ボカロ 面白い。 オチが最高のボカロ曲『盗み出せ!アンティークのチキン』が面白い!

ボカロP

ボカロ 面白い

概要 [ ]• ボーカロイドの略称であるボカロとプロデューサー(Producer)の頭文字を合わせて、ボカロPと呼ばれるようになった。 ボカロPを「~P」と呼ぶのは、当時、で流行していたからの影響も大きい。 ボカロPのほとんどは、やのように、ボカロPとして活動した後、として活動したり 、やのように、のメンバーとして活動する場合が多い。 中にはやのように、シンガーソングライターなどにならずにボカロ作曲と楽曲提供を並行して行うボカロPもいる。 主なボカロP [ ] ニコニコ動画で1000万再生を達成したボカロP [ ] では、ボーカロイド楽曲のミュージック・ビデオの再生回数が1000万回を達成すると「ボーカロイド神話入り」と呼ばれるタグが付けられる。 ()内は1000万再生を達成した楽曲名。 (モザイクロール)• (ワールズエンド・ダンスホール)• 炉心融解 シンガーソングライターとして活動しているボカロP [ ] 内は、ボカロPとしての名義。 シグナルP• バルーン• こんにちは谷田さん• 有機酸 バンドや音楽グループのメンバーとして活動しているボカロP [ ] 内はボカロPが所属するグループ名。 学生気分、、、、• 石風呂 ボーカロイドを用いているアーティスト [ ].

次の

ボカロP

ボカロ 面白い

小野賢章さん、増田俊樹さん、白井悠介さん、代永翼さん、KENNさんら豪華声優陣の演技も素晴らしく、各キャラクターの魅力を深く掘り下げて知ることができる。 なお 『アイドリッシュセブン アイナナ 』は各キャラクターとチャットを楽しめる 「Rabbit Chat」システムを搭載。 アイドルとチャットで会話を楽しむという夢のような体験もできる。 果敢に頂点を目指しているアイドルの「意外な一面」も見ることができるという 「お楽しみ要素」も秀逸なリズムゲームだ。 2015年にTVアニメ化した際の楽曲もプレイ可能なのでアニメファンにもおすすめで、ゲームでは自分だけのアイドルユニットを編成して「LIVE」にチャレンジできる! LIVEシーンではシンデレラガールズたちが3Dキャラクターになって登場し、見た目もゴージャス。 アイドルたちをレッスンしてレベルアップさせる要素もあり、特訓によって「さらなる力」も引き出すこともできる! プロデューサーの立場になってアイドルを育成できる点が本作の醍醐味。 「コミュ」システムでアイドルとの出会いや成長をプロデュースするプレイが楽しく、箱庭風の「事務所」コンテンツでは100種類以上のアイテムを配置して自分好みのルームを生み出せる。 3Dアイドルを楽しむための「3Dコミュ」や、好きな衣装やポーズをオーダーできる「フォトスタジオ」などの機能が実装される予定だ ステージでのライブや仕事、劇場でのコミュニケーションを通じてアイドルと触れ合える要素を持っている点が特徴で、3DCG技術を駆使して再現されるライブパフォーマンスは圧巻の出来栄え! 複数のアイドルキャラクターがユニットとして登場する「ユニットライブ」コンテンツでは音符のレーン数が2・4・6の3種類となり、タイミングよくタッチすれば 「スペシャルアピール」に繋げられる。 縦画面で展開する 「ソロライブ」コンテンツでは自分のお気に入りアイドル1人だけに注目しながらプレイすることが可能。 音符のレーン数は2のみとなり、スマホゲームらしい 「片手だけでプレイ」を楽しめる。 アイドルの魅力をさらに引き出したい人は「レッスン」で覚醒させよう。 3Dモデルで表現された劇場には「エントランス」「事務室」「ドレスアップルーム」「控え室」という4つの部屋が存在し、それぞれの部屋で過ごすアイドルたちの 「何気ない会話」を聞いて楽しむこともできる。 時にはアイドルたちがプレイヤーに向かって話かけてくることもあるぞ。 プレイヤーはライブハウス「CiRCLE」のスタッフとしてゲームをスタートさせ、「Poppin'Party」や「Roselia」などの 個性的なガールズバンドのメンバーたちと協力しながら、ライブイベントを盛り上げるべくプレイを続ける。 フレンドや全国のプレイヤーと一緒に最大5人の「協力ライブ」も楽しめるぞ。 ハイクオリティーな 「Live2D」処理で登場キャラクターたちが生き生きと動く様子が本作の大きな特徴で、ゲーム内で展開するストーリーは全て豪華声優陣による 「フルボイス」で収録。 1つ1つのバンドに用意されたドラマティックなストーリー群はプレイする者を独自の世界観に引き込む魅力に溢れている。 「シャルル 作詞:バルーン 作曲:バルーン 」「アスノヨゾラ哨戒班 作詞:Orangestar 作曲:Orangestar 」「ロストワンの号哭 作詞:Neru 作曲:Neru 」「シュガーソングとビターステップ 作詞:田淵智也 作曲:田淵智也 」などのカバー楽曲も続々と追加されており、 常に楽しみが尽きない作品だ。 楽曲やステージは毎月追加中。 「マクロス」シリーズで劇中を彩ってきた衣装や本作オリジナルの新作衣装などが続々と登場し、歌姫ファンを大いに満足させてくれる。 スカウトで出会ったアイドルの卵を育成しながら彼女たちの友情、恋愛、家族、過去、未来を共に体験するシナリオが奥深く、それぞれの登場キャラクターに対して深く感情移入できるようになっている。 ストーリー性を重んじる人におすすめだ。 有名ボカロPの Kz livetune 氏が作詞作曲を手がけたテーマソング『Star Glitter』を始めとする40曲以上が 全曲無料でプレイ可能。 さらにライブ衣装、ジャケットイラスト、カードイラストなどを忠実に再現した衣装が登場するので、お気に入りのアイドルに好きな衣装を着せてライブを楽しめる点も魅力だぞ。 2010年にゲーム第1作目をリリース以降、CDやアニメなどの総合的なメディアミックス展開を広げている大人気の女性向けリズムゲーム。 メディアミックス作品に登場する11人の主役アイドルたちを全て収録しており、新規ストーリーと新規ビジュアルも続々と配信している話題のリズムゲームだ。 自分だけのユニットを自由に編成してリズムゲームパートの「ライブ」にチャレンジすることが可能。 「シャイン」「スター」「ドリーム」の3つの属性を楽曲に合わせて編成すると「ライブ」で抜群の力を発揮できるようになる。 リズムゲームパートは 自分が好きな難易度を選んでプレイできるので安心だぞ。 メディアミックス作品に親しんでいるファンの人なら誰でも楽しめるようなゲームシステムを持っている作品なので、「うたプリ」にゾッコンな女性ユーザーであれば 大きな満足感を得られるだろう。 メインストーリーパートではシャイニング事務所に所属するアイドルたちの活動ぶりが描かれ、「ブロマイド」を獲得すると全編フルボイスの 「サイドストーリー」も展開。 縦画面に対応するコミュニケーションシステムなど、アイドルたちをじっくりと堪能できる作品だ。 日本をはじめ欧米、韓国、台湾など世界各地の著名コンポーザーが手がける楽曲が数多く収録されている点が大きな特徴で、電子音楽、ロック、クラシックなど 多様性を持つ楽曲群を存分に楽しめる。 またゲームには「easy」から「hard」まで300種類以上の譜面が用意されており、やり込み要素も非常に高い。 タイトーが送る300万ダウンロード突破のリズムゲーム。 斬新なゲーム性によって世界各国で賞を受賞した前作『グルーヴコースター』の続編として登場した本作は、 身の回りにあるものを楽器にしてプレイできる「オリジナルスタイル機能」を実装している点が大きな特徴だ。 オリジナルスタイル機能は歌ったり、拍手したり、テーブルをたたいたり、本物の楽器を使ったりと、身の周りのもので音を出してプレイできる優れモノ。 無論従来通り画面をタップする動作でも楽しめるので、自分が好きな操作方法でプレイできる。 これぞ本当の「音ゲー」と言えるだろう。 「音」と「光」」のジェットコースターで音楽の宇宙を駆け抜けるが如きプレイ体験が実に爽快な作品。 ゲームプレイは音楽に合わせて画面をタッチするだけの簡単操作なので、男女や性別、年齢に関係なく 幅広いユーザーが楽しめる。 懐かしのアーケードゲームを想起させるプレイ画面も魅力的だ。 200曲以上収録されている曲のジャンルはJ-POPやアニメ、ボーカロイド、ゲーム、人気アーティスト達による書き下ろしオリジナル曲など実に多彩。 ステージ数は 1000以上実装されており、アップデートによってさらに追加が進んでいる。 数多くの曲とステージにチャレンジしたい人におすすめのリズムゲームだ。 ボーカロイド ボカロ の生みの親「ヤマハ」が手がけるリズムゲーム。 プレイヤーは歌声のタマ「ボカロダマ」を滅茶苦茶に生み出す奇妙な機械と対峙し、素早く的確な操作で狂った音程を元の美しい音程に戻すというプレイに挑むことになる。 「歌手の音程を正しく直す」というコンセプトが面白いゲームだ。 タイトルにも使用されている「VOCALOID ボーカロイド・略称ボカロ はヤマハの歌声合成技術。 本作『ボカロダマ』ではボーカロイドをiOSデバイス上でリアルタイム発音させる最新技術を用いたリズムゲームとなっている。 ボーカロイドの技術に触れてみたい人にもおすすめできるリズムゲーム。 基本的なゲームプレイ方法は画面上に表示された7本のパイプから流れてくる「ボカロダマ」を同じ色のパイプへとスライドさせるというもの。 iOS専用のゲーム 「マルチタッチ」のジェスチャーに対応しており、慣れてくれば目にも留まらぬ「超絶技巧テクニック」でプレイすることも可能だ。 無料でアプリに内蔵されているデフォルト5曲以外に「ヒット曲パック」「ボカロ曲パック」「ジブリ曲パック」など3曲1セットの形式で曲が販売されており、自分好みの曲を購入してプレイを楽しめる。 曲は今後も追加されていく予定となっているので、長く続けられるリズムゲームだと言える。 バンダイナムコが送るリズムゲーム。 ゲームセンターで稼働して全国的ヒットを記録したことで有名な『太鼓の達人』をスマホゲームとなった注目作!アーケード版とは異なり タッチパネルの太鼓を叩くプレイになるので、誰でも気兼ねなく遊べる点が大きな魅力となっているぞ。 基本プレイスタイルはアーケード版と一緒。 演奏曲にはそれぞれ「音符」がつけられ、その音符に合わせて太鼓を演奏していく。 画面右から流れてくる音符が「ワク」に重なった時に、指で太鼓の「面」や「ふち」、太鼓以外の「背景」を叩くと曲のリズムに合わせた太鼓の演奏ができるという仕組みだ。 ゲームの難易度は「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「おに」の4段階。 「オンラインランキング」機能を搭載し、全国のプレイヤーが叩き出したハイスコアを閲覧することも可能。 Twitterとの連動機能もあるので、自分がハイスコアを叩き出した場合にすぐに呟いてみんなに教えることもできるぞ。 課金パックの「楽曲取り放題コース」を購読すると、今話題のJ-POPをはじめとする人気楽曲からゲームミュージックなどのコアな楽曲まで、実に 300曲以上の楽曲をプレイできるようになる。 初めは基本無料で遊び、ゲームが気に入ったら課金で曲を一気に増やしてゲームを遊び尽くしてみよう。 『ラブライブ!』シリーズは、 9人の女子高校生が 「スクールアイドル」になり自分たちの夢を叶えていく「みんなで叶える物語」をテーマにしたストーリーでオールメディア展開を行っているプロジェクト。 音楽CDのリリースやライブイベント、アニメ化など様々な分野で人気を博している! 豪華声優陣のフルボイスが堪能できる「ストーリーパート」では、可愛いスクールアイドルたちと楽しいストーリーを楽しむことが可能。 協力イベントやオリジナルストーリーが展開するイベント、 最大100人との対戦など期間限定イベントも充実しており、 やり込み要素が非常に高い点も魅力。 2019年に 9周年を迎えた『ラブライブ!』シリーズを記念して 2019年秋には『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』が配信され、また2020年にはさいたまスーパーアリーナでライブイベント「ラブライブ!フェス」が開催予定など、その人気はさらに加速している。 カワイイ美少女キャラだけじゃなく、カッコいい男性も選べるので、幅広く色々な人に向けて開発されている。 本物のダンサーが踊っているようなキレのある動きは思わず息を呑むほどだ。 手軽な操作でリズムゲームが楽しめるだけでなく、好きな衣装を着せて、自由に踊らせられるのも素晴らしい。 リズムゲームが好きな人全てにオススメしたいゲームの誕生だ!.

次の

ボカロの明るくて、楽しい曲!探してます!

ボカロ 面白い

最近のボーカロイドおすすめ曲を紹介していく。 おすすめのボカロ曲をネットで調べたりしても、適当に有名な人気曲を並べただけの記事が多かったので、 いい感じのものをちゃんとおすすめするために書いた。 自分は特別にボカロ自体に詳しいというわけではないが、音楽はけっこう好きで、ボカロが賑わい始めたころからずっと注目してきた。 熱狂的なボカロブームは2000年代前半に終わったが、 投稿される楽曲の平均的なレベルは今のほうが間違いなく高い。 音が洗練されているし、ボカロらしい色んな工夫や試行錯誤も行われている。 賑わっていた当時のボカロより、 今のボカロのほうが面白いのではないかと個人的には感じている。 ボカロ曲を評価する上で、キャラ性やムービーなど考慮すべき部分は多いと思うが、 ここでは、 純粋に音楽として良いと感じた曲のみを紹介している。 あと、単純に俺の好みに沿った曲を選んでいる。 記事に動画を直接埋め込むとページが重くなってしまうので、YouTubeとニコニコ動画へのリンクを貼っている。 少なくとも、適当に有名な曲を並べたおすすめランキングよりは役に立つ内容になっていると思う。 新しいボカロ曲を知りたい人、興味のある人は見ていってほしい。 阿吽のビーツ 作者:GYARI(ココアシガレットP) ボーカル:琴葉茜、結月ゆかり 公開:2017年12月27日 YouTube: niconico: 最後にボカロっぽい曲を紹介。 Twitterなどでパロられてるのをよく見る。 再生数がめちゃくちゃ多い。 なぜ流行ったのか個人的にはよくわからないのだが、脱力系のニコニコ動画カルチャーとしてなんとなく懐かしい感じがする。 紹介は以上だ。 自分の好みが偏っていることは認める。 もういい年のオッサンなだけあり、中二病っぽい感じはあんまり良くわからない。 そういう意味では「ボカロらしさ」のない選曲かもしれない。 ニコニコ動画はあまり詳しくないのだけが、初期のボカロ曲は、「」や「」とか、あの時代だからこその切実な響きがあった曲がけっこう好き。 純粋な音楽のレベルで言えば、今の人気曲のほうが断然高いと思うけどね。 わりとアーカイブ的な感じで、自分と好みの近い人にとっては便利なまとめになっているのではないかと思う。 今後、良い曲を見つけたら追記するかもしれないので、定期的に覗きにきて欲しい。 最近は、曲を探すときはYouTubeのレコメンドから探すのが便利で、気に入った曲があれば関連をどんどん辿っていけば、いい感じの曲に出会えることが多くなっている。 あと、好きなボカロPを見つけたら、チャンネル登録したり、再生リストを最初から聴いてみるのがいいと思う。 ボカロのレベルは上がり続けてるし、個人的には全然オワコンとは思わないな。 この記事がみんなの音楽ライフにちょっとでも貢献できたなら幸いだ!.

次の