福原 愛 家族 写真。 福原愛の2人の子供が可愛い!性別や名前(漢字)は?国籍はどっち?

福原愛さん&江宏傑の「素敵な家族写真」に…ファンも「幸せ分けて」「似てる」

福原 愛 家族 写真

家族写真(百度新聞) 元卓球日本代表で、2016年に台湾人プロ卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ)と結婚した福原愛。 2人の子どもにも恵まれたおしどり夫婦のイチャイチャぶりは、結婚から4年たった現在でも色あせていないようだ。 中国メディア「搜狐新聞」(6月6日付)によると、江は台湾の人気バラエティ番組に単独で出演。 2人の交際秘話や家庭での様子などを語った。 2人とも、スペインでの卓球の試合が終わり、海辺を一緒に散歩することになったんです。 まだこの時、僕たちの関係は深いものではなくて……。 なので、わざと体と体が少し当たるくらいの距離感で歩いて、愛ちゃんが嫌がるそぶりを見せなかったので、手を握ったんです」 と、まるでドラマのワンシーンのような2人の関係の始まりについて語った。 さらに、初めて2人で迎えたバレンタインデーの際には台湾・高雄へ旅行した思い出を語るなど、結婚へ向け、愛をどのように育んでいったのかが熱く語られた。 おしどり夫婦として知られる2人だが、司会者が夫婦ゲンカについて尋ねると、「僕たちもケンカすることはあるんですよ。 でも激しいケンカではなく、少し言い合うくらいで、すぐに仲直りしますよ。 いつも僕が先に折れてあげるんです。 そして愛ちゃんの手を握って、抱きしめるんです」と、この夫婦ならではの、ほほ笑ましい答えが返ってきた。 結婚4年目となる今でも、福原への変わらぬ一途な愛を公言する江。 日本ではアンジャッシュ・渡部建の複数不倫が世間を騒がせているが、この夫婦にそんな話は無縁のようだ。

次の

福原愛が台湾で写真集発売し大ヒット。性格の二面性や夫婦愛を赤裸々告白。日本でも出版し話題確実? 画像あり

福原 愛 家族 写真

父・武彦さんは、1990年から仙台で不動産会社を営み、愛ちゃんや家族を養いました。 武彦さんは、愛ちゃんの練習環境を整えるために、仙台・大阪・青森などに拠点を移し、専用卓球場も所有。 卓球王国である中国出身のコーチも招くなど、自営業とはいえ資金の捻出は容易ではなかったでしょう。 事業が上手くいかなかった事もあり、武彦さんの負債は1億4千万円まで膨れ上がりました。 やがて国民的アイドルに成長した愛ちゃんが、CMやバラエティ番組に出演し稼いでも、会社の経営は好転しません。 結局は倒産の憂き目に…。 債権者から愛ちゃんと家族を守るため、武彦さんはお母さんと離婚した上で、自己破産したのでした。 お父さんは、幼い頃から愛ちゃんのマネジメントを手掛けていましたが、卓球経験がないため、時にちぐはぐな結果が出ることも。 2008年の北京五輪でメダルを逃した頃から、父娘の関係は悪化し、2008年の年末を最後に、2人が会う事はなくなりました。 武彦さんは晩年、秋田県湯沢市の温泉関連会社で役員を務め、平穏な日々を送りましたが、やがて病魔が襲います。 2013年10月、父・武彦さんは肝臓がんのため、秋田県の病院で亡くなりました。 享年71歳。 娘に見送られることはありませんでした。 愛ちゃんは、父の訃報に接し、 父がいなければ、私は生まれてくることもなかったですし、今の成長した私があるのも、多くの方々が応援してくださる環境があることも、父の影響によるものが少なくありませんでした。 そういったことについては、父に感謝しております。 と、コメントしています。 年齢は、今年(2016年)で65歳になります。 母・千代さんは卓球経験者であり、3歳で卓球を始めた愛ちゃんに、卓球のイロハを教えた先生でもありました。 1日4~5時間と言われる猛特訓は、小学6年の全日本選手権を最後に、指導を離れるまで続きます。 《愛ちゃんと母の物語》 愛ちゃんと言えば「泣きむし愛ちゃん」。 これは、中国は卓球が強いことと、愛ちゃんが中国語が堪能であることなどが根拠となっているようです。 愛ちゃんは、大きな大会が始まると緊張・疲れから食が進まなくなり痩せてしまうため、大会前は多少体重を増やして臨むことが多いのだそうです。 千代さんは愛ちゃんに算数を教えるとき、「答え」を先に明かしたそうです。 実際に考えさせたのは「過程」であり、どう答えを導くのかを大切にしてきました。 長年、愛ちゃんに課せられていた問いの答えは「五輪のメダル」。 その道のりを考えながら、母娘で歩んできた20年。 2012年のロンドン五輪でようやく「答え」にたどり着いたのでした。 年齢は、10歳年上なので、37歳(2016年)になります。 愛ちゃんが卓球を始めたのは、兄・秀行さんがきっかけとなりました。 実は、卓球の「英才教育」を最初に受けたのは、秀行さん。 愛ちゃんはいつも、本を読みながら練習が終わるのを待っていましたが、お母さんもお兄さんにかかりきりに…。 寂しい思いをした愛ちゃんは、お母さんにこう頼んだのでした。 私も卓球がやりたい! 秀行さんは、お父さんと愛ちゃんが離れた2008年から、「千秀企画」という事務所を立ち上げ、マネジメントを担当してきました。 ちなみに愛ちゃんは、2016年より家族から独り立ちし、電通の系列会社にマネジメントを委託しています。 みんなに愛されるような子に… という願いを込め、父・武彦さんが命名しました。 ガガミラノの マヌアーレ48㎜ですね。

次の

福原愛の夫・江宏傑、成長感じる長男&長女の写真を公開 つぶらな瞳が「愛ちゃんにそっくり!」(ねとらぼ)

福原 愛 家族 写真

元卓球選手の福原愛さん夫婦の家族写真に、一部のネットユーザーから思わぬ批判の声が上がった。 元選手のさん夫婦の家族写真に、一部のネットユーザーから思わぬ批判の声が上がった。 きっかけは夫の(ジャン・ホンジエ)さんが13日にフェイスブックや中国版ツイッター・微博()で投稿した家族写真。 長女のあいらちゃんの2歳の誕生日を祝った際に撮影されたものだが、その中の1枚で福原さんらがソファーに座っている一方で、福原さんの母親が床に直接座っていたことを一部のユーザーが問題視した。 フェイスブックでは「なぜ外婆(母方の祖母。 福原さんの母)をしゃがませてるの? ひどすぎる。 撮影した人は注意しなかったの? こんな扱いしてはだめ」、微博でも「愛ちゃんのママをソファに座らせてあげるべき」「どうしておばあちゃんを座らせないの?」といった声が寄せられ、他のユーザーからも共感を集めた。 ただ、これには理由があったようで、江さんは「愛ちゃんのママは体調が良くなくて元々床に座っていたのでそこで撮りました」と説明。 福原さんも「母は腰が悪くて、柔らかいソファに座れないんです」とフォローした。 納得したネットユーザーらからは、福原さんの母親の健康を願うコメントが寄せられている。

次の