生わかめ 煮物。 生わかめ 人気 で簡単1 位レシピから紹介します。

干し椎茸の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

生わかめ 煮物

水気を切ってボウルに入れ 水400mlを注ぎます。 椎茸は芯までしっかり戻った状態が望ましいので、時間的に余裕をもって作業するとよいと思います(戻す時間を長くとるときは冷蔵保管で!) 戻った干し椎茸の軸を切り落とします。 包丁でもキッチンはさみでもいいですが、キッチンはさみのほうが作業しやすく平行にきれいに切れると思います。 干し椎茸の含め煮のレシピ 椎茸の戻し汁は全量使うので、細かいざるや茶こしで一度こし、ごみを除きます。 火にかける前の鍋に干し椎茸、戻し汁、Aの調味料をすべて加え、調味料を溶かし混ぜて準備OKです。 鍋を中火にかけ、沸いたらアクが出てくるのですくい取ります(煮汁が少なくてすくい取りにくいときは傾けるなどして取るとよいです)。 アクを取ったら火を少し弱め、落し蓋をします。 この状態で15分煮ます。 15分ほど煮たら、一度落し蓋を取ってみて煮汁の量を確認してみます。 煮汁がまだ鍋底一面に残っているくらいだと思います。 あっさりめに仕上げたい場合は煮汁が少し残るくらいで止めてもOKですが、常備菜として弁当に入れたり、寿司と合わせたりするなら、ここからさらに煮ていきます。 落し蓋を取って、5〜10分ほど、煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めます。 時おり鍋を振って煮汁をからませつつ煮詰め、火を止めて煮汁の量を確認しながらやるとよいです。

次の

阿波の味 八百秀商事(株) 徳島特選ブランド品 鳴門わかめ

生わかめ 煮物

生わかめの処理法、戻し方は? 生わかめって、生だし下ごしらえなしにそのまま生で食べれるの?って疑問に思う方もいると思いますが、海で採ってきたものやお店で買ってきたそのままでは残念ながら食べれません。 お店のものは下処理をしている場合もありますが、それでもわかめには 汚れや小さな海の生き物などが潜んでいる場合がありますし、やっぱり下処理や下茹ではしたほうが美味しく食べられます。 では、早速その 下処理の方法を見てみましょう。 太い茎はそのままではとても噛み切ることができませんので、他の部分と分けた後、好みの厚さに切り分けておきます。 鮮やかなきれい緑色になります。 火を通しすぎるとふにゃふにゃになり色も 茶色っぽくなってしまいますので、 さっとくぐらせる程度で十分ですよ。 茹で方で注意する点は 長く茹でないこと、さっとお湯にくぐらせる程度で大丈夫です。 生わかめの食べ方は? 下処理が終わったら、さあどうやって食べましょう?生わかめは何と言ってもシンプルに味わうのが美味しいです。 茹でたてをそのまま 刺身にして、ポン酢やマヨネーズを和えて食べるのもとびきりの贅沢な味わい方です。 その他にも、次のような食べ方があります。 〇 しゃぶしゃぶ 〇 おひたし 〇サラダ 〇 酢の物 〇 わかめご飯 〇 煮物 〇 お吸い物やお味噌汁の具として 生わかめは塩蔵ワカメや乾燥わかめでは 味わうことのできない磯の香り豊かな風味と食感がたまりません。 せっかくの季節の味覚ですから、味わい尽くしたいですね。 ちょっと厚めな茎の使い方としてきんぴらにしてもいいですね。 茹でた茎の部分をフライパンで調味料でさっと炒めるだけと簡単です。 わかめとたけのこの煮物も旬で、おいしいですよね。 たけのこのあく抜きや保存はこちらをご覧ください。 そうなると保存法が気になります。 生ワカメはとにかく 傷みやすく賞味期限が短いです。 時間が立つと 生臭さも出てしまうため、買ってきたら なるべく早めに消費することをおすすめします。 冷蔵庫に入れておいても 2~3日が限度ですので、それ以上の保存がしたいのであれば 冷凍するのが無難です。 また、 賞味期限切れの生わかめは怪しいです。 わかめは腐ると 異臭がして、 ドロドロ、ねばねばします。 臭いや状態を確認して、 異臭がしたら使うのはやめましょう。 確認して、もし使える場合は、しっかり洗ってから使いましょう。 なるべく早く冷凍することで、食べるときも美味しいですよ。 冷凍したわかめの戻し方は、ザルに出し、 お湯をかけて解凍します。 解凍できたら、 すぐに冷水に取って冷まします。 保存期間は 2~3ヶ月と長期保存が可能です。 かなり長持ちするので助かりますよね。 生わかめの塩漬け保存の仕方は? 生わかめを大量に買ったりもらったら、少しでも長く保存をしたいのであれば 思い切って塩漬けにして 塩蔵わかめにしてしまいましょう。 塩蔵わかめとは「塩わかめ」とも言いますが 生わかめを塩で保存する方法です。 塩漬わかめの作り方は、 塩の量はわかめと同じ重さ分量を用意します。 流水でよく洗い、水気を切って 沸騰したお湯でさっと茹でます。 こうして塩蔵すると 冷蔵庫で 2~3ヶ月日持ちし、フリーザーバッグに入れて 冷凍保存をすれば 1年ほどと賞味期限はかなり長くなります。 塩漬けわかめの使い方は、調理する前に 塩抜きが必要です。 塩蔵わかめの戻し方は、 たっぷりの水の中にわかめを入れて、水を数回換えて 3分ほど浸しておけば戻せます。 あとは好きな大きさに切って煮物やお味噌汁などの調理に使えます。 塩抜き後はわかめの量が 増えるので、あまりたくさん戻し過ぎるとボウルから溢れてしまうので、 ボウルの大きさやわかめの量に注意して戻しましょう。 スポンサーリンク 生わかめの乾燥保存の方法は? 生わかめは 乾燥させて保存も可能です。 乾燥わかめの作り方は、前述のとおり下処理した生わかめをザルに広げるか、ピンチのついた洗濯もの干しにぶら下げて、完全に乾くまで天日干しします。 干し方は、できるだけ重ならないように、またくっつかないように広げて干します。 できあがったら、密閉容器に乾燥剤があれば一緒に入れて保存します。 保存期間は、2,3か月またはそれ以上日持ちします。 生わかめのおすすめレシピ そのまま味わっても十分おいしい生わかめですが、いろんな食べ方ができるのでアレンジするのもいですよね。 ここでは、 簡単な生ワカメのおすすめレシピを2品ご紹介します。 生わかめの佃煮 生わかめがたくさんあるときには佃煮なんていかがでしょうか。 甘辛く煮た生わかめはご飯のお供にぴったりです。 【作り方】 洗った生わかめ150g、醤油大さじ1. 5、砂糖大さじ1. 5、酒大さじ3、水100ccを鍋に入れ、よくかき混ぜながら煮汁がなくなるまで煮込んだらできあがりです。 出典: 生わかめご飯 春の味覚・わかめご飯。 意外と簡単に作れるのに、本格的な美味しさなんです。 お花見弁当に入れてもいいですね。 【作り方】 お米2合を研いで、酒小さじ2、昆布茶大さじ1. 5を加えたら、炊飯器の線どおりに水を入れて炊飯します。 その間に、下処理をした生わかめを細かめに刻んでおき、炊き上がって蒸らしたご飯に混ぜたら完成です。 中でも生わかめはその季節しか味わえないちょっとした贅沢な一品ですので、みんなでお鍋を囲んでしゃぶしゃぶなんてしたら、とびっきりの春を感じられそうではありませんか? 生わかめは消費期限が短く、ただ塩蔵や冷凍保存など、保存はきくので、ぜひ、旬の春には生わかめを堪能してみてください。

次の

生わかめの下処理、食べ方や保存期間は?冷凍や塩漬け保存方法は?

生わかめ 煮物

塩蔵わかめの戻し方と切り方 わかめがメインの煮物なので、年中買いやすくて、食べ応えもある 塩蔵わかめで作ります(乾燥わかめでも作れますが、食べ応えが少し物足りない感じになるかもしれません。 下記補足に乾燥わかめ使用時の分量などをまとめています)。 塩蔵わかめを使うときは 『塩をしっかり洗い落として、水で5分ほど戻してから使う』ことが大切です。 下の写真のように、ボウルの中でたっぷりの水にわかめを浸し、戻しつつ塩気を抜いてあげるわけです。 5分ほど水につけたあとに、煮物が水っぽくならないように しっかり水気をしぼることが大切です。 水気をしぼった後に重さを量ると 30gだった塩蔵わかめが60gほどに増えていました。 この状態から煮物にすることが大切です。 塩蔵わかめはわかめが根元でつながったままの状態であることが多いので、 『水気をしぼったわかめを一度広げて、根元を切り分ける』と後々食べるときに長すぎるものが出てきません。 根元を切ったら4〜5㎝幅に切っておきます。 生姜も食べ応えが出るように、細めの短冊切りにしました。

次の