結婚式 招待状。 結婚式招待状の返信マナー《出席》の書き方

結婚式の招待状の送り方を例文でご紹介/ラインでOK?アレルギーの有無は聞くべき?

結婚式 招待状

早すぎるとゲストの予定が立っておらず、遅すぎるとすでに予定がある恐れがあるので、この時期に発送する場合が多いです。 必ず「大安」でなければいけないことはありませんが、年配の親戚の方や上司の方は気にする方もいるので、なるべくお日柄のいい日に投函するようにしましょう! ポストではなく郵便局へ! 投函する際は、 ポストではなく郵便局窓口へ直接持っていきましょう。 大安の消印が付くか確認できて安心ですし、ポストだと雨などの天候の関係で汚れたり曲がったりしてしまう可能性があるので避けたほうが無難です。 結婚式人気シーズンは早めの事前確認を! 結婚式の人気シーズンや祝日に結婚式を行う場合は、早めに事前確認しておくことが大切! ・4月・5月の春の結婚式シーズン ・9月~11月の秋の結婚式シーズン ・GW ・お盆休み ・連休 は特に結婚式の人気シーズン。 結婚式まで2ヶ月切ってしまった場合は、ゲストリストを絞り込む作業も十分にできないかもしれないので、必ず 招待状送付前に出欠確認を取るようにしましょう! その際は、これから招待状を送ること、返信ハガキは早急に送ってほしいことをお願いします。 招待状の本文にも返信のお願いの一文として、『 お近いお日にちで恐縮ながら、〇〇日までにご返信賜りますと幸いです』など一言添えると良いでしょう* さらに、招待状に『急なことで申し訳ございません』と一筆付箋などで改めて書き添えて同封すると、より丁寧な印象になります。 人数調整などで改めて招待状を送る場合の注意点* 人数調整で改めて呼ぶことになったゲストへ招待状を送る場合は、少し配慮が必要です。 職場関係・友人関係で調整する場合、「〇〇さんのところには1ヶ月には招待状が届いていたらしい」と情報が回りやすいです。 後から招待するゲストには、あくまでも 「こちら 新郎新婦側 の手はずが遅れてしまって、大変申し訳ございません」という姿勢で出欠確認をした上で、招待状を送るようにしましょう。 間違っても「出席者が予定よりも減っちゃって、、」などと言ってはいけませんよ! 招待状の準備スケジュールをチェックしよう* 招待状を投函する時期が分かったところで、次は招待状を準備していくスケジュールを見ていきましょう! 一般的な 国内挙式と 海外挙式の場合、ざっくりこのようなスケジュールになります。 5ヶ月前】 詳細決め・招待状の発注・切手の用意 【3. また、友人を招待する場合は仕事の都合などを調整してもらう必要があるため、なるべく 早い段階で日程や場所について伝え、参加できるかどうか確認しておきましょう。 リストアップをする際のコツは、「必ず呼ぶ人」「できれば呼びたい人」「二次会のみ呼びたい人」「結婚の報告だけする人」など分類しておくこと。 職場の同期、先輩、上司、地元の友人など肩書きも把握しながら整理しておくと、今後席次表を作成する際にもこのリストが役立ちます! また、招待客を決める際は両家のバランスを考えることも大事! 両家の人数の差があまり出ないように、お互い話し合って決めていきましょう。 招待するゲストが決まったら次は招待状を送るための住所集め* メールやSNS等で結婚式の日程を伝え、参加できそうかの 事前確認と合わせて 住所を教えてもらいます。 その時に、 氏名の正しい表記 旧字体か新字体か、特殊表記の有無など も一緒に確認しておきましょう* また、最近では『 save the date セイブ・ザ・デート 』というプレ招待状を取り入れる花嫁さんも増えてきてます。 『save the date』とは、正式な招待状を出す前に、「この日は空けておいてね」とアナウンスするためのペーパーアイテムで、海外では一般的で海外挙式の場合に取り入れることも多いです。 注文する場合は、基本的に決められたデザインの中から選択する形になるので、ゼロから考える必要がなく比較的楽なのが特徴。 しかし、式場で依頼する場合は値段が高めな場合が多いので、プランに含まれているか確認したり自分で業者を探したりするといいですね* 手作りする場合はオリジナリティ溢れる2人らしい招待状が作れる分、ゼロからのスタートするため、手間や時間がかかってしまいます。 いつ、どこで、誰が結婚式をするのかが記載してあるものです。 主催者からの挨拶文には句読点をつけてはいけない決まりがあり、これは句読点をつけることで「切れる」「終わる」という意味合いがあり、お祝い事には終止符を打ってはいけないという風習があるからです。 段落の行頭も空けないようにしましょう。 また、「返信期日」の記載も本状に忘れないようにしましょう! アクセス地図 会場までの地図はホテルや式場側で用意してくれるところが大半ですが、小さなレストランやゲストハウスなどでは地図の用意がないこともあります。 その場合は自作する必要がありますが、全く土地勘がない人にも分かりやすい地図であることや、会場近くの分かりやすい目標物の記載、駐車スペースの有無、バスや電車の時間も記載しておくと親切です* 付箋.

次の

結婚式招待状の返信マナーの基本をチェック!返信はがきの書き方もご紹介 | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚式 招待状

Function主な機能• LINE or メールで ログイン 普段ご利用のLINEアカウントをご利用いただけます。 招待状作成 デザインを選んで、簡単に作成できます。 招待状共有 新郎新婦様・幹事様で情報を共有できます。 一括送信 LINE・Facebook・メール等で一括送信できます。 出欠管理 ゲスト様からの出欠席の返事を管理できます。 事前会費支払い ご希望の方のみ 会費をパーティ前に集めることができます。 スマホde受付 当日受付がスマホで簡単・ラクにできます。 出席者名簿出力 紙の出席名簿 Excel を出力できます。 経費計算 出欠リストを元に、会費や経費を計算。 二次会用Wドレス 二次会用ウェディングドレスを無料でレンタル。 割引特典• 二次会撮影 二次会に無料でプロのカメラマンが撮影に伺います。 パネル付き景品 二次会で使う景品を特別価格で購入できます。 Recommended Functionオススメ機能.

次の

結婚式招待状の返信マナー《出席》の書き方

結婚式 招待状

結婚式の招待状は、挙式・披露宴の日時や場所など、 パーティーの案内状としての役割があります。 たとえば真夏の結婚式なら「おしぼりは用意していますが、帽子や日除けをお持ちください」といったアテンション、招待状のデザインをゲストが当日をイメージできるようなもの=「結婚式のコンセプトが見えるようなデザインに仕上げる」など、招待状に、 ゲストへの思いやりや気遣いを込めることが大切です。 マナーやルール、モラルに気を付けながら、 大切な人へ向ける手紙と同じように気持ちを込めて作成しましょう。 招待するゲストが決まったら、次は招待状を送るための 住所集め。 メールやSNSで結婚式の日程を伝え、 参加できそうかの事前確認とあわせて、住所を教えてもらいましょう。 その際に、ゲストの住所と 氏名の正しい表記(旧字体か新字体か、特殊表記の有無など)を確認しておくと、招待客リストの管理と招待状の作成がスムーズにできるのでおすすめ。 また、最近は 「save the date(セイブ・ザ・デート)」という プレ 招待状を取り入れる花嫁も増えています。 「save the date」は、 正式な招待状を出す前に、「この日は空けておいてね」とアナウンスする目的のペーパーアイテムで、海外では一般的なもの。 日本ではペーパーアイテムではなく、GoogleフォームやLINEを活用して案内を出すケースも多いようです。 招待状のデザインは、 式場で用意されているものから選んだり、 手作りキットを活用したり、 完全オリジナルで作成する方法もあります。 デザイン決めのときに気を付けたいポイントは、 結婚式のコンセプトに合わせた雰囲気にすること。 たとえば、ラグジュアリーなホテルでの結婚式にナチュラルテイストのデザインはミスマッチ。 ゲストに結婚式の雰囲気が伝わらず、服装など悩ませてしまう場合も…。 デザインが好みであっても、招待状だけをみて選ぶのではなく、 結婚式のテーマを考慮してセレクトしましょう。 また、 招待状に入れ込みたいコンテンツも合わせて検討しておくこと。 挨拶文・日時・場所・アクセスのほか、 ゲストにアナウンスしたい項目など本状に入れ込む具体的なコンテンツを決めます。 本状に書き切れない内容がある場合(受付や余興をお願いするゲストへのアテンションなど)は、 付箋を用意しましょう。 たとえば、挙式は家族や親戚など身内のみで行い、披露宴から友人ゲストを招待する場合は、挙式に招待する人にのみ、挙式の案内を記した付箋を同封します。 招待状のコンテンツが決まったら、 招待状のカードを発注します。 投函分の 慶事用(寿)切手と、 返信ハガキ貼付用の切手も忘れずに用意すること。 招待状が完成したら、いよいよ宛名書き。 差出人名は印刷する場合が多いですが、 宛名は自分たちで書くか、印刷、もしくは業者に依頼することも可能です。 <宛名書きで注意するポイント> ・手書きの場合は、文字バランスと品格、名前の書き間違いに注意する。 ・あいまいな漢字は必ず本人に確認する。 ・郵便番号は数字のみ。 郵便マーク「〒」は不要。 ・手書きの場合は、毛筆もしくは筆ペンを使う。 ただし、返信用ハガキは縦書きが基本。 ・数字は漢数字がベスト。 ただし、住所の一部やマンション名などに算用数字が含まれている場合は正しい表記に従う。 必ず大安の日に投函しなければいけないというルールはありませんが、日本には古くからお祝い事のお日柄を大切にする習慣があるため、 お日柄の良い日を選ぶことで、ふたりのマナーや気遣いも伝わります。 基本的に 招待状の手渡しはNGですが、親しい間柄のゲストなど関係性によってはOKな場合も。 ただし、相手に手抜きをしたと勘違いされる場合もあるので、 手渡しする場合であっても必ず切手を貼り名前を書くのが正解です。 また、手渡しの場合はお日柄を気にする必要はありませんが渡す場所には配慮が必要です。

次の