甲府 旅行。 山梨旅行に行くなら!甲府のおすすめホテル&河口湖周辺で立ち寄りたいお店

日本旅行 甲府支店のページ | 日本旅行の国内旅行・海外旅行

甲府 旅行

山梨県に行って参りました!今回は、甲府にあるおすすめのホテルと、河口湖の近くでお食事と、買い物が楽しめるスポットをご紹介いたします。 あの名湯で贅沢なひと時を。 甲府記念日ホテル まずはじめにご紹介するのが、「甲府記念日ホテル」。 およそ1200年前に弘法大師により発見されたという伝説があり、戦国時代には武田信玄公の隠し湯だったとも語り継がれる名湯「 湯村温泉」。 こちらのホテルでは、写真のようにその名湯を贅沢に湛えた大浴場や桧の露天風呂も完備しており、ゆったりお過ごしいただけます。 また、ロビーやお部屋なども綺麗に整備されており、さらに天気がいい日は部屋によっては富士山を眺めることができます! 夕食は和食膳をご賞味いただけます。 今回、先付で提供された「新銀杏湯葉かけ 梅貝 旨出しあん」は美味しいの一言!(メニューは当日の仕入等によって変更となります) 東京からも車で約2時間。 山梨県甲府市のリゾートホテル「甲府記念日ホテル」で、景色・食・温泉・おもてなしを是非体感ください。 こちらの1階は 世界で唯一の 甲州印傳の専門店。 店内は甲州印傳の商品がずらりと並び、小物からバッグ等の高額商品まで取り扱っています。 「印傅( いんでん )」とは、四百余年の伝統を誇る鹿革芸術品。 その名の起こりは、印度傅来(いんどでんらい)を略して印傅(いんでん)となったと伝えられており、その技法は、遠く奈良時代に作られた文庫箱などにも活用されておりました。 その確かな技術で、戦国武将たちの鎧や兜などをきらびやかに飾りました。 こちらでお気に入りの品や、お土産を探してみてはいかがでしょうか。 また、2階はレストランになっており、山梨名物ほうとう鍋をいただくことができます。 消化も良く栄養価も高いことから武田信玄も戦時食としたといわれ、今では山梨の郷土食として受け継がれている、ほうとう鍋。

次の

お酒好きの一人旅は「甲府」を推したい ちょうどいい街・甲府の楽しみ方|エクスペディア

甲府 旅行

いろいろあって甲府にたどり着きました。 せっかくなので昇仙峡にでも行ってみましょう。 年中無休で、11:00~22:00まで営業。 甲府駅から徒歩3分ほど。 山梨県と長野県のみにある居酒屋です。 ほうとうが有名。 かぼちゃほうとう。 今回は昇仙峡に行きましょう。 年中無休で、9:00~17:00開館。 甲府駅のバスターミナルからバスで40分くらい? 藤城清治の影絵を多く所蔵する美術館です。 続いて昇仙峡をぶらぶらします。 こういう観光地にありがちな 面白いことを言おうとして滑ってる感は嫌いじゃないです。 影絵の森美術館から徒歩5分ほど。 水晶の研磨作業が見学できる水晶の売店です。 作業スペースに看板犬がいます。 最近猫も3匹居ついてしまっている(飼ってはいない)そうです。 夫婦木神社の下宮です。 御神水、ラジウム鉱石でできた御神体など実は見所が多い場所です。 不妊に悩む夫婦が来るかなり真面目な神社のイメージがあったので、 単なる観光目的の私は軽くのぞくだけにしておきました。 夫婦木神社から徒歩5分くらい? 行き止まりになったので25分くらいかけて影絵の森美術館まで戻ります。 年中無休、10:30~16:30。 影絵の森美術館近く。 流しそうめんとほうとうの名店です。 席が屋外なのがポイント。 塩辛い昔ながらの味が魅力的です。 さっきは右端まで徒歩で行ったので、今度は左端まで徒歩で行きましょう。 喜久乃湯温泉に行こうとしたのですが、 温泉のすぐ近くにお寺を発見しました。 真言宗の寺院です。 あまり情報がなく詳細が分かりません。 独特な剣のオブジェ。 突然変異によって発生したしだれイチョウ。 剣のオブジェも合わせ、独特な世界観を持つお寺でした。 10:00~21:30営業。 水曜日休み。 入浴料400円。 甲府駅から徒歩15分くらい。 1926年創業で、太宰治が甲府に滞在していた時毎日通いました。 番台の女将さんに相談したところ撮影OKとのことなので写真を掲載します。 創業当時から90年近く現役の体重計。 太宰治も使ったのでしょうか。 今はもう存在しない店の広告もありそうです。 これで甲府旅行は終わりです。

次の

<旅行記>甲府旅行

甲府 旅行

<旅行記>甲府旅行 > > 甲府 日にち 19年2月28日〜29日 出発 前日は早く帰宅して、日々の雑用をこなしてから旅行準備に移行したが、荷物が少ないので荷造りは楽だった。 3ヶ月前の 竹芝勤務の通勤と同じ 6列車 南蛇井6:02高崎6:57)での出発で、時間配分が分かっているので、出発準備が楽だった。 竹芝勤務の時の たにがわ50号 高崎7:02東京8:00 より高崎駅での乗り時間時間に余裕があり、 NEWDAYS ミニ高崎21号店で飲み物を買っておいた。 はくたか551号は高崎駅で結構下車があったものの、席はぎりぎり確保で、小さくなっていた。 長野駅は 信越線旅行 19年8月24日 と違って乗り換え時間が短くて在来線ホームに直行して 1236Mを撮影。 1236Mは 211系だが通勤で利用する 211系3000番台とはカラーリングが異なる。 姨捨駅前後で車窓を撮影したが、ここって夜景の眺めの方がよさそう。 434Mも 211系で、しかも 3000番台のトップナンバーだった。 プロテカ スタリアV53L 02642/限定モデル白 から m-BookT MB-T721X-SSDを出して入力作業をしていたが、 m-BookT MB-T721X-SSDが大きい上に ハクバ スウィフト02ショルダバッグMは台にならないので作業に苦戦していた。 中央東線は何度も通っているものの特急利用が多く、 塩尻駅〜みどり湖駅〜岡谷駅間の普通列車利用は今回が初めて。 唯一行ける場所として武田神社へ行く予定だったが、甲府駅に「武田神社まで2. 5km」と案内があり、歩くには遠すぎる。 駅前に観光案内を見つけて、どこか行けるところがあるか尋ねたら武田神社しかないとのことだったが、往復のバスの時刻表を貰った。 バスで行くなら他に行ける場所が無いか求めたが、新型コロナウイルス影響で多くの施設が休館になっているとのこと。 バスは繁華街と逆の北口の発着で、 武田神社バス停まで 武田通り 県道31号線 を一直線なので歩いても迷うことはないが歩ける距離じゃなかった。 路上のバス停でバスを降りると、道路向かいが神社の境内でほぼ横づけ。 平地の神社の上に参道が短く階段が数段あるだけなのでアクセスは楽。 感染拡大防止のために手水が使用禁止になっていて、こんなところにも新型コロナウイルスの影響が出ていた。 本殿は大きいが他の建物は少なく境内も小さいので、参拝は簡単に終了。 お守りやおみくじを買わず、そのまま撤収してしまった。 参道付近で結婚式 神前挙式 と思われる撮影をしていて、画になっていたが邪魔になりそうで撮影はできなかった。 ホテルから離れていることもあり、駅周辺はほとんど歩かなかった。 も2階に寄った程度。 駅周辺と別に繁華街があるが、大きな店舗は少なくどこが中心なのかイマイチ不明。 ホテルから比較的近いので、春日あべにゅう〜裏春日の一帯を歩いたが、 の影響で夜の街を歩く人はほとんどなく、不思議な光景になっていた。 店はそれなりに残っていたので、 ドーミーイン甲府丸の内 小作 甲府北口駅前店で昼食を済ませてから一旦府テルへ行って を預かってもらおうとしたのだがここで大ハプニング。 フロントで予約確認をしたら、予約がされておらず、ロビーで を起動して予約を確認したが、予約確認メールが無い。 おそらく、WEB予約の際に空き情報を確認して自分のスケジュール確認のために予約を保留して、そのままになってしまったと思われる。 その場で予約を撮れて事無き終えたが、食博先の予約を取らずに旅行したのは今回が初めてとなった。 を参拝してホテルに戻りチェックイン。 部屋に入ってバスタブの無い部屋と発覚。 ってバスルームがシャワーだけでバスタブが無い部屋があることは知っていたが、前記の経過で慌てて予約したためそのことをすっかり忘れていた。 部屋の変更も考えたが、既に騒がせていたし1泊だったのでこのまま利用。 アクセス 甲府駅から で一直線で分かり易いが、歩くとそれなりの距離がある。 立地 駅前&繁華街から微妙な距離で、官庁街と言う感じ。 ホテル周辺は店舗がほとんどない。 コンビニは数店あるが、どこも微妙に離れている。 客室 ベッドが窓側 部屋の奥 にある珍しいレイアウトだが、その分通路部分が広くなる。 ミニソファーはあるがベッド脇に固定されていてくつろぎようがない。 デスクはそれほど大きくないが、余分な物が置かれていないので広く使える。 有線LAN端子が壁埋め込みで、コンセントも多い。 ケイタイ&スマホ充電用のケーブルが設置は定番になったが、ベッド脇にはコンセントに加えてUSBポートがあるのは珍しい。 照明などのスイッチが家庭用のタイプでラベルも角こまれていたので使いやすくなっていた。 ホテルの寝具は昔は浴衣、最近は洋風の浴衣みたいなもの チュニック? が多かったが、今回はシャツとパンズでパジャマや薄手のスウェットと言う感じ。 これだと動いてもはだけないので便利だった。 は大浴場があるので、その移動を考慮しているのかもしれないが、他でもこれは導入して欲しいくらい。 眺め 街中でそれほど高い部屋じゃなかったので、周辺の建物が観えただけ。 バスルーム 初めてのバスタブ無しのホテル。 湯船に浸かるのが基本の自分だが、ホテル泊では湯船に浸かってくつろげないことが多く、1泊ならシャワーだけで十分かも。 バスタブが無い反面でシャワー室とトイレが別になっていてトイレが使いやすい。 更に洗面台が通路を挟んだ向かい側に別になっていて、これだとバスタブがあるよりスペース的には広くなっている気がする。 ホテルを出てから、外観を撮っていなかったことに気が付いて プロテカ スタリアV53L 02642/限定モデル白 を引いて歩道橋へ上がり撮影をした。 甲府駅に早く着いて、 534Mまで時間調整で 甲斐の味くらべを覗いていた。 534Mも前日に続いて 211系だが元田町車の6両編成でトイレの位置が違っていて数両を歩いた。 甲府駅を出た時点でガラガラで、徐々に混雑すると思っていたがずっとガラガラのままだった。 甲府〜八王子間で普通列車利用は2回目だが、前回は 小海線旅行 92年9月6日 で、実質初めての旅行で、28年前は長時間乗車にぐったりしていたが、乗り歩きに慣れた今となってはそれほど辛くなかった。 高尾駅は2面3線のホームと小さな駅舎だけで通勤線のターミナル駅とは思えない。 1138T特快は一転して高尾駅発車の時点である程度乗車があり、その後も乗車があったが思ったほどの混雑にはならなかった。 1138T特快の 233系0番台で「 名探偵コナン 緋色の弾丸 2020年4月17日公開 」のラッピング広告が行われていて、高尾駅に加えて東京駅到着後に改めて撮影をした。 高崎線利用も考えたが、 1138T特快で都内へ入るので東京駅の スイカロッカーを利用し、帰りも 上越新幹線利用にした。 ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba& Area66& エムズ 秋葉原店を廻って東京駅へ戻り、時間調整を兼ねて 八重洲地下街を歩く予定だったが、 エムズ 秋葉原店で買った物を持ち歩くために スイカロッカーから プロテカ スタリアV53L 02642/限定モデル白 を出したため、ほとんど歩き回れなくなってしまった。 帰りは予定どおり あさま623号で、早く 新幹線ホームに上がって撮影をできた。 あさま623号は空席が目立っていて、通常の状態を知らないので比較はできないが、ここでも 新型コロナウイルスCOVID-19の影響が出ていた。 帰宅 高崎駅で 49列車 高崎18:38南蛇井19:29 に乗り継いで、旅行としては異例の早い帰宅になった。 食事 カレーほうとう 1日目昼食 小作 甲府北口駅前店 1500円 平和通りに有名店が並んでいると聞いていたので、ホテルへ向かいながらチェックのつもりだったが、 小作 甲府北口駅前店を見つけてそのまま入店。 昼食客のピークでカウンター席煮ながら待たずに入店。 旅行先で名物を食べるなら定番メニューを食べるが、何故か カレーほうとうが気になってしまった。 ほうとうは 南瓜の有無がポイント言われているが、自分は 南瓜が苦手。 大きな 南瓜を何とか食べたと思ったら、最後にもう一つ 南瓜が出てきて流石に完食を断念。 カレー味の上に 南瓜がヘビーで、折角のほうとうを味わうという状況ではなくなっていた。 時間が早かったので、カウンター席ながら、ゆったりしていた。 ちなみのこの時の支払いで先日登録した を初使用。 ほうとうと並ぶ甲府名物の とりもつ煮を食べられ、他も地産の物を色々食べられた。 旅行の際の居酒屋食事で注文し過ぎることが多々あるが今回は3品に絞ったので、最後の丼ものまで余裕をもって食べられた。 ドーナツ カスタードクリーム ポンデストロベリー 1日目夜食 ミスタードーナツ 熊本下通りショップ 269円 ホテル周辺に手ごろな店もコンビニもなく、 セレオ甲府を歩く時間も限られていたので、 ミスタードーナツのドーナツ。 旅行先で食べるスイーツが ミスタードーナツってツッコミどころだが、 ミスタードーナツ 富岡ショップに続いて ミスタードーナツ 高崎駅ビルショップが無くなった今では ミスタードーナツを食べる機会は貴重。 旅行先の夜食は遅い時間になって慌てて食べることが多々あるが、今回はホテルに戻ったのが早かったこともあり、部屋でのんびりしながら食べることができた。 朝食ビュッフェ 2日目朝食 Hatago 1500円 1泊なので出発を遅めにしてホテル朝食を利用。 フロアからカウンター越しに厨房がん見える珍しいレイアウトで、総菜などは出来立てが並ぶ。 生野菜に加えて温野菜があるのは珍しい。 パンオンリーにしたのは3回ぶりで、久々にシンプルな内容になった。 種類はそれほど多くなかったが、温かいものが多くメニューも満足。 きっかけ 目安にしている旅行パタンだと、冬の旅行は日帰りが基本の小旅行になっている。 昨年の 福井旅行 19年2月22日〜24日 で雪を観れなかったので雪を観たかったが、 信越線旅行 19年8月24日 とルートが被ってしまいプランが決まらなくなっていた。 で配信している「 はくばく Presents 高森奈津美・三澤紗千香の山梨応援ラジオ」をきっかけに山梨県へ行きたくなったが、2泊3日旅行では行きにくい。 そこで1泊1日で山梨県内へ旅行に行き、翌日は東京へ出れば、2回の遠出を1回にまとめることが可能。 東京を廻る必要が無ければ、2日目も乗り歩きをするって案もあったが、 新型コロナウイルスCOVID-19の影響で今後の東京行きが不透明になってきたため、2日目は Area66の 個人撮影会と エムズ 秋葉原店で買い物を入れた。 切符 切符は高崎駅の みどりの窓口で事前の購入で、 姫路&サンライズ旅行 12月6日〜12月8日 の教訓からいままで以上に日付や区間をチェックしていた。 特急券は 新幹線の2枚のみ。 山梨交通は、武田神社の往復だけで、 スイカを使えていた。 荷物 ハクバ スウィフト02ショルダバッグM& プロテカ スタリアV53L 02642/限定モデル白 の組み合わせで、 プロテカ スタリアV53Lはかなり余裕があった。 2日目に エムズ 秋葉原店で大きな商品を買ってしまい持ち歩くには大変だったが プロテカ スタリアV53Lにぎりぎり入れることができて助かった。 姫路&サンライズ旅行 12月6日〜12月8日 に続いて ハクバ スウィフト02ショルダバッグM& プロテカ スタリアV53L 02642/限定モデル白 の初の組み合わせ。 1泊2日旅行で、ホテル滞在時間が限られているので Bose SoundLink Mini Bluetooth speakerなどは無し。 コルゲン うがいくすりにのど飴に加えて、新型コロナウイルス対策でマスク&消毒アルコールを持って行く通常と方向性の違う重装備になった。 Panasonic Let's note XZ6 カスタム を持って行っても ハクバ スウィフト02ショルダバッグMに入らないので持って行かず、乗り歩き中の入力作業は プロテカ スタリアV53L 02642/限定モデル白 から m-BookT MB-T721X-SSDを出して使用していた。 お土産 甲斐の味くらべで定番の 桔梗屋の 桔梗信玄餅大量購入。 プレミアム桔梗信玄餅吟造り& 生信玄餅 他社 もあったが、 桔梗信玄餅より賞味期限が短いため購入断念。 2日目の 534Mまでの空き時間に時間調整を兼ねて 甲斐の味くらべに行き、 はくばくの商品を買おうとしたが、お土産としては販売されていなかった。 唯一お土産代だけは2泊3日旅行並み。 <参考 ウィキペディア> 関連ページリンク トップ > > 旅行・お出かけ情報 > 地域別 >.

次の