アクション プラン フォーマット。 アクションプランの例文・書き方・立て方|個人/内容別/職種別

見やすい議事録フォーマット|エクセルワードのテンプレート(ダウンロード可)を事例で紹介

アクション プラン フォーマット

今回はアクションプランの作成について説明していきます。 この文章を読むことで、「アクションプランの概要」「アクションプランの具体的な作成方法」について理解することができます。 アクションプランとは 事業計画書をいくら綿密に作成しても、それが実行されなければ意味がありません。 そこで、実際に「誰が」「いつ」「どのように」実行するのかを具体的なプランにする必要があります。 これを「 アクションプラン」といいます。 さらにアクションプランは、単に実行するだけではなく、それをチェックして改善までつなげることが求められます。 これを「 PDCAサイクル」といいます。 「PDCAサイクル」 1. 計画を立てる( PLan) 2. 実行する( Do) 3. 評価・検証する( Cheak) 4. 改善する( Action) アクションプランはこのPDCAサイクルがしっかりと回るように作成されます。 アクションプランの作成 それではアクションプランを作成していきましょう。 と言っても、いきなり一つ一つの作業のアクションプランを作ろうとすると、漏れやダブりが出てしまうかもしれません。 漏れなく、ダブりなく作成するためには、 最初に大きな分類を作り、ブレイクダウンして徐々に一つ一つのアクションプランにしていきます。 大分類は企業や業種によっても変わりますので、自社に合った大分類にします。 例えば飲食業であれば、「仕入、調理、接客、広報、店舗管理、在庫管理、顧客管理、財務」が考えられます。 営業会社であれば「仕入、物流、販売在庫管理、人事管理、財務」になるかもしれませんし、製造業であれば「製品開発、製造管理、物流管理、材料管理、広報、人事管理、財務」になるかもしれません。 漏れやダブりがないように、大きな分類にすることがポイントです。 次に、その大分類を基にして中分類に分けていき、最終的に各アクションにブレイクダウンしていきます。 例えば、上記例の飲食店の「仕入」を、中分類で「発注」「受け入れ」「保管」としていきます。 そして、中分類の「発注」を具体的な作業に分けていきます。 「見積もり依頼」「相見積もり調査」「発注量決定」「FAXにて発注」などです。 ここまでが完成したら、その具体的な作業を「いつ」「誰が」「どのように」行うのか、というアクションプランを立てていくことになります。 これにより漏れがなく、ダブりのない具体的なアクションプランが作成できます。 アクションプランが作成できると、皆が迷いなく実行することができますし、実行の進み具合もチェックが行いやすいです。 そして、このアクションプラン通りに実行できているかどうかをチェックするのが「 評価、検証(Cheak)」です。 このチェックによって、アクションプランが良かったか悪かったかが評価出来ます。 さらに、実行の評価を・検証をするだけでは終わりません。 評価・検証をしたことを、次の対策(次のアクションプラン)を立てる時に役立てます。 これが、「 改善(Action)」になります。 <事例> Zさんは経営企画室の室長です。 会社の各部門との協力のもと、新規事業として通信販売事業を始めるための事業計画書を作成していきました。 そして、事業計画書は完成したのですが、「全体像としては理解できるが、具体的に誰が何をするのか」という各部門の人たちの行動が分かりにくいものになってしまいました。 そこで、Zさんはアクションプランを作成し、皆がスムーズに実行できるようにしました。 通販事業は仕入を行い、インターネットと電話で注文を受け、自社の物流倉庫から配送するというものです。 よって、大分類を「仕入、受注管理、在庫管理、物流、広報、人事、財務」と分けました。 それを中分類に分け、さらに各作業にまでブレイクダウンしていき、各部門の各従業員の担当までしっかりと決めていったのです。 例えば、大分類の受注管理では、中分類で「インターネットで受注受付」「電話での受注受付」「受注の集計」「物流部門への発送依頼」などに分けました。 そして、その中分類をさらに各作業に分け、「いつ」「誰が」「何をするのか」を具体的に決めていったのです。 これにより、新規事業でありながらすべての作業の責任者や担当者が明確になり、スムーズに事業を進めることができました。 <解説> 事業計画書を作成して実行する際には、新規事業であったり新しい取り組みであったりと、今までの作業とは別のことをする機会が多々あります。 そのときに、「具体的に何をするのか」を明確にしておかないと、事業計画書が実行されません。 なので、アクションプランによって「 皆が具体的な実行を移せるようにすること」、「 実行できているかどうかのチェック」が必要なのです。 まとめ ・事業計画書において、「誰が」「いつ」「どのように」実行するのかを具体的に表したものを「アクションプラン」という。 ・アクションプランは実行するだけではなく、それをチェックし、改善までつなげることが求めらる。 これを「PDCAサイクル」という。 ・いきなり一つ一つの作業のアクションプランを作ろうとすると、漏れやダブりが出てしまう。

次の

アクションプランの例文・書き方・立て方|個人/内容別/職種別

アクション プラン フォーマット

アクションプランとは アクションプランとは、企業戦略を推進し、成果を出すために必要な実行計画のことです。 戦略を具現化し、行動に移すためには、詳細な実行項目を設け、手順を定めていく必要があります。 例えば、「顧客情報の管理と活用の仕組みづくり」という「戦略」を具体的に進めていくには、「いつまでに」「どのようにして」顧客管理のフォーマットを決め、「誰が」それを作成し、「いつ、どのような場で」営業社員に説明し、「いつ」から実行するのかを決めなければなりません。 これらの実行項目と内容、推進手順をスケジュール化するのが「アクションプラン」です。 アクションプランはPDCAで実行 アクションプランは、戦略を推進し成果を出すための仕組みです。 成果に結びけるためには、ただ決めたことを実行するだけでは十分ではありません。 さらに、このPDCAを回すのは、現場のリーダーでなければなりません。 リーダーがきっちり回すことによって、リーダー自身が学習し、成長していきます。 Plan(計画)• Do(実践)• Check(効果検証)• Action(改善・見直し) アクションプランを運用する前準備 アクションプランを実行する前に、以下の3つのステップで準備をします。 1:経営計画の作成• 2:経営計画実現のための戦略立案• 3:経営計画発表会 アクションプラン運用前にぜひ取り組んでいただきたいのが、3つ目の「経営計画発表会」です。 経営計画発表会の目的は2つあります。 全社員に会社の考え方を理解・共感してもらう• 社長とリーダーが決意を表すため アクションプランは、経営計画を実現するための取り組みです。 目指すべきゴールを共有するために、全社員に会社の経営計画を知ってもらう必要があります。 限られた時間の中では経営計画の全てを伝えられないので、経営計画にそって成長発展することで、何を目指すのかをきちんと伝えるようにしましょう。 また、社員の前で、社長とリーダーが経営計画の実行する決意を表明するのも発表会を開催する目的です。 リーダーに戦略の発表を任せ、実行管理責任者が自分たちであることを自覚させます。 発表会後に、社員が「早く取り組みたい!」とワクワクする内容が理想です。 成果につながる経営計画の考え方は、こちらの記事をご覧ください。 アクションプランのPDCAサイクル アクションプランのPDCAサイクルは、次の通りです。 PLAN(計画):成果までのストーリーづくり• DO(実践):ストーリー通りに動かす難しさを知る• CHECK(効果検証):定期的なチェックの重要性を学ぶ• ACTION(改善・見直し):アクションプラン改善で仕事の質の向上方法を学ぶ PLAN(計画):成果までのストーリーづくり まずは、戦略を実行・実現するために、何をアクションプランとして行うのかを決めます。 さらに、そのアクションプランを通じてどのような成果を目指すのか、数値で計測できるゴールを決めましょう。 「金額」「比率」「時間」「件数」「個数」「人数」などを工夫して指標設定します。 次に、アクションプランをどういう手順で行っていくのかを具体的に決めます。 ステップごとに箇条書きで明記しましょう。 さらに、担当者・推進責任者を一人置きます。 その後、推進手順を具体的なスケジュールに落とし込み、アクションプラン説明会などで全社員との共有をはかりましょう。 DO(実践):ストーリー通りに動かす難しさを知る 担当者がスケジュール通りにアクションプランを実行していきます。 社員の協力がなければ進めることが難しいアクションプランも少なくありません。 担当者は事前に入念なシミュレーションを行い、取り組んでいきましょう。 こうしたことを担当者である部門のリーダーが経験することによって、戦略を実行・推進できるリーダーとして成長していきます。 CHECK(効果検証):定期的なチェックの重要性を学ぶ アクションプランの推進において、非常に重要な位置づけにあるのがこの「CHECK」です。 その理由は、チェックを行う「アクションプラン会議」を通じて、PDCAを回すうえで最も重要な「CとAの準備」を行うからです。 アクションプラン会議では、推進責任者が取り組み状況の報告を行います。 成果や課題を明らかにし、討議を行いましょう。 全てのアクションプランについて、成果と課題を共有できるように、事前にレポートをあげておくことが重要です。 司会者はあらかじめ会議の前にレポートを確認しておきましょう。 ACTION(改善・見直し):アクションプラン改善で仕事の質の向上の方法を学ぶ 「アクションプラン会議」での報告に対するアドバイスや意見をもとに、リーダーは新たな決定事項、実行内容の軌道修正、改善事項などを実行します。 さらにCとAを繰り返し行うことで、リーダーの「アクションプラン」の推進能力は必然的に向上し、徐々に成果へと繋がっていきます。 リーダーは、苦労しながらアクションプランを推進し、成果を得ることを自ら体験することで、アクションプランの重要度と面白みを実感していくでしょう。 この段階まで来て初めて、リーダーは自ら「戦略」やアクションプランを提案、推進しながら部門をマネジメントできる真の部門のリーダーになっていきます。 アクションプランでリーダーを成長させる 企業戦略を推進するためのアクションプランが、実はリーダーを成長させるための手段にもなりうることがお分かりになったでしょうか。 より成果につなげ、リーダーを成長させるためには、改善・見直しの段階で必ずプラスアルファを加えてみることがポイントです。 仕事の質をアップさせるには、一気に進化、革新までできなくても、アクションプラン担当者が「変えてみる」「やめてみる」という視点で、何か一つでも違いを作り、同じことの繰り返しにしないことが重要です。 効果検証の前後で、変化があるかどうかを常にチェックしましょう。 おわりに アクションプランは、会社の成長戦略を具体的に実践し、さらにリーダーを爆発的に成長させるためのツールです。 ぜひきめ細かな計画を作成し、PDCAを回してください。 何より会議を重ねることが、会社を成長させるアイディアを生み出す源泉になります。 また、社員同士のコミュニケーションを活性化させるためにも、定期的に集まる場は大切です。 数年後には、たくましく成長したリーダーが、より洗練されたアクションプランを実践している姿が見られることでしょう。 そして、会社自体もより一層成長していることは、いうまでもありません。

次の

目標設定の5つのポイント「SMART」とは?

アクション プラン フォーマット

アクションプランを作成する アクションプランとは? 企画をどのように実践していくのか?そのアクションプランを設計して可視化したものがアクションプランシートです。 スケジュールもそうですが、マーケティングの醍醐味の一つがこのアクションプランです。 顧客の心理段階からどのようなアクションを起こせばよいのか?どんなツールが必要なのか?を可視化、共有できるように設計するのがアクションプランシートですね。 アクションプランの書き方 アクションプランの書き方にはいくつも種類がありますが、ここではカスタマージャーニーマップという手法をベースにした上図のテンプレートを掲載させていただきます。 これはターゲットの心理段階に応じた心の中の声や行動を書き出し、それに対応してどのようなコンテンツ(価値)をどのような方法で届けるのか、そして次のステップにどのように進めていくのかについて可視化したマップです。 ターゲットがどのようなポイントで離脱していくのか、次のステップに進めるのかを具体的に想像し、綿密で明確なアクションプランを作成していきます。 このマップが作成できたら、出てきたアクションプランをスケジュールに落とし込んでいきます。 スケジュールに落とし込む アクションプランに日付を入れてスケジュールを作成していきます。 スケジュールが作成できたら、各業務毎の日付や担当者を整理したガントチャートに落とし込んでいきます。 (上図参考) ガントチャートテンプレート 本記事でご紹介させていただきました「アクションプラン」を作成する際のたたき台として、エクセルデータのアクションプランのテンプレートを配信させていただきます。 上記のデータをダウンロードしていただくことができます。 本データではひとまず半年間の時間軸で作成しております。 用途に応じて編集・ご活用ください。 テンプレート: ポイント 企画書は初めから完璧なものが書けることはありません。 実践を重ねることでブラッシュアップさせ、このアクションプランがものづくりの設計書になるくらい確率を上げていくことが重要になります。 もちろん途中で目標値をクリアできないこともあります。 そのリカバリープランもしっかり計画に落とし込んで設計ていると実践しているときに生かされる企画書となります。 おわりに 以上、 アクションプランの書き方とテンプレート配信についてでした。 実際にプロジェクトを企画・運営されている皆さまの参考になっていれば幸いです。 本日もここまでお読みいただきありがとうございました。 備考:今回ピックアップさせていただいたカスタマージャーニーマップを活用したアクションプランシートについては、著書「」を参考にさせていただいております。

次の