いなご flyer。 いなごフライヤー(いなごFlyer)とは?使い方や見方、設定方法を徹底解説!

いなごFlyerとは何?見方や使い方や設定方法

いなご flyer

Contents• イナゴチャートの見方 いなごFlyerにアクセスして、「Bitcoin Market Action Checker」を選択するとこんな画面になります。 パッと見、謎なんですが、 上のグラフはビットコインの取引の多さ、 下の文字列は取引所とその取引所のビットコインの値段を表しているみたいです。 取引所は「日本の取引所」も「海外の取引所」もありますね。 取引所によってビットコインの値段が全然違ってちょっと驚きです。 日本の取引所はどこも高いですね。 手数料が高いからでしょうか?ちなみに、最安でビットコインを買える取引所どこなんだろう?と思って2日くらいちらちら見ていましたがどの取引所も結構値段が変わりました。 日本の取引所の中だと、今はコインチェックが一番安い、次はビットフライヤーが一番安いとかくるくる変わっています。 ここに、手数料やスプレッドがプラスされるのでややこしいな…という印象。 で、イナゴチャートの見方の話を戻すと、日本円は数字の下の の中の値で表されています。 設定で他の通貨の単位に買えることもできます。 わかりやすくてありがたい。 次にグラフの見方です。 グラフがカラフルで、各取引所の文字の色とグラフの色が同じになっています。 このグラフのこの棒どこの取引所なんや?と思ったら、カーソルを合わせると、取引所名が表示されますよ。 すごい!! そして、次これはあってるか自信がないのですが、 中央の黒い横線より、上に伸びてる棒線が買い注文のビットコインの量で、下に伸びてる線が売り注文のビットコインの量なのかな~と思っています。 例えば、上のグラフだと、ビットフライヤーの売り注文が22コインあるのかと。 いなごFlyerは取引の量をグラフで見れると同時に、取引の量が一定数を超えると音がピコピコなります。 音は取引所毎、一定量売られた時、一定量買われたとき、音を鳴らす取引量など色々設定できます。 仮想通貨のブログやTwitterを徘徊していると、 いなごFlyerを使っている多くの人は、 グラフというよりもいなごFlyerの音で取引しなきゃ!と判断しているようでした。 取引量が急激に増えると、直後に相場が急上昇、急下降する場合が多いので、みんなが取引始める前に安い価格で買って、価格が上がり切った時に売る!という戦略です。 いなごFlyer、黒マチャート、ビットフライヤーのチャートを見ながら、ザイフやGMOコインでトレードしている人が多かったです。 ほとんどの人が スプレッドも取引所のキャンペーンによって変わるので、複数の口座を開設して使い分けをしていました。 まだの人は早めに開設しておくのがよさそうです。 <公式サイト集> あと、他にもいなごFlyerの中の人はイナゴチャートのこんな使い方もしていました。 はえ~なるほど~。 すごいです。 私もいつかこんなレベルになりたいなぁ。 イナゴチャートできれいなアビトラ42枚、30枚を観測! bfで買ってCCで売る!これだけで4万円近くの利益です。 — inagoflyer inagoflyer まとめ 今回は、いなごFlyerのイナゴチャートの見方・使い方についてまとめました。

次の

いなごFlyer(いなごフライヤー)の使い方・おすすめの設定方法を解説します

いなご flyer

DECOBOARD Bitmex ビットメックス 、bitfinex ビットフィネクス 、bitflyer ビットフライヤー という、3種類の主要な仮想通貨取引所にあるBTC-FXの板情報 オーダーブック をリアルタイムで表示する事ができます。 仮想通貨市場は出来高が少ないため、高い頻度で大きな見せ板から仕掛けを作りつつ価格操作しようとする大口トレーダーの存在も確認できます。 赤グラフが「売り板」で表記されており、緑グラフが「買い板」です。 巨大な板が出現すれば、テープリーディングという手法でいち早く価格を操作しようとする大口の予兆を察知できるので、それだけでもトレードを有利に進めることが可能となります。 2019年7月、取引所BitfinexでBTCのショート20000枚が瞬時に消失した事件などもありましたが、出来高を見ると「現渡し」で決済しているようですね。 市場で売買取引すると相場に大きな影響を与えてしまうため、取引所を介さずにショート 20000枚をBTC現物のヘッジで処理したものと見られています。 そのため、現在は極端なロングの偏りが発生していますが、下落圧力にそのまま換算されるわけではありませんのでご注意ください。 わくわくポジポジらんど(仮) 仮想通貨FXでLS比率を理解しておけば、取引する際に非常に強い武器となります。 ロングとショートの割合比率や、どの価格帯付近からポジションを保有しているかの数量なども一瞬で分かります。 含み益中はオレンジ色のグラフで、含み損中はみず色のグラフで各それぞれが表記されており、市場からは「クソポジチェッカー」と呼称されています。 現在のBitfinexのポジション比率だと、明らかにロングに比率が偏っているのが目に見えて分かると思います。 買いポジションであるロングの割合が多い場合、そのポジションを手仕舞いする時に決済売りをおこなって、スクエア(ノーポジ)に解消する必要性がありますので今の状況だと下落圧力が高いと言えるでしょう。 ただ、2018年は主流でしたが現在だと市場からは特に意識されておらず、2019年以降はBTCの取引量もBitMEXやBinanceの方が多く、大量の偏ったショートポジションなども現渡しによる処理が行われているため、わくわくポジポジらんど(仮)は相場の価格帯には直接の影響を及ぼさなくなってきています。 ホーム(為替FX) OANDAオーダーブック OANDA オアンダ が提供しているオープンオーダーは、OANDA オアンダ で取引している世界中のトレーダーが持っている注文やポジションをリアルタイムで公表しているものです。 指値や逆指値での注文状況、含み益または含み損で保有しているポジション比率などをグラフ化したものです。 オーダーは板状況を示しており、Sellが売りでBuyが買いです。 中央ラインが現在の価格帯なのでオレンジ色のグラフが指値注文で、みず色のグラフが逆指値注文です。 逆に、ポジションは既に保有している方の比率をグラフ化したもので、オレンジ色のグラフが含み益中、みず色のグラフが含み損中のShortとLong比率が各それぞれに掲載されています。 見方としては、売り注文が多くロングが多い=下落圧力、買い注文が多くショートが多い=上昇圧力です。 Currency Strength Chart 基本的にこのサイトはデイトレードで用いる事が多く、その日にある主要な経済指標の発表時に各通貨ごとの通貨強弱を調べるため使用されます。 為替で主要な取引通貨のドルやユーロなども含め、合計で8つの推移が閲覧できるようになっています。 好景気でリスクオンの時は、資源国通貨である豪ドルやNZドルなどのオセアニアが買われやすく、反対にリスクオフの低迷期では安全資産などの円やスイスフランに資金が流入しやすい傾向にあります。 雇用統計や政策金利などの重要な指標結果では、その良し悪しで通貨が買われやすい、また売られやすいなどの相関・逆相関の性質などを頭に入れておくとトレードにおいても対応しやすくなるでしょう。 相関関係にあるのが、円とフラン、ユーロとポンド、米ドルとカナダ、豪ドルとNZドルで、逆相関しやすい傾向にあるのが安全資産の円・フランと資源国通貨のオージー・キウイなどオセアニア通貨が主要となっています。 外為どっとコム 基本的にはOANDA(オアンダ)のオーダーブックと見るポイントは殆ど一緒ですが、取引所が別なので双方の取引所間で顧客が注文している状況自体にも必然的に差は生まれてくるでしょう。 オレンジ色のグラフが買い指値で青色のグラフが売り指値の注文状況ですね。 空白のグラフはオレンジ枠が買いの逆指値注文、みず色の空白枠は売りの逆指値注文なのでストップロスによる損切りが大半の目的だと思います。 取引所としては、OANDAの方が大きいのでそちらを参考にする方が良いでしょう。 しかし、外為どっとコムでしか板状況の確認ができないマイナーな通貨などもありますし、纏まった板比率が現れている価格帯にチャート上で確認すると抵抗線や支持線として機能するようなポイントにも事前に気付けたりします。 また、トレンドが継続するか転換するかで膠着が激しくなる分岐点では、投資家の取引量が増加するため出来高も増加しやすい傾向にあります。 FX ORDER このサイトを使用すると、ドル円やユロルなど主要な通貨ペアの注文状況の位置を予め把握することができるようになります。 「OANDAオープンオーダー」と併用しながら売買トレードを行うと、オプション情報の精度もより高まるのでチェックしておくと良いと思います。 上記の添付している画像から推測してみますが、109. 40円付近に厚めの売り板が待ち構えているのでその価格帯を超えられない限りは上値が重い状況と言えます。 ただ、その価格帯を明確に切り上げられれば109. 50〜109. 70にストップロス注文による買いの逆指値が並べられているので、ロスカットを巻き込みながらショートカバーによって巻き込んで、踏み上げ相場へ移行する可能性も秘めています。 まぁ、現在の相場は下落傾向にあるので短期的に逆張りを行ってみる場合は108. 50・108. 20・108. 00円付近以外の価格帯でカウンタートレードを行うのは控えた方が良く、トレンドフォローに徹するのがベストな選択なのかも知れませんね。 ホーム(先物取引) 空売り比率 日経平均比較チャート 日経平均株価の空売り比率チャートです。 空売り規制のあるグラフと空売り比率に規制されていないグラフが各それぞれに表示されていて、その2つを合算した空売り比率全体での数字が最終的に合計として掲載されています。 よって、スクエア(ノーポジ)にする場合だと、ショートを手仕舞いする時に買い戻しによる行為が必然的に発生するので買いポジションの偏りがそのまま下落圧力に発展するという事に繋がります。 VIX指数 VIX指数は、市場から別名で「投資家恐怖指数」とも呼ばれており、ダウ平均など主要な米株価のボラティリティを指し示す指標グラフです。 世界全体の株式市場の時価総額は半分以上を米株が保有しており、米国の株式市場で市場が成り立っていると言っても過言ではありません。 米国のマーケット市場からなるVIXの動向には、他国の株価や為替にも大きな影響を与えてきますので、その推移には注意が必要といった形にもなってくるでしょう。 一般的にVIXの数値が20. 0以上の場合、市場全体としての動向がリスクオフムードに傾きやすく、クロス円で例えるなら円高になりやすい傾向があります。 逆に、現在の推移は14. 10と比較的低い位置にあるためリスクオン傾向であるとも捉えられます。 「世界の株価」でもVIX指数は表示されていて、このVIX指数が急騰して数値20. 0を明確に超えた時には市場全体が株安円高傾向に一気に傾く状態にあるとも言えるので、安易な逆張りは控えた方がいいでしょう。 世界の株価 為替の値動きの要因となる主要な経済指標や要人発言なども重要ですが、その日の株価などをチェックして「リスクオン」なのか「リスクオフ」なのかを事前に調べて判断することも重要です。 クロス円やドルストレードなどの通貨ペアを実際に触る時でも、このサイトなら各国の主要株価指数などを一覧で確認できるので応用を効かせやすい部分も含まれていると思っています。 クロス円で売買トレードを思考する場合、日経平均やTOPIXなど主要な株価指数などがクロス円と相関関係にあるため上昇・下落どちらの傾向が強いかなど一度にチェックする事が可能です。 株高であれば円安になるので双方ともに上昇傾向へ、反対に株安になるのであれば円高となるので双方ともに下落傾向に陥りやすいでしょう。 ゴールドや原油先物の他にも、米10年国債やドルインデックスも並行して一度に画面上に表記されるので市場全体の把握が一瞬で済むのが利点となっています。 アメリカ 10年 債券利回り ロンドン時間からニューヨーク時間に突入してからは、ドルストレードをベースにポジションメイクを考える場合だと、米10年利回りも同様にチェックしておくと良いでしょう。 米中の貿易摩擦が世界経済の減速を招くとの懸念が強い状況ですが、仮にそれらが継続していく場合だと「長期債を中心に債券買い」が優勢となって、景気後退の前兆とされる長短金利の逆転(逆イールド現象)がリスクオフの判断材料として、市場からは大きく認識されています。 逆イールド現象とは、満期までの期間が長い債券の利回りの方が短い債券の利回りよりも低くなる現象の事です。 長期金利の指標である10年物国債利回りと、3ヶ月や2年利回りの国債と比較するのが投資家からは一般的で、2000年や2007年では実際に逆イールド現象が発生しています。 2008年にはリーマンショックが発生したりと、景気後退が訪れたケースも過去の統計から多いことから有名で、市場関係者などは「景気後退」の予兆として重要視されています。

次の

いなごチャート

いなご flyer

仮想通貨のトレードをしていると 「いなごトレード」というワードを耳にすることがあるかもしれません。 いなごトレードとは、 大量注文に便乗して注文を出し、相場の動きについていくことによって利益を上げるタイプのトレードです。 いなごトレードで利益を出すには、大量注文が発生した際にすぐに察知する必要があり、常に市場を監視しなければなりません。 そこで役立つのが 「いなごFlyer いなごフライヤー 」と呼ばれるツールです。 appspot. いなごFlyer いなごフライヤー とは? まずはいなごFlyerとは一体どんなものなのかを見ていきましょう。 利用しようと考えている人は、ぜひしっかりチェックしておいてください。 トレード状況の常時監視ツール 基本的に、いなごFlyerは 「有名取引所におけるビットコインの取引状況を監視するツール」です。 また、イーサリアム ETH のトレード状況を監視できる取引所もあるので、うまく活用してみましょう。 大量注文発生時のアラート機能つき いなごFlyerは前述の通りトレード状況の監視ツールですが、いずれかの取引所で 大量の買い注文または売り注文が入った時に知らせてくれる アラート機能を搭載しています。 そのため、いなごFlyerのページを常時見ていなくても大量注文に気づくことができ、いなごトレードに大いに役立つでしょう。 各取引所の出来高を追うことで、トレードを有利にできる いなごフライヤーは、直近の取引高を可視化してくれるため、トレードを有利に進める手助けとなります。 刻一刻と状況が変わる仮想通貨のいなごトレードは、時間との勝負なので、 すぐに注文を出せる取引所を準備しておくことがとても重要です。 のように販売所形式でトレードできる取引所は、注文と同時に約定するのでスピード重視のトレードに最適です。 手数料を節約できる取引所形式の取引所 Zaifなど と合わせて準備しておくようにしてください。 いなごFlyer いなごフライヤー はどんなときに使えるの? 次に、いなごFlyerの利用シーンについてチェックしていきましょう。 主に次のような状況で活用すれば利益を上げられるかもしれません。 いなごトレードを行いたい時 いなごトレード 大量注文に便乗してトレードし、相場の動きに乗って利益を上げるトレード方法 で利益を出したい場合、大量注文が入ったらすぐにトレードする必要があります。 そのためには取引所に 大量注文が入ったらすぐに気づかなければならないので、いなごFlyerのアラート機能がとても便利です。 あらかじめ利用している取引所のトレード画面を開いておき、通知されたらすぐに状況をチェックしてトレードするようにしましょう。 いなごトレードは 早くトレードすればするほど有利になるということを覚えておいてください。 ビットコインFXのスキャルピングにも役立つ! いなごFlyerは大量注文に伴う相場の動きをいち早く検出するツールなので、ビットコインFXやスキャルピングを行うときにも役立ちます。 相場が大きく動く時はエントリータイミングとして最適なので、ビットコインFXがメインだと言う人もぜひ使ってみてください。 いなごFlyer: いなごFlyer いなごフライヤー の対応取引所 いなごFlyerが対応している取引所と通貨ペアは以下の表の通りです。 いずれも仮想通貨市場において重要な取引所なので、いなごトレードや仮想通貨FXをする時はトレード状況をチェックするようにしてください。 いなごFlyer いなごフライヤー の使い方・設定方法 次に、いなごFlyerの使い方や設定方法をチェックしていきます。 初めて使う人はあらかじめチェックしておくのがオススメです。 使い方 まずはいなごFlyerの使い方 見方 をチェックします。 初めて使う人は、あらかじめしっかり覚えておきましょう! チャート いなごFlyerに表示されるチャートは 各取引所での取引状況を示しています。 チャート左側に表示されている数字をチェックし、 プラス側にチャートが伸びていたら買い注文、マイナス側に伸びていたら売り注文が入っていることを示しています。 取引所一覧 チャートの下には取引所一覧が表示されており、それぞれ色分けされています。 この色は チャートの色に対応しているため、どの色がどの取引所なのかを覚えておいてください。 なお、 表示されている数字は当該取引所における当該通貨ペアのレートです。 設定方法 次に設定方法をチェックしていきましょう。 特に重要な設定は次の通りなので、見やすいように設定を変更することをオススメします。 チャートの設定 Chart Column Setting まずはいなごFlyerに表示されるチャートの設定をしましょう。 チャートの設定は Chart Column Settingから行います。 Seconds Per Columnにはチャートの生成間隔 単位: 秒 を入力し、Column Countには画面に表示するチャートの本数を入力してください。 アラートの設定 いなごトレードをするためにはアラートの設定も重要です。 まずはAlert Settingでトレード状況をチェックする間隔 単位: 秒 を設定してください。 短めに設定すると大量注文に気づきやすくなるかもしれません。 続いてAlert Sound Settingで音量を設定します。 テスト再生も可能なので、 きちんと聞こえるかどうかを忘れずにチェックしてください。 うっかりオフにしてしまうと音がならないので注意しましょう。 表示設定 View Setting 見やすく表示されるように設定を変更するのも大切です。 View Settingでは、チャートの向きや高さ、軸の向きなどを変更できます。 設定を変更するとチャートウィンドウが変わるので、見やすくなるようにいじってみてください。 送信設定 いなごFlyerには、アラートを外部に送信する機能がついています。 この設定はSend Alert JSON Message POST から行うことができ、 BOTを利用してトレードする時に役立つでしょう。 アラートを受けたら注文を出すBOTを準備しておけば、トレードを自動化できるのでより効率的にトレードできます。 取引所リスト 取引所のリストからは、 チャートの表示設定を行ったり、売り注文アラートや買い注文アラート発生時の通知音を変更したりできます。 重要な取引所のアラート音を目立つ音に変更したり、ボリュームを変更したりして見逃さないようにしてください。 セーブを忘れると設定が初期化された際にロードできず、再設定しなければならないので注意しましょう。 まとめ 今回はいなごトレードや仮想通貨FX、スキャルピングなどに役立つ便利ツール「いなごFlyer」について紹介しました。 これを利用すれば大量注文に気づきやすくなるので、スピードが求められるこれらのトレードに大いに役立つことでしょう。 2019年3月時点で スマホアプリはリリースされていませんが、ブラウザ上で動作するのでスマホで利用することも可能です。 ただし画面が小さいと見にくいので 、モバイル環境での利用はiPadを始めとする大画面タブレット端末がオススメといえるでしょう。 いなごFlyerをうまく活用して仮想通貨FXやいなごトレードなどを有利に進めていきましょう!.

次の