カーボン ローラー デコ ギア。 【スプラトゥーン2】カーボンローラーの立ち回りとおすすめのギア【カーボン】|ゲームエイト

ウデマエXがカーボンローラーデコの立ち回りとオススメギアを教えます

カーボン ローラー デコ ギア

射程にさえ捉えられればこちらのもの、一撃で相手を仕留めることができます。 相手をあぶり出したところを素早いメインで仕留めるコンボも強力です。 確実にキルを取るには、すぐ目の前に敵を捉えるつもりで接近しなければいけないので、デスのリスクが高い武器です。 カーボンローラーの入手方法 カーボンローラーは 「 ランク7」でブキ屋に並ぶでし! 「 6,200 G」で購入できるでし! 解放ランクが高い... すぐに使いたい!と言う方、または、必要なお金が足りない!すぐにお金を稼ぎたい!と言う方は、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 3 攻撃力 引き:70 1 メイン性能 アップの効果 与えるダメージが大きくなります。 スペシャル 必要ポイント 160 カーボンローラーの使い方と立ち回り 十分に接近する カーボンローラーは、 十分に接近しなければ、素早い振り攻撃も確定1発のキル速度も活かせません。 接近する機会を多くしたいなら、イカニンジャのギアパワーを積むのも手です。 縦振りの多用もOK カーボンローラーは縦振りの速度も早く隙が少ないです。 なので、短い射程は縦振りを積極的に使って補いましょう。 ただし、ややエイム力が必要となってくるので、十分に練習しておきましょう。 中射程以上の相手にはしっかりけん制 カーボンローラーは、けん制力の高いロボットボムを持ちます。 索敵にも使えるので、接近ルートを想定しやすく、中射程以上でも対応出来る場合があります。 なので、射程不利な相手の場合は、積極的にロボットボムを使っていきましょう。 カーボンローラーのおすすめのギアパワー おすすめギアパワー おすすめ理由 不利攻撃のインク消耗が大きいので、積極的な立ち回りをする場合は必須です。 けん制を多く挟む立ち回りの場合必須です。 そうでなくても、少しは積んでおくと快適になります。 メイン効率・サブ効率の代用としておすすめです。 メイン枠2つ以上から効果を実感できます。 スペシャル回転率を高めたい場合におすすめです。 武器の特徴からデスが多くなることも考えられるので、立ち回りに合わせて増加量アップかどちらかを付けたいところ。 接近を確実にしキルをしやすくする。 接近できなくて困っているなら素直につけて挑みましょう。 イカニンジャと併用して付けたい。 よりアサシンのような立ち回りが可能になります。 カーボンローラーの関連武器 カーボンローラー スプラトゥーン2 関連リンク.

次の

スプラトゥーン2について。

カーボン ローラー デコ ギア

こちらのページでは、『スプラトゥーン2(Splatoon2)』における、カーボンローラーデコの性能と評価、カーボンローラーデコの使い方や立ち回り方について掲載しています。 カーボンローラーデコの総合評価や性能別の評価を始め、バトルにおけるカーボンローラーデコのおすすめの使い方や、立ち回る上で重要なことを詳しく解説しているので、これからカーボンローラーデコを使いたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 メインウェポンの射程は短く、インク効率も正直いいとは言えません。 ですが振りの速いメインウェポンから発揮される最速確定1発のキル性能は極めて優秀で、捉えた敵に反撃の隙を与えません。 サブウェポンが「クイックボム」であることも相まって、キルのしやすさに磨きがかかり、よりテクニカルなキルを実現することも可能です。 また、スペシャルウェポンが「ロボットボムピッチャー」であることから、敵を大きく翻弄し、撹乱させることができるので、射程の短さを感じさせない、積極的な前線上げや打開をこなせるのもまた強みといえます。 ただしカーボンローラーデコのこの武器構成の都合上、ステージへの依存度が極めて高く、視界がひらけているステージや極端に高低差のあるステージでは立ち回りづらさが顕著に現れます。 こればかりはプレイヤーのステージに対する知識や立ち回りの幅に依存してしまう部分となっています。 カーボンローラーデコのおすすめ立ち回り 基本は奇襲や不意打ち カーボンローラーデコは短射程武器の中でも心強いサブウェポンを持つ優秀な武器ですが、それでも基本は奇襲攻撃や不意打ちといった、相手の裏をかくキルの立ち回りを要求されます。 これは単に射程の短さによるキルのしづらさを補うことを目的としているだけではなく、接近することによるリスクを軽減させると言うことも兼ねている立ち回りです。 まずは、 いかに安全にキルを取れるか、一方的に、反撃されずにキルを取れるかを意識して立ち回ると良いです。 クイックボムへの過信は禁物 カーボンローラーデコはサブウェポンに「クイックボム」を持ち、より即効性に磨きのかかった武器性能となっています。 しかしカーボンローラーデコはメインウェポンのインク効率があまり良くないので、そんな武器でインク消耗が激しく、即効性こそあるものの火力の低さやキルの狙いづらさのあるクイックボムに頼り過ぎる立ち回りは、自らの首を締めかねません。 特に焦ってクイックボムを連続で投げる行為は危険です。 なので、 クイックボムはあくまでも追撃や先制の一撃程度にとどめておき、キル逃しやそのリスクを軽減する目的で使うようにし、無駄な使用をしないことを心がけましょう。 ギアパワーの構成が重要 カーボンローラーデコは性能が極端です。 武器構成全体でみてもどれも癖や弱点があるもので構成されている武器なので、ギアパワーの構成は慎重に行いたいところです。 最初の内は「イカダッシュ速度アップ」や「イカニンジャ」、「インク効率アップ」系のギアパワーで立ち回りやすさを補強し、慣れてきたら「カムバック」や「スペシャル減少量ダウン」など、キルを意識しデスを前提としたギアパワーで構成してみましょう。 しかし 基本的には武器性能の弱点を補う形でギアパワーを構成していきたいタイプの武器なので、そこだけ覚えておきましょう。 また、 慣れてくるとある程度性能による弱点をテクニックで補うことができます。 そこまで自分のプレイヤースキルに自信を持てるようになって始めて、自由なギアパワーを構成できると考えましょう。

次の

スプラトゥーン2について。

カーボン ローラー デコ ギア

比較ライバルにスプラシューター、スプラローラーがいるので [サブ性能アップ]を多めに積んだ立ち回りが良いのではと 個人的には考察していて思いましたね。 ギア何故良いのか少々長い説明になりますがご容赦を。 クイック持ちのブキの中で、 近接戦もとても強力なのはカーボン以外だとスプラシューター。 (スプラスピナーも強力だがチャージ必要なので構えが必要なので…) しかもメイン射撃で立ち回り自由度が圧倒的で、 SPのスーパーチャクチとクイック連携力は随一といっても良いレベル。 カーボンの比較利点としては、 AIMは縦振りの左右AIMがあれば当てやすい事、1撃が早い事だが スプラシューターのキル速度でも十分なキル速度があるし AIMあまり要らない点も上位勢にはゲーム長時間プレイの利点ぐらい… Sp10低い設定も塗りのしやすさで正直スシの方が溜めやすい。 上記の事から、カーボンデコの強みを活かす立ち回りとしては 塗っていた際の突撃から、待ち構えからの高速1撃。 スシと違って撃ち合い合戦否定で1撃退治しやすいので ダメージ無く敵討ちに直ぐに来る2匹目へ状態を作れる。 だがこの戦法、スプラローラーで良いのでは?となる。 スプラローラーはキル速度は十分に高いし攻撃範囲が広くて扱いやすく、 なにより突撃しやすいカーリングまで備わっている。 クイックボムで遠投してひたすらチャンス待ちよりも 自分だけで打開チャンスをつくれるためにどうしても見劣りする。 上記の事から、カーリングでは出来ない クイックボムの高台への攻撃能力を活かした方が良いのではと。 スプラシューターの場合は遠投能力上げをしなくても その機動性を活かして懐まで突撃をすればいいので必要性低く、 近接は圧倒的、遠距離はクイックで対処で強いという事が可能なのは カーボンローラーデコだけの長所だろうと。 そんなわけで[サブ性能アップ]を積むのが良いと判断します。 個人的なギア理想としては イカ速度1. 3、サブ効率0. 5、サブ性能2. 1 サブ効率で1クイック36. 0% メイン消費1発4. 0% クイック2連投後にジャスト6回のメイン攻撃を保有しつつ クイック併用でイカ速度の機動力を持って突撃や戦場復帰の利便性、 高いサブ性能による遠距離ブキへの圧倒的な対処能力持ち。 SPにサブ性能は発揮こそできないが、 突撃チャンスまでは遠投で十分な援護戦闘が出来るので 後方でSPを貯めやすくSP貯まれば主戦場をかき乱して 突撃や相手機動強制で待ち構えての1撃キルも狙いやすくなる。 長い説明失礼致しました。 参考になれば幸いです。 イカニンジャに関しては どうしてもスプラローラーに見劣りしまいやすくなるため 考察をしてませんが、ご希望であればギア考察してみますが…… (また少々長い説明を併せて).

次の