ソニー wf1000xm3。 ソニーの「WF

ソニー「WF

ソニー wf1000xm3

外観・デザイン• 【装着性】 「AirPods Pro」は通常の有線イヤホンから線を省略したような形状に対し、「WF-1000XM3」は幅が広いデザインです。 「WF-1000XM3」は本体を耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用し、耳にねじ込む感が「AirPods Pro」よりも強いと思われます。 質量は「AirPods Pro」が「5. 4g」ですが、「WF-1000XM3」はより重い「8. 5g」です。 【操作性】 「AirPods Pro」は軸部分にある「感圧センサー」を押すことでモードなどを切り替えることができます。 「WF-1000XM3」は「タッチセンサー」により、本体をタップしたりホールドすることで各種の切り替えが可能です。 【防水性能】 「AirPods Pro」は「IPX4」の耐水・耐汗機能に対応していますが、「WF-1000XM3」は非対応です。 「AirPods Pro」はスポーツ時などに水滴や汗を気にせずに利用することができます。 【充電ケース】 「AirPods Pro」は充電ケースがワイヤレス充電に対応し、外部端子は「Lightningコネクタ」を採用しています。 「WF-1000XM3」はワイヤレス充電が非対応で、「USB Type-C」の採用です。 充電ケースは「AirPods Pro」のほうが小さく軽くなっています。 【カラーバリエーション】 「AirPods Pro」は「ホワイト」のみの1色ですが、「WF-1000XM3」は「プラチナシルバー」か「ブラック」の2色から選択できます。 機能・特徴• 【モード】 「AirPods Pro」は、周囲の音を遮断して聴きたい音のみに集中する「ノイズキャンセリングモード」と、周囲の音を取り込む「外音取り込み機能モード」の2つで切り替えができます。 「WF-1000XM3」は「ノイズキャンセリングモード」と、音楽と周囲の音が聞ける「外音取り込み機能モード」と、音楽の音量を抑えて周囲の音を聞きやすくする「クイックアテンションモード」の3つで切り替え可能です。 「WF-1000XM3」は専用アプリを利用して「外音コントロール」のレベル調節のカスタマイズができます。 【バッテリーライフ】 「AirPods Pro」はノイズキャンセリングON時に最大4. 5時間・ノイズキャンセリングOFF時に最大5時間のバッテリー持続時間ですが、「WF-1000XM3」はノイズキャンセリングON時に最大6時間・ノイズキャンセリングOFF時に最大8時間です。 「WF-1000XM3」のほうが長時間の利用可能時間を実現しています。 「AirPods Pro エアーポッズ・プロ 」と「WF-1000XM3」のスペック違いを比較 製品名 アップル AirPods Pro ソニー WF-1000XM3 発売日 2019年10月30日 2019年07月13日 税別価格 2万7800円前後 2万5000円前後 タイプ 密閉型 カナル型 チップ H1ベースのSiP System in Package 高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング 外部音取り込みモードに切り替え可能 デュアルノイズセンサーテクノロジー 音楽音量を抑えて周囲の音を聞きやすくする「クイックアテンションモード」と、音楽と周囲の音が聞けるアンビエントサウンドモード/外音取り込み機能に切り替え可能 マイク デュアルビームフォーミングマイクロフォン、内向きのマイクロフォン 外側 フィードフォワードマイク と内側 フィードバックマイク に1つずつ オーディオテクノロジー アダプティブイコライゼーション 耳の形に合わせて音楽を自動調節 、均圧のための通気システム、専用の高偏位Appleドライバ 優れた低音と中高音域オーディオ 、専用のハイダイナミックレンジアンプ クリアなサウンド 外音コントロール 周囲の音の取り込みレベルを調整 、アダプティブサウンドコントロール ノイズキャンセリングと外音取り込みモードを自動切り替え 、イコライザー、左右同時伝送方式、装着検出機能、専用アプリ「Headphones Connect」 操作性 感圧センサー タッチセンサー コントロール 1回押して再生・一時停止・電話に応答、2回押して次の曲にスキップ、3回押して前の曲にスキップ、長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え 左側: シングルタップでNC/Ambientモード切替 タップ&ホールドでクイックアテンション、右側: シングルタップで再生/停止 ダブルタップで曲送り トリプルタップで曲戻し タップ&ホールドでボイスアシスタント ボイスアシスタント Siri Siri、Googleアプリ、Googleアシスタント 防水性能 耐汗・耐水性能 IPX4 本体のバッテリー 1回の充電で最大4. 5時間の再生時間 アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードOFF時は最大5時間 /最大3. 5時間の連続通話時間 連続音声再生時間: 最大6時間 ノイズキャンセリングOFF時は最大8時間 、連続通話時間: 最大4時間 ノイズキャンセリングOFF時は最大4. 5時間 、待受時間: 最大9時間 ノイズキャンセリングOFF時は最大15時間 ワイヤレスケース付きバッテリー 24時間以上の再生時間、18時間の連続通話時間 付属ケースで3回分充電し、本体の6時間と合計して24時間の音楽再生 充電 充電ケースでの5分間の充電で最大1時間の再生時間/最大1時間の連続通話時間 充電ケースで約1. 5時間、10分充電で90分再生の急速充電 充電ケース Qi規格のワイヤレス充電対応 DC3. 7V、マグネットで正しい位置に収納 充電ケースの端子 Lightning USB Type-C Bluetooth 5. 0 その他 センサー: デュアル光学センサー、動きを感知する加速度センサー、音声を感知する加速度センサー コーデック: DSEE HX 圧縮音源をハイレゾ級にアップスケーリング 、SBC、AAC、A2DP、AVRCP、HFP、HSP、ハイフリクション・ラバー・サーフェス 同梱物 本体、Wireless Charging Case、Lightning - USB-Cケーブル、マニュアル、シリコーン製イヤーチップ 3サイズ 本体、充電ケース、USB Type-Cケーブル 約20cm 、取扱説明書、ハイブリットイヤーピースロング SS、S、M、L 、トリプルコンフォートイヤーピース S、M、L カラー ホワイト プラチナシルバー、ブラック 本体 高さ: 30. 9mmx幅: 21. 8mmx厚さ: 24mm、質量: 5. 4gx2 サイズが未公開、質量: 8. 5gx2 充電ケース 高さ: 45. 2mmx幅: 60. 6mmx厚さ: 21. 7mm、質量: 45. 6g サイズや質量が未公開.

次の

アップル「AirPods Pro」の凄いところ、残念なところ。ソニー「WF

ソニー wf1000xm3

進化した業界最高クラスのノイズキャンセリング性能 ・WH-1000XM3にも搭載されているQN1プロセッサーを完全ワイヤレス向けに小型化し搭載。 「ノイズを消す力」「ノイズを集音する力」が格段に向上。 また装着性の大幅改良により「ノイズを防ぐ力」も向上。 ・2つのマイクで精密にノイズを集音、QN1eプロセッサーが高精細にノイズ除去。 ノイズとして除去できる周波数も拡大し、業界最高のノイズキャンセリング性能発揮。 ・WF-1000Xから格段に装着性向上。 耳の3点で支える独自構造を開発し密閉性と装着性を向上。 高摩擦ラバー採用で外れにくい構造。 ノイキャン性能等相まって音楽へのかつてない没入感を再現。 製品仕様 ヘッドホン部 その他 電源 DC3. 7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池 充電時間 約1. 0 出力 Bluetooth標準規格 Power Class 1 最大通信距離 見通し距離 約10m 使用周波数帯域 2. 4GHz帯 2. 4000GHz-2. 1kHzサンプリング時• まずは肝心の音質。 初めて聴いたときの感想は「いい音だなぁああああ」です。 原曲を忠実に再現してくれる一音一音の解像度の高さ。 繊細で綺麗な高域。 程よい低域のアタック感。 ベースラインやギターフレーズなど楽器の音が生々しく感じました! ヴォーカルの距離感が近く、まるですぐそばで 歌ってくれているかのように感じられ 思わずのめり込んでしまうサウンドです。 ノイズキャンセリングをオンにすることで 音がさらにタイトに感じられるので 音楽だけに集中することができちゃいます 次に、ノイズキャンセリング機能!! ノイズキャンセリング能力がピカイチの 大人気ワイヤレスヘッドホンWH-1000XM3の ノイズキャンセリング性能を引継いでおり 耳に装着した瞬間、空調の音や話し声が 「スンッ」って消えました。 思わず戸惑った程です。 デジタルノイズキャンセリングと物理的なノイズ遮断により 感動のノイズキャンセリング性能が実現されました! そして外音取り込み機能!これまたすごいんですよ!! 外音取り込み機能オンすると ノイズキャンセリングオンの時とは真反対に 普通に会話できちゃうレベルに周りの音を取り込んでくれます。 なんならちょっと離れてる人の声も聞こえます。 さらにWH-1000XM3で人気だった機能 「クイックアテンション」が搭載され 電車のアナウンスを聞きたいときやちょっと話したいときに L側のタッチセンサーを長押しすると、押している間中 再生中の音楽や通話音声などの音量を一気に下げて 周りの音ががっつり聞こえます!簡単で便利! SONYのアプリ「Headphone Connect」を使うことで 音質カスタマイズ、外音取り込み機能のレベル調整など 自分の好きなように様々なカスタマイズができるので 長く連れ添ってくれる相棒になること間違いなしですよ! フルスペックな完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方。 透き通った解像感ですっきりとした滑らかなサウンドです。 同社にWH-1000XM3というワイヤレス"ヘッドホン"がありますが それに近いサウンドメイクがなされているように感じます。 流石にヘッドホンほどの空間の広さ、迫力は出せませんが それに迫るものがあります。 専用アプリケーションでイコライザープリセットがいくつかあるのと ユーザーカスタマイズが2つまで登録可能です。 色々いじってみましたがかなり遊べます。 イコライザーoffの状態ではバランスのよくすっきりとしたサウンドですが ボーカルを際立たせたり、 はたまたビートを強調したりと変幻自在です。 ロック、ジャズ、歌モノ、EDMと色々聴いてみましたがなんでもござれです。 秋葉原の人通りの多い交差点で使用してみましたが ほとんど途切れることなく使用できました。 遅延も少なく、動画も快適に試聴できました。 サウンドのみならず、ノイズキャンセリングに関しても WF-1000Xの時から格段に進化しています。 最初事務所で使用した際はエアコンや、 パソコンの駆動音、タイピング音など 気になる騒音が概ね消えてくれました。 外での使用でも車の通る音や雑踏をかき消してくれ 尚且つ自然な音楽再生も両立しています。 アンビエントサウンドモードでは 変にエコーがかかったような感じも少なく、 自然に再生してくれました。 ボイスフォーカスにすると周りの騒音はあまり取り込まず、 人の声の帯域を中心に再生してくれるのでより聞き取りやすくなります。 装着感もかなり向上しており、 頭をブンブン振ってみましたが取れる気配なし。 個人的には抜群のフィット感でした。 サウンド、スペック、ルックス、装着感 全てにおいて前作の出来を大きく超えてきたWF-1000XM3。 全ての方に自信を持ってお勧めできます。

次の

アップル「AirPods Pro」の凄いところ、残念なところ。ソニー「WF

ソニー wf1000xm3

アップルの「AirPods Pro」。 完全ワイヤレス型のBluetoothイヤフォンで、強力なノイズキャンセリング機能(アクティブノイズキャンセリング)を搭載しています。 iPhoneやiPadやMacと接続できるほか、もちろんBluetooth対応のスマートフォンや各種音源とも接続可能。 従来のAirPodsシリーズと比べるとマイク部分(白い棒状の突き出し)が短くなり、耳の穴にやや押し込んで使うカナル型になりました。 同梱のケースにより充電でき、ケースはUSB充電にもQi充電にも対応しています。 イヤフォンのコーデックは未公開ですがSBCとAACに対応していると思われます。 アップルストア税別価格は2万7800円。 iPhoneやiPadをスゲく多用する筆者なので、AirPodsシリーズが欲しかったんですけど、これまで買いませんでした。 というのは、従来のAirPodsのイヤーピース形状が自分に合わなかったから。 あと、白い棒状部分が長すぎて……外見的に違和感があったからです。 しかし最新型のAirPods Proは、白い棒状部分も短くなりつつカナル型になったので、AirPodsシリーズに対する筆者的懸案は解消。 また発売と同時に大きな話題となっているので、迷わず購入しました。 AirPods Proが圧勝する箇所があったり、WF-1000XM3の方がずっと秀逸という部分もあったり。 てなわけで以降、WF-1000XM3(ソニーストア税別価格2万5880円)ともちょいちょい比べつつ、AirPods Proをレビューしてみたいと思います。 それぞれのサイズで使い比べてみましたが、筆者の場合はどのサイズでもフィットし、どのサイズでも音漏れはありませんでした(iOSのBluetooth項目からAirPods Proの設定や音漏れテストを行えます)。 結局、最小のSサイズにして使用中。 AirPods Pro本体片側の質量は5. 4gで耳への負担も軽いという印象ですが、使うイヤーチップが小さいほどAirPods Pro独自の軽快な装着感が高まるように感じます。 ちなみにソニーのWF-1000XM3は片側約8. 5gで、AirPods Proと比べると少々重め強めの装着感(耳穴がやや圧迫される感触)があります。 それぞれ、左がAirPods Proで右がソニーWF-1000XM3。 イヤフォン本体も充電用ケースも、AirPods Proの方がかなりコンパクトです。 AirPods ProとソニーのWF-1000XM3を比べると、ケースまで含めたバッテリー持続時間は24時間で互角です。 小型軽量軽快を重視するならAirPods Proですネ。 また、iPhoneやApple Watchとの連携も良好。 セットアップから活用までのハードルが低いのもイイ感じです。 中央と右は、Apple Watchのミュージックアプリ左下のAirPlayアイコンをタップして、AirPods Proの現在のノイズコントロールモードの確認や切り替えを行っている様子。 この他、AirPods Proへ話しかけてSiriを使うこともできます。 AirPods Proを装着した状態で「Hey Siri」の後に指示を言えば、音楽の再生や音量調節や曲の贈り戻し等々を始めとするSiriの各種機能を利用できるわけですが、iPhoneなど端末をいちいち出したり操作せずに済むのは快適です。 iPhoneの設定項目や基本的なアプリに、AirPods Proの設定項目が追加されるような感じで使えるようになります。 新たにアプリを導入して使い慣れるような必要もナシ。 小型軽量軽快を重視しつつ、iPhoneなどとの高い連携性を求めるなら、ますますAirPods Proですネ~。 いきなりハイレベルなノイズキャンセリング性能! 肝心のノイズキャンセリング性能ですが、使った途端に「すげっ!」と声を出しちゃいました。 完成度が非常に高い。 大雑把な言い方をすれば、AirPods Proのノイズキャンセリング性能は、完全ワイヤレス型イヤフォンとして最強のノイズキャンセリング性能があると評判のソニーWF-1000XM3に肉薄しています。 例えば、窓を開け放った室内でAirPods Proを装着し、ノイズキャンセリングをオンにすると。 ほとんど無音状態になります。 ハードディスクアレイのノイズも、PCのファンの音も、さっきまで聞こえていたクルマの排気音やロードノイズも、全部消える。 話しかけられた声も聞こえないレベル。 ただ全て消えるわけではなく、鳥の甲高い鳴き声や高い金属音などは少々聞こえてきます。 メカニカルキーボードをタイプするときの、やや高いノイズも聞こえてきます。 筆者が体験した中で、完全ワイヤレス型イヤフォンにおいて、AirPods Proのノイズキャンセリング性能は最高クラス。 AirPods Proはアップル初のノイズキャンセリングイヤフォンですが、一発目でここまで高い性能を出してくるとは驚きです。 凄い! AirPods Proのノイズキャンセリング機能は、本体外側のマイクでキャッチした雑音に対し、その逆位相の音波を混ぜ、雑音と逆位相音波で互いに打ち消し合わせるというシクミ。 基本的には他のノイズキャンセリングヘッドホンと同様のシクミですね。 AirPods Proのノイズキャンセリングは3つのモードを切り替えられて、それぞれ「ノイズキャンセリング」「外部音取り込み」「オフ」(初期設定ではオフにできない)です。 これらは、本体の筒状の張り出しを長押しするようにつまむか、Bluetooth設定を使うか、Apple Watchから変更することができます。 AirPods Pro本体外側にノイズを取り込む黒いマイクがあります。 棒状の部分の窪みは感圧式のスイッチになっており、そこを長くつまむことでノイズキャンセリングのモード変更を行えます。 また、iPhoneなどのBluetooth設定やApple Watchからもモード変更可能。 Siriを使ってもノイズキャンセリングのモードを変更できました。 凄いノイズキャンセリング性能を引っ提げて登場したAirPods Proというわけですが、しかし、ソニーのWF-1000XM3にも同等かそれ以上に強力なノイズキャンセリング性能があります。 また細かいことを言えば、WF-1000XM3はノイズキャンセリングや外部音取り込みをシチュエーション別に自動切り替えしてくれたり、好みや必要性に応じて効果の度合いを細かく設定できます。 なので、総合的なノイズキャンセリング性能・機能性としてはWF-1000XM3の方が秀逸だと思います。 ただ、これまでノイズキャンセリングイヤフォンなどに触れて来なかった人が、AirPods Proで初めてノイズキャンセリング体験をする、というケースがかなり多いと思います。 そしてAirPods Proのノイズキャンセリング性能は、完全ワイヤレス型イヤフォンとしては現在最高クラスと言えます。 「えっ騒音ってこんなに消せるの!」と仰天する人が多出。 市場に強いインパクトを与えるのはAirPods Proでしょう。 ついでに、AirPods Proの品薄が示すように、やっぱり売れてるわけで、完全ワイヤレス型のノイズキャンセリングイヤフォンが急激に普及している状況。 恐らく数の力でAirPods Proがノイズキャンセリングイヤフォンのスタンダードになることでしょう。 そのスタンダードには最強レベルのノイズキャンセリング性能がある。 ノイズキャンセリングというもののハードルが一気に上がっちゃいますね、「AirPods Proくらい騒音が消えないとね~」みたいな。 そんなこんなで、ノイズキャンセリングヘッドホン界隈がいい意味でも悪い意味でもいろいろ変わるような気がしますので、今後もじっくり見ていきたいところ。 とか話が逸れましたが、AirPods ProもWF-1000XM3もどちらも「凄い」と言えるレベルのノイズキャンセリング性能を持っています。 ので、ノイズキャンセリング性能を重視するという場合、まあどちらを選んでも満足感が高いとは思います。 ただし、AirPods Proはより軽快な装着感とともに強力なノイズキャンセリング性能を享受できます。 なので、より違和感の少ないつけ心地で最高レベルの騒音除去をしたいなら、AirPods Proのほうがちょっと魅力的と言えそうです。 音質は好みだけど、筆者的にはWF-1000XM3の圧勝 ノイズキャンセリング性能と同様に非常に重要な性能である音質ですが、筆者的にはWF-1000XM3の方が優れていると感じられました。 AirPods ProとWF-1000XM3を聴き比べるほど、明らかかつ圧倒的にWF-1000XM3の方がイイ音だな、と。 AirPods Proの場合、高音にキレやエッジ感が物足りませんし、ボーカル域での声の質感もやや平坦で、低音の厚みや立体感もいまひとつ。 でも音が悪いってわけではなく、音楽を楽しめるレベルではあると思います。 ただ集中して鑑賞したり音を精査したりすると「ん? ここのサウンドがモヤッとしてるなあ」みたいな不満が残りがち。 一方で、疲れず長時間聴ける音質という印象もあります。 WF-1000XM3は、完全ワイヤレス型のイヤフォンとして音質が非常に秀逸。 このカテゴリーでは文句なしにサイコーの音質だと思います。 そういう逸品と比べちゃっているので、「AirPods Proの音質は平凡」と言わざるを得ません。 ノイズキャンセリングは「屋外でも周囲のノイズを最小限に抑えつつ高音質で音楽を堪能できる」ということにもつながる技術ですが、高音質での音楽鑑賞を重視して選ぶなら、ノイズキャンセリング性能も音質も最高レベルのソニーWF-1000XM3が良いように思います。 まあでも、音質はユーザーの好み次第。 何を求めるかによって評価が変わりますし、聞く曲なんかによってもけっこう変わってきます。 ので、最高レベルのノイズキャンセリング性能を持つ2機種、AirPods ProとWF-1000XM3の聴き比べをし、ご自身で判断するのが最良の策です。 AirPods Proは買いなのか? 果たしてAirPods Proは買いなのか? とか問われた場合、物欲野郎の筆者としては「買わず使わず体験せずはツマンナイから買ったほうがいいヨ! 最強レベルのノイズキャンセリング性能だし!」とか軽率に言っちゃうわけですが、率直なところ、ノイズキャンセリングイヤフォン未所有で「騒音がバッチリ消えるやつ欲しいナ」と思っているなら、買い度が非常に高いです、AirPods Pro。 まず完全ワイヤレス型イヤフォンとして最強レベルのノイズキャンセリング性能があるから。 そして、そういう騒音カット体験にきっと驚けますし喜べます。 生活が変わる可能性も小さくありません。 それから、軽快な装着感と十分な音質と、充電や携帯の利便についても、AirPods Proはハイレベル。 耳穴周辺にあまりストレスがかかりませんし、音質も悪くはありませんし、Qi対応充電のバッテリー内蔵ケースは小さくて携帯性もイイ。 あとiPhoneなどとの連携性も良好。 まあアップルが作ってるわけですから、iOSやiPadOSとの相性が悪いわけがありません。 他、筆者がAirPods Proを使っていて感じたことをご参考までに挙げてみますと……例えば耐汗耐水性能(IPX4)という点に安心感がありますね。 IPX4は「あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)」ですが、これなら汗をかくスポーツ中に使っても大丈夫。 あと、テキトーに使ってもOKな感じがけっこうある。 電源のオンオフを気にせず使えますし、左右片方でも使えますし、ケースに入れれば充電してくれます。 全体的に「ユーザーがやりそうなことを予測して混乱なく使えるよう設計してある」という印象で、ラクに使える製品です。 音の遅延も非常に少ない感じ。 トーク番組やアニメや映画などの動画は違和感なく鑑賞できますし、タイミングにシビアでないゲームならフツーに違和感なく遊べます。 音楽系アプリはさすがに遅延が感じられがちですが、ナゼかGarageBandだと違和感がありません。 ハンズフリー通話は数度実験した程度ですが、完全ワイヤレス型イヤフォンとしては「こちらの声が明瞭に伝わりやすい」という気がします。 Siriに対する指示も伝わりやすいので、ユーザーの声をしっかり拾ってくれているようです。 それから、残念な点も書いておきましょう。 ひとつはAirPods Proの質感。 表面がツルツルなので、ケースに対する出し入れがしにくかったり、やや注意しないと指が滑って落としそうになったり。 あと、本体に対する操作で「できることが限られる」ということ。 棒状の突き出し部分をつまむ操作ですが、曲の再生と一時停止、送り戻し、ノイズキャンセリングのモード変更やSiri利用くらいしかできません。 まあそのくらいできれば十分実用的ではありますが、ソニーのWF-1000XM3あたりはもっとイロイロできつつ、ユーザーによるカスタマイズもわりと柔軟に行えるので、比べちゃうとやや残念なAirPods Proかな、と。 再三登場するソニーWF-1000XM3ですが、これとAirPods Proでは、製品としてのあり方が全然違うんでしょうね。 WF-1000XM3の方は、ユーザー毎に違う嗜好に対応すべく柔軟にカスタマイズできるという感じで、ユーザー本位の製品を作っているというスタンス。 AirPods Proはアップルが信じる利便と品質をイージーでスマートな使用感にまとめ、ユーザーに提供するというスタンス。 そもそも競合しないのかもしれませんね、ユーザー層において。 いや全然違うかもしれませんけど。 でもまあ、わりと万人受け感がするAirPods Pro。 完全ワイヤレス型イヤフォンにおいて最強クラスのノイズキャンセリング性能は確かですので、ぜひどこかで体験してビックリなさってください!.

次の