横浜 プリンス ホテル。 新横浜プリンスホテル

プリンスホテル

横浜 プリンス ホテル

三島由紀夫ファンにはおなじみの建物であろう、旧東伏見宮(ひがしふしみのみや)別邸。 2014(平成26)年2月28日には中村孝明貴賓館(なかむらこうめいきひんかん)として再オープンしたとのことで、これを取材してほしいとの依頼が入った。 いまいち話が飲み込めぬまま引き受けてしまったが、かの「大三島」ゆかりの地とあらば、同じく文章で食べていこうと目論む筆者(不遜)としても取材を断る道理がない。 いざ、取材(半分、趣味)へ! まずは経緯 しかし、旧東伏見宮別邸を改装したプリンスホテルが中村孝明貴賓館として再オープンと言われても、にわかには話が掴みづらい。 「中村孝明」といえば、かの有名な和の鉄人・中村孝明氏であろうが、彼が経営する貴賓館とは何ぞや。 何の話をしているのか。 ここで筆者は、はまれぽの過去記事を紐解いてみた。 横浜の誇る由緒ある建物ならばはまれぽがあつかっていないわけがない、横浜市民が投稿していないわけがないだろうという発想である。 調べると、やはり出てまいりました。 こういう所、横浜市民は信頼できる。 2011(平成23)年5月、 そして、2012(平成24)年1月、、2013(平成25)年1月、をまずは見ていただきたい。 昨年はまだ建設中だった跡地 なるほど。 貴賓館という名のレストランなのね。 しかし以前の記事を読むに、ここは横浜市認定の「歴史的建造物」。 改装といってもどこまでできるのか。 そもそも市が認定する「歴史的建造物」とは何ぞや? レストランにしても良いのか? ということで、まずはその辺の事情を聞きに横浜市役所へ。 都市整備局 企画部 都市デザイン室 取材先は、横浜市都市整備局企画部都市デザイン室。 おなじみ横浜市役所 「企画課」と「都市デザイン室」の看板は別なのね ここでは本来室長が対応してくださるはずであったが、不在ということで係長の小田嶋氏がいろいろと説明してくださった(ちなみに顔出しはNG)。 さて、早速「認定歴史的建造物」とは何かと聞く。 聞いたことがあるような無いような。 それはレストランとして使用して良い類のものなのか。 文化財、に比べると幾分ポップなのか? 簡単にまとめると、大きな差異は2点。 まず、文化財は基本的に「復元」が許されていないが、認定歴史的建造物は「復元」が許されている。 これは簡単に言ってしまえば、壊れて無くなってしまったものを作り直して良いのかどうかということである。 文化財は作り直せないが、歴史的建造物は作り直せるのだ。 おお、柔軟! 今までなんとなく目にしていた建物も多く「認定歴史的建造物」 近代建造物とのミックスもあり! そして筆者がなるほどと思わず頷いた文化財との差異は「認定歴史的建造物」は「外見に主眼をおいている」ところ。 外見さえ当時のままなら(あるいは再現ができていれば)ば、中は人が住もうがホテルにしようが、極端な話「犬小屋」にしてしまおうが持ち主の勝手、お構いなしなのだ。 なるほど、それならば文化財のように基準が難しくなく、管理を持て余してしまうこともない。 横浜が醸し出す、そこはかとない昭和感・異国情緒というものも、こういった実と計画の元に成り立っているものなのだ。 都市デザイン室、名ばかりではない。 余談であるが。 以前の記事にも書かれていたが、この建物はもともと、昭和天皇の義理の弟、東伏見宮の療養のため、1937(昭和12)年に建てられたものだったという。 しかしその後、太平洋戦争後にはGHQに接収されて住宅として使用され、1954(昭和29)年に西武グループへ払い下げられてからはご存じの通りホテルとなった。 1962(昭和37)年の貴賓館(横浜市史資料室所蔵広報課写真資料) 1982(昭和57)年に貴賓館が国連アジア太平洋都市会議の会場となった(横浜市史資料室所蔵広報課写真資料) 1991(平成3)年の横浜プリンスホテル(横浜市史資料室所蔵広報課写真資料) その後、横浜プリンスホテルは2006(平成18)年閉鎖し、西武グループが東京建物に売却。 2007(平成19)年解体中の横浜プリンスホテル 2012(平成24)年に東京建物、東京急行電鉄、オリックス不動産、日本土地建物販売、伊藤忠都市開発によってプリンスホテル跡地にマンション「Brillia City(ブリリアシティ) 横浜磯子」ができることとなった。 筆者は浅学にして知らなかったのだが、プリンスホテルという名称はこの皇族由来の建物から来ているのだという! 小田嶋氏は我々の驚きに驚いたようであるが、恥ずかしさなど感じることなくビックリ継続。 目から鱗とはこのことである。 いやはや、何でも疑問は持ってみるものである。

次の

磯マガ:さようなら横浜プリンスホテル

横浜 プリンス ホテル

磯マガ:さようなら横浜プリンスホテル 速報:さようなら横浜プリンスホテル 2006年6月30日取材 磯子区のランドマーク、「横浜プリンスホテル」が6月30日、営業終了。 50年の歴史の幕を下ろしました。 磯子マガジンでは近日中に「さようなら横浜プリンスホテル特集」を実施する予定ですが、その前に、最終日のライトアップの模様を写真に収めてまいりましたので、ご覧ください。 何枚かの写真は松坂屋ストアの上のマンションでの撮影が報道陣に特別に許可され、その14階から写したものです。 午後7:00。 ライトアップ前の様子。 既に部屋のカーテン開閉で「50年アリガトウ」の文字が浮かんでいます。 午後8:00。 ついに部屋のあかりがともりました。 磯子のまちに浮かぶ最後の横浜プリンスホテル。 駅前でもたくさんの人たちが別れを惜しんでカメラや携帯電話で記念の撮影です。 磯子マガジンが確認しただけで、タウンニュース、朝日新聞(明日の朝刊に掲載)、tvk(3日夜9:30〜のニュースで特集)などの報道陣が取材に訪れていました。 磯子マガジンでも多数の写真で特集予定です。 そして、深夜25:30(正確には7月1日の午前1:30)、プリンス・ブリッジが閉鎖されました。 ポスター類もすべて外されていました。 エレベータに向かう通路も同様。 奥には、プリンスブリッジ閉鎖を知らせる貼り紙。 最後はお二人のスタッフが静かにあと片付け。 横浜プリンスホテルの職員、アルバイト、関係者の方々、お疲れ様でした。 新天地でのご活躍をお祈りしています。 この部分はインラインフレームを使用しています。 copyright c 2006 Isogo Magazine all rights reserved.

次の

新横浜プリンスホテル. 横浜市, 日本

横浜 プリンス ホテル

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg 予約 RESERVATION• アクセス ACCESS 最寄駅より 東海道新幹線・JR横浜線「新横浜」駅東口より徒歩3分 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅3番出口より徒歩約2分 空港より 羽田空港より ホテル発着のリムジンバスで約45分 車で 東名高速道路横浜青葉I. から約12km 平常時25分。 第三京浜道路港北I. から3km(平常時5分)。 首都高速神奈川7号横浜北線新横浜出入口から1. 8km(平常時4分)。 5tまで 住所 〒222-8533 神奈川県横浜市港北区 新横浜3-4.

次の