大黒 摩季 病気。 大黒摩季の旦那は誰?イケメンの夫の画像は?子供が何人?病気と離婚の噂は

大黒摩季の旦那や子供はいるの?病気の状況や今後の活動について

大黒 摩季 病気

大黒摩季(子宮腺筋症・子宮内膜症・子宮筋腫) シンガーソングライターの大黒摩季さんに子宮疾患が見つかったのは1996年彼女が27歳の時でした。 多忙を極めていた時期でもあり、闘病しながらの治療でしたが本格的な治療はしていませんでした。 大黒摩季さんの子宮疾患とは、子宮腺筋症だけではなく、子宮内膜症、左卵巣嚢腫(子宮内膜症性のチョコレート嚢腫)、そして子宮筋腫が併発しており、他の内臓を圧迫するほど肥大していました。 これ以上悪化した場合には、子宮全摘以外に治療法がなくなる可能性があるということで2010年10月から治療に専念するため、無期限の活動休止に入りました。 本格的な治療では、月経を止めるホルモン剤などの強い薬を服用しなくてはならないため、酷い副作用から歌手活動は続けることができないためです。 大黒さんはもともと生理痛が酷く、よく貧血気味になりレコーディング中に倒れてしまうことがありました。 2003年には一般男性と結婚しており、妊娠自体がホルモンの関係で彼女の病気の治療に繋がることから不妊治療の為の体外受精を行いますが、幾度かの流産を経験されており、残念ながら不妊治療は上手くいきませんでした。 大黒さんは「不妊治療は必ずしも成功するものではない」と同じ状況の女性たちの励みにと自らの病状や治療方針を公表しています。 「私が休養宣言をしてから、婦人科に来る女性が増えたんですって。 それを聞くとカミングアウトして良かったなって」とコメントしている。 大黒さんは、2014年から音楽活動を再開さし、様々なアーティストへ楽曲提供する等、音楽活動をされています。

次の

大黒摩季の元旦那は誰?馴れ初めは?離婚理由は病気と不妊だった!|PLEASANT ZONE

大黒 摩季 病気

Contents• 大黒摩季の病気 大黒摩季の病気はアーティストとして 飛ぶ鳥を落とす勢いで売れていた頃から続いている。 1996年に大黒摩季は子宮疾患の病気があることが分かっていた。 子宮腺筋症が最初に発覚した病気であり、 これは子宮の筋肉部分に子宮の内膜が入り込んでいき、 増殖するという特異な病気だ。 しかも、大黒摩季の疾患は これだけには留まらずに、新たに3つの子宮疾患が見つかった。 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣脳腫の3つである。 大黒摩季の病気・子宮筋腫 女性がかかる病気の中でも 特に多いとされるものと言われている子宮筋腫。 本来、女性の子宮の中には筋腫はあってもおかしくないものであり、 米粒程度の大きさならば誰でもあるものとも言われている。 ただ、それが大きくなるか、小さいままで肥大しないかの違いだ。 大黒摩季の病気・子宮内膜症 この病気は本来は子宮の真ん中(ルーメンともいう)にしかない 子宮内膜などの組織が他の場所に出来てしまう病気。 (卵巣、直腸、膀胱、ヘソなど、他の場所は様々) 子宮以外の場所に出来てしまうと、 子宮ではない場所では剥離や出血が起きない為に、 嚢胞となったり、他の臓器との癒着が起きてしまったりする。 大黒摩季の病気・卵巣嚢腫 卵巣は子宮の両側に一つづつあるものだが、 この部分が腫瘍になってしまうという病気。 腫瘍というとガンを思い浮かべる人は多いだろうが、 主に卵巣に出来る腫瘍の大半が良性のものである。 が、卵巣嚢腫が肥大化すると便秘や頻尿を引き起こし、 腰痛の原因にもなったりもする厄介な病気だ。 大黒摩季は子供が欲しい為に病気と向き合った 大黒摩季は自分が子宮疾患を患っていることが分かってから、 子供を作る為に体外受精を繰り返していたそうだ。 が、それは全て流産という結果になってしまい、 これが2010年の活動停止に繋がることになったわけだ。 大黒摩季の病気で主に取り上げられるのが、 子宮腺筋症であり、投薬治療と手術を5年間続けたのだという。 その結果、病気を克服する為に費やした 5年の歳月で、見事に完治させたというのだ。 費用は莫大なものであると容易に推測出来るし、 その諦めないハートもまた賞賛に値するが、 それもこれも旦那との間に子供が欲しかった為だ 大黒摩季の旦那 大黒摩季が現在の旦那と知り合ったのは2003年11月11日。 大黒摩季とは同い年の男性で、お互いに33歳の時に、 共通の友人が開いた合コンで知り合ったそうだ。 1年の交際期間を経て、2004年には お忍びで披露宴を挙げ、結婚に至ったのだとか。 大黒摩季は自分の旦那のことを、 『 音楽とはかけ離れた世界で生きている人。 』 と、コメントをしていた。 旦那は芸能関係者でも、芸能人でもなく、 一般男性でIT関連企業に勤めている会社員だそうだ。 が、元々はプロサッカー選手を目指すスポーツマンであり、 Jリーグに入る直前まで頑張っていたそうだが、 怪我により夢を諦めた切ない過去を持っている。 大黒摩季は旦那がテレビなどでサッカーに絡む内容をみると、 様子が変わることが、心にひっかかっていたそうだ。 自分は夢を叶えて、愛する旦那は 夢を諦めたということが、心苦しかったようだ。 大黒摩季は旦那の誕生日に思い切って、 サッカーボールとサッカーウェアをプレゼントしたのだという。 旦那はこれが切欠で塞ぎ込んでいたようだが、 暫くしてプレゼントしたサッカーボールを公園で 蹴っている姿を見た大黒摩季は涙が止まらなかったそうだ。 しかし、これを機に現在では、夫婦二人で サッカー観戦が出来る様になったようで、 大黒摩季のプレゼントが旦那に良い心境の変化を与えたということだ。 素晴らしい美談であると感じるし、 何が何でもそんな旦那との子供が欲しいと 切実に願うのは当然であると感じる。 まとめ 大黒摩季は大成功を収めたアーティストであると断言しても良いが、 その裏には普通の女性が当たり前の様に出来ることが、病気の為に出来ない。 子供が作れないということだ。 天はやはり二物を与えないという諺は真実であるように思えるが、 それを覆す為に旦那と協力をしあって、まだ子供を作ろうとしている。 現在、復帰をして芸能活動を行っていくとともに、 ゴールである旦那との子供をつくるということを、 我々は密かに応援し続けようではないか。

次の

大黒摩季

大黒 摩季 病気

「ら・ら・ら」「熱くなれ」をはじめ、女性の気持ちを代弁する歌詞とパワフルな歌声で人々の心を鼓舞してきた大黒摩季さん。 しかし2010年に病気療養のため休業し、およそ6年間、表舞台に立つことはありませんでした。 嬉しい出会いや出来事がある一方で、自分の病気、親の介護、パートナーとの別れといったシナリオも用意されていて。 なかでも子宮腺筋症などの治療のため2010年に無期限活動休止を発表したときは、断腸の思いでした。 今にして思えば、私は10代から生理が重かった。 デビューする頃には、生理中の不調のほか、排卵期に心が不安定になったり、声が出づらくなったり。 お腹の底から発声するためには姿勢を正す必要がありますが、生理中は腰痛がひどくてまっすぐに立てませんでした。 なんとかしなければと焦りを募らせたのは、97年の8月にレインボースクエア有明での初ライブを控えていたから。 私はデビュー以来、テレビ出演やライブ活動を一切行っていませんでした。 満を持して開催するライブだからこそ、万全な体調で臨みたかった。 そこで生まれて初めて、婦人科を受診することにしたのです。 検査の結果、子宮内膜症と子宮筋腫、子宮腺筋症を併発していることが判明。 骨盤内で腫れあがった子宮が他の臓器を圧迫している状態で、医師からは「放置すると子宮の全摘手術しか治療法がなくなる」と告げられました。 「それは妊娠できなくなることを意味します」と。 当時27歳だった私は、まだ未来の配偶者と出会っていませんでしたが、子どもが大好きなので「なんとしても子宮を守らなければ」と思い、すぐにホルモン治療を始めました。 しかし、一筋縄ではいかなかった。 そればかりか、自分の人生が順風満帆ではないことを思い知らされました。 なぜならホルモン治療を続けたことで、将来を左右する選択を迫られることになったからです。 自分のせいで、と絶望感に襲われた 子宮内膜症の進行は、エストロゲン・黄体ホルモンの量を抑える薬で弱めることができます。 ところが女性ホルモンを減らすことで、高音で歌い上げることができなくなってしまった。 要は治療を続ければ、今までのように歌えないということです。 さて、どうしようか? 悩ましい問題に直面すると、私はいつもいったん悩みを置いて遊びに出かけます。 あのときは、海を見に茅ヶ崎へ。 綺麗な夕陽を眺めているうちに、フッと答えが降りてきました。 「今はホルモン治療を中断しよう」。 そして時期が来たら再開し、そのときの日本の医学の進歩に懸けてみよう、と。 第一、ライブのチケットは完売していたし、デビュー時からお世話になっている方々が社運を懸ける勢いで後押ししてくれていました。 私の性格上、お客さんとスタッフ総勢5万人のガッカリを背負ったまま、笑って生きていくことなどできませんから。 とはいえ、ホルモン治療をやめても声が戻るまでに3ヵ月かかるといわれていました。 その後も、漢方薬や鎮痛剤などを駆使し、だましだまし全国ツアーを行いました。 2000年頃に念願の新しい治療薬が出て一時的に快復しましたが、ツアーが始まって投薬を中断するとまた症状は悪化する。 その繰り返しだったのです。 ステージで踏ん張り切れないときは、酷評もされました。 「私の何がわかるの!? 」と思っても、お客さんに言い訳はできません。 常に痛みをかばいながら、それでも全力で歌ってきました。 34歳のときに結婚し、それから始めた不妊治療がさらに事態を複雑にしました。 不妊治療では、受精卵が着床しやすい子宮内膜に整えるために、エストロゲンを補充します。 しかし腺筋症はエストロゲンが餌。 つまり不妊治療の影響で子宮が肥大化してしまうのです。 そこで、まずは3~4ヵ月ほど不妊治療に専念。 そして不妊治療で大きくなった子宮をまた小さくするためにホルモン値を下げる薬を約半年投与し、そのときは歌うよりも曲作りをする……というやりくりをしていました。 それぞれの疾患が炎症を起こして40度近い尿が出ることもあったし、うずくまるほどの激しい痛みにたびたび襲われました。 そしてついに医師から、「悪い部分を切除しましょう」と最終通告を受けたのです。 このときは悔しかったです。 でも命には代えられない。 治療に専念するには、音楽活動を休止するしかありませんでした。 それでも不妊治療を諦めたくないということは、医師に伝えました。 子どもが産めないかもしれない私を受け入れてくれた夫のことを考えると、最後の1%の可能性に懸けてみたかった。 子宮を温存するという条件のもと、腺筋症以外の疾患を切除する手術を受けたのは、11年5月のことです。 その後も不妊治療は続けましたが、気がつけば40代半ば。 限界に近い自分の体に、潮時を悟りました。 受精卵はすごく元気ないい子たちなのに、次々と流産してしまう。 それは子宮腺筋症のために受精卵が着床しにくいからでした。 「自分のせいでこの子たちが生きられない」。 そんな絶望感のなかで、受精卵が着床するためのフカフカのベッドさえあれば、自分の体でなくともよいのでは、という思いまで抱くようになりました。 そしてアメリカでの凍結受精卵による代理母出産に望みをつなぎ、15年に子宮全摘手術に踏み切ったのです。 17年の秋、12個あった受精卵の最後の1個がなくなってしまったときは、嗚咽するほどの挫折感、絶望感に打ちひしがれましたが、LAの乾いた風に抱かれて自ら「終了!」しました。 どの道を選ぶかを自分で決めれば、「諦め」も「終えた」と言える。 終わらせなければ、次は始まらないのです。 子宮疾患に翻弄されたのは不可抗力でも、病を放置した自分の責任だと思うことで、「ならば仕方がない」と前へ進むことができたのだと思います。 「単純」という才能と「素直」という武器 それにしても、2度の手術による肉体的なダメージは思った以上に大きいものでした。 歌声を張り上げるスタイルの私にとって、インナーマッスルは生命線です。 2度腹筋を切ったわけですから、大黒摩季は2度死んだようなもの。 復帰は無理かもしれないと、鬱々とした時期もありました。 でも不思議なもので、絶望感にも飽きてくるというか(笑)、もう一度歌いたいという気持ちが優勢になったというか。 6年間のブランクを経て単独ライブで復活したのは、16年8月のことでした。 歌いきって気づいたのは、以前のように体をコントロールできないということ。 歌える体に戻したい、そのためにはどうすればいいのだろう。 新たな問題に悩まされることになりました。 そんなある日、新しいトレーナーの先生が「戻そうとするからダメなんだよ。 新しい体を作ればいいじゃない」とアドバイスしてくれたのです。 「なるほど! もっと早く知りたかったよ」って。 (笑) 私、「単純」という才能と「素直」という武器を備えていると最近思っています。 昔から直感で決めるところがあって、このときもすぐにトレーナーの先生をはじめ、医師や栄養士や整体師といった体のスペシャリストを集めて、「ボーカルラボ」という肉体改造チームを作ってしまいました(笑)。 どんな体になりたい? というヒアリングからスタートし、筋トレなどのメニューを組んで。 今は心と体の辻褄が、かつて経験したことがないほど合っているんです。 「病は気から」というけれど、私にいわせれば逆。 体が整えば何でもできるという気分になります。 実際、満足のいくパフォーマンスができているので、今が歌手人生で一番ハッピーかもしれません。 もちろん病気になんかなりたくなかったし今も憎いけれど、もたらしてくれたこともあります。 どこにでもあるような缶バッジが、七転八倒して答えを見つけることで、ちょっぴり輝かしい勲章に変わるということ。 病気にならなければ出会えなかった人や、これまで気づかなかった人の心の痛み。 歌い続けられるのは当たり前ではないし、待ってくれる人がいるのが奇跡だということにも気づかされた。 人生ってホント捨てたもんじゃないなと思います。 目下のテーマは母を笑わせること もがいた経験で言うと、母の介護もですね。 現在83歳になる母は、2000年に脳出血で左半身麻痺になりました。 その後も乳がんが見つかって片側の胸を全摘したり、19年にはステージ4の肺がんで余命3ヵ月の宣告を受けたりと、大変な状況が続いています。 今は治療の甲斐あってステージ2に下がり元気ですが。 介護が始まった当初は、実家のある札幌に暮らす弟夫婦が面倒を見てくれていましたが、弟の精神的な疲れがピークに達してしまって。 母は母で、息子にはしてもらいたくない介護もあるようで、4年前に母を札幌から東京に呼び寄せました。 母と娘なら言いたいことを言い合えるので気楽ではあるのですが……。 母は脳出血による後遺症で認知障害もあり、一度ネガティブな感情に火がつくと手に負えません。 正直、同居を始めた頃は慣れない介護と相まってとにかくストレスフル。 でも今は、忍耐を培うための修行だと思えるようになりました。 私が見つけたコツは、「ありがとう」と「ごめんなさい」は1秒以内に伝えること。 つい言いすぎても「ごめん! お腹が空いてました!」とすぐに謝れば、お互い笑ってしまうでしょう。 目下のテーマは、いかにして母を笑わせるか。 先日も「ママ、今度イケメン連れてこようか?」って聞いたら、「連れてこなくていいよ~」と言いながらもニコニコ。 まんざらでもない。 (笑) そして車椅子に座る母と話すときは、母の目線の高さに合わせます。 以前、母と一緒に藤原紀香ちゃんの写真展に行ったとき、紀香ちゃんが母の車椅子の前でしゃがみ込むようにして「ママ、元気ですか?」と話しかけてくれて。 すると母が見たこともない嬉しそうな顔をするからビックリ! それからというもの、私もマネして実践しているのです。 現在、母は私の家からスープの冷めない距離にある施設に入所しています。 自宅での介護を一通りしたら、重度障害者の母の世話を素人の私が行うのは本人にとってもつらいことだとわかりました。 頑張りや根性論ではなく、母にとっての最善を考えて結論を出しました。 最初は寂しいと納得しなかった母も、私が「毎日行くし、お金を払ってると思ったら何でも頼めるでしょ」と言ったら、「そうだね」って。 私たち、単純家族なんです。 (笑) 49歳のときに夫と別々の道を歩むことを決め、そして心新たに迎えた50代。 これまで山あり谷ありだったのだから、これからの人生も何かが起こるはず(笑)、でも怖くはありません。 本当に苦しみの極致と向き合えば、遠回りでも案外楽しいと思えます。 やれることはすべてやろうよって、自分が自分に力を与えてくれる気がするのです。 バースデーライブで50曲歌うとか、YouTubeでチャンネルを開設するとか……。 一つずつ実行に移して弾みをつけ、人生の後半戦も溌剌と歩んでいきたいと思っています。

次の