須坂 市 コストコ。 須坂市のイオンモールはいつオープン?須坂長野東インター開発計画が進行中

コストコの長野県に出店する計画とは!? 確率を分析

須坂 市 コストコ

長野市ならコストコ出店の条件を満たす コストコの出店条件には、人口規模としえ半径10km圏内で50万人以上、さらに近くに高速道路やバイパスが通っていて車の利便性が良い、敷地面積が1万坪以上という基準がある。 コストコ出店条件 実際の地域事情 半径10km=人口50万人以上 長野市の人口=38万 千曲市の人口=6万 上田市=15万 車のアクセスの良い 上信越道 敷地面積=10,000坪以上 候補地あり(市街化調整区域) 参照: 長野市周辺の人口を合計すると50万人にはギリギリ達する。 政令指定都市のような大規模な人口ではなく、半径10kmという狭い範囲には収まらないものの、都市圏として考えると条件には達する。 長野市だけでも人口は約38万人に達する。 その周辺の市町村である須坂市、中野市、上田市などを含めると合わせて人口は50~60万人になる。 大都市圏とは違い、長野都市圏エリアは車社会が定着している。 商業施設の商圏もその広い地域にわたるのは確か。 イオンモールの例 2004年ごろには長野市篠ノ井の南長野運動公園隣接地にて「イオンモール長野」を建設するという案が浮上した。 しかし、長野市は農業振興地域の変更には同意せず、すなわちイオンモールの出店を許可しなかった。 結果的に、同じ長野県下の松本市に「イオンモール松本」ができた。 コストコがすでに出店されている地域を見ても、近くにイオンモールやららぽーとといった大規模なショッピングセンターが立地しているところが多い。 これも背景には、大型商業施設の誘致に対する地元の姿勢が影響している。 コストコに関してもおそらく同じ姿勢を貫くものと思われる。 新しいショッピングセンターよりも既存の商業施設を守るという姿勢が感じる。 都市計画の変更をはじめ、コストコの出店には地元の賛同が求められる。 慎重な長野市ではコストコの出店計画が実現する可能性は今のままでは低い。 おすすめ記事•

次の

長野県須坂市にコストコ出店が構想中。いつオープン?場所はどこ?インター開発計画が進行中

須坂 市 コストコ

2019年11月21日最新情報 コストコ須坂倉庫店のオープン情報に追加情報がありました 会員制の外資系のスーパーコストコ。 倉庫のような広いスペースに食料や飲料、衣類や家電製品まで取り扱っているスーパーです。 コストコは2019年6月現在、日本に26店舗あります。 2019年5月17日の長野県のニュースによると、 長野県須坂市にコストコを誘致する構想が明らかになりました。 長野県須坂市にはコストコだけでなく、大型商業施設のイオンモールの建設予定もあります。 これらは、以前から継続して誘致が進められていることが明らかになりました。 コストコは日本で10年以内に40店舗以上のオープンを計画しています。 現在の予定では、 日本での残りのオープン予定の店舗数は14店舗になります。 最近では2018年12月に名古屋市守山区にコストコがオープンすることが確定しました、また、併せて熊本にもオープンすることがほぼ確定しています。 国内での続々とコストコオープンの情報が続いています。 確定までいかなくても、コストコオープンが噂されている場所が日本国内に多くあります。 これらのオープンの噂は、地元の有力紙に掲載されていることからも、かなり確率が高いといわれている場所も多くあります。 例えば私の住む新潟。 全然コストコオープンに向けて進展がない噂も多くあるのがコストコです。 これは地元の新聞紙だけではなく、長野のテレビのニュースでも放映されました。 長野県でコストコ進出の話が出たのは初めてで、いままで噂も特にありませんでした。 テレビまたは新聞から急な公表であったため長野県民の方も大変驚いた・喜んだのコメントが多くありました。 以前は長野県の佐久市にコストコがオープンする噂がありましたが、こちらは急に須坂市での地元紙やニュースでの報道となりました。 特に北長野の地域が発展するためにも、長野の人はコストコができることが大歓迎だと思います。 以下は、2019年5月の 信州新聞のコストコに関する記事です。 須坂市の上信越道須坂長野東インター北側の開発計画で、米国発の会員制量販店「コストコ」の出店構想があることが24日、関係者への取材で分かった。 実現した場合、出店は県内初となり、北信地方の商圏に大きく影響しそうだ。 参考: 長野県須坂市にコストコがオープンすることは、まだ確定していません。 ただ誘致の計画が明らかになっただけで、これから自治体や地元の住民を含めて検討がされることになります。 ただ、新聞やメディア等に取り上げられていることから、 一気にコストコオープンが現実的になってきていると思います。 長野県須坂市にオープンする予定と場所について 長野県の須坂市にコストコが オープンする予定地についても明らかになっています。 長野県の上信越道須坂長野東インター北西側のスペースに大型商業施設の開発計画があり、その場所に構想中となります。 この構想中の場所については、現在ほとんどが農地となっています。 もしこの農地をコストコが建設するために商業地にするためには、それなりの申請や手続きの時間が必要となります。 長野県須坂市は、長野県長野市の隣の市となります。 人口は5万人くらいで長野県内では大きめの自治体となります。 私も須坂市に30回以上訪れたことがありますが、長野市に隣接している割には意外と田舎で買い物する場所は多くありません。 それでも須坂市にはおすすめしたい観光地が多くあります。 安価で楽しめる須坂動物園• 桜がきれいな臥竜公園• 冬のライトアップ 見どころはたくさんあります。 ただし、須坂市内に宿泊場所がほとんどないため、観光であれば隣の長野市まで行って泊まることをおすすめします。 須坂市自体のコストコ出店への協力や理解はあるのか? コストコが出店するために必要不可欠な条件は、地元の自治体の理解です。 これがなくしては、コストコオープンは絶対ありえません。 名古屋市出店の場合は、河村たかし市長の協力によりオープンが決定しています。 同様に山形県のかみのやまにオープンしたときにも地元の大きな協力があったことが明らかになっています。 コストコがオープンすることで、地元の雇用体系も変わり、低価格帯の商品が豊富なコストコに行くことで地元の商店街も打撃を受けて廃業することが大きく考えられます。 過去には、コストコがオープンすることで低価格なガソリンをコストコが提供するため、多くのガソリンスタンドが廃業してきました。 お隣の長野市においては、大型商業施設(おそらくイオン)建設の話もありましたが、 地元の反対勢力により、計画が頓挫している過去があります。 コストコが実現するためには、すべてが地元の自治体とうまくやれるかどうかです。 須坂市のコストコ出店に対する考え方 須坂市のホームページによる公式の回答を見ると、コストコ須坂市オープンへの道は開けていると思います。 明言はしていませんが、コストコを含む大規模な商業施設の建設について前向きなコメントが多くありました。 須坂市市長もコストコであることは確定していないため否定していますが、 そのような動きがあることを認めています。 地元の協力があれば、コストコ出店の実現はそう遠くない未来にあると思います。 大型商業施設建設計画に対しての意見としましては、 「当市の現状では大型店が出店しなくても衰退していくと思われます。 ならば良い点も多数有ると思われますので出店してくるのも受け入れざるを得ないのではと思います。 」 「大型店ができてもさしあたり特別何もありません。 雇用が増えお金がまわると、市内の店舗にもお金がまわる部分ができます。 まったくマイナス面では無いと思います。 」 「人が車で動くことにより、須坂市内も活気が出てくると思う。 新施設に期待大であり相乗効果を望む。 」 といった前向きな意見がありました。 現在営業を継続しているお店や事業所は、厳しい経済状況を知恵と努力で乗り越えてこられたお店であります。 なお、賑わいの創出に向けて空き店舗の解消を図るため「わざわざ店等開設支援事業補助金」等により空き店舗への出店支援をしており、これまでこの制度により市内に80 を超える店舗が出店されました。 このほか、商店街環境整備補助や土産品等開発補助、資金融資制度などにより小売業支援を行ってきています。 引き続き、意欲のある事業者の支援を行ってまいります。 須坂市ホームページより 2019年11月21日 追加情報)コストコ須坂市オープンに向けた追加 追加情報です。 開発予定地は上信越道・須坂長野東インターチェンジ近くの約55ヘクタールとなります。 事業計画では「イオンモール」やアメリカ発の会員制の量販店「コストコ」とも話し合いを進めているとされています。 2022年度中の完成・開業を目指すとしています。 かなり、コストコ須坂進出に向けて大きな進展がありました。 通常であればコストコに関する情報はオープン決定まで漏れたりしませんが、第3セクターが大規模開発を進めてることもあり、情報がでてきます。 須坂市については、かなり早い段階でコストコのオープンが確定するのではと思います。 須坂市が住民や地権者を対象に説明会を開き、これまでの経過などを話しました。 この中で市は、約85パーセントの地権者から用地買収の承諾が得られていると明らかにしました。 残る土地についても年内に承諾を得たい考えです。

次の

須坂市のイオンモールはいつオープン?須坂長野東インター開発計画が進行中

須坂 市 コストコ

イオンモール須坂 仮 について 上信越道の須坂長野東インター隣接地の約55ヘクタールの広さで計画されている須坂インター開発のメイン施設として「イオンモール」が出店予定であることが明らかになっています。 須坂市に誘致されるイオンモールは、県内最大級のショッピングモールとなる見通しで、「イオンモール松本」や「軽井沢プリンスショッピングプラザ」などを上回るスケールで開発される可能性があります。 長野市を中心とした都市圏内には、千曲市などにイオンモールを誘致する構想などが持ち上がっていましたが進展せず、長野市中心街のイトーヨーカドーの閉店発表により、大型ショッピングモール「アリオ」の誘致も立ち消えとなったため、須坂市に誘致されるイオンモールは少なくとも長野都市圏内では最大の商業施設となりそうです。 施設の規模 商業施設開発用地の面積は約25. 3ヘクタールとなり、その大部分がイオンモールの用地に当てられる可能性があります。 建築物の高さ制限は約31mとなり、延床面積10万平米以上、店舗数数百店舗の県内最大級の商業施設となりそうです。 また、商業施設開発用地の一部は会員制ディスカウントスーパーコストコの誘致に利用される予定です。 関連記事: 完成・オープン時期 各種報道によると、2020年度内の工事着手、2022年度内までに完成・オープンさせる計画で進行中です。 この記事の情報元 各種報道、求人サイト等の情報に基づき記事を作成。 イオンモール須坂 仮 の入居テナント店舗 イオンモール須坂 仮 の入居テナント店舗は、まだ明らかになっていません。 イオンモール須坂 仮 の施設構成 イオン系スーパーの「イオンスタイル」や「イオン」などが核テナントとして入居する可能性が高いです。 また、シネマコンプレックス 映画館 やファッション、物販などの大型専門店も誘致される可能性があります。 また、イオンモール計画の隣接地では、会員制スーパーの「コストコ」の進出計画があり、集客に相乗効果をもたらしそうです。 長野駅等長野市中心街からもシャトルバスが運行されれば、長野市中心街の商業施設や店舗群との競争が激化しそうです。 須坂市・長野市周辺のバイト求人はここでも探せる タウンワーク フロム・エーナビ バイトル イオンモール須坂 仮 の計画概要 用途 商業施設等 延べ床面積 約10万平米以上と推定 店舗数 100〜数百店舗と推定 店舗面積 約数万平米以上と推定 オープン開業時期 2022年度内 イオンモール須坂 仮 の場所・アクセス イオンモール須坂 仮 は、須坂市大字福島・大字井上周辺の、須坂長野東インターチェンジの北西側で計画されています。 須坂長野東インターチェンジや、国道403号線に隣接し、車でのアクセス性は抜群です。 鉄道でのアクセスは、村山駅から約3kmと、やや距離があります。 アクセス性を改善するために、長野駅や長野市中心街から無料のシャトルバスがイオンモールにより運行される可能性も考えられます。 周辺にはディスカウントスーパーのラ・ムーやホームセンターのケーヨーデイツーなども存在し、更にイオンモールとコストコが進出すると、商業施設間の競争激化が起こるとともに、集客面での相乗効果が生まれそうです。 関連記事: 長野の再開発情報・注目の計画 長野県内の再開発情報・注目の計画は下記のページにまとめてあります。

次の