わた モテ 映画。 映画【私がモテてどうすんだ(わたモテ)】のキャスト(登場人物)・あらすじ紹介!

THE RAMPAGE吉野北人「わたモテ」で映画初主演!共演に山口乃々華、監督は平沼紀久

わた モテ 映画

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が、7月10日全国公開の映画「私がモテてどうすんだ」で映画初主演を果たす。 「私がモテてどうすんだ」は、ぢゅん子による人気マンガを原作としたラブコメディ。 とあることがきっかけで美人に変身してしまったBL大好き腐女子高生・芹沼花依が、イケメン男子高生4人から熱烈なアプローチを受けて巻き起こる騒動が描かれる。 吉野が演じるのは花依にアプローチする知的でクールな先輩・六見遊馬。 今回の映画初主演作について吉野は「気合を入れて作品に臨ませて頂きました」「原作ファンの皆様にも気持ちよく見て頂ける素敵な作品になったと思うので、沢山の方々に届いて欲しいです」とコメントしている。 同じく花依にアプローチする五十嵐祐輔役は神尾楓珠、七島希役は伊藤あさひ、四ノ宮隼人役は奥野壮。 花依の変身前の姿は富田望生が、変身後は山口乃々華(E-girls)が演じる。 「DTC」を観た松竹サイドから今回のオファーを受けたという平沼は「HIROさーーん!やりました!! そして健二郎、大樹、寛太、ありがとうーー!」とEXILE HIROや「DTC」キャストの山下健二郎、佐藤大樹、佐藤寛太に感謝を述べている。 吉野北人 コメント この度、六見遊馬役を演じさせて頂きました吉野北人です。 今回、初の主演ということで、気合を入れて作品に臨ませて頂きました。 六見遊馬という人物になりきって、見た目や話し方にも拘っているので楽しみにしていて下さい。 原作ファンの皆様にも気持ちよく見て頂ける素敵な作品になったと思うので、沢山の方々に届いて欲しいです。 そして素敵なキャストの皆さんにも出会うことができ終始楽しい撮影現場でした。 キャストは勿論、スタッフの皆様、そして平沼監督の沢山の想いが詰まった作品なので、本当に沢山の方々に見て頂きたいです。 キュンキュンするだけじゃなく、とても笑えるコメディ要素も満載です。 とにかく観ないと損ですよ(笑)。 皆さんお楽しみにしていて下さい。 五十嵐を演じるにあたって原作のキャラクターを大事にしつつも自分なりの五十嵐像だったり、花依や他3人のライバルとの関係性を作るように心がけました。 共演者も同世代の方が多いので楽しんで現場に臨めました。 様々な展開が散りばめられているので、これまでにないような映画にできると思います。 お楽しみに! 山口乃々華 コメント リアルな恋愛を経験したことのないヲタクの花依ちゃん。 何に対しても前向きで、一生懸命で、思いやりのある素敵な子だと思います。 そんな花依ちゃんを大切に演じました。 撮影現場は、本当に学生に戻ったような雰囲気で楽しかったです。 監督さん・スタッフさんの愛のある現場で私自身支えられながら、かけがえのない日々を過ごせました。 ひとつひとつを大切に、楽しみながら、最後までがんばった映画に、ぜひご期待ください。 富田望生 コメント キャラが濃い役はこれまでも演じてきましたが、今回は二人一役。 ののちゃん(山口乃々華)に合わせるべきか悩みましたが、花依ちゃんは体型の変化を周りの人ほど重く受け止めていないぽわんとした子なので、あえて合わせることを意識せずに演じました。 ミュージカルシーンなどお芝居以外の部分でも平沼監督の演出は大胆。 いろいろなキャラクターが登場して、展開も早く、見ていてどんどんワクワクする作品になっていると思います。 花依ちゃんのようにBL好きでなくとも、イケメン同士がじゃれ合っているのを見るのは楽しい! そんな感覚で見に来ていただきたいです。 完成をお楽しみに! 伊藤あさひ コメント 七島希役を演じました、伊藤あさひです。 原作を読ませて頂き、魅力的なキャラクターの七島を演じることができて、とても嬉しく思います。 共演者の皆さんとはカメラが回っていないところでも、作品の中の関係性が滲み出てしまうくらい、息ピッタリでした。 男子4人と花依の絶妙なテンポ感を大事にしっかりと七島を演じたので、楽しみに待っていて下さい。 奥野壮 コメント 四ノ宮隼人を演じさせていただきました。 奥野壮です。 初のラブコメ、そして漫画原作の実写化に挑戦させて頂くのでプレッシャーや不安などありましたが、四ノ宮の表情、感情を大胆かつ繊細に演じるよう努めました。 キャスト、スタッフの皆さんと共に暖かい現場で毎日楽しく真剣に撮影に取り組ませていただきました。 必ず皆さんに楽しんでいただける作品になること間違い無しなので公開まで楽しみに待っていていただけたら嬉しいです。 平沼紀久 コメント 最初に松竹さんからお話を頂いた時、「僕でいいんですか?」と答えました。 「HIROさーーん! やりました!! そして健二郎、大樹、寛太、ありがとうーー!」 DTCは、ラジオコントから始まって年月と作品を重ねて映画までになりました。 皆んなでコツコツ創り上げてきたんです。 むちゃくちゃしてそうで僕ら真面目なんです! そう、真面目なんです。 だから今回もむちゃくちゃに真面目にやりました! キャストもスタッフもこれまで一緒に創ってきたメンバーに新たな出会い。 現場は、楽しかったですよー。 盛り沢山なんで毎日が戦いでしたが、あの北人が座長として凛とする姿に感動を覚え、 楓珠は頼もしく、乃々華と望生はとにかく可愛い。 伊藤くんと奥野くんにはひたすら無茶ぶり。 完成まで全キャスト、スタッフが僕のむちゃくちゃに応えてくれています。 みんなで何のてっぺんかわかりませんが…てっぺん目指して頑張ってます。 楽しい作品になると思います。 皆さまお楽しみに! 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

『わたモテ』喪160:モテないし謹慎最終日 いい最終回だった…(感動)

わた モテ 映画

知的でクールな外見に反して、温厚でかつ寛大な性格、天然気味だけど、怒らせると非常に怖い! 吉野北人さんは、映画初主演で「気合を入れて作品に臨ませて頂きました。 六見遊馬という人物になりきって、見た目や話し方にも拘っているので楽しみにしていて下さい」とアピールしました。 「私」はヒロインの芹沼花依(せりぬまかえ) ヒロインの芹沼花依(せりぬまかえ)役は、2人います。 最初が富田望生さんで、変身後が山口乃々華(E-girls)さんです。 男子を見たら妄想・・・「BL」をこよなく愛する超ド級のヲタク腐女子です。 五十嵐祐輔は神尾楓珠 五十嵐祐輔は、まじめで爽やか優しいクラスメイトで、クラスの人気者です。 神尾楓珠さんは、ドラマ「3年A組-今から皆さんは人質です-」で注目されました。 七島希は伊藤あさひ キャスト発表👑 ちょっとイジワルなチャラ男『(ななしま のぞむ)』役はテレビドラマ「 」出演で注目👀の。 顔が芹沼花依が大好きなアニメキャラ「シオン」に似ているので、陰で3D シオンと呼ばれている。 伊藤あさひさんは、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」夜野魁利/ルパンレッド役で注目されて、ドラマ「4分間のマリーゴールド」に出演していました。 四ノ宮隼人は奥野壮 四ノ宮隼人は、高校1年生で後輩・成績優秀な優等生なのにツンデレで可愛い美少年です。 奥野壮さんは、「仮面ライダージオウ」常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役で注目されていました。 キャストのスーパーイケメンDK(男子高生)には、いま注目の最旬スターが集結しています。 監督は『HiGH & LOW』全シリーズの脚本を手掛けて、『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』(18)で映画監督デビューを果たした平沼紀久さんです。 ある日、愛するアニメのキャラ「シオン」が死んだことがショックで一週間絶食し、激ヤセしてしまいます。 そして、誰もが振り向くほどの超美人に変身(山口乃々華)して、リアルでモテまくります。 ありえない現実に右往左往しながら爆走するヒロインに、学校のスーパーイケメン4人が迫ってくるラブコメディです。 しかし、全く実らず、ズレた考えで彼らと接することになってしまう。 「BLが好きなのに、私がモテてどうすんだ!?」と葛藤しながら始まった予測不可能な花依のリアル乙女ゲームな日々。 花依に与えられたミッションは、4人のうちの誰かひとりを選ばなくてはいけないというものです。 悩みながら、花依が出した想定外の答えとは・・・! 原作漫画では、花依は六見遊馬と付き合うことになります。 そして、キスの嵐! 映画では、どこまで描かれるのか楽しみです! BL目線の妄想は笑えますが、それだけじゃなく、イケメン高校生がわちゃわちゃ戯れているところも楽しめます。 映画の撮影は都内近郊にて行われて、2019年10月28日にクランクイン、11月19日にクランクアップしています。

次の

【わたモテ】加藤さんを徹底解説!加藤ママは何故もこっちに興味を持ったのか? #私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い #ワタモテ #わたモテ

わた モテ 映画

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人が、7月10日全国公開の映画「私がモテてどうすんだ」で映画初主演を果たす。 「私がモテてどうすんだ」は、ぢゅん子による人気マンガを原作としたラブコメディ。 とあることがきっかけで美人に変身してしまったBL大好き腐女子高生・芹沼花依が、イケメン男子高生4人から熱烈なアプローチを受けて巻き起こる騒動が描かれる。 吉野が演じるのは花依にアプローチする知的でクールな先輩・六見遊馬。 今回の映画初主演作について吉野は「気合を入れて作品に臨ませて頂きました」「原作ファンの皆様にも気持ちよく見て頂ける素敵な作品になったと思うので、沢山の方々に届いて欲しいです」とコメントしている。 同じく花依にアプローチする五十嵐祐輔役は神尾楓珠、七島希役は伊藤あさひ、四ノ宮隼人役は奥野壮。 花依の変身前の姿は富田望生が、変身後は山口乃々華(E-girls)が演じる。 「DTC」を観た松竹サイドから今回のオファーを受けたという平沼は「HIROさーーん!やりました!! そして健二郎、大樹、寛太、ありがとうーー!」とEXILE HIROや「DTC」キャストの山下健二郎、佐藤大樹、佐藤寛太に感謝を述べている。 吉野北人 コメント この度、六見遊馬役を演じさせて頂きました吉野北人です。 今回、初の主演ということで、気合を入れて作品に臨ませて頂きました。 六見遊馬という人物になりきって、見た目や話し方にも拘っているので楽しみにしていて下さい。 原作ファンの皆様にも気持ちよく見て頂ける素敵な作品になったと思うので、沢山の方々に届いて欲しいです。 そして素敵なキャストの皆さんにも出会うことができ終始楽しい撮影現場でした。 キャストは勿論、スタッフの皆様、そして平沼監督の沢山の想いが詰まった作品なので、本当に沢山の方々に見て頂きたいです。 キュンキュンするだけじゃなく、とても笑えるコメディ要素も満載です。 とにかく観ないと損ですよ(笑)。 皆さんお楽しみにしていて下さい。 五十嵐を演じるにあたって原作のキャラクターを大事にしつつも自分なりの五十嵐像だったり、花依や他3人のライバルとの関係性を作るように心がけました。 共演者も同世代の方が多いので楽しんで現場に臨めました。 様々な展開が散りばめられているので、これまでにないような映画にできると思います。 お楽しみに! 山口乃々華 コメント リアルな恋愛を経験したことのないヲタクの花依ちゃん。 何に対しても前向きで、一生懸命で、思いやりのある素敵な子だと思います。 そんな花依ちゃんを大切に演じました。 撮影現場は、本当に学生に戻ったような雰囲気で楽しかったです。 監督さん・スタッフさんの愛のある現場で私自身支えられながら、かけがえのない日々を過ごせました。 ひとつひとつを大切に、楽しみながら、最後までがんばった映画に、ぜひご期待ください。 富田望生 コメント キャラが濃い役はこれまでも演じてきましたが、今回は二人一役。 ののちゃん(山口乃々華)に合わせるべきか悩みましたが、花依ちゃんは体型の変化を周りの人ほど重く受け止めていないぽわんとした子なので、あえて合わせることを意識せずに演じました。 ミュージカルシーンなどお芝居以外の部分でも平沼監督の演出は大胆。 いろいろなキャラクターが登場して、展開も早く、見ていてどんどんワクワクする作品になっていると思います。 花依ちゃんのようにBL好きでなくとも、イケメン同士がじゃれ合っているのを見るのは楽しい! そんな感覚で見に来ていただきたいです。 完成をお楽しみに! 伊藤あさひ コメント 七島希役を演じました、伊藤あさひです。 原作を読ませて頂き、魅力的なキャラクターの七島を演じることができて、とても嬉しく思います。 共演者の皆さんとはカメラが回っていないところでも、作品の中の関係性が滲み出てしまうくらい、息ピッタリでした。 男子4人と花依の絶妙なテンポ感を大事にしっかりと七島を演じたので、楽しみに待っていて下さい。 奥野壮 コメント 四ノ宮隼人を演じさせていただきました。 奥野壮です。 初のラブコメ、そして漫画原作の実写化に挑戦させて頂くのでプレッシャーや不安などありましたが、四ノ宮の表情、感情を大胆かつ繊細に演じるよう努めました。 キャスト、スタッフの皆さんと共に暖かい現場で毎日楽しく真剣に撮影に取り組ませていただきました。 必ず皆さんに楽しんでいただける作品になること間違い無しなので公開まで楽しみに待っていていただけたら嬉しいです。 平沼紀久 コメント 最初に松竹さんからお話を頂いた時、「僕でいいんですか?」と答えました。 「HIROさーーん! やりました!! そして健二郎、大樹、寛太、ありがとうーー!」 DTCは、ラジオコントから始まって年月と作品を重ねて映画までになりました。 皆んなでコツコツ創り上げてきたんです。 むちゃくちゃしてそうで僕ら真面目なんです! そう、真面目なんです。 だから今回もむちゃくちゃに真面目にやりました! キャストもスタッフもこれまで一緒に創ってきたメンバーに新たな出会い。 現場は、楽しかったですよー。 盛り沢山なんで毎日が戦いでしたが、あの北人が座長として凛とする姿に感動を覚え、 楓珠は頼もしく、乃々華と望生はとにかく可愛い。 伊藤くんと奥野くんにはひたすら無茶ぶり。 完成まで全キャスト、スタッフが僕のむちゃくちゃに応えてくれています。 みんなで何のてっぺんかわかりませんが…てっぺん目指して頑張ってます。 楽しい作品になると思います。 皆さまお楽しみに! 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の