簡単 まとめ髪。 不器用さん必見!本当に簡単なアップヘアアレンジ・まとめ髪のやり方です♪

ロングヘア向け髪のまとめ方♡時間が無い朝でも簡単可愛いまとめ髪!

簡単 まとめ髪

【目次】 ・ ・ ロングヘアの簡単まとめ髪 【1】こなれ見え簡単ひとつ結び 《SIDE》 《BACK》 《HOW TO》 1. 手ぐしで髪を集める 根元をつぶさないようにざっくりと手グシを入れて、髪全体を耳の高さでうしろに集める。 集めた髪をゴムで結ぶ 集めた髪を黒ゴムで結ぶ。 ゴムは緩ませず、きっちりタイトに結わくのがポイント。 毛束の下側を引っ張りたるませる 結び目を片手で押さえ、もう一方の手で結んだ毛束の下側を部分的に引き出し、たるませる。 トップの髪を引き出す 同様に片手で結び目を押さえ、もう一方の手でトップを部分的に引き出し、高さを出す。 【2】簡単可愛いポニーテール 《Before》 宇野泰子さん(メーカー勤務・37歳) 胸上のロング。 ダメージ毛で、湿度の高い日は毛の広がりが気になる。 「ワイドパンツやロングスカートの日に、ひとつに結んでバランスをとります」 《After》 ファッションとバランスをとりやすい、ポニーテール [Point] ざっくりラフに手ぐしでまとめた、高め位置のポニーテール。 「ベースは細めのアイロンで巻いています」。 ワックスを揉み込んでふわっと。 【3】交差アレンジ 《Before》 土谷真澄さん(金融機関勤務・34歳) 鎖骨下、前髪なしのロング。 「普段はカラー、パーマをしているのでダウンスタイルも楽しんでいます」 《After》 ワンディテールで、落ち着いた雰囲気に [Point] 「仕事では常に結んでいます」。 トップの毛をふたつの束に分け、かた結びをするように交差。 そのまま襟足で結んで大人っぽく。 ロングヘアのきっちりまとめ髪 【1】きっちりタイト結び シンプルで大人っぽいムードにマッチする、濡れたような質感をいかしたタイトなひとつ結び。 テクニックいらずでおしゃれ見えがかなう! 《HOW TO》 1.質感とまとまりを出すスタイリング剤をなじませる パール粒大のワックスと500円玉大のオイルを手のひらでしっかりと混ぜ、乾燥している毛先からまんべんなくなじませて。 毛先に濡れ感とツヤを与えたら、手のひらに残ったスタイリング剤を前髪からトップへ。 あまりベタッとつけすぎないこと。 2. コームの細い部分で、分け目をセンターにつくる 分け目はセンターにつくる。 ガタガタしていると疲れて見える原因になるので、キチッとコームで分けとるのがポイント。 3. 先に、細く前髪を分けとっておく 髪を全体的にひとつにまとめたら、結ぶ前に前髪を分けておく。 目安は、顔まわりのひと筋を左右それぞれ2~3本程度ずつ。 4. 全体の面をブラシで整え、細かい毛が浮き出ないようにする 結び目は手で持ったまま、ウエットにした表面をフラットになでつける。 毛流れをブラシで整えながら、面を美しく仕上げて。 5. 首のラインに沿うように、ごく低い位置で結ぶ 結ぶ位置は、ごく低くして全体のタイトなシルエットとのバランスをとる。 目安は、首の後ろ側に沿うようなイメージ。 6. 前髪の束感を出して「疲れ感」を払拭 指先にワックスかオイルを少量とり、前髪に束感を出す。 細い前髪は、バラバラになると一気に老けて見えるので必ず行って。 【2】上品アップスタイル 《Before》 山内 梓さん(マスコミ勤務・35歳) 胸上のロング。 斜め前髪はフェミニンで、結んだときにもポイントに。 「結ぶときは首にまとわりつかないようにしています」 《After》 週3はこのスタイル。 オンもオフも上品アップで [Point] 「一応、巻いてから結んでいます」。 巻いたあとにワックスをなじませてから、耳上でひとつに結ぶ。 トップを均一に引き出して完成。 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【くるりんぱヘア完全版】髪の長さ別♪セルフアレンジを一挙公開

簡単 まとめ髪

爪で頭頂部の毛束をつまみ、上に引き出す。 少しゆるっとするくらいでOK。 頭頂部の両サイドも引き出すとよりルーズ感がアップ! 「抜け感は、引き出した毛束のルーズ感や後れ毛で表現します。 きっちりとまとめたアレンジは、一昔前の古い印象になるだけでなく、顔が大きく見えてしまう原因にも。 トップはふんわり、後れ毛でゆるっと、このニュアンスがの大人のアレンジには必須です。 後れ毛はこめかみ、耳裏、襟足の3箇所だけ!この3点ポイントを守っていただければ理想の抜け感を作ることができます。 爪でつまんで細く引き出すのがポイント。 後れ毛が多いと疲れた印象になるので気をつけてください。 頭頂部も引き出しすぎると崩れてしまうので、ゆるっとさせるくらいを意識して。 この一手間で抜け感だけでなく、頭の形も綺麗に見えます」(ABBEYスタイリスト・小口瑛李奈さん) ひと手間でボリュームUP&華やかになれる「簡単ひとつ結び」 アクセサリーは差し込むタイプのものが便利。 「中央から毛束を通すと、毛束を通したサイドにボリュームができて後頭部がへこんだような印象になってしまいます。 ですが、横から穴を開けて毛束を通すと、後頭部にしっかりとボリュームができて頭の形が綺麗に見えます。 頭頂部に分け目がしっかりとついた状態でくるりんぱをすると、トップがどうしても割れてしまうので、アレンジ前に頭頂部の根元をしっかりと立たせ、分け目をつくらないように準備しましょう。 ねじった髪から毛束を引き出すと若づくりで気張った印象に。 ねじった毛束は崩さない方が品よく仕上がります。 アレンジはシンプルが一番。 やりすぎると抜け感が出ないので注意して」(PEEK-A-BOO NEWoMan新宿店 店長・栗原貴史さん) ルーズなのに崩れない!「簡単お団子ヘア」 こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。 凝ったアレンジに見えますが、実はとても簡単!表参道にある美容院・Cocoonスタイリストの泰斗さんも「くるりんぱに手を少し加えるだけで、こなれ感のある仕上がりになる」と言います。 大人が挑戦する時に気をつけるポイントは?「全体的にきっちりとした印象に仕上げること。 後れ毛を出しすぎたり、トップの髪をたくさん引き出してしまうと、一気に若作りなアレンジになってしまいます。 きちんとまとめることが、大人の余裕、清潔感、上品さ、優雅さを表現する鍵です。 後れ毛はこめかみ部分にだけ作るのがオススメ。 さりげなく上品で、色っぽい印象にも繋がります。 後れ毛がパサついたり広がっていると、疲れた印象に直結してしまうので、オイルやシアバターをなじませて、みずみずしく仕上げてください」(泰斗さん) 簡単なお団子ヘアも即・こなれる.

次の

超簡単ヘアアレンジ|不器用でもトライできる、超簡単なまとめ髪アレンジ集【ロング・ミディアム】

簡単 まとめ髪

時間がない朝でも挑戦してみたいロングヘアのまとめ髪特集。 オフィスシーンでも活躍まちがいなしのスタイルも必見。 シンプルなポニーテールやお団子も、ひと工夫でこなれ感UP!また、編み込みやくるりんぱ、ギブソンタックなど、トレンドを押さえたアレンジも、コツがわかれば簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみて。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ シンプルだけど、今っぽい!基本のポニーテール ゴールデンポイントでつくる高めポニーテール 【HOW TO】 (1)耳の上を軽く隠すように全体の髪を手ぐしで高い位置にまとめる。 表面の髪を部分的につまみ出し、凹凸をつけて。 (2)あごと耳を結んだ線の延長上のゴールデンポイントで結ぶのがポイント。 毛束は逆毛で軽くボリュームを出す。 うねりやすい人はハードスプレーを薄くつけて。 (2)残りの髪は32㎜のヘアアイロンでカールをつける。 トップの表面に逆毛を少し立てた後、手ぐしでポニーテールに。 (3)固めのワックスを指先に少量なじませ、サイドの後れ毛をつまむようにつける。 きつめに結びしっかり固定。 (2)結び目を指で押さえ、髪を上につまみ出す。 この量が少ないとボリューム不足になるので大胆に引き出して。 (3)顔まわりの髪を少し残し、ポンパの毛先ごと全体をまとめて結ぶ。 サイドの髪も引き出して耳にゆるくかぶせて。 編み込みで可愛く!長さを活かしたヘアスタイル ガーリィな太目編み込みでほっこりレトロ風に 【HOW TO】 (1)髪をほぐしながらオールバックにして、トップに3つの毛束を作ります。 (2)一度3つ編みしてから横の毛束をとり、編み込んでいきます。 毛先は3つ編みにします。 (3)やりにくくなったら前で編みます。 (4)バランスを見ながら毛束を引き出してこなれさせます。 (5)毛先はバレッタで留め、耳の上、サイド、トップの毛束を引き出します。 サイドゆる編みで横顔もキレイに 【HOW TO】 (1)サイドに毛束を持って行き、襟足まで編み込む。 編んだ髪を押さえながら、もう片方の手で、トップの毛をつかみ、軽く膨らませる。 (2)襟足以降はゆるい3つ編みに。 前髪はサイドに軽く斜めにピンで留め、後頭部の毛は指でつまんで、軽く膨らませる。 (3)3つ編みからも少しずつ毛をつまみ出しラフさを出して、毛先をゴムで留める。 (2)下段は毛先まで3つ編みにする。 上下段ともに毛をつまみ出して軽くほぐしておく。 (3)下段の毛先を内側に折り返し、耳の裏側の見えない位置で毛先をピンで留める。 耳上にむかって水平に丸めるのがコツ。 結び目の毛束を少し指で引き出して形を整えます。 (3)くるりんぱした毛束と、垂らしている髪の上半分をまとめて、耳下くらいの位置でゴムで結びます。 (4)再びくるりんぱ。 ひとつめと同様に結び目周りの髪を引き出して整えます。 (5)後頭部のトップもふんわりとなるように、バランスよく引き出して。 (6)くるりんぱの毛先と残りの髪を合わせて3つ編みに。 バランスを見ながら毛束から少し毛を引き出してこなれ感を。 少し前髪を残した方が、正面から見たときにおしゃれっぽく。 (2)UPにした前髪をゴムでひとつに結び、ゴムを少し下にずらして穴を作り、毛先をその中に入れ込む。 (3)くるりんぱした毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるような感覚で左右にギュッと引っ張る。 (4)結び目に毛束を巻きつけゴムを隠してピンで固定。 ピンは外から見えないようになるべく奥に挿し込んで。 (5)次は耳上の髪をまとめて2段目のくるりんぱ。 同じくゴムは隠し、毛束を適度に引き出してラフさを出して。 (6)残った髪をひとまとめにしてくるりんぱ。 ゴムを内側に入れ込むように毛束を左右にギュッと引っ張り完成。 ゴムを締めるように結び目下の毛を広げ、1の毛束にかぶせて。 くるりんぱしやすいように、ゴムをやや下げる。 (2)ゴムの上に穴をあけ、毛束を上から通してくるりんぱに。 毛束を左右に引っ張りながら、ゴムを押し上げて。 (3)ゴム付近がタイトになりすぎないよう、毛束を細かく引き出す。 顔周りも引き出し、透け感をプラス。 アメピンを使った華やかくるりんぱ 【HOW TO】 (1)右側の襟足の毛を少し残し、ほかの髪は右側の襟足の近くでゴムでひとつに結び、くるりんぱ。 後頭部の髪を少しつまみ出してルーズ感を出す。 (2)くるりんぱした毛束に、1で残した襟足の毛を巻きつけながら左側にもっていく。 巻きつけた毛束から髪を少しずつ引き出し、ルーズ感を出す。 (3)巻きつけた毛束と垂直になるようにアメピンを耳の後ろで挿して固定する。 髪を少しかきあげて毛先を留めたら、上から髪をかぶせてアメピンを隠す。 ギブソンタックなど、オフィスシーンにおすすめのまとめ髪 華やかで色っぽいギブソンタック 【HOW TO】 (1)こめかみ付近の毛束をくるくるとねじる。 反対側も同様に。 (2)左右の毛束をねじったら、ややゆるめに後ろで合わせてゴムで結ぶ。 (3)下した髪を6束に分け、ひと束ずつアップにしていく。 あらかじめ作ったねじりに絡ませるように毛先をピンで留める。 (4)6束すべてアップにしたら、毛先が飛び出ている部分をピンで留めてしっかりとまとめてから、後頭部はざくっと丸めた部分は毛束を細かく引き出してふんわりとくずす。 簡単シニヨンで大人アレンジ 【HOW TO】 (1)ベースの髪はランダム巻きにしておくと、こなれ感がアップ! (2)後ろ髪はトップ部分の毛を斜めに取りブロッキング。 それ以外の毛をまとめて襟足辺りで毛先を抜かずにゴムで留める。 (3)毛先を結び目に巻き付けてゴムで固定し、さらにブロッキングしておいた毛も巻き付けてゴムで留めシニヨンにして完成! 巻かずにアレンジしたいときは、ねじりシニヨン 【HOW TO】 (1)全体を手ぐしで整えて、耳を隠して低い位置でひとつに結ぶ。 サイドはたゆませつつ、結び目はきつくする。 (2)結んだ毛先をふたつに分け、ねじり編みにする。 (3)編んだ毛をぐるっとまとめてお団子にする。 ピンを外から中央に向けて数か所挿し込む。 ねじって留めるだけのおしゃれ夜会巻き 【HOW TO】 (1)細かめに毛束を取って、コテで全体を外巻きにする。 あとでまとめるので、巻いていない毛束があっても大丈夫! (2)ガイド部分の毛束を細かく取り、トップにふわっとボリュームを出すためにひと巻きして。 (3)後れ毛や結んだときの表面に毛束感を出すため、セミウェットな質感のスタイリング剤を全体に塗布する。 (4)スタイリング剤を全体になじませるように、くしゃっともみ込む。 (5)耳の高さでまとめて、ゴムできつめに結ぶ。 前髪は斜めに流すと女っぽい仕上がりに。 (6)ゴムを毛先の方向にぐいっとずらす。 ゴムがそのまま取れてしまわないように注意して、写真くらいに毛先を残す。 (7)ゴムを指でつかみ、上に持ち上げながらゴムを巻き込むように内側にねじる。 ここまでねじる。 (8)写真のように、ピンを上から下へ挿す。 ねじった髪を拾いながら地肌に沿わせるように挿すとしっかり固定される。 表面とねじった部分の毛束を少しずつ引き出して完成! たっぷりボリュームのこなれ夜会巻き 【HOW TO】 (1)まとまりを良くするためにブラシでたっぷりと逆毛を立てておく。 (2)髪を後ろでまとめ、毛束を縦半分に折り畳んで右手で引っ張り上げるようにしてねじる。 (3)ある程度まとまるまでねじったら、入り切らなかった毛先を中にぐいっと押し込んで隠します。 (4)いちばん上と中間地点に、ピンを上から挿し込む。 ピンが地肌に沿うのを確認しながらしっかりと固定させて。 (5)最後に下から1本ピンを挿して完了。 ピンが地肌に密着していれば、たった3本でもくずれません。 (6)後ろを押さえながら毛束を引き出す。 髪の長さにゆとりがあるロングは、大胆に引っ張り出しても大丈夫。 ざっくりだけどきつめに編むのがコツ。 (2)3つ編みにした毛束の毛先をゴムで結ぶ。 毛先をつかんだまま、3つ編みをつまみ出してほぐしてラフに。 (3)ポニーテールの結び目を中心に毛束をくるっと1回転させ、毛先をピンで留める。 バレッタでピンを隠せば完成。 手ぐし感が残る無造作ハイシニヨン 【HOW TO】 (1)前髪を左右一筋残し、ざっくりと高い位置にまとめる。 下はゆるっとたるませるように意識して。 (2)頭頂部よりもやや下の位置で、きつめにしっかり結ぶ。 このとき毛先は抜き切らず、お団子状にする。 (3)余った毛先を結び目にくるっと巻きつけてゴムをし、くずれないようにピンでしっかりと固定。 (4)お団子の前側を起こしてピンを挿す。 お団子に高さを出しつつ、ランダムな動きをつけて。

次の