ペネトレーション テスト ツール。 ペネトレーション・テスト関連ツール 2016

ペネトレーションテストとは?ペネトレーションテストの意味を丁寧に解説

ペネトレーション テスト ツール

この記事の目次• ペネトレーションテストとは ペネトレーションテストとは、インターネットなどのネットワークに接続されているシステムに対して、様々な技術を駆使して侵入を試みることで、システムにセキュリティ上の脆弱性が存在するかどうかテストする手法のことを言います。 日本語では「侵入実験」や「侵入テスト」とも呼ばれることがあります。 ペネトレーションテストに特化した無料ツールもあり、簡単なテストを実施することもできます。 しかし、しっかりとしたテストを実施するには、ペネトレーションテストに特化したセキュリティ企業などに依頼することも必要です。 ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い ペネトレーションテストと脆弱性診断は、どちらもセキュリティ対策の一環として実施されるという共通点がありますが、その目的とテスト手法に大きな違いがあります。 ペネトレーションテストは、特定の意図をもつ攻撃者が攻撃に成功するかどうかを検証するテストです。 検証対象のシステムの構成などに応じて、想定される攻撃のシナリオを作成し、実際に攻撃が成功するかどうかをテストします。 システム全体を網羅的にテストするのではなく、特定の脆弱性や問題点を発見することを目的としています。 一方、脆弱性診断とはシステムに存在する脆弱性やセキュリティ的な不備を網羅的に検査します。 アプリケーションやファイアウォール、ルーターやサーバーなどシステムやネットワーク内の潜在的な脆弱性の特定が目的です。 そのため検査範囲はペネトレーションテストよりも広範囲なものであり、ツールなどを使って定型的な手法が使われることもあります。 既知の脆弱性に対しては効果的ですが、ゼロデイのリスクの検出には向いていません。 ペネトレーションテストが攻撃を予防するためのものであるとすると、脆弱性診断は攻撃されるリスクを発見するためのものであると言えるでしょう。 ペネトレーションテストの方法 ペネトレーションテストを実施する企業や、使用するツールやサービスなどによって、方法は異なりますが、概ね以下のような流れでペネトレーションテストは実施されます。 ヒアリング・準備 テスト対象のシステムのネットワークの構成、個人情報や機密情報の保管状態、アクセスログなどの取得状況などを考慮し、どのような診断・テストを行うかシナリオを作成します。 攻撃・侵入テスト 作成したシナリオに従って攻撃・侵入を実施して、結果を記録します。 自動的に行われるテストや、手動で行うテストや確認など様々な方法で攻撃・侵入を行います。 報告書の作成 テスト結果をまとめ、報告書を作成します。 テストにおける攻撃・侵入の方法は大きく分けて4つあります。 ホワイトボックステスト テスト対象のシステムの内部の構造を把握した上で、顧客に合わせた内容で行うテスト ブラックボックステスト テスト対象のシステムの内部構造は考慮せずに、外部から把握できる機能を検証するテスト 外部ペネトレーションテスト 攻撃者がシステムの外部から攻撃してくることを想定したテスト 内部ペネトレーションテスト システムの内部にすでに攻撃者が侵入していることを想定したテスト ヒアリング・準備段階でテストのシナリオを作成し、ホワイトボックステストやブラックボックステストを組み合わせて複合的にテストを実施します。 ペネトレーションテストの実施後に、テスト結果をまとめたレポートや報告書を作成します。 攻撃に成功した回数や時間、権限の取得経路などをまとめたものです。 明らかになった脆弱性に対して、具体的な対策方法などが提示されます。 ペネトレーションテストの価格 ペネトレーションテストは個人向けの無料で行えるツールもありますが、一般的にはペネトレーションテストを専門で行っている企業に依頼することが多いでしょう。 テスト実施者のスキルやシナリオの内容によって、必要な費用は数十万円から数千万円規模になることもあります。 ペネトレーションテストの価格についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 ペネトレーションテストのメリット ペネトレーションテストには以下の3つのメリットがあります。 実際にシステムに侵入できるか安全に調査できる あくまでもテストとして侵入検査を行うため、安全な環境で調査できます。 システムの環境に合わせたテストが実施できる テストの前に、システムやネットワーク構成などの環境を調査するため、テスト対象のシステムに応じたテストが実行できます。 テスト後に調査結果をまとめた報告書が得られる ただテストを行うだけでなく、テストの実施者による報告書を作成してもらえる。 脆弱性の内容や対策方法を得ることができるだけでなく、報告会が行われることもあります。 ペネトレーションテストのデメリット ペネトレーションテストには以下の2つのデメリットがあります。 テストの内容によっては膨大なコストがかかる テスト対象の規模の大きさや、テスト項目の多さによっては、膨大なコストがかかることがあります。 テスト実施者のスキルによって、成果が異なる ペネトレーションテストの実施には高度なスキルが求められるため、テスト実施者のスキルやツールの操作方法の熟練度によって、検証される脆弱性や対策方法などの、テストの成果が異なることがあります。 ペネトレーションテストのメリットとデメリットについては、当サイトの別の記事にまとめてあります。 ご参照ください。 ペネトレーションテストの注意点 ペネトレーションテストを実施する前に、どのような項目をテストし、どの程度まで脆弱性を探るのか、あらかじめ決めておくことが必要です。 またペネトレーションテストを専門で行うツールなどもありますが、ツールで明らかになった結果は、最終的には人間が判断することになります。 ペネトレーションテストはシステムの開発時に一度だけ実施すれば良いというものではありません。 システムの改修や、使用しているソフトウェアのバージョンアップなど、システムの環境が変化したタイミングでの再実施も重要です。 またシステムへの攻撃手法も日々進化しています。 定期的なペネトレーションテストの実施により、新しい攻撃手法への対策を講じることもできるのです。 まとめ ペネトレーションテストの概要と脆弱性診断との違いについて紹介してきました。 自社のセキュリティ対策としてどちらをやればいいのか、気になると思いますが、結論からすれば両方やることが推奨されます。 しかし限られた予算でセキュリティ対策を行う必要がある担当者にとって、両方とも実施するのは難しいかもしれません。 システムの特徴や環境などを加味し、重視しているポイントなどを考慮することで、どちらを優先させるのか変わってきます。 まずはテストの実施者と相談した上で、より効果的な方を選択することが重要です。

次の

「自動ペネトレーションテストツール」「脅威インテリジェンスサービス」とは? 脆弱性対策を楽にする2大手段:セキュリティ担当者の作業負担を軽減

ペネトレーション テスト ツール

ペネトレーションテストとは、通信ネットワークで外部と接続されたコンピュータシステムの安全性を調査するテスト手法の一つで、既に知られている手法を用いて実際に侵入や攻撃を試みる方式。 対象のシステムの種類によっても異なるが、ソフトウェアの保安上の弱点()や設定の不備などを利用して、外部からのアクセスにより乗っ取りや、非公開の情報の取得などができるかどうかを調べる。 DoS攻撃(サービス拒否攻撃)にどれくらい耐えられるかを調べたり、侵入された際にそこをにして他のコンピュータや外部のネットワークを攻撃できるかどうかなどを調べる場合もある。 特定の種類の機器やソフトウェアを対象にある程度自動的にテストと診断を行うことができるツールが公開されているほか、コンピュータセキュリティ関連企業には専門のエンジニアによるペネトレーションテストを実施するサービスを提供しているところもある。 攻撃手法や脆弱性は新たに発見されることがあるため、一度のテストで安全と診断されても定期的に受け直すのが望ましいとされる。 他の辞典による解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 総務省 国民のための情報セキュリティサイト』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• 〜 『 Insider's Computer Dictionary』 による解説• 〜 『 ITパスポート用語辞典』 による解説• 〜 『 IT用語辞典バイナリ』 による解説• 〜 『 PC Magazine』 英語 による解説• 〜 『 Techopedia』 英語 による解説• 〜 『 Computer Hope』 英語 による解説• 〜 『 WhatIs. com』 英語 による解説 さくいん この分野のランキング 1位 【Secure Sockets Layer】 2位 【Wi-Fi Protected Access 2】 3位 【Transport Layer Security】 4位 【ダイジェスト値】 5位 【FW】 6位 【SSH File Transfer Protocol】 7位 【Wi-Fi Protected Access】 8位 【セキュアシェル】 9位 【コンピュータフォレンジック】 10位 【DeMilitarized Zone】 11位 【統合脅威管理】 12位 【メッセージダイジェスト関数】 13位 【Wi-Fi Protected Access Pre-Shared Key】 14位 【Wired Equivalent Privacy】 15位 【侵入防止システム】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

ペネトレーションテスト(通称;ペンテスト)

ペネトレーション テスト ツール

ペネトレーションテストとは ペネトレーションテストの概要と、脆弱性診断との違いをそれぞれ解説します。 コンピュータの安全性を把握するために行うテスト ペネトレーションテストとは、インターネットといった外部ネットワークを通じ、コンピュータシステムの安全性を調べる方法を指します。 「疑似アタックテスト」「ペンテスト」とも呼ばれます。 既知のサイバー攻撃を疑似的に行うことで、システムの脆弱性や不備の有無を発見可能です。 ペネトレーションテストでは、システムの種類によってさまざまな疑似攻撃を試みます。 DoS攻撃を行ってサーバ負荷の程度を調べたり、外部からのアクセスでシステムの乗っ取りを試みたりします。 脆弱性診断との違い:目的や調査方法 ペネトレーションテストは、特定のシステムがサイバー攻撃を受けた際のリスクを知るため実施します。 調査は指定されたシステムやWebアプリケーションなど、対象を絞って行われます。 したがって、調査方法は対象ごとに異なるケースがほとんどです。 基本的にはシステムの構成に応じて想定される攻撃シナリオを作成し、それに沿って攻撃したり、攻撃者が実際に使用しているツールを用いたりします。 一方、脆弱性診断の目的はシステムの脆弱性や不備を網羅的に把握することです。 対象はWebアプリケーションやサーバ、ルーターなど、広範囲に及びます。 調査方法はツールやガイドラインに従った定型的な方法で行うケースが一般的です。 ペネトレーションテストを行うメリット ペネトレーションテストでは、調査対象に応じてさまざまな攻撃を行います。 あるシステムでは攻撃を防御できたが、あるWebアプリケーションでは簡単に突破された、という セキュリティホールを可視化できるのです。 この方法だとシステムの脆弱性や不備を特定しやすいため、具体的なセキュリティ対策を講じられます。 こうしてセキュリティを強化していけば、全体的に攻撃されるリスクの低いシステム環境が完成するでしょう。 さらに、テストとして実施するため、実際にシステムに被害が及ぶこともなく安全です。 ペネトレーションテストの流れ・方法 ペネトレーションテストは、提供サービスやツールよってテスト価格が異なります。 しかし、中には無料で使えるフリーツールもあります。 自社で実施するテスト項目に応じて最適なツールを選ぶと良いでしょう。 ここからは、一般的なペネトレーションテストの流れやその種類を解説します。 流れ:準備・テスト・報告書の3ステップで行う ペネトレーションテストの基本的な流れは以下のとおりです。 1.準備 テストに必要な情報収集を行うため、システム・ネットワーク環境構成のヒアリングを実施します。 ログの取得・機密情報の保管状況を考慮してテストの範囲を決定し、それを基に攻撃シナリオを作成します。 2.テスト 疑似攻撃を実施します。 発見した脆弱性のうち、システムへの侵入といった、リスクの高いものの洗い出しを行います。 複数の攻撃を駆使し、目的を達成できるか判断するケースもあるようです。 3.報告書 テストの結果を基に、脆弱性や不備の分析を行い、その詳細や攻撃経路などを報告書にまとめます。 報告書の納品から期間を定めてサポートを提供したり、問題の見つかったシステムの再検査を有償で行ったりするベンダーもあります。 方法:4種類のテストが存在する ペネトレーションテストにおける攻撃・侵入方法は以下のとおりです。 内部ペネトレーションテスト 攻撃者がすでに内部へ侵入していることを想定したテスト 外部ペネトレーションテスト 攻撃者が外部から侵入することを想定したテスト ホワイトボックステスト システムの設計書やソースコードなどを把握した上で、脆弱性を見つけるテスト ブラックボックステスト システムに関する情報を検査者に教えず調査するテスト 攻撃のシナリオに合わせ、実施するテストを決定します。 複数のテストを組み合わせる場合もあります。 ペネトレーションテストの実施でセキュリティ向上を目指そう ペネトレーションテストはサイバー攻撃を疑似的に行い、システムの安全性を調査します。 攻撃された際のリスク把握が目的で、セキュリティ強度を評価できます。

次の