エクセル カーソル 消え た。 【カーソルが変で点滅!】 文字がどんどん消えてく現象と対処法

エクセルでセルにカーソルを合わせた際にコメント(補足メッセージ)を表示する2つの方法

エクセル カーソル 消え た

エクセルのウインドウ最大化は可能なのですが、 元のサイズに戻すボタンを押すと、かならず、 画面上から見えなくなってしまいます。 最小化のような状態。 ウィンドウサイズの変更のおこなおうとしても、 画面の右下隅に十字カーソルが出るのですが、 ウィンドウのバーすら画面にないため、サイズ変更もできません。 最大化状態から元のサイズに戻すボタンを押すと どうやら、がめんの右隅の方に縮小していっているようです。 メモリーか何かの問題か、ともおもったのですが、 起動するたび最大化で見ることしかできなくなってしまいました。 解決方法をご存知の方ご教示いただけると幸いです。 Excelの元のサイズに戻すボタンを押す。 Alt キーを押しながらスペースキーを押す。 矢印キーで [移動] を選択して Enter キーを押す。 矢印キーで移動させたい位置にきたら Enter キーで確定。 マウスに触らない。 本当にどうもありがとうございました。 ありがとうございます。

次の

Excelでカーソルが消える現象の対応方法

エクセル カーソル 消え た

この記事の目次• スクロールバーを表示する方法 上のエクセル画面のように スクロールバーが表示されない状態になると、マウスでスクロールできなくて作業が遅くなってしまいますよね。 それでは、エクセル画面の「表示されない状態のスクロール」を表示させる操作を始めていきましょう。 「ファイル」タブから「オプション」をクリックして選ぶ 「ファイル」タブをクリックして、「ファイル」タブのメニューに移動します。 その中の下の方にある 「オプション」をクリックして選びましょう。 「Excelのオプション」ウィンドウの左側にある「詳細設定」をクリックして選ぶ すると、「Excelのオプション」ウィンドウが開きます。 ウィンドウの左側にあるメニューから 「詳細設定」をクリックして選んでください。 その中の「次のブックで作業するときの表示設定」にある「水平スクロールバーを表示する」「垂直スクロールバーを表示する」のチェックをクリックして入れる 「詳細設定」をクリックしたら、左側に詳細設定についての設定項目が表示されます。 下にスクロールしていったら 「次のブックで作業するときの表示設定」 があります。 その項目の中に• 「水平スクロールバーを表示する」• 「垂直スクロールバーを表示する」 と書かれているものがあります。 その2つのチェックボックスをクリックして チェックを入れましょう。 最後に「OK」ボタンをクリックすれば完了! チェックを入れたら、 「OK」ボタンをクリックして 「Excelのオプション」ウィンドウを閉じましょう。 そうすれば、 エクセルの画面を見てみるとスクロールバーが表示されています。 まとめ• 「ファイル」タブから「オプション」をクリックして選ぶ• 「Excelのオプション」ウィンドウの左側にある「詳細設定」をクリックして選ぶ• その中の「次のブックで作業するときの表示設定」にある「水平スクロールバーを表示する」「垂直スクロールバーを表示する」のチェックをクリックして入れる• 最後に「OK」ボタンをクリックすれば完了! お疲れ様でした。 エクセル画面のスクロールバーは、表示できましたでしょうか? スクロールバーがないと、マウス操作をする時には本当に不便です。 あなたのお仕事が、滞りなく進められることを心より応援しております。

次の

エクセルでの入力作業がより速くなる!便利な操作テクニック(2/2)

エクセル カーソル 消え た

文字入力で厄介な現象 パソコンを使って文字を入力。 一通り書き終えたんで推敲しようと、気になる箇所を 〝Deliteキー〟 で消して、いざ書き直そうとすると、直していく尻から、カーソルがなんかピコピコ 必要な個所がドンドンドンドン消えていくことはないか? 「ない」 と言われると不都合なので 「ある」 とあなたが答えたことにして話を先に進めたい。 で 「あ!何か書きたいのかわかった!」 という人も、知らなかった頃に戻ってお楽しみください。 これまでの我流の対象法 さて、この問題、私の場合はメモ帳みたいなテキストエディターの類は大丈夫なんだが、 特に Microsoft Officeの〝Word〟とか、 このブログ書いている 〝WordPress〟で起こりがち。 私はこれまで、この現象が起こると、消してはならない箇所を 別の付箋とかにコピペして避難させておいて 『もう、どれだけ消えてもいいもんね』 と、書き直したのちに、改めて貼りなおしたり、 一旦、保存して、パソコンを起動し直して気を取り直して推敲したりしておった。 なんでこうなるの?! つまり、この現象は〝Word〟とか〝WordPress〟だとかの一種のバグで、 これが起こったらもう、どうにもならぬものだと、対処方はあるのかもしれないが機械音痴の私には これまたやっかいなことになりそうで迂闊に手は出せんぞと、思っていたのである。 カーソルが変になりピコピコ状態 しかし、この、毎日毎日、アホなことだけを書き続けているこのブログを ありがたいことに定期的に読んで下さる方たちがいる。 もしもその方たちが、このような現象に悩まされているならば、 私がこれの対処法を調べて公開することで、読者の皆様の悩み解消になるのなら、 一度、調べてみようと、思い立ったのだ。 で、調べてみると原因は、バグなどではなかった。 また対処法もごく簡単だった。 カーソルが変になったときの原因と対処法 では、まずこの現象が起こるまでを時系列順に振り返ってみよう。 カーソルがピコピコして、文字を書くたびに消えていくようになっている。 それがこの現象の原因。 なので、犯人はバグではなく、そんなボタンを押した自分である。 だいたい〝Insertキー〟というものは、なんなのか? 通常、パソコンで文字を入力する際、私たちは 【挿入モード】 という文字を打てば、打つだけどんどん文字が挿入されるモードで使っているのであるが、 この、〝Insertキー〟を打つことで 【上書きモード】 という文字を打てば、打つだけどんどん文字を上書きしてしまい、 書いてあることをどんどん消していってしまうモードになる仕組みなのである。 では、変更されて【上書きモード】になってしまった状態を、 もともとの【挿入モード】に直すにはどうすればいいか? まあみなさんお気づきの通り、〝Insertキー〟をもう一度、押せば良いのである。 この〝Insertキー〟を無効にする方法もあるそうだが、なんか必要になることも ごく稀にあるそうだし、その時になって 『あれ?〝Insertキー〟有効にするにはどうすればいいんだっけ?』 と改めて調べなおすのも大変なんで、仮に【上書きモード】になってしまったら、シンプルに 『やれやれ、自分のタイピングもまだまだミスが多いな』 『はい、〝Insertキー〟を押そう』 『そういえば実家のみんなは元気だろうか?』 『たまには親孝行しなくちゃだな』 『今夜あたり電話してみよう』 と、ほんの一瞬、自分を振り返るための時間に充てることを、私はお勧めします。 (すればー?).

次の