オクトパスパニック。 オクトパス IN N.Y.[字]

ダイビングのオクトパスとは?【予備の空気源】

オクトパスパニック

1時間34分 字幕あり 音声:英語or日本語吹替 大ヒットモンスターパニック、待望のネクストステージ!! ニューヨーク沖のサウスストリート港。 普段は物静かなこの港町を観光で訪れたカップルが、突然何者かに海中に引きずり込まれ、死亡する事件が発生する。 事件を担当した新人刑事ニックとウォルターは、捜査を進める内、犯人は、人間ではない「何か」である予感を感じ始める。 市では、数日後に迫った独立記念日に、世界の子どもの使節団を迎えて盛大に祝う事になっており、市長は街のスキャンダルを警戒し、二人の助言を聞き入れようとしなかった。 しかし遂に、二人は真犯人と遭遇することになる。 ニューヨーク沖のサウスストリート港。 普段は物静かなこの港町を観光で訪れたカップルが、突然何者かに海中に引きずり込まれ、死亡する事件が発生する。 事件を担当した新人刑事ニックとウォルターは、捜査を進める内、犯人は、人間ではない「何か」である予感を感じ始める。 市では、数日後に迫った独立記念日に、世界の子どもの使節団を迎えて盛大に祝う事になっており、市長は街のスキャンダルを警戒し、二人の助言を聞き入れようとしなかった。 しかし遂に、二人は真犯人と遭遇することになる。 それは、海面を覆いつくす程でかく、エサを地上に求める程肉に飢えた、巨大蛸だった! 1. 馬鹿でかいタコ!殺人ダコ!もし仕留めることができたら、たこ焼き何人前作れるかしら? 笑 それか塩茹ででビールをぐいっと…あーたまらんわ〜 先輩、後輩刑事のバディですが先輩死にます 笑 その死に方 笑 独立記念日にこだわりすぎ 笑 下水処理場で天井から触手で襲われるシーンですが、バイオハザードのウロボロスに似てた 笑 CGではないです。 触手はなかなかリアルで美味しそう〜! 本体はすんごくお粗末。 目がね黄色に光ってるんですよ… 笑 そーしーてー!これ、前作があるやんけ!課長!ちゃんと揃ってるもの貸してくれよ! 笑 続編、前作持ってないんですか?って言ったら、ない!と一蹴され、それから釣りに誘われました 笑 これ観た後に釣りにはちょっと行きたくないな…。 巨大ダコ釣れるかも… 笑•

次の

万が一深場でエア切れを起こしてしまった時の対応

オクトパスパニック

あらすじ ニューヨークのお馬鹿コンビだった警察2人は、誤認逮捕によってこっぴどく所長に怒られていた。 最初は信じなかった2人だったが、のちに片方が襲われ本当だと判明する。 かくして単身になった警察が追い始めるが・・・。 2000年公開の『オクトパス』の正式な続編です。 前作とは舞台が変わり、ニューヨークになりました。 前作よりもタコの出番が増えているほかCGが多少はクオリティアップしているのが見どころ。 ただ、潜水艦や豪華客船、テロリストが登場した前作と比較すると派手さはグレードダウンしている感じが否めません。 あらすじ 南シナ海を航海していた密輸船。 そこには海賊のような武装集団が乗っていて、同じ海を航海中のクルーズを襲う計画を立てていた。 いざクルーズを襲った武装集団だが、船内にいるはずの人間がまったくおらず、血の気配が漂っていることに気づく。 その船は既に巨大なタコに見える生き物によって乗っ取られていた・・・。 『ザ・グリード』は、B級パニック映画の頂点に立つともいわれ何度もテレビ放送されている名作です。 登場するクリーチャーは深海に生息しているという設定で、巨大なタコのようなウナギのような触手を使って人を襲います。 パニックはもちろんアクションも良く出来ているほか、血生臭いシーンが豊富なのが見どころ。 パニック映画としての知名度も高いので見逃してほしくないところです。 ちなみに続編も作られるような終わり方ですが、予算の関係で実現に至らなかったのがとても残念。 あらすじ キングコングを捕獲した人間だったが輸送中に逃げ出してしまう。 それからキングコングはゴジラと対峙することに。 東宝の特撮映画であり、キングコングとゴジラの戦いが描かれる本作。 タコのような怪獣も登場します。 タコだけどサメ?!『シャークトパス』シリーズ3作! タコだけどサメという謎の生き物が登場するのがB級映画『シャークトパス』シリーズです。 秘密裏にタコとサメを融合させて生物兵器を生み出したものの、実用実験のために操っていたところ制御装置が壊れて操縦不可能に。 自由を得たシャークトパスが人間を躊躇なく襲っていきます。 シリーズは現在3作品あり、最初はシャークトパスの誕生から撃破まで、2作目は卵が孵って新生物兵器と戦い、3作目も同様な感じになります。

次の

ダイビングのオクトパスとは?【予備の空気源】

オクトパスパニック

ブラジルのエメラルド鉱山からを盗み出した犯人たちは、盗み出した宝石を湖に沈める。 ほとぼりが冷める二ヵ月後に引き上げようと約束して解散するが、裏切り者たちが次々湖に消えてゆく。 計画の立案者が秘密裏に湖にピラニアを放っていたのだった。 殺人魚フライング・キラー 『殺人魚フライングキラー』は、ジェームズ・キャメロン監督によるホラー映画である。 アメリカとイタリアとオランダの合作映画。 空中を跳び人を襲う殺人魚の恐怖を描く。 『ピラニア』の続編にあたり、低予算で製作されたいわゆるB級映画である。 80年代から90年代の名作 アリゲーター(1980年) 『アリゲーター』(Alligator)は、1980年公開のアメリカ合衆国のホラー映画、動物パニック映画。 下水道に捨てられたペットのワニが、研究所から投棄された成長ホルモン実験用の犬の死体を食べて体長10m以上に成長、人間を襲い始めた。 アメリカ合衆国の 「下水道に棲む巨大(白い)ワニ」の都市伝説(ペットとして仔ワニを飼っていた人間が、もてあまして下水道に捨てたところ、暖かく栄養も豊富な下水の環境に適応して巨大に成長してしまった)を題材とした映画。 クジョー(1983年) 『クジョー』(Cujo)は、1983年公開のアメリカ合衆国のホラー映画。 スティーヴン・キングの小説『クージョ』の映画化作品。 自動車修理工のジョーに飼われているセント・バーナード犬のクジョーは、森の中でコウモリに咬まれて狂犬病に罹患、発症する。 凶暴になったクジョーはジョーを咬み殺し、故障した車の修理に彼の工場を訪れたドナとタッドの母子に襲いかかる。 スラッグス(1988年) 繁殖した猛毒グモは、家中のいたるところから沸いて出てくる。 『アラクノフォビア』(原題: Arachnophobia)は、1990年制作のアメリカ合衆国のホラー・パニック映画。 スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、フランク・マーシャルの初監督作品である。 タイトルの意味はクモ恐怖症。 新種の毒グモに襲撃された町を舞台に、クモ恐怖症の医師たちがそれに立ち向かう。 モンスターパニック映画というジャンルにおいて、サメに並んで量産されているのがクモ映画。 本作では、出てくるクモはいずれも小さな実物大のものばかり。 元凶となる1番大きいクモでも手の平を広げた大きさになっている。 ジュラシック・パーク(1993年) CGで描かれた恐竜の映像は公開当時、観客に想像を絶する衝撃を与えた。 中でもT-REX(ティラノサウルス)の猛追シーンは、迫力満点の恐怖を味わえる。 『ジュラシック・パーク』(Jurassic Park)は、1990年に出版されたマイケル・クライトンによる小説、またそれを原作として1993年に製作された同名映画に端を発する映画シリーズ。 スティーヴン・スピルバーグ監督により1993年に映画化され、米国をはじめ世界各国で大ヒット。 バイオテクノロジーを駆使して蘇らせた恐竜たちによる惨劇を描くパニック・サスペンス。 遺伝子工学で現代に蘇った恐竜が生息するテーマパークを描くSFX超大作!予期せぬ事態が起こり、人間たちに恐竜が牙を剥き始めた!助かるのは誰か? ザ・グリードは、豪華客船を舞台に未知の深海生物との死闘を描いたSFXアクション・アドベンチャー。 アルゴノーティカ号は深海から浮上した未知の巨大生物に襲われ、人々はヤツらのエサになっていたのだ。 『ザ・グリード』 Deep Rising は、1998年のアメリカのSFアクション・怪獣映画。 蛸のような巨大な海洋生物が豪華客船を襲う。 海に潜む未知の巨大生物との死闘を描いた海洋モンスター・パニック映画。 ディープ・ブルー(1999年) 『ディープ・ブルー』(原題: Deep Blue Sea)は、1999年公開のSFパニックホラー映画。 遺伝子操作によって高い知能を持ったマコシャークが海洋研究所を襲う。 本作品で登場したアオザメは宇宙航空技術を使ったアニマトロニクスのロボットとCG合成によって作られており、サメがズームアップされたり登場人物が直にサメを触れるシーン等ではロボットを、サメが素早く動くシーンや人を捕食するシーンなどではCGで再現されている。 ラッセル・フランクリンは、サメに食い殺された。 観客の気を緩ませたところへ「突然ショッキングな退場」という形となった。 (動物パニックホラー映画『ディープ・ブルー』) ラッセル・フランクリン(演:サミュエル・L・ジャクソン)が説教をはじめた絶妙のタイミングでサメに食われた。 サメに引きちぎられて海底へと引きずり込まれるシーンは衝撃的。 2000年代以降の名作 映画におけるCG技術の進化により、それまでは予算と手間のかかっていたパニック映画が、CGにより低予算で安く作れるようになった。 動物パニック映画は、増産された。 パイソン(2000年) 米軍の行なった極秘実験より誕生した巨大なヘビが次々と人間に襲いかかるモンスターパニック映画。 遺伝子操作で生み出された巨大ニシキヘビと人間の闘いを描く。 米軍が極秘開発した巨大なヘビが脱走、町の人々を恐怖に陥れるパニック・ホラー。 生物兵器の開発に新たな側面からアプローチしていた米軍の開発部隊が、巨大な毒蛇を誕生させた。 スネーク・フライト(2006年) 毒蛇が飛行機に放たれる。 飛行機の離陸後時限装置が発動し、壊れた箱の中から興奮剤で凶暴化したあらゆる種類の毒蛇が放たれた。 恐怖と混乱の中、ネヴィル( サミュエル・L・ジャクソン)と乗客たちの命がけの激闘が始まる。 『スネーク・フライト』(Snakes on a Plane)は、2006年のアメリカのパニック・スリラー映画。 監督デイヴィッド・R・エリス、主演サミュエル・L・ジャクソン。 メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス(2009年) 『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』(原題: Mega Shark vs Giant Octopus)は、2009年のアメリカ合衆国のパニック・怪物映画。 メガ・シャークは、アラスカ沖の氷壁の中で凍りついていたメガロドンの末裔。 ジャイアント・オクトパスは、メガ・シャークと共に凍りついていた巨大タコ。 その巨体とパワーはメガ・シャークにもひけを取らない。 ピラニア3D(2010年) 『ピラニア3D』(Piranha 3D)は、2010年のアメリカ映画。 1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。 関連項目・関連リンク ホラー映画のサブジャンル• SFホラー映画•

次の