余ったビール。 新型コロナで余ったビールが消毒用の高濃度エタノールに“変身” キリンとアサヒが協力

余ったビールをアルコール消毒液に! 酒造メーカー3社が協力し無償提供

余ったビール

ホームパーティーの後、缶に少しだけ残ったビールって処理に困りませんか? 集めると結構な量になるので、ただ捨ててしまうのももったいない気がする・・・ そんな時は、ビールは捨てずに 鶏胸肉の漬け汁として使いましょう!パサつきやすい鶏胸肉が、ホロホロ・ジューシーなお肉に大変身します。 調理方法がよく分かるレシピの紹介をする前に、どうして鶏胸肉をビールに漬けると柔らかくなるのか、ご説明します。 「炭酸」と「アルコール」が柔らかくするポイント! さっそく、クックパッド食みらい研究所 特任研究員・石川伸一先生に聞いてみました。 炭酸は、pHが低く酸性で、ビールのpHはだいたい4〜5くらいでしょう。 そのpHによって、肉のタンパク質の保水性が変わります。 そして、水よりもビールのpHの方が保水性が高いので、お肉がジューシーになるのです。 また、アルコールは肉の組織を壊すので、それでさらに柔らかくなるのだと思います。 ただ、気が抜けても極端にpHが変わるわけではないので、結果として肉を柔らかくする作用はほとんど変わらないと思います。 しかし、生肉の長期保存は衛生上問題がありますので、1週間以上の保存はオススメできません。 ある程度漬ける効果を期待し、食の安全も脅かされないのは一晩ぐらい。 もちろん、冷蔵庫保存が必須です。 下準備ができたら、ビニール袋でビールと漬け込みます。 1時間以上漬け込んでから、調理をすれば完成です。 つくれぽに寄せられた、感動と感謝の声 レシピのを見てみると、「とっても柔らかくなりました!」「ビールを飲まないので使い道に困っていました。 夏の代名詞「ビール」を、ここまで有効活用できることにビックリしましたか? 「炭酸水に漬けるとお肉が柔らかくなる」という話を聞いたことがありますが、炭酸に【アルコール】をプラスすることで、さらに柔らかくなるんですね。 ビールの消費に困っている方は、ぜひ試してみてください。 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、クックパッド食みらい研究所 特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。

次の

余ったビールをアルコール消毒液に! 酒造メーカー3社が協力し無償提供

余ったビール

皆さんは、缶や瓶のビールが余っちゃった…もう飲めない…なんて経験はありませんか? 筆者の旦那様は毎日缶ビールを2本飲むのですが、たま~に1本半で止めてしまい、残っていることがあります。 筆者はそんなにビールが好きではないので、この余ったビールを飲むことが出来ず、捨ててしまうことも多々ありました。 でも、やっぱり捨てるのは勿体無い!というわけで、今回は残ってしまったビールの活用法をご紹介致します。 意外と美味しい!ビール・カクテル 日本ではビールは基本的にそのままで飲むものですが、ビールの本場、ドイツではそんなことありません。 実は、ドイツやアメリカではビールとコーラを混ぜたビールのカクテル、その名も「ディーゼル」が大人気なのです。 作り方は簡単、ビールとコーラを同じ量ずつ混ぜれば出来上がりです。 コーラとビールの割合は1対1が基本ですが、お好みでビールを多めにしたりコーラを多めにしたりしてOK。 もちろん、本来は気の抜けていない新しいビールで作るものですが、コーラに炭酸が入っていますのでちょっと気が抜けちゃったビールでもかなり美味しいのですよ。 ビールは苦手な私ですが、これだと飲めてしまうのですよね。 ちなみに私はコーラを多めに入れていますが、これだとビールというよりは甘すぎない大人っぽいコーラという雰囲気。 混ぜたものにレモンやミントの葉を添えるとよりカクテルらしくなりますよ。 意外な調味料、ビールでお料理! 気の抜けたビールは、お料理にも利用することが出来ます。 例えば固いお肉などを煮込むとき、下ごしらえでビールに漬け込んでおくと柔らかいお肉に大変身しちゃいます。 人によっては「牛肉のビール煮」「鶏肉のビール煮」など、浸け込まずにビールで煮ちゃう人も居るようです。 ビールで煮る場合は少し量が必要なのですが、漬け込む場合はジップロックにお肉とビールを入れて空気を抜いて閉めると少量でも漬け込むことが可能です。 また、ビールはぬか漬けに入れるのも効果的ですよ。 ぬか床に入れるお水の代わりにビールを入れるだけなので、とっても簡単。 元々発酵食品同士で相性は抜群ですし、麦芽の苦味がぬか漬けの旨味を引き出してくれます。 ただし、ぬか漬けに入れる場合は入れ過ぎに注意してください。 アルコール臭くなっちゃいます。 ビールでお掃除!しつこい汚れもピッカピカ! 「ビールが料理に使えるのは分かったけど、飲み残しを料理に使うのは抵抗が…」という方も居るかもしれません。 そんな方にはお掃除に使うのがオススメ。 ビールのアルコールとビタミンEはキッチンの油汚れや皮脂汚れを落とすのに最適なのです。 もちろん気の抜けたビールでも大丈夫ですよ。 お掃除の仕方としては、雑巾もしくはキッチンペーパーにビールを含ませて汚れている場所を拭き取ってください。 汚れがしつこくて中々落ちない場合は、ビールを多めに含ませたキッチンペーパーで湿布して汚れを浮き上がらせると良いでしょう。 ただし、ビールにはアルコールの他に糖分も含まれていますので、ビールで拭くだけだと若干ベタつきが気になるかもしれません。 その場合は水拭きで仕上げをしてくださいね。 ビールを使えば、観葉植物も元気に! 飲み残しビールの使い道はまだまだあります。 ビールの発酵した糖分は、植物の肥料としても役に立つのです。 これこそ、本当に飲み残しの気の抜けたビールがぴったりですね。 鉢植えや花壇、畑などにそのまま撒いてしまって大丈夫です。 発酵した糖分が栄養になるだけでなく、アルコールが雑菌や害虫の退治もしてくれるので、一石二鳥の肥料になるのです。 また、観葉植物をお持ちの方は、飲み残しのビールをキッチンペーパーに含ませて薄く葉っぱに塗ると、緑色が鮮やかになります。 やっぱり人間が元気になれるものは植物にも良いということなのでしょうか。 花瓶の水にウォッカを入れると花が長持ちするという話もありますし、アルコールは植物にも良い物なのですね。 お風呂にビール!…飲むのではなく? ワイン風呂や日本酒風呂など、アルコールを加えたお風呂というのは今までも取り上げられたことがありますが、なんとビール風呂も体に良いということが分かってきました。 38度くらいの温めのお湯に1~3リットルのビールを入れ、20分くらいであがりましょう。 あと、残念ながらお酒が飲めないという方は、酔っ払ってしまう可能性がありますので控えた方がいいですね。 ただ、1~3リットルというとかなりの量になりますので、これは飲み残しというわけにはいかないかもしれませんね^^; 家に沢山の人を呼んでビール開けたものの大量に余っちゃった…という場合くらいしか使えないですが。。 また、シャンプーにビールを混ぜるという人も居ます。 この場合は、ビールを一度沸騰させてお使いのシャンプーに混ぜるというもの。 髪の毛がツヤツヤになるそうです。 こちらは少しだけ余っちゃった場合にぴったりですね。 PV数ランキング• 219pv ご飯は炊きたてが一番美味しい、これは当り前ですね。 ですが、時間が経つと冷たくなって固くなって…とても食べられたものではなくなってしまいます。 レンジでチンしても炊... 179pv 白モツってとっても美味しいし、節約にもなりますよね。 でも一番困るのがやはり「臭い」です。 ここでは白モツの調理方法や臭いの取り方をしっかりとお伝えします!• 176pv 毎朝顔を拭いたり、お風呂上がりに体を拭くタオル。 やっぱりふわふわな方が良いですよね。 でもタオルって、使い始めはふわふわでもずっと使っているとカチカチにな... 135pv 皆さんは、缶や瓶のビールが余っちゃった…もう飲めない…なんて経験はありませんか? 筆者の旦那様は毎日缶ビールを2本飲むのですが、たま~に1本半で止めてしま... 130pv あなたの旦那様は、晩酌をする人ですか?今回の記事は、「うちの旦那は、お酒もタバコもしないの」という奥様には全く関係ない内容になります。 ちなみに、筆者の主人は毎晩... 127pv カビの生えやすい季節になってきました。 こんな季節に私達主婦をもっとも悩ませるのは、カビではないでしょうか。 特にタイルの目地はカビが生えやすく落ちにくいので、本当... 105pv あなたは家計簿をつけていますか? 収入と支出を書き出して、我が家の家計を把握することは、毎月、収入の範囲内で生活するために重要なことです。 特に、最... 104pv 餃子の皮っていろいろな料理に使えるんです。 スープに入れたりラーメンに入れたり。 ここでは餃子の皮が余った時のレシピを紹介いたします。 103pv デフレで牛丼が280円なんて、ものすごく安いですよね!では自炊と牛丼をくらべるとどうなるか・・・。 ちょっと気になるところであります。 ここでは、いろいろな家族構成... 99pv ある日のことです。 妊娠していた私は、勤めていたパートを辞めることになりました。 身重だし、外で働くことが出来ないのなら、せめて「在宅ワーク」で何か、ちょこっと...

次の

余ったビールで作るご馳走! ベルギー名物「牛肉のビール煮」

余ったビール

ホームパーティーの後、缶に少しだけ残ったビールって処理に困りませんか? 集めると結構な量になるので、ただ捨ててしまうのももったいない気がする・・・ そんな時は、ビールは捨てずに 鶏胸肉の漬け汁として使いましょう!パサつきやすい鶏胸肉が、ホロホロ・ジューシーなお肉に大変身します。 調理方法がよく分かるレシピの紹介をする前に、どうして鶏胸肉をビールに漬けると柔らかくなるのか、ご説明します。 「炭酸」と「アルコール」が柔らかくするポイント! さっそく、クックパッド食みらい研究所 特任研究員・石川伸一先生に聞いてみました。 炭酸は、pHが低く酸性で、ビールのpHはだいたい4〜5くらいでしょう。 そのpHによって、肉のタンパク質の保水性が変わります。 そして、水よりもビールのpHの方が保水性が高いので、お肉がジューシーになるのです。 また、アルコールは肉の組織を壊すので、それでさらに柔らかくなるのだと思います。 ただ、気が抜けても極端にpHが変わるわけではないので、結果として肉を柔らかくする作用はほとんど変わらないと思います。 しかし、生肉の長期保存は衛生上問題がありますので、1週間以上の保存はオススメできません。 ある程度漬ける効果を期待し、食の安全も脅かされないのは一晩ぐらい。 もちろん、冷蔵庫保存が必須です。 下準備ができたら、ビニール袋でビールと漬け込みます。 1時間以上漬け込んでから、調理をすれば完成です。 つくれぽに寄せられた、感動と感謝の声 レシピのを見てみると、「とっても柔らかくなりました!」「ビールを飲まないので使い道に困っていました。 夏の代名詞「ビール」を、ここまで有効活用できることにビックリしましたか? 「炭酸水に漬けるとお肉が柔らかくなる」という話を聞いたことがありますが、炭酸に【アルコール】をプラスすることで、さらに柔らかくなるんですね。 ビールの消費に困っている方は、ぜひ試してみてください。 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、クックパッド食みらい研究所 特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。

次の