スウェーデン の コロナ 対策。 外出禁止令は正しいか、北欧のコロナ対策で顕著な差 WEDGE Infinity(ウェッジ)

スウェーデンの新型コロナ対策は失敗だったのか。現地の医療現場から

スウェーデン の コロナ 対策

上のグラフは、スウェーデン1日あたりの死者、週平均推移を 2020年、2015〜2019年平均、2019年、2020年新型コロナ死者、でプロットしたもので、1週間分増えています。 収束してる、と思う方もいれば、 やっぱり大量に死者を出してるじゃないか、と思う方もいるでしょう。 どちらにせよ、このグラフ見て頂けるだけで、本稿を書いた甲斐があります。 有難うございます。 なお本稿では 収束とは 横ばいか下降を意味するものとします。 スウェーデンに関しては対策に関する誤解や、むしろ 正しい理解から、批難する記事も見受けられます。 そこで、以下、筆者の解釈からの擁護を書いていきます。 はい、 スウェーデンの擁護記事であることは一切否定しません。 なお筆者は今回の対策を、 経済や働く世代、子供達を守る対策だと称賛しているだけで、スウェーデンの全ての面がよいだとか日本より好きだとか思っているわけではないと、蛇足ながら記しておきます。 当のスウェーデンの方々はどう思っているのか? に書いた通り、スウェーデン在住の久山葉子氏の記事によると、 世界では今「スウェーデンは国民を使って実験をしている」なんていう不穏な見方もされているようですが、住んでいるわたしたち自身は一時に比べるとかなり不安が解消され、気持ちも落ち着いています。 大手朝刊紙DNとIpsosが共同で行った 四月半ばの世論調査によれば、今回のコロナ政策の立役者である「国家主席疫学者のアンデシュ・テグネルの能力を 信頼している」と答えた人が69%、「信頼できないとした人」はわずか11%でした。 とのことで、これが全てだと思います。 スウェーデンの方々は、反対している人も居るが、概ね納得しており、外国から失敗だと批難することに意味はあるのでしょうか? コロナ流行下の4月末にカフェのテラス席で過ごすスウェーデンの人々(/flickr:編集部) それを揶揄して、自国で経済や自由が破壊する苦しみを愛し始め、スウェーデンの対策を受け入られらなく症状をと名付けた人もいます。 死者が多い? 実際多いです。 人口あたりの死者で、世界でも6番目に悪いです。 ただ、スウェーデンが失敗したことを強調する記事、例えばは、 米国の2倍とか、他の北欧諸国より悪いことばかり強調していて、 ロックダウンしたのにもっと悪い国とは比較しない記事が多いように思います。 ですからそれら含めた表を示します。 筆者がスウェーデンの対策のことを知ったのはでした。 理想的には思えましたが、この時点では上手くいくという確信は持てませんでした。 スウェーデンが対策を継続し、感染を収束させられることを確信したのは、を読んだときでした。 戦略の要点は二つ。 正しい対策は、高齢者と基礎疾患のある人を守ること。 結果的に 副次的産物として集団免疫を得る。 副次的産物でピンと来ました。 リスクが高いグループの隔離が目的で 集団免疫は目的では無いのです。 逆に、ピンときたけど、そんなこと許されるか!、 姨捨山か!、と思った方もいるでしょう。 リスクが高いグループを隔離することで、社会集団から居ない状態を作ろうとしています。 しかし、隔離に失敗して残念ながら亡くなったとしても 実際に失敗して亡くなっているのですが 、この戦略においては 残された社会集団から隔離されたことと違いがありませんので、戦略の変更は不要です。 一度感染し一旦は抗体を持った人が 再感染するのかどうかも、第二波が来ようと来まいと、戦略の変更は不要で成否に影響しません。 いずれ収束して定常状態になります。 唯一の懸念は、重症者が増え過ぎてICU等が足りなくなるときですが、一時的に制限を厳しくすることはあり得るといっていましたし、結局、今回の波では制限を厳しくすることなく乗り切りました。 このように考え、収束させられると確信しましたし、実際にコロナ死者のグラフを見ても収束しています。 念を押しますが、 収束とは 横ばいか下降を意味します。 また新型コロナによる死者が僅かな下降の横ばいに過ぎないのに、 全体の死者は下降して例年並みに近付いているように見えます。 これはリスクの高いグループの方々が残念ながら前倒しで亡くなって、コロナ以外の理由で亡くなる方が例年に比べて少なくなっているからではないでしょうか。 人口1000万のスウェーデンの場合は年間9万人、毎日 250人くらい亡くなります。 リスクの高いグループの閾値をどこに取ったとしても、 毎日250人がリスクの高いグループに新たに追加され、250人が亡くなり、うち数十人が新型コロナの死者という形で収束するということです。 第二波が来て、それより多くの方が亡くなるでしょうが、それでも収束はします。 スウェーデンは壮大な社会実験? これに一番の違和感を感じます。 スウェーデンの対策を壮大な社会実験と呼ぶことは、まあ、理解できます。 しかしそれなら ロックダウンは 前代未聞の社会実験とでもいうべきではないでしょうか。 スペイン風邪が流行ったときに、世界中でロックダウンしたのでしょうか?ロックダウンを何故か皆が正統性のあるものだと認識していることに、筆者はむしろ恐怖を感じます。 対策の失敗で高齢者が沢山亡くなった? これは本当です。 によると、 スウェーデンでは、死者の約半分が老人ホームでの発生しているが、施設の訪問は禁止されいた。 テグネル氏によると、保健当局は、この病気を高齢者から遠ざけるのは簡単だと考えていた。 同氏は、スウェーデンでは老人ホームへの訪問が禁止されているにもかかわらず、多くの欧州諸国と同様に、老人ホームでの死亡者数が非常に多いことを指摘した。 隔離する戦略は失敗しています。 擁護はありません。 スウェーデンは何の対策もしていない? によると、日本に近い要請となっています。 要請にとどめている点は日本と共通している。 50人超の集会は禁止され、店での飲食は席と席の間隔を開けるなどの制約はあるものの、学校も中学以下は休校しないなど、人々の生活は以前とさほど変わっていない。 しかし日本との違いとして、 義務教育が開いていることと、 自営業者に一律の休業要請が無いことが挙げられ、羨ましい点です。 日本では未解明の理由により、新型コロナが流行りにくいようなので、秋冬の第二波には、各種要請をするにしても、これをベースに、高校大学も開け登校でもオンラインでも可、くらいにしませんかね。 おまけ 否定的なことも少し書いておきます。 余りの忙しさに、「 ロックダウンしてくれ」とボヤいているのだとか。 ストックホルム症候群といえば、 スウェーデンの中こそがストックホルム症候群という指摘は一理あると思います。 政府と保険当局が犯人で、国民が人質というわけですね。 筆者の場合はスウェーデンの対策に関して隣の芝生は青いと思う症候群ですかね。 経済に関しては、幾らスウェーデン内でなるべく回すように頑張っても、他の欧州や世界全体の影響を受けるので、結局は厳しいと思います。 どうでもいいおまけ情報 は、自分のトレーニング風景をSNSに挙げるのを趣味としている人達も多いのですが、世界中でロックダウンが行われて、ジムでのトレーニング動画は、スウェーデンの方々しか上げなくなり、皆、羨ましく思っていたそうです。 ちなみに米国はガレージなど、ホームジムから上げている方々が多かったとか。 — 藤川 賢治 東京都在住パワーリフター、本職はネットワーク系の研究者・技術者.

次の

スウェーデンの新型コロナ対策をどう解釈するか — 藤川 賢治

スウェーデン の コロナ 対策

上のグラフは、スウェーデン1日あたりの死者、週平均推移を 2020年、2015〜2019年平均、2019年、2020年新型コロナ死者、でプロットしたもので、1週間分増えています。 収束してる、と思う方もいれば、 やっぱり大量に死者を出してるじゃないか、と思う方もいるでしょう。 どちらにせよ、このグラフ見て頂けるだけで、本稿を書いた甲斐があります。 有難うございます。 なお本稿では 収束とは 横ばいか下降を意味するものとします。 スウェーデンに関しては対策に関する誤解や、むしろ 正しい理解から、批難する記事も見受けられます。 そこで、以下、筆者の解釈からの擁護を書いていきます。 はい、 スウェーデンの擁護記事であることは一切否定しません。 なお筆者は今回の対策を、 経済や働く世代、子供達を守る対策だと称賛しているだけで、スウェーデンの全ての面がよいだとか日本より好きだとか思っているわけではないと、蛇足ながら記しておきます。 当のスウェーデンの方々はどう思っているのか? に書いた通り、スウェーデン在住の久山葉子氏の記事によると、 世界では今「スウェーデンは国民を使って実験をしている」なんていう不穏な見方もされているようですが、住んでいるわたしたち自身は一時に比べるとかなり不安が解消され、気持ちも落ち着いています。 大手朝刊紙DNとIpsosが共同で行った 四月半ばの世論調査によれば、今回のコロナ政策の立役者である「国家主席疫学者のアンデシュ・テグネルの能力を 信頼している」と答えた人が69%、「信頼できないとした人」はわずか11%でした。 とのことで、これが全てだと思います。 スウェーデンの方々は、反対している人も居るが、概ね納得しており、外国から失敗だと批難することに意味はあるのでしょうか? コロナ流行下の4月末にカフェのテラス席で過ごすスウェーデンの人々(/flickr:編集部) それを揶揄して、自国で経済や自由が破壊する苦しみを愛し始め、スウェーデンの対策を受け入られらなく症状をと名付けた人もいます。 死者が多い? 実際多いです。 人口あたりの死者で、世界でも6番目に悪いです。 ただ、スウェーデンが失敗したことを強調する記事、例えばは、 米国の2倍とか、他の北欧諸国より悪いことばかり強調していて、 ロックダウンしたのにもっと悪い国とは比較しない記事が多いように思います。 ですからそれら含めた表を示します。 筆者がスウェーデンの対策のことを知ったのはでした。 理想的には思えましたが、この時点では上手くいくという確信は持てませんでした。 スウェーデンが対策を継続し、感染を収束させられることを確信したのは、を読んだときでした。 戦略の要点は二つ。 正しい対策は、高齢者と基礎疾患のある人を守ること。 結果的に 副次的産物として集団免疫を得る。 副次的産物でピンと来ました。 リスクが高いグループの隔離が目的で 集団免疫は目的では無いのです。 逆に、ピンときたけど、そんなこと許されるか!、 姨捨山か!、と思った方もいるでしょう。 リスクが高いグループを隔離することで、社会集団から居ない状態を作ろうとしています。 しかし、隔離に失敗して残念ながら亡くなったとしても 実際に失敗して亡くなっているのですが 、この戦略においては 残された社会集団から隔離されたことと違いがありませんので、戦略の変更は不要です。 一度感染し一旦は抗体を持った人が 再感染するのかどうかも、第二波が来ようと来まいと、戦略の変更は不要で成否に影響しません。 いずれ収束して定常状態になります。 唯一の懸念は、重症者が増え過ぎてICU等が足りなくなるときですが、一時的に制限を厳しくすることはあり得るといっていましたし、結局、今回の波では制限を厳しくすることなく乗り切りました。 このように考え、収束させられると確信しましたし、実際にコロナ死者のグラフを見ても収束しています。 念を押しますが、 収束とは 横ばいか下降を意味します。 また新型コロナによる死者が僅かな下降の横ばいに過ぎないのに、 全体の死者は下降して例年並みに近付いているように見えます。 これはリスクの高いグループの方々が残念ながら前倒しで亡くなって、コロナ以外の理由で亡くなる方が例年に比べて少なくなっているからではないでしょうか。 人口1000万のスウェーデンの場合は年間9万人、毎日 250人くらい亡くなります。 リスクの高いグループの閾値をどこに取ったとしても、 毎日250人がリスクの高いグループに新たに追加され、250人が亡くなり、うち数十人が新型コロナの死者という形で収束するということです。 第二波が来て、それより多くの方が亡くなるでしょうが、それでも収束はします。 スウェーデンは壮大な社会実験? これに一番の違和感を感じます。 スウェーデンの対策を壮大な社会実験と呼ぶことは、まあ、理解できます。 しかしそれなら ロックダウンは 前代未聞の社会実験とでもいうべきではないでしょうか。 スペイン風邪が流行ったときに、世界中でロックダウンしたのでしょうか?ロックダウンを何故か皆が正統性のあるものだと認識していることに、筆者はむしろ恐怖を感じます。 対策の失敗で高齢者が沢山亡くなった? これは本当です。 によると、 スウェーデンでは、死者の約半分が老人ホームでの発生しているが、施設の訪問は禁止されいた。 テグネル氏によると、保健当局は、この病気を高齢者から遠ざけるのは簡単だと考えていた。 同氏は、スウェーデンでは老人ホームへの訪問が禁止されているにもかかわらず、多くの欧州諸国と同様に、老人ホームでの死亡者数が非常に多いことを指摘した。 隔離する戦略は失敗しています。 擁護はありません。 スウェーデンは何の対策もしていない? によると、日本に近い要請となっています。 要請にとどめている点は日本と共通している。 50人超の集会は禁止され、店での飲食は席と席の間隔を開けるなどの制約はあるものの、学校も中学以下は休校しないなど、人々の生活は以前とさほど変わっていない。 しかし日本との違いとして、 義務教育が開いていることと、 自営業者に一律の休業要請が無いことが挙げられ、羨ましい点です。 日本では未解明の理由により、新型コロナが流行りにくいようなので、秋冬の第二波には、各種要請をするにしても、これをベースに、高校大学も開け登校でもオンラインでも可、くらいにしませんかね。 おまけ 否定的なことも少し書いておきます。 余りの忙しさに、「 ロックダウンしてくれ」とボヤいているのだとか。 ストックホルム症候群といえば、 スウェーデンの中こそがストックホルム症候群という指摘は一理あると思います。 政府と保険当局が犯人で、国民が人質というわけですね。 筆者の場合はスウェーデンの対策に関して隣の芝生は青いと思う症候群ですかね。 経済に関しては、幾らスウェーデン内でなるべく回すように頑張っても、他の欧州や世界全体の影響を受けるので、結局は厳しいと思います。 どうでもいいおまけ情報 は、自分のトレーニング風景をSNSに挙げるのを趣味としている人達も多いのですが、世界中でロックダウンが行われて、ジムでのトレーニング動画は、スウェーデンの方々しか上げなくなり、皆、羨ましく思っていたそうです。 ちなみに米国はガレージなど、ホームジムから上げている方々が多かったとか。 — 藤川 賢治 東京都在住パワーリフター、本職はネットワーク系の研究者・技術者.

次の

【必読】スウェーデンの新型コロナウィルス(随時更新中)

スウェーデン の コロナ 対策

中でも、スウェーデンの死者は2355人と突出している。 感染拡大防止に向け、北欧はどのような対策を講じてきたのか。 真っ先に手を打ったのは、デンマークだった。 3月13日から、学校や飲食店を閉鎖し、国境も封鎖。 18日以降は、商業施設の閉鎖や10人以上の会合なども禁じた。 同国のメッテ・フレデリクセン首相は「外部からの新しい感染を持ち込まない」と国境開放には現在も慎重だが、死者は434人に抑えている。 外出禁止令も解除し、学校は4月15日から再開した。 ノルウェーとフィンランドも、緊急事態宣言の早期発出が功を奏した。 ノルウェーは、3月15日から国境を封鎖。 外国からの帰国者を2週間、隔離するなど、厳戒態勢を強いた。 フィンランドは緊急事態時の資源に豊富で、周辺諸国と異なり医療物資不足には陥らなかった稀な国だ。 両国はともに、死者数合わせて405人と最小限に留めることができた。 人口36万人の小国アイスランドは、1月31日の段階から、感染の疑いの有無にかかわらず希望者全員に対し、無料でPCR検査を行った。 国民の10%がすでに検査済といわれ、外出禁止令も4月27日には解除されている。 特異なのは、唯一、別の政策に徹したスウェーデンだ。 緊急事態宣言の発表もなく、外出禁止令も強制していない。 飲食店も商業施設も営業を維持し、テレワークはあくまでも要請だった。 ステファン・ロベーン首相は、3月27日の会見で「一人ひとりが責任ある行動を取るべきだ。 すべてを制度化したり、禁じたりはできない」と主張。 国民に判断を委ねる意向を示した。 世論調査会社「デモスコープ」によると、国民の同首相への信頼度が3月から4月の1カ月間で、19%跳ね上がったという。 しかしスウェーデンは、北欧5カ国で最多となる2355人の死者を出した。 各国の対策に賛否両論はあるが、外出禁止令の是非による感染の影響は明らかになったといえるかもしれない。 北欧諸国で、スウェーデン以外の首相全員が女性であることも、何かしらの成功の鍵に繋がっているのだろうか。

次の