さんまの夢かなえたろか 2020。 「さんま玉緒の夢かなえたろかスペシャル」・「からくりTV」ってやらせじゃ...

さんまの夢かなえたろかの特別編・傑作・特番が話題

さんまの夢かなえたろか 2020

佐藤栞里に人生を救われた主婦が18年ぶりの再会。 こんなこと出来ないかなと頭の中で想像することはよくありますが、現実にならないことばかりが大半を占めていますよね。 特に芸能人と共演したいとか、そういう夢はまず自分が芸能界に入ってある程度成功しなければ無理ですよね。 けどこの番組ならば叶えてもらうことも可能ということです。 それ以前に1万通くらいの応募の中から当選しなければならないので難関ではありますが、当たった人たちは本当にラッキーですよね。 自分が当たるなんて思わなかったことでしょう。 私も叶ったらいいなあと思う夢はありますが、でもテレビ関係のことの夢はないですね。 なので私が応募した所でも採用にはならなかったことでしょう。 今年は人気の俳優さんたちも出演して一般の方たちの夢を叶えることに協力してくれるようです。 気になったのは出川さんですね。 出川さんが好き過ぎる女子高生がギリギリすぎるお願いをするということです。 この子は昔抱かれたくない男ランキングで毎年一位になっていた出川さんを知らない世代です。 そんなこと聞いたらびっくりすることでしょうね。 けど本当に出川さんって面白いですし、JKがハマる理由もわかります。 こんな長寿番組なのに存在を知らなかった私は時代遅れでしょうか。 番組のホームページを見ると、今まで行った場所の地図に印が付けられています。 こんなに多くの地域で夢を叶えてきただなんて凄いです。 ただ、私の住んでいる都道府県は印が付いていなかったように思うので、来てくれたら嬉しいですね。 それとも引っ込み思案な人が多い県民性だから誰も応募する人がいないのでしょうか。 テレビの力を借りて実現不可能と思われる夢を叶えてくれるのはいいことですよね。 でも人気番組ですし、応募もかなりの数が届いたことでしょう。 その中から選ばれた人たちは本当にラッキーな運勢の持ち主だと思います。 採用はどんな基準で選んでいるとかはあるのでしょうかね。 テレビで紹介して面白いもの、テレピじゃないと叶えられないようなものを中心に選んでいるのではないでしょうか。 小学生の男の子は、竹内涼真さんのドラマを宣伝したいということですが、同じドラマに出たいではなく番宣したいという夢がちょっと控えめで可愛いなと思いました。 この子はきっといい俳優になってくれることでしょう。 将来テレビで俳優としてみるのが楽しみです。 今回は、ドラマに出演したい学生がいるようです。 ドラマ側も全面協力してくれるので、いい思い出になることでしょう。 若いころから有名人に会えるのはうらやましい限りです。 また、CMに出演したい方も出演します。 誰しもが一度はテレにに移ってみたいと思うのは当たり前のことでしょうから、夢が実現できてよかったと思います。 男子校に広瀬すずさんが行くようです。 若手で有名な女性が男子校に行ったらさぞかし驚くことでしょう。 興奮も隠せません。 私も学生時代は男子校だったので、学園祭で他校の女性が来ただけでもいつもと違った雰囲気でしたが、芸能人が来たら学校もどうなることかわかりません。 50代の漁師がピアノの難曲を演奏します。 しかも50歳を過ぎてからピアノを弾き始めてそうです。 どうしてピアノを弾こうと思ったのか、もしかしたら壮絶な人生だったのかもしれません。 わずかな年月でかなりのレベルになったようなので楽しみです。 毎年いろいろな夢を見てきたので、突飛なこともあるのがこの番組の見どころです。 さんまさんの軽妙なトーク、玉緒さんの天然ボケな発言の癒し、関根勤さんのワイプにうつるときの最高のリアクション! 出演者の皆さんの仲の良さが伝わってきて穏やかな気持ちになる番組です。 そして今回は大好きな出川哲郎さんが出演されると番宣で見ました! 出川さんが以前この番組に出演された時とても面白くてそして感動させてくれたのを覚えています。 出川さんが番組に出るだけで番組が大いに盛り上がりそしてわたしにとっては出川さんは癒しの人なのでこの番組にピッタリな出演者だと思います。 悲しい出来事や物騒なことも起こるこの時代にこういう番組はとても必要だと思います。 だからこそ26年も続いているのだと思っています。 人を夢をもっていると生きる力になると思います。 他人にとってどんな小さな夢でも自分にとってはとても大切な夢ってあるとおもいます。 この番組は夢の大切さを教えてくれます。 毎回見終わったあと「夢をもつことは大事だよね」と家族と話しています。 auの人気CM『三太郎』シリーズに出演したいという夢を叶える企画もあるようですが、CMなんて一回切りの話じゃなくてある程度の期間で全国に向けて何度も流れるものです。 企業のイメージを象徴とするものですから、auさんの心意気を感じますよね。 キャストも凄く豪華なCMですから、羨ましいなんてものじゃないですよ。 他にも竹内涼真くんや広瀬すずちゃんといった、超人気者たちが出演するというのですからまさに私のためにある番組と言っても過言ではありません。 大好きな広瀬すずちゃんが同級生として学校に来てくれるという夢の企画なんて、本当に最高です。 セーラー服なのかブレザーなのか。 広瀬すずちゃんの制服姿にも大注目ですね! これは男子たちは、一生忘れられないひと時になるだろうなー。 もちろん先生や女子生徒たちもですが。 他には52歳からゼロからピアノを始めて7年間かけて超難題曲を演奏する漁師さんの話ですが、ピアノって小さい頃から練習しないと中々上手にならない楽器で有名ですよね。 50代なんてスマホを覚えるのも大変になってくる世代ですよ。 それなのに、新しいことにチャレンジするという気持ちは本当に見習いたいと思うし、つい応援にも力が入ってしまいそうです。 私の親と同じくらいの世代だから余計ですね。 笑いいあり、涙あり、感動ありと、あっという間の2時間になりそうです! まとめ 明石家さんまさんのすごい点は、すべてを笑いに変えることが出来るという点です。 どんなに辛い事でも笑いに変えて周りの人を笑顔にする能力は他の人には出来ないことです。 また、小さな子供やお年寄りまですべての年代の人と絡むことが出来、多くの年代から支持を受けているのがすごいところです。 芸能人をいじっておもしろくするだけでなく、一般の人も同じようにいじっておもしろくしてしまうというのは、他の人には絶対に出来ません。 他の芸人さんでも真似出来る人はいないでしょう。 明石家さんまのファンへの対応というのも大きな魅力です。 普通はあそこまでの有名人で、師匠と呼ばれるような立場の人であればファンサービスがおろそかになりがちですが、新幹線の中からでも手を振ったり、ファンと気軽に写真撮影に応じている姿を見ると本当にファンを大切にしている人だと感じます。 だからこそ、明石家さんまさんは多くの人から好かれるし、親しみやすいと感じるのでしょう。 明石家さんまは電気のような存在だと言えるでしょう。 この人が中心にいることで、周りがパッと明るくなるそんな存在です。 さんまさんの周りは常に明るいというのが最大の魅力です。 元気の出ない日などは、さんまさんの出ているテレビなどを見ると元気になります。

次の

『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか』好評だったVTRをTBS公式YouTubeチャンネルで公開

さんまの夢かなえたろか 2020

さんま・玉緒のお年玉! あんたの夢をかなえたろかスペシャル』(さんま・たまおのおとしだま! あんたのゆめをかなえたろかスペシャル)は、からで毎年に放送されている。 を務めるとの。 通称は『 さんま・玉緒の夢スペ』 『 あんたの夢をかなえたろか』。 概要 [ ] との2名がさまざまなの誰もが持つ「」を叶えるであり、でもある。 が全国各地に番組制作スタッフを派遣し「 1度でいいからかなえてみたいこと」「 実現してみたいこと」を道行く人々に街頭でを実施。 「 の」「 の夢」「 逢いたい」「 の夢」「 の夢」等のカテゴリーにくくられた後、その中から1つ(もしくは2つ)をどんなに規模が大きかったり一見実現が不可能そうなでもかなえるというものである。 通常は事前にVTRに収録されるが、その内容はのような作りとなっている。 夢の内容によっては、出演者の集うスタジオで実現・披露することもある。 の放送のみ、夢を実現する対象をに限定して放送した。 まではでの放送で、からまでは三が日明けの放送になっていたが、は10年ぶりに三が日中の1月3日に放送された。 かつては『』の特別版の扱いとなっており、基本的には休暇の最終日、2010年代に入ってからは新年最初のに放送されることが多い。 当番組の制作スタッフには『からくりTV』のスタッフが数多く携ってきた。 『からくりTV』はをもって終了したが、本番組は以降も継続している。 には当番組初となる()に放送された。 以降は成人の日に放送が続いている。 モデルのはこの番組がきっかけでデビューした。 夢の決定・抽選は、当初はさんまと玉緒がをしを回して止まった夢の内容を決めていたが、からそれがなくなりスタッフが事前に演出などを考慮して決めるようになり、VTRに入る前にで映されたをバックにテロップで発表されている(2つ以上かなえる場合はこのパターンではない場合もある)。 1995年 - の5年間はメイン司会のさんまが全体進行を務めていたが(スタジオトーク・VTR振りを含めてすべてさんま)、からは進行とVTR振りを担当するアナウンサーとしてがさんまのアシスタントを務めている。 公式ホームページは一時閉鎖された時期があったが、再開されている。 この項目「 さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル」は に出されており、内容をより充実させるために次の点に関するが求められています。 加筆の要点 - 年度別の夢の内容 (貼付後は のページに依頼内容を記述してください。 共学経験がしたい男子高校生 第27回 5月31日 出演者 [ ] 司会 [ ]• 進行 [ ]• (TBS、2001年 - )• (TBSアナウンサー、安住アナと玉緒の代役として2020年5月31日に出演)• (TBSアナウンサー、ロケ進行、2020年5月31日) ナレーター [ ]• (1995年 - )• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (2003年)• (2006年)• (TBSアナウンサー、2007年)• (TBSアナウンサー、2008年)• (TBSアナウンサー、2009年)• (2016年)• (2016年)• (TBSアナウンサー、2017年) 主なスタジオゲスト [ ] 毎年エンディングでは、司会のさんまがゲストの夢を聞くことが恒例となっている。 ただし、かつては司会の玉緒とレギュラーゲストの関根も含めてスタジオのすべてのゲストに聞いていたが、2015年のように一部のゲストにしか聞かない、または放送時間の関係上、聞いているが編集でカットされるようになった。 (1995年 - 、司会以外では現在、唯一の第1回からのレギュラー出演者、1998年と2020年5月は除く)• (1995年 - 2001年、司会以外では唯一の女性レギュラー出演者だった、1998年は除く)• (1996年、1997年)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1998年、2002年)• (1998年、1999年)• (1998年)• (1998年)• (1998年)• (1998年)• (1999年、2005年)• (1999年)• (1999年、2000年)• (1999年、2000年)• (2000年)• (2000年)• (2000年)• (2000年)• (2001年)• (2001年)• (2002年)• (2002年)• (2003年)• (2003年)• (2003年、2012年)• (2003年)• (2003年)• (2004年)• (2004年)• (2004年)• (2004年)• (2004年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年)• (2006年)• (2006年)• (2007年)• (2007年)• (2007年)• (2007年)• (2008年)• (2008年)• (2008年)• (2008年)• (2009年)• (2009年)• (2009年、2012年)• (2009年)• (2009年)• (2010年)• (2010年)• (2010年)• (2010年)• (2010年)• (2011年)• (2011年)• (2011年、2016年)• (2011年、2013年)• (2012年)• (2012年)• (2012年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年)• (2014年)• (2014年、2017年)• (2014年)• (2014年)• (2014年、2015年、元レギュラーゲストの内田を除いて2年連続ゲスト出演した最初のゲスト)• (2014年、2017年)• (2014年)• (2014年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2016年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2018年-2020年1月13日)• (2018年)• (2018年)• (2018年)• (2018年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日) VTR出演 [ ]• (1995年)• (1996年)• (1996年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• 瀬川瑛子(1998年)• (2001年)• (2001年)• (2002年)• (2002年)• (2003年)• (2005年)• (2006年)• (2006年)• (2007年)• (2008年)• (2009年)• (2009年)• TAKAHIRO(2011年)• (2012年)• ローラ (2013年)• (2013年)• (2013年、2020年1月13日)• (2014年)• アンソニー・ロブレス(2014年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2016年)• 出川哲朗(2016年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2018年)• (2018年)• (2018年)• (2018年-2020年1月13日、2019年は写真のみ出演)• (2018年)• (2018年、2019年)• (2018年)• (2018年)• (2018年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• (2019年)• あれ慎之助(2019年)• まーくん(2019年)• (2019年)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日)• 飯尾和樹(2020年1月13日)• (2020年1月13日)• (2020年1月13日)• (2020年5月31日)• (2020年5月31日)• (2020年5月31日)• (2020年5月31日)• (2020年5月31日)• (2020年5月31日)• (2020年5月31日) スタッフ [ ] 2020年1月13日放送分• リサーチ:(2019年-)• TM:山下直(2019年-)• TD:荒井隆之(2019年-)• VE:生田史織(2020年)• カメラ:平井洋子(2004-2017,2020年)• 音声:斉藤宏司(2018年-)• 照明:渋谷康治(2020年)• 美術プロデューサー:• 美術デザイナー:寒友哉(2020年)• 装置:坂本進• 装置操作(2018年-):権田博之(2020年)• アクリル装飾:古川明音(2018,2020年)• 植木装飾(2016年-):儀同博子(2007-2009,2017年-)、猿山利昭(2016,2019年-)• 衣装:渥美智恵• 持道具:波多野弘明(2020年)• 編集:高橋雄人(2017,2019年-)• MA:新田領(2020年)• 音響効果:加藤博紀(2019年-)• ロケ車両(2017年-):コム• CG・イラスト(2018年-):Great International(2020年)• 映像提供(2020年):(2020年)• 公開:松元裕二• 宣伝:眞鍋武(2020年、2008年は番宣)、星奈津美(2018,2020年)、井田有香(2020年)• 編成:青木伸介、石原隆史(共に2020年)• TK:飛田亜也 磨由 (2017年-)• デスク(2017年-):石川素子(2017年-)• MP:樋江井彰敏(2020年)• FD(2019年-):川名良和(2019年-、2018年は制作プロデューサー)• 制作進行(2017年-):奥田照美(2017年-、以前はディレクター)• AP:久田誠司(2018年-)、熊木祐一(2017年-)、向恵利香(2019年-)• プロデューサー・総合演出:髙田脩(2020年、2017年-2019年は総合演出のみ)• 製作著作:TBS 過去のスタッフ [ ]• 音楽:門司肇• カメラ:太田英夫、川井由紀夫、高橋康弘、坂口良(2018年)、宮下政人(2019年)• 音声:西村和彦、山田紀夫、坂井健志、倉本紀彦、柳澤任広、川島雅裕、菅原正巳、渡邉学、小澤義春、森和哉、菅沼智博、山田健吾、朝日拓郎• PA:道見雄一(1996年)、鈴木紀浩(2008年)、中澤望(2016年)• 中継技術(2013年)• TD:加藤拓• VE:石川浩之• カメラ:大野明里• 音声:石島順一• 照明:松本修一• デザインアシスタント:国分亮平(2010年)• 装置操作(2018年-):山本晃靖(2018,2019年、2017年は装置)• 電飾:大谷圭一(1996-2003年)、長谷川潤(2004年)、有吉裕二、齋藤貴之、石井誠吾• 植木:味岡千夏(2005,2006年)、橋本由子(2005年)• 植木装飾:永岡朋美、柳美帆、菊地起矢• 幕装飾:宮崎昭雄• 特殊道具:安達敬雄• 特殊効果(2019年):星野達哉(2019年)• 衣裳:吉田邦明、横尾毅、長谷川妙子、東京衣裳• 化粧(2017,2018年):麗直美(2018年)• ヘアメイク:伊駒舞• 【時代劇ブロック】(2017年)• 協力:、• 撮影:田中浩一• 映像:山本直紀• 音声:笹川佳祐• 照明:鋤野雅彦• 美術制作:高橋宏明(2016年はスタジオ美術制作)• 装飾:川原栄一• 衣装:門倉誠、吉川茂雄• かつら:石川亨一• 化粧:中山知美• テーマ音楽:和泉一弥(2006,2007,2009-2012年)• MA:村山巧(1996,1997年)、福澤整(1996年)、青木有希(1998,1999年)、的池将(2000,2001,2004年)、渡辺佳巳(2002-2004年)、市川徹(2005年-2019年)、斉藤直人(2009年)、渡邊剛盛(2016年)• CG:長沼孝仁(1996年)、鶴田隆司(1997,1998年)、松野忠雄(1997年)、高橋和紀(1998年)、大宮司徳盛• CG・イラスト(2018年-):TheKingMaker(2018,2019年、2017年はCG)• ロケメイク(2017年-):ViViD(2017,2018年)、TAKAKO(2019年)• 協力:、、ライカマクロシステムズ、ザシティベーカリー品川、金良のあん、伊賀流忍者集団・黒党、伊賀上野観光協会(2015年)、Duo CC、ビオスの丘、株式会社 メディンス、総合川崎臨港病院 渡邉嘉行監修、、株式会社 T・K企画(2016年)• 写真提供 2019年 :ピクスタ(2019年)• 編成:藤原麻知(1999年はAD)、時松隆吉(2009,2010年は演出)、岸田大輔(2016年-2019年、以前はディレクター)、上田淳也(2018,2019年)• 番宣:広瀬隆一(1997年)、川田真穂子(1998年)、角田昌代(1999年)、角口昌代(2000-2002年)、清水雅哉(2003,2004,2007年)• 宣伝:小林恵美子(2017年-2019年、2009-2016年は番宣)、益田千愛(2019年)• デスク:内山香織、中山かおり• 制作進行(2017年-):佐藤康昭(2018年)• TK:飯塚愛美、滝本優子、岸田純子、岩橋千枝、森澤智枝子、南田めぐみ、本田浩子• 制作プロデューサー:富田好美(2014,2016年、2015年は冨田佳見名義)• 演出:(1998年)、鴨下潔(2000年、1999,2001年はディレクター)• 総合演出:塚田俊男、、河本恭平• チーフプロデューサー:、• スポーツニッポン公式ホームページ• オリコンスタイル公式ホームページ• 第1回放送では、インタビュアーに対して「 夢なんてそんな簡単に叶えられるもんじゃねえよ! 」と吐き捨てた人もいた。 演奏曲は• 同級生役で広瀬すず• 外部リンク [ ]• - 公式サイト• tbs. yumesp -.

次の

『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろか』好評だったVTRをTBS公式YouTubeチャンネルで公開

さんまの夢かなえたろか 2020

佐藤栞里に人生を救われた主婦が18年ぶりの再会。 こんなこと出来ないかなと頭の中で想像することはよくありますが、現実にならないことばかりが大半を占めていますよね。 特に芸能人と共演したいとか、そういう夢はまず自分が芸能界に入ってある程度成功しなければ無理ですよね。 けどこの番組ならば叶えてもらうことも可能ということです。 それ以前に1万通くらいの応募の中から当選しなければならないので難関ではありますが、当たった人たちは本当にラッキーですよね。 自分が当たるなんて思わなかったことでしょう。 私も叶ったらいいなあと思う夢はありますが、でもテレビ関係のことの夢はないですね。 なので私が応募した所でも採用にはならなかったことでしょう。 今年は人気の俳優さんたちも出演して一般の方たちの夢を叶えることに協力してくれるようです。 気になったのは出川さんですね。 出川さんが好き過ぎる女子高生がギリギリすぎるお願いをするということです。 この子は昔抱かれたくない男ランキングで毎年一位になっていた出川さんを知らない世代です。 そんなこと聞いたらびっくりすることでしょうね。 けど本当に出川さんって面白いですし、JKがハマる理由もわかります。 こんな長寿番組なのに存在を知らなかった私は時代遅れでしょうか。 番組のホームページを見ると、今まで行った場所の地図に印が付けられています。 こんなに多くの地域で夢を叶えてきただなんて凄いです。 ただ、私の住んでいる都道府県は印が付いていなかったように思うので、来てくれたら嬉しいですね。 それとも引っ込み思案な人が多い県民性だから誰も応募する人がいないのでしょうか。 テレビの力を借りて実現不可能と思われる夢を叶えてくれるのはいいことですよね。 でも人気番組ですし、応募もかなりの数が届いたことでしょう。 その中から選ばれた人たちは本当にラッキーな運勢の持ち主だと思います。 採用はどんな基準で選んでいるとかはあるのでしょうかね。 テレビで紹介して面白いもの、テレピじゃないと叶えられないようなものを中心に選んでいるのではないでしょうか。 小学生の男の子は、竹内涼真さんのドラマを宣伝したいということですが、同じドラマに出たいではなく番宣したいという夢がちょっと控えめで可愛いなと思いました。 この子はきっといい俳優になってくれることでしょう。 将来テレビで俳優としてみるのが楽しみです。 今回は、ドラマに出演したい学生がいるようです。 ドラマ側も全面協力してくれるので、いい思い出になることでしょう。 若いころから有名人に会えるのはうらやましい限りです。 また、CMに出演したい方も出演します。 誰しもが一度はテレにに移ってみたいと思うのは当たり前のことでしょうから、夢が実現できてよかったと思います。 男子校に広瀬すずさんが行くようです。 若手で有名な女性が男子校に行ったらさぞかし驚くことでしょう。 興奮も隠せません。 私も学生時代は男子校だったので、学園祭で他校の女性が来ただけでもいつもと違った雰囲気でしたが、芸能人が来たら学校もどうなることかわかりません。 50代の漁師がピアノの難曲を演奏します。 しかも50歳を過ぎてからピアノを弾き始めてそうです。 どうしてピアノを弾こうと思ったのか、もしかしたら壮絶な人生だったのかもしれません。 わずかな年月でかなりのレベルになったようなので楽しみです。 毎年いろいろな夢を見てきたので、突飛なこともあるのがこの番組の見どころです。 さんまさんの軽妙なトーク、玉緒さんの天然ボケな発言の癒し、関根勤さんのワイプにうつるときの最高のリアクション! 出演者の皆さんの仲の良さが伝わってきて穏やかな気持ちになる番組です。 そして今回は大好きな出川哲郎さんが出演されると番宣で見ました! 出川さんが以前この番組に出演された時とても面白くてそして感動させてくれたのを覚えています。 出川さんが番組に出るだけで番組が大いに盛り上がりそしてわたしにとっては出川さんは癒しの人なのでこの番組にピッタリな出演者だと思います。 悲しい出来事や物騒なことも起こるこの時代にこういう番組はとても必要だと思います。 だからこそ26年も続いているのだと思っています。 人を夢をもっていると生きる力になると思います。 他人にとってどんな小さな夢でも自分にとってはとても大切な夢ってあるとおもいます。 この番組は夢の大切さを教えてくれます。 毎回見終わったあと「夢をもつことは大事だよね」と家族と話しています。 auの人気CM『三太郎』シリーズに出演したいという夢を叶える企画もあるようですが、CMなんて一回切りの話じゃなくてある程度の期間で全国に向けて何度も流れるものです。 企業のイメージを象徴とするものですから、auさんの心意気を感じますよね。 キャストも凄く豪華なCMですから、羨ましいなんてものじゃないですよ。 他にも竹内涼真くんや広瀬すずちゃんといった、超人気者たちが出演するというのですからまさに私のためにある番組と言っても過言ではありません。 大好きな広瀬すずちゃんが同級生として学校に来てくれるという夢の企画なんて、本当に最高です。 セーラー服なのかブレザーなのか。 広瀬すずちゃんの制服姿にも大注目ですね! これは男子たちは、一生忘れられないひと時になるだろうなー。 もちろん先生や女子生徒たちもですが。 他には52歳からゼロからピアノを始めて7年間かけて超難題曲を演奏する漁師さんの話ですが、ピアノって小さい頃から練習しないと中々上手にならない楽器で有名ですよね。 50代なんてスマホを覚えるのも大変になってくる世代ですよ。 それなのに、新しいことにチャレンジするという気持ちは本当に見習いたいと思うし、つい応援にも力が入ってしまいそうです。 私の親と同じくらいの世代だから余計ですね。 笑いいあり、涙あり、感動ありと、あっという間の2時間になりそうです! まとめ 明石家さんまさんのすごい点は、すべてを笑いに変えることが出来るという点です。 どんなに辛い事でも笑いに変えて周りの人を笑顔にする能力は他の人には出来ないことです。 また、小さな子供やお年寄りまですべての年代の人と絡むことが出来、多くの年代から支持を受けているのがすごいところです。 芸能人をいじっておもしろくするだけでなく、一般の人も同じようにいじっておもしろくしてしまうというのは、他の人には絶対に出来ません。 他の芸人さんでも真似出来る人はいないでしょう。 明石家さんまのファンへの対応というのも大きな魅力です。 普通はあそこまでの有名人で、師匠と呼ばれるような立場の人であればファンサービスがおろそかになりがちですが、新幹線の中からでも手を振ったり、ファンと気軽に写真撮影に応じている姿を見ると本当にファンを大切にしている人だと感じます。 だからこそ、明石家さんまさんは多くの人から好かれるし、親しみやすいと感じるのでしょう。 明石家さんまは電気のような存在だと言えるでしょう。 この人が中心にいることで、周りがパッと明るくなるそんな存在です。 さんまさんの周りは常に明るいというのが最大の魅力です。 元気の出ない日などは、さんまさんの出ているテレビなどを見ると元気になります。

次の