アフィリエイト ブログ 売れない。 物販アフィリエイトで稼ぐための6つのやり方【稼げないのには理由がある】

物販アフィリエイトで売れない初心者がやっていること 売れるようになる方法は?

アフィリエイト ブログ 売れない

「これ買ってください」 見知らぬ人にいきなり言われて 商品を買う人はいません。 しかし、アフィリエイトブログの世界では、 これをやっている人が多いですよね。 「毎回商品の紹介?」 私には信じられません。 もちろん、毎回商品の紹介をしていなくても、 たまたま商品を紹介した時に、はじめて 訪問してきた人にとっては同じことでしょう。 しかし、それが毎回とか頻繁にであれば 読者になってくれる人はほとんど居なくなってしまいます。 「買ってやるものか!」という深層心理 まず、理解しておかなければならないのは、 ブログ訪問者は「買ってやるものか!」 という深層心理でいるということ。 そこに、「これ買ってください」 なんて言っても、余計に反発を買うだけです。 売れないのは当然だと言えますね。 私は過去、 セールスの世界で働いていましたが、 最初は飛び込みの訪問販売をしていました。 インターフォンを押し、 出てきた人は、セールスだとわかると、 「買ってやるものか!」と壁を作ります。 つまり、マイナスの心理状態から始まるということ。 そういう相手に、いきなり、 「これ買ってください」なんて言うはずもありません。 逆にあなたがお客さんなら、 そんなセールス相手にしないですよね? しかし、アフィリエイトではなぜか これが平気で出来てしまうんです。 要するに、相手が見えていない、 いや、見ようとすらしていないということです。 興味・共感・信頼関係 例えば、誰かと友達になる時って、 何かのきっかけで、自然と話が弾み、 信頼関係を築いていくことが多いと思います。 学生時代、新しいクラスで、 「親しみやすそうだからあの人と友達になりたいな」 と思っても、 「友達になってください」 「友達になってくれたらこんないいことがあるよ」 「しかも今だけだよ」 「もう時間がないよ」 なんて言いませんよね。 そんなこと言ったら速攻、嫌われ者です。 でも、これをやってしまう。 興味のある話のきっかけを作り 共感できる話題で盛り上がり 徐々に信頼関係を深めていく。 これは何も友達づくりに限らず、 アフィリエイトブログの運営でも同じです。 大切なのは、 興味を持たせて共感を得ながら 信頼関係を構築することです。 その上で、「これ買ってください」と言うことで、 反応は桁外れに変わるということ。 商品を売る前に自分を売る 「商品を売る前に自分を売る」 これはセールスの鉄則ですが、 アフィリエイトでも同じです。 売るための言葉は、 その前に「自分をどれだけ売っているか」で 相手が受け取る印象を変えてしまいます。 テクニックが駆使された同じ売り文句であっても、 自分を売っていなければその効果は増幅しません。 アフィリエイトブログで売れない理由は、 大前提としてそこにあると言えます。 「これ買ってください」 と言う前に、 自分を売ることを意識してみてください。 それだけであなたの言葉は、 「売るための言葉ではなく、相手のための言葉」 に変化するのですから。

次の

【検証で証明】雑記ブログは儲からないは嘘

アフィリエイト ブログ 売れない

1、ブログを開設したばかりで記事数が少ないから ブログをオープンしてから数ヶ月間はほとんど誰にも読まれないことは仕方がありません。 そもそもグーグルにインデックスされるのにも時間がかかるし、当然最初はブログのドメイン力がないために上位表示されることも難しいからです。 特にブログに数十記事しかないような状態ではなかなかネット上で認知されず、読んでくれるのは自分と友達だけだったりします。 確かにニーズのある情報を誰よりも早く配信すればブログを開設したばかりでもたくさんのアクセスが集めることができます。 少ない記事数で多くのアクセスを集められればそれに越したことはないでしょう。 しかしそれには経験とコツを身に付ける必要があり、ある程度のリサーチと勉強が必要です。 なかなか最初から上手くいくものではないのであまり大きな期待を抱かないほうが身のためです。 「ほかのブログは3ヶ月で10万PVも達成したのに自分のブログは1000PVもいかない」なんてことを思い出すとモチベーションが下がるので、それよりも最初のうちはコツコツと記事を書くことに集中しましょう。 2、思いつきで記事を書いているから コツコツ記事を書くといっても、ただなんとなく思いついたことを書けばいいということではありません。 記事数が少ないといわれると、記事数を増やすことだけに力を注ぐ人がいますが、一つ一つの記事にしっかりとした目的や戦略がなければ無価値の記事になってしまいます。 例えばこの記事は「ブログが誰にも読まれない、アクセス数がないことで悩んでいるブロガー」に向けたもので、記事の目的はそんなブロガーたちの悩みを解決することです。 一方で思いつきで書いた記事は今日は洋服のことを書き、明日は食事のことを書き、明後日はTV番組のことを書くといったように誰に向けた記事なのかがはっきりせず、自分本位になりがちな記事のことです。 芸能人のブログやすでにファンがたくさんいるブログならそれでも問題ないですが、どこの誰かも分からない人のプライベートに興味を持つ暇な読者などいません。 そうならないためにはテーマを掲げ、誰に向けて書くのかを決める、つまりターゲットを定める必要があります。 誰に対して何を書くのかというのは本当ならブログを開設する前に決めておくべきですね。 たとえ今までターゲットを設置してこなかったとしても今からでも遅くはありません。 「私のブログはこういうテーマのブログだ!」というのを宣言し、方向性を定めましょう。 そしてときどき思いつきの番外編的な内容の記事を書くのはいいとしても極力抑えてできるだけテーマに沿った記事を書いていきましょう。 読者像をイメージしながら、その人が求める情報、抱えている悩みなどを想像してあげると記事もスムーズに書けるようになりますよ。 3、タイトルにキーワードが入っていないから ターゲットを定めて読者が必要としている記事を書いているのにも関わらず誰にも読まれないならタイトルの付け方に問題がある可能性が大きいです。 キーワードとは読者が検索するときに打ち込む単語のことです。 例えばパラリンピックの出場選手が知りたければユーザーは「パラリンピック 出場選手」と検索するでしょう。 このときもしパラリンピックの出場選手についての記事を詳しく書いているのにタイトルに「パラリンピック 出場選手」といったキーワードを使っていなければその記事が上位表示されることは難しいです。 この場合ユーザーは「パラリンピックの出場選手が知りたいのですが、教えてください」といった質問をグーグルに対してしていることと同じなので、タイトルはその質問や悩みをそのまま反映させたものであることが理想です。 また、記事を読むと読者の興味が満たされる、あるいは問題が解決できる、というのがタイトルから分かるとなおさらいいですね。 例えばこの記事のタイトルは「ブログに全然人が来ない&誰にも読まれない理由と解決方法」としていますが、読者は「ブログが読まれない理由」が知りたいだけでなく、同時に「解決方法」も知りたいはずなのでタイトルの中にそれらのキーワードを含めています。 タイトルのキーワードがそもそも思い浮かばない場合は関連キーワードツールを使うといいです。 ちなみにこの記事も「」で「ブログ」と入力して「ブログ 全然人が来ない」、「ブログ 読まれない」といったキーワードが出てきたから、書くことにしただけです。 このようにキーワードから逆算して記事を書くのは大変有効です。 キーワードはユーザーのニーズそのものなので、ニーズありきで記事を書いていくと、より読者のために役立つ記事が書けるようになります。 4、失敗を延々と繰り返しているから 長期間ブログをせっせと更新してきたのにいつになっても成長がみられない場合は、間違ったやり方を延々と繰り返している可能性があります。 そういった状態に陥ったら一度立ち止まりしっかり第三者にアドバイスを求めるかしっかり勉強するのがいいと思います。 まずやるべきなのは参考にしているブログの運営者に直接質問して、アドバイスを得ることです。 それすらもやっていない人がほとんどなのでもったいないですね。 僕も読者から質問を受けたら必ず返信していますし、ほかのブロガーやアフィリエイターに質問することもあります。 そうやって行動することはとても大切です。 勉強の仕方は人それぞれですが、お金をできるだけかけたくなかったら書籍を読むのが一番でしょう。 ブログ運営に関する書籍はもちろん、ブログのテーマに関する専門書も片っ端から読み漁りましょう。 さらに知識をつけたい人はブログサロンに参加したり情報商材を買うのも一つの手です。 このブログでも有料のノウハウ記事を販売しています。 中でも人気のあるnoteはこの3つです。 5、単純につまらないから もし記事もたくさん書き、戦力も立て、ターゲットも定め、キーワード選定もしっかりしていながら、それでもアクセスが集まらない場合は、単純にブログの内容がつまないからといえるかもしれません。 人と話しているとき興味のない話だとほとんど頭に入ってこなかったり、適当に相槌を打つようなことって誰にでもあると思います。 そんな話はすぐに忘れてしまうし、何の役にも立ちません。 どっちつかずの意見やありきたりな正論に埋め尽くされた話が多くの場合そうだったりします。 あるいは独り言のような文章も読んでいてつらいものがあります。 今の自分の心境とかダラダラ書いていませんか? 実際に人と話していると、どんなにつまらない話でも急にその場を去ったりすることは礼儀上難しいですが、ブログを読んでいるとき読者は容赦なく去っていきます。 だからこそできるだけ明確な自分の意見、考えをはっきり述べたうえで読者のためになること、相手に有益なことを書かないといけないのです。 それはアフィリエイトの記事を書くのと通じるものがありますね。 では一体なにが面白くて何がつまらないのか。 どんな記事が有益で、どんな記事が役に立たないんでしょうか。 これはブログを書く人の永遠のテーマですが、明確な答えがあるわけではありません。 ある人にとっては面白いことも、別の人にとっては退屈なことだったりするからです。 そんな中でブロガーができることといえば記事を書くときに次のようなことを自問自答することです。 その情報は新鮮か?• その考えや意見には独自性や意外性があるか?• 内容はブログのテーマに沿っているか?• その記事は読者の悩みを解決するのか?• その記事はなにかしらの感情を呼び起こすのか? 情報に鮮度があって、ブログのテーマに沿っていて、読者の悩みを解決し、その記事を読んで「私もやってみよう」、「私も買いたい」などの衝動にかられる記事は、まずつまらなくなることはないでしょう。 炎上する記事もそこに何かしらの感情を揺さぶる問題提起が含まれているから人が集まってくるのです。 まとめ 全然結果がでない、という人は以上に挙げたことに注意してみてください。 趣味でブログをやっているなら細かい戦略やテクニックは必要ないでしょうが、そこから収入を得たいなら試行錯誤していかないと難しいです。 いずれにしても行動しないと始まらないので、時間が許す限りブログと向き合いましょう。 ブラジル在住。 現地でアフィリエイトや仮想通貨の投資などをしながらマイペースに生活中。 主な実績 ・を購入したことがきっかけでアドセンス月収26万超えを達成。 ・運営している複数のブログのうち二つのブログが同時に月間約40万PV達成。 ・2018年1月 一つのブログで月間100万PV達成。 ・2018年4月、アドセンスと物販アフィリエイトなどの収益の合計が月60万円達成。 ・2019年6月Youtubeを含むアドセンス収入が月40万円突破! ・2019年12月Youtubeを含むアドセンス収入が月65万円達成!アフィリエイト収入を含むと月110万円を超えました。 質問、疑問があればからお気軽にどうぞ!.

次の

【やめとけ】アフィリエイトは稼げない!その理由を月収300万円のワイが教えたる。

アフィリエイト ブログ 売れない

こちらもCHECK 月200万超えアフィリエイターの集客法(バナオレさん) ブログ開始から1年半でPV数が月55000、アフィリエイト収益が月250万円を突破したバナオレさんの運営法についてのまとめ。 私も月300万円前後の収益ですがPV数は30万ほどあるので、5万ちょっとのPV数でこの収益はやばいですね。 コンテンツの作り方やアクセスアップの手法も公開されているので必見。 成果報酬で稼ぐための広告の選び方(Sanzzoさん) 成果報酬をメイン、アドセンスをサブ的に使っている「Sanzzo」さんのブログです。 成果報酬で稼ぐためには、必然的に成果を生んでいく流れを作らなければいけません。 成果率が高く、単価も高い広告を使って稼ぐためのノウハウがまとめられています。 A8とGoogleアドセンスで稼ぐやり方(あめのはさん) 成果報酬+Googleアドセンス+Amazonアソシエイトで稼いでいる「あめのは」さん。 一般的に稼ぎにくいと言われる雑記系のブログで稼いでいる見本のようなブログですね。 よく読まれている記事は加筆修正するなど、アクセスをキープするための大切なテクニックが紹介されています。 ビットコインアフィリエイトで稼いだ方法(銭ゲバさん) afbなどの成果報酬とアドセンスをメインとして稼いでいる「銭ゲバ」さんですが、面白いのが「仮想通貨取引所のアフィリエイト」で稼いだところですね。 今はもう稼ぎにくくなりましたが、目のつけ所が早い人はノーリスクでかなり稼げましたね。 被リンクは多くなくてもロングテールでこつこつPV数を稼ぐことで収益化に成功したそうです。 努力さえすればいつか実を結ぶことが分かる、モチベーションを上げさせてくれるブログです。 ブログで稼ぐなら成功者の真似をすべき! 以上、 「見本になるブログアフィリエイターまとめ」でした。 私も現在では月500万円以上のアフィリエイト収益がありますが、基本は バイラルコンテンツ+ロングテールで稼ぐのが鉄板ですね。 私のアフィリエイトノウハウはブログ内でたくさん載せているので、興味のある方は以下の記事などがよくまとまっているかなと思います。

次の