アフターピル 後遺症。 アフターピルで避妊が出来る仕組みとは?│アフターピル相談所【伊勢原近隣エリア】

避妊出来た、その後の生理周期はアフターピルの影響で変化する

アフターピル 後遺症

今日は、ピルによる妊娠確率や、その影響についてテーマにしていきたいと思います^^ ピルは避妊薬ですが、ピルを服用していても妊娠することがあるのか… また、ピルを飲んでいると奇形児が生まれる… などの悪い噂もでていますが、 実際はどうなのでしょうか。 そんなピルについてまとめていきます。 ピルの妊娠確率はどれくらい? ピルは一般的に避妊のために服用するとされていますが、 生理不順の女性もピルは服用しています。 生理がバラバラで、いつ来るのかわからない… 生理痛が酷すぎるという方でも ピルを服用することにより 生理周期の安定 、 そして 生理痛の緩和 がされます。 ピルを服用していない間は、妊娠もしないので 安心できる避妊薬ともされています。 ピルを服用していても妊娠することがある… とも言われていますが、 ピルを服用している場合の妊娠の確率はかなり低いものとなっています。 ピルを服用している女性の場合の 妊娠確率 は わずか 0. 3%です。 つまり、99. 7%の確率で避妊の効果があります。 これは一般的に知られている コンドーム による避妊よりも 効果が高いです。 コンドームでの避妊の場合は、 2% とされています。 また、ピルを飲み忘れた場合があったとしても 妊娠率は 8% にまで抑えることができます。 そして、奇形児が生まれやすくなると心配もされています。 しかし、この奇形児が生まれるという可能性は、 ほぼありません。 というのも、先天的に体に障害をもって生まれてくる子供はいますが、 ピルを飲んでいる方と、ピルを飲んでいない方、 リスクは同じです。 ですので、遺伝などの関係もあり、 障害をもつ子供が生まれる可能性はありますが、 それはピルによる影響ではありません。 なので、生まれやすくなるというのは、 ただの噂ということです。 しかし、ピルにもまれに 副作用 が起ることがあります。 主な副作用としては、 体重増加やニキビ、そして不正性器出血などが起ることがあります。 これらの症状は、飲み続けているうちに、 軽減されてくるという臨床データもあります。 ただし他の病気を起こしている場合は、 激しい腹痛や頭痛、意識障害、失神などの 重篤な症状が起ることがあります。 血栓症を発症している方には、これらの症状がでてしまうことが あります。 これらの症状がでた場合は、すぐに循環器系の内科を受診する 必要があります。 ただしこれらの症状が起るのは稀です。 服用の際には、体にどんな症状があるのか お医者さんに正確に伝えましょう。 まとめ 今回は、ピルによる妊娠確率や体の影響について まとめてみました。 生理不順の緩和、生理痛の軽減、そして、高い避妊の効果があるので、 悩んでいる女性にとっては、 強い味方ですよね。 生理不順や痛みで悩んでいる方は、 産婦人科の先生に相談してみましょう。 Sponsord Link.

次の

アフターピル(緊急避妊ピル)を服用後の生理について。

アフターピル 後遺症

「太る」「副作用が怖い」などの先入観から敬遠されがちですが、欧米では女性の意思で避妊をコントロールできる避妊法として広く認知されています。 しかし保険適用外なので、月々の薬代がかかります。 また、体が慣れるまではめまい、むくみ、吐き気などの症状が出る場合があり、また、血栓症のリスクが高まります。 そのため、当院では定期的に血液検査を行い、安心して服用できるようサポートしています。 開発当時(約40年前)はピルに含まれるホルモン量が多く、副作用を引き起こす例もあったため、「副作用が怖い」というイメージがつくられる原因となりましたが、平成11年に日本で認可された低用量のピルは、ホルモン量が低めに抑えられているため副作用の発生率もかなり低くなっています。 服用開始1~2ヶ月は、下記のような副作用がでる場合があります。 吐き気• 倦怠感• 不正出血• 乳房の張りなど 副作用を訴える人もいますが、 症状の多くは1~2ヶ月で軽減します。 太ることを心配される方が多いですが、ほとんどの女性は変化が見られません。 むしろ、ピルを服用することにより体調がよくなり、その結果、食欲が増すという傾向にあるようです。 ピルについて•

次の

アフターピルの効果がある確率は?72時間以内に服用を。過ぎたらダメ?

アフターピル 後遺症

「太る」「副作用が怖い」などの先入観から敬遠されがちですが、欧米では女性の意思で避妊をコントロールできる避妊法として広く認知されています。 しかし保険適用外なので、月々の薬代がかかります。 また、体が慣れるまではめまい、むくみ、吐き気などの症状が出る場合があり、また、血栓症のリスクが高まります。 そのため、当院では定期的に血液検査を行い、安心して服用できるようサポートしています。 開発当時(約40年前)はピルに含まれるホルモン量が多く、副作用を引き起こす例もあったため、「副作用が怖い」というイメージがつくられる原因となりましたが、平成11年に日本で認可された低用量のピルは、ホルモン量が低めに抑えられているため副作用の発生率もかなり低くなっています。 服用開始1~2ヶ月は、下記のような副作用がでる場合があります。 吐き気• 倦怠感• 不正出血• 乳房の張りなど 副作用を訴える人もいますが、 症状の多くは1~2ヶ月で軽減します。 太ることを心配される方が多いですが、ほとんどの女性は変化が見られません。 むしろ、ピルを服用することにより体調がよくなり、その結果、食欲が増すという傾向にあるようです。 ピルについて•

次の