ケーズデンキ キャッシュレス還元。 家電量販店でのキャッシュレス決済でお得なのは?

ケーズデンキの現金値引きはクレジットカードでも使える!お得な買い物術

ケーズデンキ キャッシュレス還元

ケーズデンキでPayPayは使える さっそくですが2020年7月現在 ケーズデンキでPayPay決済は利用可能です。 ビックカメラ 業界大手のようになっています。 ヨドバシカメラ しかしです。 参考 PayPayにはヤフーカード PayPayに設定するクレジットカードはがおすすめです。 不定期ですがが実施されることもあります。 セブンイレブンでお得!2020年7月1日(水)から 2020年7月1日(水)からに利用できます。 PayPay STEP 2020年7月もPayPayは新たな還元率の特典制度「」を実施しています。 PayPay以外のQRコード決済 ケーズデンキにおけるPayPay以外のQRコード決済導入状況をご紹介します。 LINE Pay au PAY d払い メルペイ 楽天ペイ 参考 ケーズデンキではクレジットカードも使える 基本的に ケーズデンキではクレジットカード決済も利用可能です。 入会特典がおすすめのカードをピックアップしてご紹介します。 ケーズデンキとPayPayの独自特典に期待 今後ケーズデンキとPayPayが独自にキャンペーンを実施していく可能性は十分にあるでしょう。 消費者としてはお得な店舗や決済サービスを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。 NO CASHLESS NO LIFE.

次の

キャッシュレス決済で5%還元事業にアマゾンの決済サービス「Amazon Pay」も参加

ケーズデンキ キャッシュレス還元

大手家電量販店の1つである「ケーズデンキ」。 ポイント制度を導入せずに現金値引きでお得にお買い物ができる点で、他の家電量販店と差別化を図っているのが特徴です。 ポイント制度を導入している他の家電量販店では、提携していないクレジットカードで支払うと付与ポイントが少なくなるというデメリットがあるため、 クレジットカードで支払うと損をすることもあります。 ケーズデンキでお買い物をした場合、 現金値引きをした後もクレジットカードで支払うことのできるのか、ケーズデンキで便利に使えるクレジットカードにはどのようなものがあるのかを知りたいと思いませんか? そこでケーズデンキでお得に買い物をする方法や、ケーズデンキでのお買い物がお得になるクレジットカードについて詳しくご説明していきます。 これで、 ケーズデンキで買い物をする人がクレジットカードを利用するメリットやデメリットを知り、お得に買い物をすることができるようになります。 値引き交渉のコツや ケーズデンキでの支払い方法の注意点など、知って得する情報をどうぞ最後までお楽しみください! この記事の目次• ケーズデンキではクレジットカードが使えます ケーズデンキでは「現金値引き」を適用した価格に対して、クレジットカードで支払うことができるのでしょうか?ケーズデンキが発行しているクレジットカードがあるのかについても調査しました。 値引きされてもクレジットカード支払い可能 結論から言ってしまうと、 現金値引きを適用した商品でもクレジットカードで支払うことは可能です。 「現金値引きっていうくらいだから、クレジットカードは使えないに決まっている」 と解釈しがちですが、ケーズデンキへ問い合わせたところ、クレジットカードで支払うことは可能であることを確認することができました。 他の家電量販店のようにクレカ払いのデメリットがない ケーズデンキのクレジットカード払いは、他の家電量販店のようなデメリットはありません。 というのも、ポイント制度を導入している家電量販店でクレジットカード払いをすると ポイント還元率が下がって損をすることがあるのです。 もちろん現金払いをすればポイント還元率が下がることはありませんが、高額な商品を現金で購入することに抵抗がある人も、中にはいらっしゃるはずです。 そんなデメリットを解消するためには、 ポイント還元率が下がらない提携クレジットカードを作るという方法があります。 そうすれば、現金払いと同じポイント還元率でお買い物をすることができるようになります。 しかし、家電製品は頻繁に買い替えるものではなく購入金額も高額になる傾向があるため、その家電を買うためにだけクレジットカードを作らなくてはならないということになってしまいます。 そこで 「せっかくなら 普段使っているクレジットカードでお得に家電製品を購入したい!」 「でも、 ポイント還元率が下がってしまうのは絶対にイヤだ!」 と思っている人は、是非ケーズデンキを利用しましょう。 なぜなら 現金値引き&クレジットカード支払いで誰でもお得にお買い物をすることができ、クレジットカードで支払ってもデメリットは発生することはないからです。 ケーズデンキの発行するクレジットカードはない ケーズデンキが独自に発行しているクレジットカードはありません。 店舗や企業がカード会社と提携し、会員特典として割引サービスを利用できるクレジットカードを発行することがよくありますが、ケーズデンキにはそのようなクレジットカードはありません。 そのため、利用するクレジットカードによってサービス内容が変わるということはなく、普段使っているクレジットカードで支払い、カード会社のポイントを貯めることができるということになります。 分割払いも可能 ケーズデンキでクレジットカード払いをした場合、一括払いの他にも下記のような分割払いが利用可能です。 2回払い• 3回払い• 5回払い• 6回払い• 10回払い• 12回払い• 15回払い• 18回払い• 20回払い• 24回払い• リボ払い• ボーナス一括払い ただし、 JCBの場合のみ2回払いとボーナス一括払いに対応していない点で注意が必要です。 分割払いの手数料はクレジットカード会社による 分割払いを利用した場合の手数料はクレジットカード会社によって異なります。 2回払いまでは分割手数料はかかりませんが、3回以上の支払いになると手数料がかかってきます。 支払回数が増えるほど支払金額が分散されるメリットがありますが、手数料負担が大きくなるデメリットも忘れてはいけません。 なるべく、• 一括払い• 2回払い• ボーナス一括払い を上手に利用して、手数料負担が重くならないようにしましょう。 ケーズデンキには店舗が独自に発行しているクレジットカードがなく、利用できるすべてのクレジットカードで現金値引き適用後の支払いができることが分かりました。 それでは次に、ケーズデンキの現金値引き制度について、詳しい内容をお伝えしていきます。 ケーズデンキはポイントではなく値引き制度 ケーズデンキはポイント制度を導入せず、現金値引きで他の家電量販店と差をつけていることは既にお伝えしてきたとおりです。 この「現金値引き」サービスについて、さらに詳しく解説していきます。 あんしんパスポートとは あんしんパスポートとは、ケーズデンキ全店で利用できる安心サービスのことです。 あんしんパスポートのサービスの1つが、会員限定の現金値引きサービスとなっています。 現金値引きサービス以外にも• 購入時にあんしんパスポート提示するだけで無料保証を自動加入できるサービス• 商品リコールが発生してもスムーズな対応を受けることのできるサービス• 過去に購入した商品履歴を確認できるサービス というものがあります。 あんしんパスポートは年会費や入会費、発行手数料が一切かかりません。 オンラインショップでも利用することができるので、発行当日からすぐに使ってお得にお買い物をすることができます。 また、店舗とオンラインショップの購入履歴は基本的にそれぞれ別々に管理されますが、 web上でお手持ちのあんしんパスポート番号をリンクさせることも可能です。 そのため、オンラインショップで購入した商品をふらっと立ち寄った店舗で購入することも可能となります。 値引き交渉のコツ ケーズデンキの値引き交渉には、ちょっとしたコツが必要となります。 家電量販店によっては 「他店価格対抗」を利用すれば、他店価格と同額もしくは他店価格よりも値下げした価格を提示してくれます。 しかしケーズデンキは 現金値引きや手厚い長期保証サービスで他の家電量販店と差をつけているので、 提示価格から安くしてもらえないことがあります。 そんなケーズデンキでも、以下のポイントをおさえて交渉すれば値引きしてもらえることがあります。 自分が欲しい商品ではなく 店舗側が売り切りたい商品を見抜く• 値引き交渉に有利な時期を聞き出す それぞれ解説します。 店舗側が売り切りたい商品を見抜く もし「絶対にこの型番でこの色が欲しい!」というこだわりがある場合は、値引き交渉が失敗に終わる可能性があります。 なぜなら、 自分が欲しい商品と店舗側が売りたい商品が一致していないからです。 店舗側が売ってしまいたい商品を見抜くことができれば、 原価割れの価格で購入することができる可能性が高くなります。 原価割れで販売したとしても店舗がメーカーからリベートを受け取るメリットがあれば、提示価格よりも安くしてもらうことができるでしょう。 値引き交渉に有利な時期を聞き出す また、値引き交渉に有利な時期を聞き出すという手もあります。 平日と土日ではどちらが有利なのか• 月末を狙った方がいいのか 焦って購入する必要がなくじっくり検討して購入したい家電がある場合は、思い切って 店員さんへ値引き交渉に有利な時期を聞いてみましょう。 店舗側が販売目標を達成したい時期に購入すれば、値引き交渉を有利に進めることができるからです。 売れ筋商品に対して値引き交渉しても他のお客さんが買ってくれる可能性が高いので、店舗側としても強気な態度で対応してきます。 しかし、店舗側が売りたい商品を見抜いて販売目標を達成したい時期に値引き交渉すれば、 ほぼ底値で購入することができるようになるでしょう。 それでは次に、ケーズデンキでの支払いにおける注意点について確認しましょう。 ケーズデンキ支払いの注意点 ケーズデンキでの支払い方法には、以下のような注意点があります• オンラインのコンビニ決済ではクレカ支払いできない• 使える電子マネーは限られている それぞれの内容について詳しく解説していきます。 オンラインのコンビニ決済ではクレカ支払いできない オンラインショップでのコンビニ決済ではクレジットカード支払いをすることができません。 コンビニ決済を選択した場合は、 現金支払いのみとなる点で注意が必要です。 ギフト券やプリペイドカード、電子マネーも使うことができません。 使える電子マネーは限られている 使える電子マネーは、 一部の店舗で楽天Edyが使えるのみとなっています。 交通系の電子マネーsuicaやiDといった電子マネーは、ケーズデンキでは決済することはできません。 利用予定の店舗で電子マネーを使うことができるか確認するようにしておくと安心です。 ケーズデンキでの支払いに関する注意点を理解することができたら、最後にケーズデンキでおすすめのクレジットカードをご紹介します。 ケーズデンキでおすすめのクレジットカード ケーズデンキでおすすめのクレジットカードは、• の3つがあります。 それぞれのクレジットカードのおすすめポイントをご紹介していきます。 オリコカード・ザ・ポイント オリコカード・ザ・ポイントは、 入会後6カ月間はポイント還元率が2. 0%になるという驚くべき特典があります。 大型家電などの高額商品の購入予定がある人は、オリコカード・ザ・ポイントでポイントをたくさん貯めることができます。 ケーズデンキで現金値引きされた商品をVIASOカードで支払い、貯めたポイントは1ポイント=1円で指定口座へ振込まれます。 その上、いちいちポイント交換をする必要がないため、ポイントの有効期限を気にすることなく安心してカードを利用することができます。 VIASOカードのデメリットとして、 通常のポイント還元率が0. 5%(1,000円につき5ポイント)と低くなっている点が挙げられます。 しかし、VIASOeショップのケーズデンキオンラインショップを利用すればポイント還元率が1. 0%になるため、ポイント還元率の低さを解消することができます。 ケーズデンキのお買い物をお得にするカードとしておすすめしたい1枚です。 まとめ 「ケーズデンキの現金値引きはクレジットカードでも使える!お得な買い物術」を最後までお読みいただきありがとうございました。 ケーズデンキでは現金値引きをした後も、クレジットカードで代金を支払えることが分かりました。 これなら他の家電量販店のような、クレジットカード払いすることで損をしてしまうということなく、お得にお買い物をすることができるようになります。 この記事を最後までお読みいただいた人なら、 ケーズデンキでのお買い物でクレジットカードを利用するメリットやデメリットを知り、お得に買い物をすることができるようになります。 記事内で紹介した、ケーズデンキでおすすめのクレジットカードや値引き交渉術も、是非参考にしてみてくださいね。 迷ったらコレ! 年会費が無料• 高還元率だから ポイントが貯まる• 審査も早い! スピード発行• 車によく乗るなら ETC機能付き• 旅行や海外出張で マイルが貯まる• カード支払が多い人には 利用限度額が高い カードの種類• 指定なし• 一般カード• ステータスカード 年会費• 指定なし• 初回無料• 永年無料 国際ブランド• ポイント還元率• 指定なし• キャッシュバック• ANAマイレージ• JALマイレージ• 楽天ポイント• Amazon券• Tポイント 対応電子マネー• 指定なし• 発行スピード• 指定なし• 最短翌営業日• 3営業日以内• 1週間以内• 2週間以内 利用限度額 付帯保険• 国内旅行保険• 海外旅行保険• 盗難保険• ナビナビクレジットカードでは、情報の正確性・客観性・信憑性を担保するために厳正な品質チェックを行っておりますが、 掲載事業者が提供するサービスや国家が定める法律、規約の変更により、当サイト掲載時の情報と一時的に相違が出る可能性がございます。 万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「」よりお知らせください。 内容を確認し、厳正な調査を行ったうえで、速やかに訂正いたします。 提携事業者のサービスへのお申込みにあたっては、提携事業者のサイトやパンフレット等で「会員規約・特約および規程類」「個人情報の取り扱いに関する重要事項」「利用規約」等を事前に必ずご確認下さい。 当サイトで判断できない情報に関しては、大変お手数ですが各提携事業者に直接お問い合わせ下さい。 また、提携事業者の各サービス内容及びキャンペーン等に関するご質問はお受けでき兼ねますので「」 から対象クレジットカードの詳細情報をご確認いただき、それでもご不明点が解消されない場合は、各事業者の公式サイトにてお問い合わせください。 ブラウザ・OS等のご利用環境や情報の暗号化(SSL)については、「」をご確認ください。 なお、「当サイトの掲載情報の取り扱いと正確性について」に定めがない事項は当社が定める「」 が適用されるものとします。

次の

「キャッシュレス決済」おすすめ比較[2020年]|ザイ・オンライン

ケーズデンキ キャッシュレス還元

おすすめのクレジットカード• スマホ決済と連動しているクレジットカード 楽天カード• ポイント還元率が高いクレジットカード ヤフーカード JCB CARD W リクルートカード ケーズデンキではクレジットカード決済だけでなく、電子マネーやQRコード決済などのスマホ決済が可能。 スマホ決済と連動しているクレジットカードであれば、ポイント二重取りができてお得です。 またケーズデンキではほとんどのクレジットカードが使えます。 ケーズデンキが発行しているクレジットカードはないので、ポイント還元率が高いカードを選ぶとポイントが貯まりやすくてお得です。 国内で発行されたクレジットカードはほぼ使える ケーズデンキではVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースクラブをはじめ、 国内で発行されたほとんどのクレジットカードが使えます。 銀聯が使える店舗は少ないですが、クレジットカードが使えなくて困ることはまずないでしょう。 ただしケーズデンキで使用するときに、ポイント還元率がアップするカードはありません。 そのためケーズデンキの店舗でクレジットカードを利用するときには、ポイント還元率が高いクレジットカードを使うことをおすすめします。 ケースデンキで使えるその他キャッシュレス決済手段 ケーズデンキではクレジットカード以外にも、さまざまなキャッシュレス決済が導入されています。 ケーズデンキの買い物で使える決済方法は、以下の通りです。 電子マネー 楽天Edy QR決済 LINE Pay、楽天ペイ、PayPay、d払い、au PAY、Origami Pay、メルペイ、AliPay、WeChat Pay プリペイドカード auWALLET、ソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドカード ケーズデンキでは電子マネーやQR決済のようなスマホ決済が利用可能。 例えば楽天Edyと楽天カードを連動させて楽天Edyで支払いをすると、 楽天Edyと楽天カードそれぞれにポイントが貯まるので、ポイント二重取りが可能です。 ケースデンキでお得に買い物をするためには、ポイント二重取りをしていくことをおすすめします。 ケーズデンキはポイント制度がなく現金値引き主義 ケーズデンキは他の家電量販店とは違い、ポイント制度がありません。 そのかわり現金値引き主義を掲げており、商品価格からそのまま値引きしてくれます。 現金値引きされた商品でもクレジットカード決済はできるので、とてもお得な制度ですね。 またケーズデンキにはあんしんパスポートというサービスがあり、あんしんパスポート利用者限定の現金値引きなど、さまざまな特典があります。 発行手数料や年会費は発生しないので、ケーズデンキで買い物をするときにはあんしんパスポートへの加入をおすすめします。 ケーズデンキでの買い物におすすめのクレジットカード4選 ここまでケーズデンキのクレジットカード事情について解説してきました。 最後にこれらの情報を踏まえたうえで、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。 これからケーズデンキで買い物をする方は、お得なクレジットカードを発行して買い物をしましょう。 楽天カード|楽天Edyの利用でさらにお得に 【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス とにかくポイント還元率が高いクレジットカードを探している方は、 リクルートカードがおすすめです。 リクルートカードは 通常時ポイント還元率が1. 2%と他のカードより高いので、使うお店を選びません。 リクルートカードはnanacoへのチャージ、ホットペッパービューティーでのポイント二重取りなど、活用できる場所がとても多いです。 ポイントを貯めることに重点を置く方には、おすすめのクレジットカードですよ。 ケースデンキではスマホ決済との連携できるカードがおすすめ ここまでケーズデンキでのクレジットカード事情について紹介しました。 内容をまとめると以下のようになります。

次の