マイレージ プラス クレジット カード。 マイレージカードの種類と作り方を知ってマイルを効率的に貯めよう!|クレジットカードの三井住友VISAカード

MileagePlus JCBカード | クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

マイレージ プラス クレジット カード

もくじ• マイレージプラスセゾンカードが最強な理由 マイルアップメンバーズ加入でコスパ最強 まず、 マイレージプラスセゾンカードが最強と言われる理由として「マイルアップメンバーズ」というオプションプランの存在があります。 このプランを利用することで、少ない年会費ながらゴールドカードと同様の還元率でマイルが貯められるようになります。 それでは、まずマイルアップメンバーズの魅力をいくつか紹介していきます。 マイルアップメンバーズ加入で最強の還元率に マイレージプラスセゾンカードそのものから通常還元されるマイルは「1,000円=5マイル」です(これは全く大したことありません)。 それを、マイルアップメンバーズに加入することで「1,000円=10マイル」が追加で加算されます。 そのため、 合計で「1,000円=15マイル」もの獲得が可能となるのです。 つまり、 マイルアップメンバーズの加入によって通常の3倍のスピードでマイルを貯めることが出来るようになります。 ちなみに、この「1,000円=15マイル」という還元率はマイレージプラスセゾンゴールドカードと同じです。 マイルアップメンバーズの年会費は? マイルアップメンバーズの年会費は「5,000円(税抜)」です。 そして、マイレージプラスセゾンカードの年会費が「1,500円(税抜)」なので、 年会費合計は「6,500円(税抜)」となります。 マイレージプラスセゾンゴールドカードの年会費が「15,000円(税抜)」なので驚きの半額以下。 本当にコストパフォーマンスに優れた最高のカードなのです。 マイルアップメンバーズの注意点 マイルアップメンバーズの注意点は、 「1,000円=15マイル」となるのが年間300万円まで(上限45,000マイルまで)となっていることです。 カード分の「15,000マイル」とマイルアップメンバーズ分の「30,000マイル」の合計です。 そのため、 月額25万円までの方なら高いコストパフォーマンスで利用することが出来ます。 上限を超えてしまった場合は、還元されるマイルがカード分のみの「1,000円=5マイル」となりますので注意して下さい。 ちなみに、 ゴールドカードの場合は「1,000円=15マイル」となるのが年間500万円まで(上限75,000マイルまで)です。 つまり、月額25万円~42万ぐらいの方ならゴールドカードを持つことをおすすめします。 マイル移行手数料がかからないのは大きなメリット ANAやJALのマイルを貯めるには、それらのクレジットカードでポイントを貯めた後、マイルに交換する必要があります。 そこで必要となるのが、「マイル移行手数料」です。 マイル移行手数料は利用するカードによりますが「0円~8,000円(税抜き)」ほどかかってきます。 「0円~」と書いているように、無料となるカードもありますが年会費がかかるものが大半です。 ユナイテッド航空のマイレージプラスには「マイル移行手数料」という言葉すらありませんので、手数料がかかることはありません。 そのため、ポイントを経由せずに直接マイルを貯めることが出来ます。 マイルの有効期限が実質無期限に 以前の記事でも紹介しておりますので、ぜひご覧になって下さい。 簡単にいうとカードを毎月使ってさえいれば期限がその都度延長されるから、気にすることなく使えるよ!という話です。 このメリット、マイルを貯める上では本当に大きなものです。 期限があれば、「失効してしまうリスク」「期限内に貯めれるマイルはその人の利用額で限界がある」など使いづらい事が多く出てきます。 しかし、 無期限であれば本当に自分が使いたい時に使えるので、何年もかけて貯めて普段行けないようなところに行くなんてことも可能なのです。 そのため、このカードなら夢の実現も可能となります。 マイレージプラスセゾンカードのデメリット 私は正直、このカードにあまりデメリットはないと思っています。 年会費がかかることは少し気になりますが還元率を考えれば充分満足出来るはずです。 その中でこのカードのデメリットである点を紹介します。 家族カードがない 私がこのカードの最大の欠点だと思っていることです。 家族カードとは、名称通り家族に使わせることが出来るカードのことです。 請求は1つの口座にまとめて支払うことが出来るので非常に便利です。 特に、 保険料など本人名義しか出来ない支払いに家族カードがないのは大変不便です。 あとは、以前の記事で紹介しているこちらでユナイテッド航空のマイレージプログラムのデメリットも紹介していますので参考にして下さい。 その点を考えると、マイレージプラスセゾンカード(一般カード)ではマイルアップメンバーズに加入したとしても年間300万円までしかお得に使うことが出来ません。 そのため、これから結婚式に向けてクレジットカードを作る予定の方であれば 結婚式まで「マイレージプラスセゾンゴールドカード」を使用し、結婚後は「マイレージプラスセゾンカード(マイルアップメンバーズ加入)」を使用するという方法も利用額に応じたカードの使い方としておすすめします。 もちろん、 カードが変わっても会員番号は変わらないのでマイル数は引き継ぐことが出来ますので大丈夫です。 ちなみに、マイレージプラスセゾンゴールドカードは年会費が「15,000円(税抜)」必要となりますが、現在(2016年4月1日~2016年9月30日)は ボーナスマイルが貰えるお得なキャンペーンがあっているため、すぐに元を取ることが出来ますよ。

次の

ユナイテッド航空のマイレージプラス!クレジットカードでお得にマイル獲得

マイレージ プラス クレジット カード

マイレージプラスへのご入会手続きはから 選べる国際ブランド 年会費 本人会員 : 1,500円(税抜) 家族会員 : 400円(税抜) 提携先 ユナイテッド航空会社 ポイント 200円につき1マイル 付帯サービス ETCカードの同時お申し込み可能 お申し込み資格 専業主婦の方・学生の方もお申し込み可能 満18歳以上の方(高校生は除きます) 付帯保険 最大2,000万円までの海外旅行傷害保険 最大1,000万円までの国内旅行傷害保険 年間100万円までのショッピング補償保険 ユナイテッド航空のマイルが効率良く貯まります MileagePlus UCカードなら毎日のお買物や提携レストランで、効率良くマイルが貯まります。 年間の累積限度額を超過したご利用については、マイルが加算されませんのでご了承願います。 貯まったマイルを使う 特典航空券などさまざまな特典にご利用いただけます。 マイレージ・プラス・ダイニングは2014年3月31日(月)をもって終了いたしました。 充実の旅行保険が付帯 UC海外・国内保険サービス 最大2,000万円までの海外・国内旅行保険が付帯されます。 自動付帯なので、ご旅行の度に、手続きにわずらわされる事はありません。 <海外旅行の場合> カードがお手元に届いた日から自動的に付帯されます。 <国内旅行の場合> パッケージツアーや航空券等のチケット代金をカードでお支払いいただくと適用となります。 保険内容の詳細は、下記よりご確認ください。 UCショッピング補償保険 お買い物に安心をさらにプラス。 カードでご購入された商品の破損などによる損害を、 購入日より90日間、年間100万円まで補償いたします。 さらにUCカードならではの多彩な特典をご用意.

次の

マイレージプラスセゾンカードで最大1.5%!ANA国内便もお得

マイレージ プラス クレジット カード

マイレージプラスが有効期限無期限に改善!ますます使い勝手の良いマイルに ユナイテッド航空のマイレージプラスは、 2019年8月28日より、マイルの有効期限が無期限に延長されました。 これまで、マイレージプラスの有効期限は18か月間となっており、期間中にマイルの獲得・利用があれば18か月延長される仕組みとなっていました。 有効期限無期限で、失効の心配の無いマイレージプラスで、友人・恋人と一緒にお得なタダ旅行を目指してみてはいかがでしょうか。 クレカでマイルを貯めるポイント マイレージプラスの特典航空券の必要マイル数 ユナイテッド航空のマイレージプラスは、 2019年11月15日より、シーズンによる変動制となりました。 変動制のため、特典航空券の交換に必要となるマイル数は一律ではありませんが、 マイル数の目安は以下のとおりです。 日本国内線 5,000マイル〜 韓国 8,000マイル〜 香港 20,000マイル〜 フィリピン 20,000マイル〜 ハワイ 27,500マイル〜 オーストラリア 30,000マイル〜 アメリカ本土 35,000マイル〜 ヨーロッパ 45,000マイル〜 上記の必要マイル数は、いずれも 片道の特典航空券交換に必要なマイル数となります。 特典航空券を利用する時期、予約から搭乗までの日数によって必要マイル数が変わりますので、正確な必要マイル数はユナイテッド航空のホームページで確認しましょう。 ユナイテッド航空の特典航空券は、公式ホームページからオンラインで発券、座席指定までできますので、手軽に特典航空券を利用することができます。 また、ユナイテッド航空の特典航空券は、 2つの特典で必要マイル数が変わります。 セーバー特典:必要マイル数は少ないが、航空券の席数も少ない。 エブリデイ特典:特典航空券の席数が多く予約を取りやすいが、必要マイル数は多い。 このように、2つの特典では、 必要マイル数と特典航空券に用意された席数に違いがあります。 夏休みや年末年始・GWなどの繁忙期は、マイル数は多くなっても、エブリデイ特典の方が特典航空券をゲットできる可能性は高くなりますね! マイレージプラスの注意点 ユナイテッド航空のマイレージプラスでは、 特典航空券の発券時期によっては、必要マイル数が割高になってしまう点に注意が必要です。 搭乗の30日以内の発券では、通常必要となるマイル数に加えて、3,500マイルを追加で支払う必要があります。 たとえば、国内線の特典航空券は5,000マイル〜の交換ができますが、搭乗まで30日を切っている場合、片道で8,500マイル〜の特典航空券の交換となります。 さらに、ユナイテッド航空の特典航空券は変動マイル制となっており、 直前の発券は1,000マイル〜2,500マイルが加算されますので、余裕を持った特典航空券の交換が必要です。 ただし、これまで搭乗の21日前の発券では、直前発券手数料75$が必要でしたが、直前発券手数料は無料となりました。 直前発券手数料がマイルに置き換わった形になりますが、いずれにしてもお得に特典航空券を手に入れるためには早めの予約が必要ですね! スターアライアンスでANA特典航空券をゲット ユナイテッド航空のマイレージプラスでは、同じ「スターアライアンス」に所属する ANAの特典航空券を交換することができます。 航空アライアンスでは、航路やマイレージの共有化がなされており、マイルを同一の航空アライアンスに所属する航空会社に交換することが可能です。 スターアライアンスには、• ANA• アシアナ航空• エアチャイナ をはじめ、 26の航空会社が加盟しています。 国内発着の路線が多いANAの特典航空券に交換できるのは、日本人にとってもマイレージプラスの大きなメリットになりますね! また、マイレージプラスでの特典航空券の交換では、 燃油サーチャージの費用がかからないため、ANAマイルで特典航空券を交換するよりもお得になるケースがあります。 ですので、ユナイテッド航空マイレージプラスは、ANAマイラーにとっても注目すべきマイレージプログラムということになりますね。 ANAマイルのお得な貯め方• ユナイテッド航空はプレミア会員になりやすい ユナイテッド航空は、他の航空会社に比べると、 上級会員である「プレミア会員」になりやすいメリットがあります。 プレミア会員になるためには、• PQF:プレミア資格取得必要区間数• PQP:プレミア資格取得必要ポイント の両方、またはPQPを必要ポイント貯める必要があります。 PQF・PQPは、ユナイテッド航空のフライトはもちろん、ANAをはじめとした スターアライアンスの航空会社でのフライトでも取得することができます。 ですので、ANA便を利用する機会の多い日本人にとっても、ユナイテッド航空のプレミア会員は目指しやすいですね! ユナイテッド航空のプレミアムゴールドになると、ステータスマッチでスターアライアンスの上級会員資格 「スターアライアンスゴールド」も取得することができます。 スターアライアンスゴールドになれば、 ANAラウンジをはじめとしたスターアライアンスのVIPラウンジを利用できますので、プレミアムゴールドを目指してみるのも良いのではないでしょうか! ANAの上級会員資格• ユナイテッド航空のマイレージプラスをお得に貯められるおすすめクレジットカード 日本人にとっても使い勝手の良い マイレージプラスは、クレジットカードを活用することで効率的に貯められます。 ショッピングマイルの還元率の高さもマイレージプラスのメリットのひとつとなっていますので、フライト無しで年間数万マイルを貯めることも充分に可能ですよ! ここでは、ユナイテッド航空のマイレージプラスをお得に貯められる、7枚のクレジットカードをご紹介します。 MileagePlusセゾンカード• 最高1. 5%の高還元率でマイレージプラスが貯まる• コスモ石油で最大還元率2. セゾンカードのお得な優待が付帯 低コストで効率的にマイレージプラスを貯めたい方には「MileagePlusセゾンカード」がおすすめです。 MileagePlusセゾンカードでは、税別5,000円の「マイルアップメンバーズ」に加入することで、 いつでも1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯めることができます。 マイルアップメンバーズに加入していれば、コスモ石油での給油で2. 0%の還元率でマイレージプラスを貯められますので、ガソリン用のクレジットカードを探している方にも最適ですね。 また、MileagePlusセゾンカードでは、西友・リヴィンでの5%オフをはじめ、セゾンカードのお得な優待が付帯しますので、節約用のカードとしても優秀です。 国際ブランドをアメックスに選択すれば、 毎年カードの更新時に500マイルがプレゼントされますので、アメックスでの発行がおすすめです。 セゾンカードのメリット• MileagePlusセゾンゴールドカード• マイルアップメンバーズが無料で付帯• 空港ラウンジサービスが付帯• 家族特約も付いた手厚い海外旅行保険 ユナイテッド航空で海外旅行する機会の多い方には「MileagePlusセゾンゴールドカード」がおすすめです。 MileagePlusセゾンゴールドカードでは、通常、 税別5,000円のマイルアップメンバーズが無料で付帯しますので、 いつでも1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯めることができます。 年間で75,000マイルまで1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯められますので、年間500万円利用するヘビーユーザーでも効率的にマイルを貯められますよ! MileagePlusセゾンゴールドカードでは、国内主要空港のラウンジサービスが無料で付帯しますので、実際にユナイテッド航空でフライトをする際にもお得です。 家族特約まで付帯した手厚い海外旅行保険が付帯しますので、海外旅行用のゴールドカードとしても最適ですね! MileagePlusセゾンプラチナカード• MileagePlusセゾンカード:年間30,000マイル• MileagePlusセゾンゴールドカード:年間75,000マイル MileagePlusセゾンプラチナカード以外では、年間上限を超えた利用分は還元率0. 5%にダウンしてしまいます。 ですので、 年間500万円以上カードを利用する方は、MileagePlusセゾンプラチナカードを利用した方が効率的にマイレージプラスを獲得することができますね。 また、MileagePlusセゾンプラチナカードでは、 24時間・365日対応のコンシェルジュサービスも付帯しますので、最上のサービスのプラチナカードを手に入れちゃいましょう! MileagePlusセゾンプラチナカードのメリット• MileagePlus JCBクラシックカード• カードの利用でマイレージプラスが貯まる• ユナイテッド航空の航空券でマイル還元率2倍• 最高2,000万円の海外旅行保険が付帯 使い勝手の良いJCBブランドでマイレージプラスを貯めたい方には「MileagePlus JCBクラシックカード」がおすすめです。 MileagePlus JCBクラシックカードでは、カードの利用で 還元率0. 5%でマイレージプラスを貯められますので、毎日のお買い物でお得にマイルを貯めることができます。 さらに、 ユナイテッド航空の航空券購入では、マイル還元率が2倍になる特典もありますので、ユナイテッド航空を利用している方にもおすすめですよ。 MileagePlus JCBクラシックカードでは、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しますので、海外旅行の際にも安心の補償を受けられます。 カードの入会では、新規入会ボーナスマイルとして1,000マイルがプレゼントされますので、お得にMileagePlus JCBクラシックカードを手に入れちゃいましょう! MileagePlus JCB一般カード• 還元率1. 0%でマイレージプラスが貯まる• ユナイテッド航空の航空券でマイル還元率2倍• 海外旅行保険は手厚い最高3,000万円 年間70万円以上カードを利用する方なら「MileagePlus JCB一般カード」がおすすめです。 MileagePlus JCB一般カードでは、 いつでも1. 0%の高還元率でマイレージプラスを貯めることが可能となっており、MileagePlus JCBクラシックカードよりも還元率が0. 5%有利です。 MileagePlus JCBクラシックカードとの年会費の差は3,750円となっていますので、1マイル=1円としても年間70万円以上利用する方ならMileagePlus JCB一般カードがおトクですね。 海外旅行保険も、MileagePlus JCBクラシックカードよりも手厚い最高3,000万円となっていますので、海外旅行時の安心感にも違いがあります。 MileagePlus JCBカードを選択する際には、年間のカード利用金額を判断基準にすれば、後悔の無いカード選びをすることができますよ! MileagePlus JCBゴールドカード• いつでも1. 5%の高還元率でマイルが貯まる• 空港ラウンジサービスが付帯• グルメ優待サービスでレストランが20%オフ ワンランク上のゴールドカードで効率良くマイレージプラスを貯めたい方には「MileagePlus JCBゴールドカード」がおすすめです。 MileagePlus JCBゴールドカードでは、 いつでも1. 5%の高還元率でマイレージプラスを貯められますので、ショッピングだけで効率的にマイルを貯めることができます。 国内主要空港のラウンジサービスも付帯しますので、実際にユナイテッド航空でフライトする際にも快適に空港を利用できますよ! 家族特約も付いた海外旅行保険も付帯しますので、海外旅行用のゴールドカードとしてはMileagePlus JCBゴールドカードを1枚持っておけば安心です。 さらに、全国250店舗のレストランの会計が20%オフになるグルメ優待サービスも利用できますので、旅行だけではなく毎日の生活にもワンランク上のメリットがあります。 SPGアメックス• 25%の高還元率でマイレージプラスが貯まる• マリオットボンヴォイの上級会員資格を取得• 毎年高級ホテルの無料宿泊券がプレゼント マイル還元率だけではなく、宿泊時の特典にもこだわりたい方には「SPGアメックス」がおすすめです。 SPGアメックスでは、ボーナスポイントを含めて 最大1. カードの入会で、 マリオットボンヴォイの上級会員資格を取得することができますので、客室のアップグレードや無料宿泊などの特別なサービスをうけられますよ! さらに、毎年カードの更新時にはマリオットボンヴォイ参加ホテルの 無料宿泊券がプレゼントされますので、それだけで年会費の元を取ることも充分に可能です。 国内主要空港のラウンジサービスは、同伴者1名まで無料で利用することができますので、マイルを貯めるだけではなく、快適に旅を楽しみたい方に最適なカードとなっています。 SPGアメックスでマイルを貯める• 使い勝手の良いマイルが失効のリスクなし!ショッピングでマイレージプラスを貯めよう ユナイテッド航空のマイレージプラスは、有効期限が無期限に延長されたことで、より使い勝手の良いマイレージプログラムに進化しました。 有効期限無期限で誰でも特典航空券を交換可能• 特典航空券の30日以内の発券ではマイルが割高に• マイレージプラスはクレカでも貯めやすい ユナイテッド航空のマイレージプラスは、友人・恋人など、家族以外の特典航空券の発券も制限がありませんので、有効期限無期限になることでより使い勝手が向上します。 ただし、搭乗まで30日を切っての特典航空券の発券では、3,500マイルの発券手数料が加算されてしまいますので、発券期間には余裕を持っておくようにしましょう。 マイレージプラスは、クレジットカードでも貯めやすいマイルとなっていますので、フライト無しでショッピングだけでも年間数万マイルを充分に貯めることができます。 まずは、マイレージプラスが貯まるクレジットカードを手に入れて、気軽に特典航空券を目指してみるのも良いのではないでしょうか。 あわせて読みたい•

次の