木材 やすり。 半永久的に使えるヤスリ。NTドレッサーが面取りやバリ取り用途に重宝してる話

木材を切った時にでる粉を吸い込むと害がありますか?

木材 やすり

厚みは15mm。 本当は奥行きがもう少し、60cmくらいあるとよかったのだけど、これ以上幅広の板は見つからず、妥協してこのサイズに。 パイン材にはポピュラーなところで メルクシパイン、 ラジアタパイン、 レッドパインなどの種類があるのだけど、この板には、そうした種別の記載まではなかった。 家に帰ってから調べてみたところ、今回買ったのはおそらくラジアタパインだろうと推測している。 まあ、樹種についてはとくにこだわりがあるわけじゃなかったので、サイズは別として、満足な買い物ができたと思う。 パイン材の種類 今回入手した板には、コントラストのはっきりとした縞模様が現れている。 これはラジアタパインの特徴だといい、メルクシパインに比べて木目の間隔も大きい。 ラジアタパインとメルクシパインの違い ラジアタパイン…東南アジアや南米産が多い。 暖かい地方で育ち成長が早いため、年輪間の幅が大きく、板にしたときに木目がはっきり現れる。 メルクシパイン…こちらもインドネシア産など暖地のものが多いが、木目は穏やかまたは比較的詰まっていて、集成材の見た目もラジアタパインと比べると、全体に黄色がかった色合い。 どちらも木材としては柔らかく、加工しやすいので、DIY用途で人気がある。 ホームセンターのパイン材では、そのほかに北米産のものも多くみられるようだ。 カントリー家具などを作るときは、あえて節のある板を使うこともあるようで、そんなパイン材も「ノッティパイン」としてメイクマン ホームセンター には並んでいた。 店舗内の説明書きによると、経年で飴色に変化していくそうだ。 ニス塗りの前段階としてやすりをかける これをそのままこたつの上に乗せてもいいのだけれど、ニスを塗って表面を保護すれば劣化させずに長く使っていけるだろう。 ニス塗りの前に、まず表面を平滑にすることにした。 写真のブルーシート、板をのせて作業するための発泡スチロールのブロック、紙やすりとホルダーなど、必要な道具はすべて100均で揃えることができた。 粉を払うためのフェルトの布の切れ端も、もともとは100均で買って掃除などに使っていたもの。 目の粗い番手からかけていく 見た目にはきれいに見えるものの、買ってきた状態のままでは、表面に手をのせて滑らせると手触りががさがさしていて、細かいささくれがあるのがわかる。 このささくれを紙やすりで削り落としていく。 紙やすりは裏に書いてある数字 番手 の小さいものが荒く、数字が大きくなるにしたがって、目が細かくなっていく。 この荒いほうから細かいほうへ段階的に掛けていくことで、効率よく板の表面を平滑にしていくことができるのだ。 今回はまず240番、360番の順にかけてみた。 本来は木目 木の繊維の流れ に逆らわないように一定方向にやすり掛けするほうがいいらしいけれど、集成材では木目が左右どちらの方向にも向いているので、とりあえず右から左と決めて掛けた。 軽くなでるくらいではダメなようで、板の端から粉が飛ぶくらい、ざっ、ざっと、ある程度力を入れてこする必要があった。 またその際、カドを削り落とさないように、フォロースルーも真っすぐを心がけた。 途中、「水引き」というのもやってみた。 水で板を濡らすと、それが乾く過程で表面が毛羽立ってくるので、そこにもう一度やすりをかける手法だ。 最終的に400番でも軽めにこすり、 すべすべと言えるくらいになった。 ここまでくると、赤ちゃんが触ったとしても怪我をすることはないだろう。 今回は塗装面の下準備の均しなので、これで十分だ。 あのがさがさだった板がすべすべになり、いつまでも触っていたい感触にかわった。 でも定規を置いてぴったり隙間がないくらい一様に平滑にするのは、手作業では難しそうだとも思った。 将来的にはもっと大きな板で机を作ってみたいのだけど、その時はサンダーを用意したほうがいいかもしれない。 やすり掛けで出た粉をきれいに落とし、次回はこれにニスを塗っていく。

次の

ダイソーの工作材料・板材&MDF材 サイズ一覧と工作時の注意点

木材 やすり

Contents• ゆがみ・割れなどがある場合があります• トゲに注意してください• カビが発生する場合があります。 ご了承の上、お買い求めください• 万一、軽いカビが発生した場合は、よく乾燥させてからブラシなどで取り除いてください• 直射日光・高温多湿の場所を避けて、使用・保管してください• 火気に近づけたり、湿気が多いところに保管しないでください• 幼児の手の届かない所に保管してください• シールを剥がした際に跡が残ることがありますが、製品に問題はありません• 本来の用途以外に使用しないでください• 廃棄の際は各地方自治体の廃棄区分に従ってください スポンサーリンク 木材にやすりとニスは絶対にかけるべき! 板材と合わせて100均で買おう!.

次の

木材を切った時にでる粉を吸い込むと害がありますか?

木材 やすり

紙ヤスリと違って使い捨てではなく、長く使えて経済的なドレッサー まずドレッサーって何か。 というと、簡単に言うと 裏が金属製の「持ち手の付いたヤスリ」です。 ただ金属製と言っても荒くゴリゴリ削れるわけではなく、 中目ぐらいのちょうど良く整った感じで削れてくれます。 金ヤスリの強さとサンドペーパーの細やかさを兼ね備えたいいとこ取りな研磨具なんです。 木工はもちろんのこと、アルミ程度の柔らかい金属まで使えちゃいます。 ただしデスクの天板の表面を整えるなどの仕上げ磨きの作業には向いていません。 角の丸みや凸凹を均すために削りたいという用途に向いています。 「半永久的に使える」とは書いたものの、裏の金属部分は硬いものを削れば消耗します。 よって裏のヤスリ部分だけの取り替え部品も売ってますが、僕は3年ほど木工で使っているけどまだ一度も交換する必要性を感じません。 ヤスリ部分の交換はネジを2つ外すだけで簡単にできます。 使用感抜群の写真で失礼します… では、実際このヤスリどんな場面で使ってるの?という肝心なところをお話していきます。 面取りやバリ取り用途にNTドレッサーが便利すぎる 僕は主にデスクや棚などの家具を自作したときの面取り用途、もしくは木材をノコギリで切断したあとのバリの処理に使ってます。 この「面取り」と「バリ取り」にNTドレッサーが適材適所すぎてもはや欠かせない存在となっています。 実際それらの作業について見ていくと。 面取り作業の様子 面取りは以下のように木材の角となる部分を丸める事。 角に沿ってドレッサーを動かしてあげると尖っていた角が丸くなって、肌が当たったときの感覚が全然違います。 面取り作業の様子はスタンディングデスクを作ったときのYoutubeで見れます。 木材切断後のバリ処理の様子 面取り作業以上に重宝しているのがバリ取り作業のとき。 木材はノコギリで切断すると、以下の様なバリと呼ばれるトゲトゲが発生しがちです。 これをNTドレッサーで処理してあげます。 バリの処理をするだけで完成度が上がります。 スポンサーリンク たまにのDIYで粗めのサンドペーパーを切らす心配のない快適さ 『面取り』『バリ取り』の作業はサンドペーパーでも出来るのですが、 使い捨てではない為「使おうと思ったら無くて買いに行く」みたいな手間が無くなったのメリットが地味にでかいです…! 地味な脇役工具ですが、趣味のDIYライフを快適にしてくれること間違いなしです。

次の