葉山 潤 奈 ふじこ。 Area66

【YouTuber】葉山潤奈の経歴や学歴について!韓国人説や結婚についても!

葉山 潤 奈 ふじこ

人物 [ ]• 興趣:音樂鑑賞。 擅長:。 簡歷 [ ]• 2008年11月,在的AV作品出道。 2010年10月,藉作品《 3穴ゴックンバズーカ!!》發表即將引退的消息。 作品 [ ] AV [ ] 2008年• 綺麗な女の子 裸のデビュー もうひとつの初花-hatsuhana- 葉山潤子(11月22日、)• 初花-hatsuhana- 新人!綺麗な女の子 葉山潤子(11月28日、KUKI)• 2nd Virgin 葉山潤子(12月26日、KUKI) 2009年• 恋リップ みだらな唇 葉山潤子(1月9日、KUKI)• ボディフェティッシュ OLエディション 葉山潤子(2月27日、KUKI)• 恋人映像 葉山潤子(3月13日、KUKI)• 盗撮学園 死角に潜む罠 葉山潤子(4月10日、KUKI)• 逆フーゾク イカせフルコース 葉山潤子(5月8日、KUKI)• 妹萌え 葉山潤子(6月12日、KUKI)• KUKI未公開 02(6月26日、KUKI)オムニバス作品 他出演:桜木凛、、黒川きらら、並木優• 裸 BEACH PARTY 葉山潤子(7月10日、KUKI)• 熱帯ナース 葉山潤子 黒川きらら(7月14日、KUKI)• 部活H! 葉山潤子(8月14日、KUKI)• とめどない顔射 葉山潤子(9月11日、KUKI)• デビュー1周年記念!葉山潤子が選ぶエロぃカウントダウンBEST12(11月27日、KUKI)• 君を犯したい 葉山潤子(12月5日、) 2010年• ザーメン スプラッシュ!葉山潤子(1月7日、アイエナジー)• KUKI 未公開 03(1月22日、KUKI)オムニバス作品 他出演:小西那奈、桜木凛、黒川きらら、並木優• 極限露出 葉山潤子(2月4日、アイエナジー)• 葉山潤子in『男女の身体が入れ替わる赤い糸』専属女優ver. (3月4日、アイエナジー)• 濃厚なイカセとセックス 葉山潤子(4月6日、アイエナジー)• 女教師 中出し20連発 葉山潤子(5月13日、アイエナジー)• 女子のお宅に、おじゃまします。 issue. 11 阿部潤子/20歳(7月7日、)• 高飛車女教師 生意気だけど良く締まる 葉山潤子(7月8日、)• WORKS)オムニバス作品 他12名出演• 僕だけのいいなりナース 02 葉山潤子(仮名)(7月16日、)• グローブ手コキ(8月1日、妄想族)オムニバス作品 他出演:、、、、、、、、、、• 痴漢バス女子校生 葉山潤子(8月13日、)• ピタパンOL 立ち電マ責め(9月1日、妄想族)オムニバス作品 他出演:、、なつき、、和葉みれい、楓姫輝、、• こんな顔してマン汁だらだら!ミスコン女子大生じゅんこちゃんをAV出演させます!(9月9日、)• 親戚の目を盗んで、1人だけ年の離れた従妹のカラダをおもちゃにする、お盆。 (9月23日、SODクリエイト)• 家庭教師 潤子先生の個人授業(10月7日、Be Free)• 3穴ゴックンバズーカ!!葉山潤子(10月21日、SODクリエイト)• 中出し少女 ~父親に捨てられたおんなのこ~ 葉山潤子(10月21日、SODクリエイト)• カリデカ(11月4日、ATOM)共演: 他• ザーメン スプラッシュ!葉山潤子(11月25日、アイエナジー) 2011年• 極限露出 葉山潤子(1月2日、アイエナジー)• 集団いじめ学級 じゅんこ 葉山潤子(1月8日、SODクリエイト)• 118 葉山潤子(11月1日、)• 50 葉山潤子(12月14日、Skyhigh Entertainment 關連項目 [ ]• 外部連結 [ ]•

次の

モデルの葉山潤奈 愛犬の事故死めぐる中傷に反論「私は犬殺しではない」

葉山 潤 奈 ふじこ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2019年4月)• はなどを用いてください。 ( 2019年4月) 宝塚歌劇団105期生(たからづかかげきだん105きせい)は、4月にに入学、3月にに入団した40名を指す。 概要 [ ] 初舞台の演目は、公演「」。 初舞台ロケットの振り付けは。 音楽学校の受験者は前年より37人少ない1,042人、入学倍率は、26. 音楽学校入学から1人も欠けることなく入団した期である。 一覧 [ ] 芸名 読み仮名 誕生日 出身地 出身校 愛称 役柄 所属 退団年 備考 ねいろ ゆい はばまい 娘役 雪組 なつき まなと あっしー 男役 花組 うた ちづる ちづる 娘役 月組 みそら まる 兵庫県 みそまる 男役 花組 ほしぞら みさき みゆう 娘役 花組 おうか るりな るりな かみやん 娘役 星組 ことみね さあら 兵庫県 さあら こあら 娘役 雪組 きしろ ゆりや 兵庫県 のりぴー 男役 雪組 姉は やまぶき ひばり ぶき 娘役 宙組 ほしかげ なな 東京都 まりあんぬ 娘役 星組 きしょう かずと 東京都 マウイ 男役 星組 高祖父は 父は 祖母は千波静 ひとみ きらり 東京都 きらり たしゃ 娘役 星組 あいみ さら 東京都 さらぴー 娘役 宙組 まれな ゆい おかもん 娘役 花組 はつね ゆめ ゆうゆ 娘役 花組 みかげ くらら 東京都 すぅ 娘役 雪組 みさき けい みっけ 男役 雪組 ひじり とあ りっと 男役 宙組 しずね ほたる あつき ほたる 娘役 月組 双子の姉は ななしろ みやび 愛知県 きど みやび 男役 月組 こはな うた よしりん 娘役 花組 つきせ よう 兵庫県 もね 男役 雪組 あさか ゆらら 愛知県名古屋市 ゆらら 娘役 月組 みせい はんな ちっち 娘役 宙組 おおじ りせ 愛知県名古屋市 りぃ りりぃ 男役 宙組 あいそら みなみ 大阪府 みみぃ 娘役 雪組 あやか こいき 東京都 こいき こいきっち 娘役 星組 かなは みお 愛知県名古屋市 かなみん 娘役 月組 きすい なおと 大阪府 みなえ 男役 雪組 はるき れお 京都府 ゆいぴー 男役 月組 あおい ゆうき 神奈川県 ごん 男役 宙組 たいき はやて 東京都 はやて あいみん 男役 星組 まき てると 兵庫県 まきてる 男役 月組 さいもん ねお 東京都 さいもん ねおん 男役 星組 れあき みら 大阪府寝屋川市 おみや レイナ 男役 花組 せんどう なる 埼玉県 なる 男役 宙組 はなと ひかり らいす 男役 花組 みずしろ あおい 神奈川県 あかね 男役 月組 姉は あおかぜ きお 大阪府 きお 男役 星組 あきと せい トミティー トミカ 男役 宙組 脚注 [ ] [].

次の

FUZIKO

葉山 潤 奈 ふじこ

アパレルデザイナーでの葉山潤奈さん(28)が、生後4か月の愛犬が事故死したことについて、「あれは紛れもなく不慮の事故だった」などとブログで改めて訴えた。 葉山さんは2017年12月16日のブログで、約1か月前から飼っていたという愛犬「JESS(ジェス)」の死を報告。 死因は「事故」だとして、「(犬が)私の右ひじに突進して来てぶつかって... 」などと説明していた。 「まさか最後が私の右ひじなんて」 葉山さんが飼っていた子犬は、8月に生まれたばかりだというオスのチワワ。 本人のブログによれば、飼い始めたのは11月6日。 それから約40日後の12月15日に、右肘に子犬が突進して来る事故が起きた。 葉山さんは愛犬の死を報告したブログで、「一緒に過ごせたのは、たったの39日。 あまりにも短過ぎる」と複雑な思いを吐露。 続けて、「全てが可愛くて、愛おしくてたまらなかった」として、犬と添い寝をしている姿などを映した思い出の写真を何枚も掲載している。 死因となった事故の詳細については、 「(15日朝に)リビングのじゅうたんに座った瞬間私の右ひじに突進して来てぶつかって。 そのまま。 いまだにその、ぶつかってきた感覚が抜けない」 と説明。 葉山さんは病院に連れて行っても「間に合わない」と判断し、その場で人工呼吸や心臓マッサージを40分ほど行ったというが、愛犬が再び目を覚ますことはなかった。 葉山さんはブログで、事故直後の心境について、 「すごく気を付けていたのにまさか最後が私の右ひじなんて。 って自分の事を責めまくってて... 」 とも振り返っていた。 また、翌16日の朝に愛犬の火葬を終えたとして、「骨になったJESSは本当に小さくて。 もう涙止まらなかった」ともつづっていた。 愛犬の突然の死を嘆いたこのブログは、「あまりにも急であまりにも短過ぎたけどこれを書いたからには、私も前へ進むからね。 潤奈の事は心配しないで天国で楽しくすごして下さい」といったメッセージで締めくくられている。 「なんで、病院に連れていかなかったの?」 しかし、こうしたブログを読んだネットユーザーの一部から、葉山さんを批判、中傷する書き込みが寄せられた。 葉山さんのブログ上での説明や、事故直後の対応を問題視したユーザーから、ツイッターやネット掲示板に、 「いくら何でも肘にぶつかってきて死ぬなんてあり得るんか?」 「なんで、病院に連れていかなかったの?」 「事故とはいえ自分の肘打ちで愛犬が死んじゃうとか、俺なら立ち直れないな 少なくともSNSに顛末を記す余裕はない」 といった声が相次いだのだ。 さらには、葉山さんのツイッターに直接リプライ(返信)する形で中傷コメントを送るユーザーが出たり、彼女が愛犬の遺骨をキーホルダー化して販売するというデマ情報が出回ったりと、騒動は波紋を広げていた。 こうしたネット上の反応を受けて、葉山さんは21日未明に「私は犬殺しではありません」と題したブログ記事を公開。 自身に寄せられる批判や中傷について、 「今回の件についてはあまりにも酷すぎる。 (中略)ハッキリ言って 常識も無ければ、モラルも無いただの嫌がらせでしかない」 と反論。 その上で、「JESSと過ごした時間で彼を大切にしていた事に関しては自信がある」として、 「ここまでなったからあえてもう一度だけ書くけれどあれは紛れもなく不慮の事故だった。 決して故意的に殺してない」 と改めて説明した。 しかし、こうした葉山さんの訴えに違和感を抱くユーザーは少なくなかったようで、ツイッターには、「わんちゃんの死の悲しみより反論ばっかりになってますよ?もうやめて... 」との声も出ている。 外部サイト.

次の