かみ さま に あいたい。 かみさまにあいたい(児童書)を読んで・心の傷の癒し方とは?

かみさまにあいたい (2019年課題図書)

かみ さま に あいたい

スポンサーリンク 「かみさまにあいたい」あらすじひとことまとめ 神さまにメッセージが届けるために雄一と竜也が忍びこんだ家で貴重な体験や成長をする話。 ごく簡単にまとめると、こんな感じですが、ディティールを読み込むためにはやっぱり原作が一番。 作品の味わいや雰囲気はぜひ 直接読んで感じてください! 「かみさまにあいたい」主な登場人物まとめ それぞれの登場人物の特徴を押さえておくと、読書感想文のヒントになりますよ。 藤本 雄一 ふじもと ゆういち 主人公の 小学校3年生の男の子。 数ヶ月前に祖母を失い、悲しみから立ち直りきっていない。 幼稚園の頃、おばあちゃんに柔道教室に連れて行ってもらっていて、練習のあとに親には内緒でコーラを飲んでいたのが懐かしい思い出。 小松崎 竜也 こまつざき たつや 雄一のクラスメイトの3年生男子。 小柄であごが細く、いたずらっぽい目をしている。 学校ではとても反抗的な態度をとっているが、本当は誰かとつながりたい。 母子家庭で、 看護師の母は不在がちなので、きっと愛情不足。 幼い頃に夢うつつな状態で家に来ていたきれいな女性を神様と信じ、再会を望んでいる。 佐藤 ナンシー(さとう なんしー) 雄一と竜也が忍び込んだ屋敷の持ち主の若い女性で整形外科医。 骨折した雄一の主治医となる。 竜也の母親とは同じ病院勤務で、 2人の良き理解者となる。 父親はドイツ人で母親は日本人だが、2人とも他界。 姉はドイツ在住で、一人で日本に住んでいる。 おばあちゃんを失った雄一の心に共感し、自分の環境と比べる• 素直な行動ができない竜也の心情を理解し、自分や身の回りの友達に話を広げる。 ナンシー先生についてまとめ、頼りになる大人の存在について考える。 「かみさま」が誰だったのか考え、自分ならかみさまに何をお願いするかをまとめる。 ストーリーから考えたことと、自分の経験や考えをつなげられると、感想文としてまとまります! 「かみさまにあいたい」読書感想文の流れの例 ぼくならこんな流れで作るかな・・・と言う流れをまとめました。 参考になると嬉しいです。 自分の家庭環境・家族の関係をまとめる まずは、自分がどんな家族の中で暮らしているのかを述べましょう。 基本的には幸せだけれど、ちょっとさみしい・・・と言う方向で書けるといいですね。 雄一にはおばあちゃんがいた。 柔道が好きで、雄一の柔道教室の送り迎えをしてくれていた。 でも、おばあちゃんが認知症になった。 ゆういちはおばあちゃんをさけるようになり、そのうちにおばあちゃんとは永遠のお別れになってしまった。 ぼくは、上手くやり取りできずにおばあちゃんをさけてしまった雄一の気持ちがよくわかる。 もっと、できたことがあったかもしれない・・・と思うのも良くわかる。 認知症の人とのやり取りで苦労した経験がある人は、自分の体験をまとめるといいですよ。 実際ぼくは、認知症の人と話した時、会うたびに同じ話を聞いたり、さっき食べたのにまたご飯を食べたがったりするのを笑ってごまかしてやり過ごすしかない経験をしたことがあります。 結構つらいですよ。 自分にウソをついているようで。 竜也の家庭環境をまとめる 竜也の状況にも共感しましょう。 さびしくて荒れている気持ち、ぼくはよくわかります。 あなたなりに共感して下さいね。 さみしいきもちがある竜也と雄一が、神様にお願いをするのは良くわかる。 竜也が「かみさまにあいたい」のは、さみしさをいやしてくれる人を求めているから。 雄一は、おばあちゃんが期待していたように「つよくなりたい」から。 ぼくも、会えるなら神様に会いたいと思っている。 ぼくは、どちらかというと、雄一に近いと思う。 自分ががんばるすたがを、天国の誰かに見守っていてほしいからだ。 ぼくは今、習い事をしていて、絶対成功したい。 でも、神様には、見ていてほしいだけで、がんばるのは自分だと思っている。 上の例では神様へのお願いについてを簡単に書きましたが、 あなたががんばりたいことがあれば「神様、ぼくはこんなことをがんばっている!」といことが書けると、より気持ちのこもった読書感想文になるでしょう。 雄一と竜也のように、自分にも仲良しの友達と一緒に悩んだり楽しんだりしていきたいと決意して終わる 最後に、雄一と竜也がお互いに支え合い、高め合える存在になったように、自分も友達との関わりを大切にしながらがんばっていきたいという決意を書いて終わりましょう。 おばあちゃんがいなくなってさみしい雄一と、おうちの人がいない竜也は友だちとして話をしたり一緒に何かをすることで、とても仲が良くなり、助けあえる関係になった。 おかげで、竜也は神様に会いたいというこだわりが消え、雄一と仲良く過ごしたいと思えるようになった。 ぼくにも、とても仲の良い友達がいる。 その友達とは何でも話せて、お互いによいライバルとして頑張れている。 ぼくは、きっとこれからもその友だちと仲良く楽しくがんばっていきたい。 そして、がんばる姿を神様に見ておいてほしい。 何でも語れる友達がいるって、いいですよね。 あなたにすでにそんな友達がいるなら、その友だちと高め合っていきたいことを雄一と竜也にからめてまとめましょう。 まだそんな友達がいないなら、ぜひ、雄一と竜也みたいな関係になる友達をつくっていきたいとしめくくりましょう。

次の

感想文の書き方【かみさまにあいたい/中学年向け課題図書】

かみ さま に あいたい

あらすじ(ネタバレ) 雄一は、おばあちゃんのお墓に行った。 お墓にプリンをお供えし、手を合わせた。 近くで声がするので周りを見ると、同じクラスの小松崎竜也がいた。 竜也は誰のお墓なのか聞いた後、しゃがんで手を合わせた。 竜也は授業中にカードゲームをしたり、授業の途中でどこかへ行ってしまったりして、担任の井原先生に反発しているため、クラスでは浮いた存在だ。 ある日のプールの授業中、頭が痛いと見学していたがいなくなり、先生が探しに行った。 雄一が窓から河川敷を見ると竜也の姿が見えた。 給食の時間に戻って来たが、先生に叱られた。 放課後、雄一は竜也がいた河川敷に行くと穴があり、その中に竜也が座っていた。 「何をしているのか」と聞くと、「以前、優しい女神様に会ってカステラをもらった。 もう一度会いたいから神様と交信している」と言う。 竜也は「神様がいると思うか」と雄一に聞くと、雄一は「いると思う」と答えた。 竜也は雄一を穴に招き入れた。 ある日、竜也は自由帳に書いた神様の絵を雄一に見せた。 雄一は「神様は天国にいるのだから河川敷の穴ではなく、高い場所の方がいい」と言った。 竜也は雄一に「横断幕にメッセージを書き、高い所に張れば神様に見てもらえる」といい、二人で横断幕を作ることになった。 次の日の放課後、竜也は雄一を連れて走って行った。 雄一は知らない道だと思ったが、おばあちゃんとの思い出が詰まった柔道教室へ行く道だと気が付いた。 おばあちゃんが亡くなって教室を辞めたので、涙をこらえながら急いで通り過ぎた。 住宅街の坂を上ってたどり着いたのは古い洋館で「立入禁止」と書いてあった。 急に雷が鳴り、雨が降ってきたので急いで洋館へ入った。 そして、横断幕にメッセージを書き始めた。 書き終えて横断幕を張ろうとしていたら、女性がやって来て「人の家に入って何をしているのか」と問われたので、二人は急いで横断幕を外し、走って逃げた。 翌日、竜也はクラスメートと喧嘩になり、止めようとした雄一が骨折し入院することになった。 病室で会った主治医は佐藤ナンシーと言い、洋館で見た女性だった。 竜也は毎日雄一の病室へやってきた。 ある日ナンシー先生は横断幕の事を聞いてきた。 その時に、竜也の母親がこの病院の看護師をしていると言った。 ナンシー先生が洋館の掃除を手伝うなら横断幕を張っていいと言ったので、雄一が退院してから、竜也と一緒に洋館へ行った。 一通り洋館を見学した二人は、昼ご飯を食べ、ペンキ塗りなどを手伝った後、横断幕を張った。 ナンシー先生はおやつに紅茶とカステラを用意しており「このカステラは竜也のお母さんが手作りしたものだ」と言った。 夕方、庭でバーベキューをしていると、竜也は「横断幕を燃やして神様へ届けよう」と言い、それぞれ願いごとした。 竜也は「もう一度会いに来てください」、雄一はおばあちゃんの願いだった「強くてまっすぐな男になれますように」と。 祈りながら、横断幕を火にくべた。 読書感想文(小学校-中学年) 私のおばあちゃんは、毎朝仏壇に手を合わせている。 うれしい事や悲しいことがあった時も仏壇に話しかけている。 私が近寄って行くと、おばあちゃんは私にも手を合わせるように言うので、どうして手を合わせるのか聞いてみると、おばあちゃんは「この中にはご先祖様がいて、私たちを守ってくれているからね」と教えてくれた。 毎年お正月に家族で、近所の神社に初詣に行く。 私は手を合わせて「テストで100点取れますように」とお願い事をする。 でも私は、おばあちゃんと一緒に仏壇の前にいるときにも「テストで100点取れますように」とお願い事をしている。 お盆とお正月には、お墓お参りもする。 いつもは天国にいるご先祖様をお墓というお家にお迎えするためだと、おばあちゃんは教えてくれた。 だから、お墓もその周りもきれいに掃除をする。 雄一は、お盆でもお正月でもなく、学校の帰りにプリンを持って一人でお墓参りに行っていた。 私は、お墓には一人で行ったことがないし、何となく怖いような気がするので、雄一は偉いなと思う。 竜也が会った神様は、天国にいると書いていた。 仏壇の中のご先祖様と、天国にいる神様は違うのかなと思ったので、おばあちゃんに聞いてみると、人は死ぬとみんな天国に行くのだから、ご先祖様はみんな天国にいると教えてくれた。 そして、この仏壇は、天国へ続く扉だと教えてくれた。 神様とご先祖様は同じなのだと思った。 神様は遠いような気がするけれど、ご先祖様は近くにいてくれているようだし、おじいちゃんは天国にいるから、それを聞いてうれしくなった。 おばあちゃんは、日本にはいろんな神様がいると笑って教えてくれた。 トイレの神様、台所の神様、靴箱の神様。 だから、いつもきれいにしていると守ってくれると教えてくれた。 それを聞いてから、私は学校でお掃除の時間は、テストで100点取れるかはわからないけれど、一生けん命にさぼらないできれいにしている。 おばあちゃんが教えてくれたように、いろんな神様が近くにいるのなら、雄一や竜也が行ったように高いところではなくても会えるのかなと思った。 横断幕を書かなくても、声を出せば聞こえるのかもしれない。 でも、おじいちゃんは耳が聞こえにくかったし、大きな声でお話するように言われていたから、横断幕の方がいいかもしれない。 雄一と竜也は、最後に横断幕を燃やしてしまった。 せっかく作ったのに、もったいないなと思ったけれど、おばあちゃんが毎朝仏壇に手を合わせるときに、ろうそくとお線香をたく。 お墓に行ったときにもお線香をたく。 横断幕を燃やしたのは、それと同じことなのかなと考えると、納得できた。 私もまだ、ご先祖様にも神様にも会ったことがないけれど、雄一と竜也と同じように、いつか会える日まで、お願い事をしながら、一生けん命、掃除をして待っていたいと思う。 Sponsored Link まとめ あらすじ・感想文を見てきましたが、イメージは広がりましたでしょうか。 すこし難しいお話なので最後に大事なポイントの解説を少しだけ。 これを押さえることで、感想文がぐっと書きやすくなりますよ。 ストーリーのポイントは、 それぞれ違った心の悩みを抱える雄一と竜也が、同じ目的(かみさまにあいたい)を共有し冒険していく中で、絆が深まって心の傷も治っていく という成長物語です。 ちなみに、それぞれの心の悩みとはこちらです。 雄一 認知症のおばあちゃんを柔道教室に連れて行くのが恥ずかしかった。 いつも嘘をついて騙し 連れて行かないまま、亡くなってしまったことを後悔している 竜也 多忙な看護師の母親と一緒に過ごせる時間がなかなかない 2人の悩みは違うようで少し似ています。 それは、、、 会えない人がいる という点です。 雄一:亡くなってしまったおばあちゃん 竜也:夜中にこっそりカステラを置いてくれていたかみさま(竜也の母親) 亡くなった人、かみさまはそれぞれ天国にいそうですし、二人の思いが重なります。 この本のタイトルである「かみさまにあいたい」につながるわけですね。 ただ、深いテーマの話なので、ちょっと小学生中学年には難しいような気もします。

次の

【楽天市場】ポプラ社 かみさまにあいたい /ポプラ社/当原珠樹

かみ さま に あいたい

小児科病棟で病と闘っている子供達を日々見ているお母さんにとって、健康な竜也は手がかからず、自分で何でもやってくれる筈。 だから構ってやれない。 「大きくなったら、きっと分かってくれる」 竜也のお母さんはそんな風に考えていたのかもしれません。 けれど竜也の絶望は深く、数々の問題行動に出ています。 それは半分無意識のうちに心から出ているSOSに他なりません。 「有難う」「世話をしてやれる余裕がなくてゴメンね」「愛している」と、ほんの少しでも言葉をかけてやることが出来れば、きっと竜也は自分なりに苦しみを昇華して、母親を温かい目で見てくれるようになるのでは・・・ そう思わずにはいられませんでした。 そんな苦しい心の内を抱える竜也と次第に仲良くなる雄一。 彼自身も大きな後悔を胸に秘めていて、その後悔から抜け出す一歩が踏み出せずにいました。 だから竜也の意外過ぎる計画に惹かれたのでしょうね。 三年生という、自我が確立しつつある年齢ながら、まだまだ子供らしさも残る少年達が、一歩を進むためにもがく姿は、時に理解しがたく、けれども愛すべきものなのだと感じられました。 (hime59153さん 40代・三重県 男の子7歳) 【内容情報】(出版社より) 第65回青少年読書感想文全国コンクール 課題図書 小学校中学年の部 大好きだったおばあちゃんを亡くしてしまった、雄一。 ある日、同級生の竜也より、「神さま」と会ったことがあるという話をきく。 「神さま」って、本当にいるの? もし会えたら、ひみつの願いごとをかなえてくれる? 雄一は、竜也といっしょに、「神さま」との交信を試みるが…。 悲しみと向き合いながら、前に進もうとする少年たちの物語。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 大好きなおばあちゃんにうそをついたまま、永遠の別れをむかえてしまった雄一。 ひょんなことから、同級生の竜也といっしょに、「神さま」との交信を試みることになるが…。 心の傷を抱えた少年たちのひみつの友情と成長の物語。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 当原珠樹(トウハラタマキ) 東京都生まれ。 上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業後、出版社に勤務。 退職後、育児のかたわら創作を学ぶ。 『転校生とまぼろしの蝶』(ポプラ社)でデビュー。 「ごろにゃお」同人、「季節風」同人 酒井以(サカイサネ) イラストレーター。 嵯峨美術短期大学卒業。 『わたしの苦手なあの子』(ポプラ社)で、挿画デビューした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の