫が活動し、秋には果実がなり冬には葉が落ちる。 人間も生まれてから一年ごとに成長し大人になり歳を取っていく。 これらのことは、宇宙のリズムに「質」があるからではないだろうか。 こうして彼らは、宇宙のリズムの中に「質」を探し始めました。 人間をはじめ草花など自然界に存在する万物について、宇宙のリズムの中にある「質」が地球上に形となって現れた、と考え大自然を分類しました。 そして、それぞれの分類について符号をつけたものが十干です。 これらは地球上ではさまざな形になって現れていますから、宇宙の空間のリズムとも言えます。 これらはすべて宇宙の、すなわち大自然の運行をつかさどる目に見えない力から出ています。 これは人間の意思や力ではどうすることも出来ず、このが人間に見方をする状態を「運」というのです。 十二支~宇宙の時間のリズム~ また彼らは宇宙のリズムについて、木星の周期が十二年であるとの観測から、時間的には十二年ごとに一巡すると考えました。 実際に一年を十二ヶ月に別けてみると、生活するのに非常に都合が良かったため、このリズムにも符号をつけました。 これが十二支です。 この符号は、誰にでに親しまれて使ってもらえるように、身近にいる動物の名を用いました。 宇宙のリズムは、毎年、毎月、毎日のリズムと一致します。 空間のリズムと時間のリズムである十干と十二支が、毎年、毎月、毎日に回ってくるのです。 十干の始まりが甲。 十二支の始まりが子。 だから甲子が一番最初にやってきます。 次が乙丑、その次が丙寅となります。 六十番目に癸亥、そして再び甲子に戻ります。 全部で六十通りの組み合わせができ、これが六十花甲子という暦になったのです。 天中殺~宇宙のリズムの落とし穴~ 宇宙のリズムである六十花甲子は毎日、毎月、毎年に巡ってきます。 このいずれかの日に人は産まれてきます。 生年月日の宇宙のリズムがその人のリズムになるのです。 ちなみに、六十歳を祝う還暦というのも、六十花甲子がもともとの始まり。 暦が一回りして還るから還暦です。 節分や七五三などの行事も、算命学の考え方から発祥したのです。 皆さんがご存じの「天中殺」というのも、算命学の専門用語の一つです。 なんだか不気味で不安を誘う言葉ですが、天中殺というのは「宇宙のひづみ」の事です。 十干と十二支では、二という数字が半端になってしまいます。 十干と十二支の組み合わせで生まれる二という数字のズレは、いわば宇宙の不整脈です。 この不整脈が天中殺と呼ばれるのです。 天中殺は算命学の原理からすると、運勢の休息期間、休息を取るべき期間と言えます。 ここで休息を取らないでいると、夜も寝ないで働くのと同様で運勢にくるいが生じてきます。 ですから、天中殺の時に何か新しいことをしても、壊れてしまい成就しないということになります。 単に災いが出ることをことさら取り上げて「天中殺だ!」というように使われることは、算命学の立場からすると非常に不本意なのです。 人体図~心の形~ 食べたものが血・肉・骨といった身体の一部になったり、エネルギーになったり。 こうした人間の生命活動と同じように、生年月日に入ってきた宇宙のリズム「気」も身体を通って別の形として外に出る。 算命学では、十二支と十干が身体を通って別の形になったものを「星」としました。 十干から出てくる十種類の星を十大主星、十二支から出てくる十二種類の星を十二大従星と名付けました。 星という字の成り立ちからわかるように、「日」と「生」つまり「生まれた日」を表しています。 生まれた日の星は、自分の心の故郷を表します。 「気」が身体を通って別の形で外に出る時、それは心の現れ…感情や性格となります。 感情や性格は心から出てきます。 心は、その故郷である「星」を見るとわかります。 ところで、心はどんな姿をしているのでしょうか。 四〇〇〇年の昔の中国人は、人間の身体から心が出てくるのですから、心も人間の形をしていると考えたのです。 そこで、心の形を人体図と名付けました。 人体図の中に、あなたの星が現れることになるわけです。 また、身体は五体、身体の中は五臓で成り立っているので、心の中も五星のはずだと彼らは考えました。 そしてもう一つ、人生を初年期、中年期、晩年期に別け、三つの時代を三星で表すことにしたのです。 十大主星の五星と十二大従星の三星は、それぞれ以下の様に人体図に配置されます。 人体図の各場所の意味 十大主星 胸 胸は自分の心が出て来るところ。 その意味で自分自身。 頭 頭は胸より上。 胸が自分自身だから、頭は自分より上の人。 つまり親。 腹 腹は胸より下。 胸が自分自身だから腹は自分より下の人。 つまり子供。 右手 右手は利き腕。 いわゆる片腕と頼む人。 だから、配偶者。 左手 左手は押さえの腕。 自分と同じ立場の人。 だから兄弟姉妹または友達。 十二大従星 左肩 ここは最も頭に近いところ。 親に最も近いので、親との生活が密接な時期。 初年期。 左足 ここは腹に近いところ。 腹は子供だから、子供に縁がある時代。 中年期。 右足 ここは右手の配偶者ともっとも近いところ。 歳を取って夫や妻と二人っきりになる時代。 晩年期。

次の

【イラスト講座】体のアタリの描き方

人体 書き方

アタリの役割 イラストを描くうえでのアタリの役割は、 キャラクターのポーズと、 身体の各パーツの大体の長さを決めることです。 詳細な筋肉の形はデッサンのときに描くものなので、アタリでは必要ありません。 各部位の大体の長さを決めるだけなので、丁寧に描く必要もないです。 そして、一般的に見る骨のような形のアタリでなくても全く問題ありません。 人体の比率 パーツの長さと太さを決めるためには、人体の比率を知識として覚えておく必要があります。 上の図は7頭身のキャラクターを参考に基本的な身体の比率を紹介しています。 人にはそれぞれ身長や体重に個人差があるように、描き手によってもキャラクターに個人差が生まれます。 したがって、そこまで敏感になる必要はありません。 しかし、それに関係なく必ず覚えてほしい人体の比率がふたつあります。 1.手と腕の長さの比率• 上腕の長さは肩から腰のくびれまで(胸部と同じ長さ)• 前腕の長さは腰のくびれから脚の付け根まで(腰部と同じ長さ)• 手の長さは脚の付け根からふとももの中央あたりまで どんな体格や頭身でも、この手と腕の長さの比率は変わりません。 裏を返せば、多少無理のある体格であっても 手と腕の長さの比率が守れていれば、それらしく見えるということです。 2.手と顔の大きさの比率 手の大きさは顔(髪の生え際からアゴまでの長さ)とほぼ一緒です。 男性キャラならこれよりも多少大きくても問題ありません。 特にバストアップなど近影のキャラを描くときには注意します。 この2点の比率を守り、自分好みの体格のアタリを描いていきましょう。 アタリを上手に描くコツ 1.見づらいパーツを「色分け」する アタリを描く際によく直面する問題のひとつが、難しいポーズを描くときに パーツが重なって見づらくなる点です。 このような場合は、重なったパーツや見づらいパーツの 色を変えて描くことをオススメします。 アタリが見やすくなり、作業効率アップにつながります。 2.アタリを取ったほうが時短につながる 「アタリを描く時間がもったいない」という考えからアタリなしでデッサンを描く人がいますが、イラストを描き始めたばかりの人がアタリを描かずに人体を描き始めると、描き直しなどで多くの時間を費やすことになります。 慣れないうちはアタリを最初に描くことで、結果的に短時間で、しかも正確なデッサンが描けるようになります。 アタリを描くことに慣れてから、アタリ無しのデッサンに挑戦しましょう。 まとめ 以上の点をまとめると、• アタリはキャラのポーズ、そして身体の各パーツの大体の長さと太さを決める工程• 身体の比率、特に手と腕の長さの比率、顔と手の大きさの比率を覚える• 難しいポーズはパーツごとに色を変えて分かりやすくする• 面倒くさがらずにアタリは必ず描く この4点に注意して描いてみてください。 より正確で、より短時間にアタリが描けるようになると思います。 なお、もう少し詳しい情報は私の著書 『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』を参考にしていただければと思います。 アタリに限らずデッサンの方法、身体の各パーツの細かい描き方などを網羅しています! ニコニコ生放送で毎週金曜22:30より、絵の描き方を教える「お絵かき救命病棟24時! 」もやっておりますので興味があればぜひどうぞ! [著・画]松 A・TYPEcorp. WEBサイト pixiv Twitter ニコニコ生放送 フリーランスのイラストレーター。 様々な絵柄を駆使し、カードゲーム「マジンボーン・データカードダス」「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」のイラストや、4コマ漫画「BIOHAZARD THE TOON」の執筆、小説の挿絵などを手がける。 また、絵の描き方本『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』を執筆し、活動の幅を広げている。

次の

初心者は必見!目の描き方の原理原則を解説|お絵かき講座パルミー

人体 書き方

貫索星 父親の頑固さを受け継ぎ、年齢と共に頑固さが増す。 石門星 目上との社交範囲が広がる。 友人が多く、敵は少ない。 鳳閣星 風流心を理解し、年齢と共に華やかな人生に変化する。 調舒星 反骨精神が強く、目上に頼ろうとしない。 感性豊か。 禄存星 年齢と共に自分中心の考え方が強くなる。 トップの質。 司禄星 用心深い質を持ち、物事に対して用意周到。 地味で堅実な質。 車騎星 年をとっても気が若い。 常に行動力が大きい。 但し短気な質を持つ。 牽牛星 目上に対し礼儀礼節を重んじる。 人生に独特の美意識を持つ。 龍高星 目上の引き立てが少なく、自力の運。 海外志向が強く、単独行動で成功する。 玉堂星 年長者から好かれ、目上の引き立てあり。 晩年に至って精神は安泰。 天報星 若年期に人生が定まりにくい。 多才な面を持ち、才能選手となる。 天印星 若年期に年長の味方多し。 万人に好かれ敵が少ない。 福分多し。 天貴星 素直な幼少期を過ごす。 若年期平穏。 やや自意識強く、おしゃれ。 天恍星 反抗心強く、若年期に離郷の運あり。 早熟にして、異性運多し。 天南星 感性強く、若年期に一家の中心となる。 批判力強く、人を傷つけやすい。 天禄星 意志の伝達が下手で、堅実地味な人生。 不言実行の若年期。 天将星 親と自分の健康運が反比例する。 心の強弱が極端に出て、ぶれが多い。 天堂星 引っ込み思案。 若くして老人の質あり。 人生全てに用心深い。 天胡星 直感力強し。 幼少期健康に注意。 音楽や詩歌等、形無きものに才能あり。 天極星 衆人に対し奉仕的な精神を持つ。 親を愛する度合いが強く、感性豊か。 天庫星 長男・長女の質あり。 探求心強く、凝り性。 歴史的なものに興味を持つ。 天馳星 大きな行動力を持ち、安住・安定を好まない。 人生を体当たり的に開拓。 貫索星 家庭内においてワンマン的要素あり。 多くは職場で配偶者を見つける。 石門星 家庭内で友達夫婦を形成する。 明るい反面、変化が多い。 鳳閣星 明るい家庭を作り、子供の成長良好。 家庭が遊びの場となる。 調舒星 知的な家庭を作るが、家族間のコミュニケーションが下手。 孤独性あり。 禄存星 大らかな気質を作り、経済的に晩年大成する。 わがままな家庭人となる。 司禄星 堅実は家庭を作り、家族間の団結が強い。 子供の中から大成者が出る。 車騎星 せわしない家庭。 のんびり出来ないが、対外的に良妻、良夫にみられる。 牽牛星 自尊心に支えられた家庭。 信用を重んじ、自分に対し規律正しい。 龍高星 家庭においてわがまま。 自由、型破りの妻、夫となる。 対等夫婦の形成。 玉堂星 道徳的、常識的な家庭を作る。 相手に知性を求める傾向あり。 貫索星 自我心が強く、マイペース。 自立心強し。 石門星 心に柔軟性があり、和合性を持つ。 人生の長距離に強い。 鳳閣星 冷静な判断力を持ち、中庸のある人付き合いをする。 調舒星 感受性鋭く、記憶力強し。 デリケート。 反骨精神を多く持つ。 禄存星 寛大な心と柔軟性を持つ。 自意識強く、奉仕の精神が大きい。 司禄星 物事の収集と蓄積に才能あり。 家庭を大切にする心が大きい。 車騎星 激しい気質。 物事に対してストレートな行動をする。 心は純粋。 牽牛星 自分に対し厳しい。 律儀な心があり、自尊心強し。 龍高星 複雑な心を持ち、心の中を見せない。 忍耐力強く、創造性は大。 玉堂星 伝統を重んじ、古風な心を持つ。 批判力は大きく、理屈っぽい。 貫索星 変化の少ない職場で大成。 保守的な世界で仕事運が上昇。 石門星 経済人としての能力を持つ。 人間関係をまとめ上げる能力あり。 鳳閣星 マスコミ的な能力を持つ。 人間関係をまとめ上げる能力あり。 調舒星 感覚人間。 芸術芸能の才あり。 自分だけが単独で成功する。 伝達力大。 禄存星 中心人物となる。 自己を中心として集団が生まれる。 晩年期に大成。 司禄星 小集団の中で大成。 大集団の中で小さく成功する才能あり。 用心深い。 車騎星 行動力によって人生を切り開く。 直感的な行動が大きな成功へつながる。 牽牛星 人生を階段のように上り詰める。 堅実な人生。 補佐的な才能に恵まれる。 龍高星 自由な思考と創造性が武器となる。 動乱期変化期において運を掴む。 玉堂星 知的職業での大成。 表より裏方の才能に恵まれ、人を育てる才能もあり。 天報星 晩年期にいたり、精神的上昇がめざましい。 自己の精神哲学を確立する。 天印星 平穏な晩年。 周りから大切にされる運。 自分が中心となり、人が多く集まる。 天貴星 晩年期に平凡な人生に戻る。 子供運良好。 安穏な運。 天恍星 晩年期に異性運の兆しあり。 海外へ出ること多く、風流人の運。 天南星 晩年期多忙。 隠居せず、若い気を保つ。 先頭に立ちすぎるきらいあり。 天禄星 深く広く根を張る安定した晩年期となる。 家系が長く続く。 天将星 晩年期に仕事との第一線に立つ。 家族を犠牲にして運気の上昇をみる。 天堂星 穏やかな晩年。 後継者に恵まれ、親類一門の団結を作る。 天胡星 精神世界へ入る晩年期ゆえ、趣味的な世界へ進み大成する。 天極星 晩年期に宗教的奉仕の気質が大となる。 身内よりも他人からの助けが多い。 天庫星 一門をまとめ、若人を育てる役割あり。 晩年の休息は少ない。 天馳星 晩年期にいたって若者と同じ働きをする。 行動エネルギー絶大。 貫索星 守備力強く、中年から晩年に至って大成する。 目下に対して厳格さあり。 石門星 他人の力を集結する才能あり。 社交性豊か。 友人多し。 柔軟性大。 鳳閣星 趣味人的な要素あり。 自由人の質。 人生が暗くならない。 調舒星 感性を必要とする世界で大成。 自由人の質。 但し心の揺れが大きい。 禄存星 精神的統率力を持つ。 奉仕の心が大。 晩年に大成し、若年は動きが小さい。 司禄星 堅実な人生を歩み肉親の愛が強い。 異性に好まれ、人の情に流されやすい。 車騎星 正直、実直な人生を歩み、働き者。 スポーツに才能があり、身体が良く動く。 牽牛星 人生の歩みが用心深く補佐役としての才能が豊か。 失敗が少ない。 龍高星 人を育てる才能あり。 年齢差の大きい人に好かれる。 海外へ出て大成。 玉堂星 企画力・計画力に優れ、教授する才能大。 新しい世界を開く人生。 天報星 中年期に人生の大転換あり。 進む世界が異なる。 天印星 中年期に人脈の広がりが大きい。 人の和の中で成功運を掴む。 天貴星 中年期に至り人生安定。 家族運良好。 自意識強く、形にとらわれる傾向あり。 天恍星 中年期に人生の波乱多し。 職業を変えることあり。 心の安住は晩年期に良し。 天南星 中年期は力の人生。 精神よりも現実重視。 敵と味方がハッキリ分かれる。 天禄星 人生中年期より開く。 安全堅実、家族の団結強し。 但し冒険は避けよ。 天将星 一代の強運。 経済、名声は中年以降安定する。 女性は夫運を破る。 天堂星 忍耐強い中年期。 自分を抑えて周りをたてる運。 女性は福分あり。 天胡星 中年期において人生の手助け多し。 周りから持ち上げられる運あり。 天極星 中年期、家庭運に波乱多し。 堅実第一を心がけよ。 誘惑に弱い面あり。 天庫星 神経が一点に集中する傾向。 自己中心の中年期になりやすい。 経済運大。 天馳星 中年期に人生の波動が大きい。 冒険運あれども行うは危険。 夫婦仲に注意。

次の