引っ越し 見積もり おすすめ。 引越し見積もりのおすすめはこちら概算がすぐにわかる

引っ越し

引っ越し 見積もり おすすめ

引越しにかかる費用を知りたい。 当然ながら引越しにかかる費用は条件によって違います。 同じ荷物の量でも近距離引越しと遠距離なら、遠距離の方が費用がだいぶかかります。 あなたの引越しの見積もり概算を知りたいなら、一括見積もりを取ってみましょう。 当日トラブルにならないためには、見積もりの際にできるだけ正確に入力することです。 冷蔵庫の大きさや物件のエレベーターの有無、引越しには重要なチェックポイントとなります。 さらにできるだけ安くしたいなら、引越し当日までにいらない家財を処分することです。 新居に運んでから捨てよう・・・というのは、無駄な費用がかかります。 できるだけ荷物を減らして、一括見積もりをすれば、1番安い引越し業者を簡単に見つけることができますよ。 複数の見積でさらに安くなる! 1つ1分。 3つでも3分。 最もお得にしよう!! 引越し達人 ・なんと最大55%安くなる! ・ 30秒のかんたん見積もり ・引越し手続きガイド プレゼント SUUMO引越し ・ 電話番号入力不要! 見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい ・クロネコヤマトの引越が人気 引越しの手順 引越しの時はすることがとても多いので、先におおまかな手順を知っておくのがオススメです。 だいたい1〜2ヶ月前から準備が始まります。 <引越しの1カ月前まで> ・現住所の大家もしくは管理会社への退去連絡して、駐車場の解約も行う。 ・新居を決めて契約する。 駐車場も新規契約する。 ・引越しの希望日を決めて、複数の引越し業者に相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。 <1カ月〜2週間前まで> ・今すぐに使わないものからどんどん荷造りする。 ・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。 <引越しから2週間〜1週間前まで> ・転出届けの提出、印鑑登録の廃止など役所関係の書類を提出する。 ・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。 <1週間〜3日前まで> ・インターネット、電気、ガス、水道、ネットなどのインフラの停止手続きを行う。 ・郵便物の転送手続きをする。 <3日前〜当日> ・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。 ・新居への移動方法を確認する。 ・新居の掃除を行う。 <引越し当日> ・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をしておく。 ・荷解きと整頓をする。 ・新居こ゛近所へ挨拶する。 <引越し後> 転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続きをする。 携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更をする。 引越しが確実になったら大家さんや管理会社に退去に意向を伝えてください。 次の入居者を募る準備を始めないといけないからです。 引越し業者への見積もり依頼ですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができません。 新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較して、一番良いと思った引越し業者と契約して押さえておきましょう。 不用品や粗大ゴミを処分するには時間がかかるので、早めに取り掛かってください。 荷造りも使わないものや季節違いの洋服などからどんどんダンボールに詰めて行きましょう。 役所関係の書類の提出、電気やガスなどのインフラの停止や料金精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよあとは引越し当日です。 引越し当日、荷物の運搬はスタッフにおまかせして、家財の配置を指示してあげてくださいね。 引越し業者が運べないものがいくつかあるので、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で運ぶようにしてください。 引越ししたら、合間をぬってご近所へ挨拶に行きます。 引越し後2週間以内に、転入届か転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。 あとは銀行や運転免許証、パスポートなど住所変更が必要なもののを変更してください。 引越し業者のオプション 引越し業者が扱っている有料オプションサービスには次のようなものがあります。 ・エアコンの取外・取付 ・消毒・殺虫サービス ・ハウスクリーニング ・新聞の手配 ・御挨拶品の準備 ・ピアノの輸送 ・ピアノの調律 ・特殊品の輸送 ・バイクや車の陸送サービス ・ペットの輸送 ・盗聴器の発見サービス ・造園サービス ・荷物の一時預かり ・ハウスリフォーム ・ネット申し込み ・耐震グッズ施行 ・資材回収 ・不用品の処分 1社だけでこんなにサービスがある引越し業者はありません。 どんなサービスを利用したいかで業者の選び方が変わりますね。 さてこの中でもっとも依頼数が多いのはエアコンの移設だそうです。 エアコンが2〜3台あるご家庭も多いですし、引越し前と引越し後の2回も自分で手配するのは面倒ですものね。 引越し業者にオプションで依頼するのが一番カンタンです。 それとピアノをお持ちの方はオプション依頼することをお忘れなく。 ピアノを運搬できない引越し業者もあるので、必ず契約前にピアノが運搬できるのか確認しておいてください。 引越しの繁忙期 引越しは引越しの距離や運ぶ荷物が同じだったら、いつでも費用が同じというものではありません。 繁忙期は通常期に比べて引越し費用が高額なります。 引越し業界の繁忙期というのは、3月〜4月上旬です。 日本では受験が2〜3月に終わり新学期が4月から始まるため、新大学生や新社会人は春休みの3月下旬から4月上旬に引越しを行います。 これが全国の大学や会社で一斉に行われるのですから、この時期の引越し業者は大忙しです。 これだけではありません。 この時期にサラリーマンの春の転勤も重なるため、最悪、引越し業者が見つからないなどという事も起こります。 引越し業者も繁忙期はスタッフを増員するなどして対応します。 そのため、人件費などの増加分引越し費用も高くなるのです。 遠距離引越しにいたっては7ケタの請求が来ることも本当にあるそうです。 ですから、もし可能であれば、繁忙期の引越しは避けましょう。 まずは身軽で引越しして、繁忙期が終わってから必要なものを送ってもらうとか、新居の近くで家具家電を調達するなどなどの工夫が必要です。 引越しと粗大ゴミの処分方法 家の中にいらないものはありませんか? 引越しのときに思い切って処分してしまいましょう。 一辺の大きさが50センチ以上のものや重さが50kgを超えるものは、粗大ゴミです。 それとガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミです。 粗大ゴミの処分方法は自治体によって異なりますが、多くの自治体では主に2つの方法を採用しています。 回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)です。 【B:自分で捨てに行く方法(無料)】 1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。 2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。 自分の便利な方法を選んでくださいね。 ただし、例外の家電がいくつかあります。 家電リサイクル法で定められた家電を処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。 家電リサイクル法で定められた家電というのは、エアコン・テレビ ブラウン管、液晶・プラズマ ・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。 これらは粗大ごみとして処分することが出来ません。

次の

おすすめはコレ!引越し見積もり予約サイト6つ比較してみた。使いやすさナンバー1はコレ!

引っ越し 見積もり おすすめ

引越し侍の一括見積もり比較サービスは、引越しの内容を入力するだけで、簡単に複数の引越し業者に対して見積もりの依頼ができます。 年末年始問わず24時間いつでも無料で利用でき、301社の引越し会社の中から引越し侍が自信を持っておすすめする、評判の高い業者を10社まで紹介します。 もちろん、引越し業者のご紹介は東京近郊の大都市圏だけでなく、全国すべての地域で対応しています。 一括見積もりサービスは一社ずつに連絡をする手間がかからないので、 「業者ごとの見積もりを比較したい!」という皆さんが、簡単に安い業者を見つけることができます。 サービスをご利用いただいた上で 「引越し会社の選び方がわからない…」とお悩みの方も、このページで見積もりのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてください。 引越し侍の一括見積もりサービスで簡単に業者選びができるのは、提携する引越し会社の「数」と「安心さ」のためです。 引越し侍では、「アート引越センター」や「サカイ引越センター」、「アリさんマークの引越社」…といった、誰でも知っている大手企業と提携しています。 また、ハトのマークの引越センター、人力引越社、愛知引越センターといった、地域に密着した業者にも幅広く参画してもらっています。 ひとくちに「引越し業者」といっても、単身引越しの運搬が得意(大規模輸送システムを活用して金額が安い)な業者や、近所や長距離の引越しに長けている業者など様々です。 その他にも、低料金で質の高いサービスを売りにしている業者や、利用者からの評判が高いけれども、あまり知られていない地域密着の業者などもあります。 以上の理由から、企業規模の異なる様々な引越し会社から幅広く見積もりを取ることで、自分の引越し条件に一致する業者を見つけることができます。 合わせて、引越し侍が紹介する業者はほぼすべて 「一般貨物自動車運送事業」の許可を取得しています。 「この引越し業者の名前は聞いたことがないけれど、依頼しても本当に大丈夫?」といった心配なしに業者選びができますので、安心してご利用ください。 一般貨物自動車運送事業とは 一般貨物自動車運送事業とは ・他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車を除く。 )を使用して貨物を運送する事業 ・つまり、トラックを使用して他人から運送の依頼を受け、荷物を運送し、運賃を受ける場合のこと 国土交通省 中部陸運局「」より と記載されています。 一般貨物自動車運送事業を開始するには、国土交通大臣または地方運輸局長の許可が必要です。 許可をもらうためには、国土交通省の公示「一般貨物自動車運送事業及び特定貨物自動車運送事業の申請事案の処理方針について」に従い、以下の基準を満たさなければなりません。 この運送約款は引越しにおいて契約書の代わりを果たす重要な書類ですので、公的機関から許可を得ている一般貨物自動車運送事業の会社なら安心です。 引越し費用の相場が把握できる 一括見積もりサービスは依頼完了後に、引越しの見積もり相場を算出して表示します。 この相場費用は、申し込み内容を元にして、これまで当サイトに寄せられた口コミ情報から集めた運搬代金をもとに計算されています。 相場金額を目安にして、各引越し業者から届くご自分の見積もりが安いか、高いかの判断材料としてご利用ください! <見積もり相場の表示例> 引越し見積もりを比較して一番安い業者が見つかる 見積もりの取り方の1つに 「相見積もり」と呼ばれるものがあります。 一括見積もりサービスを利用すると、簡単に相見積もりができるため、一番安い引越し業者を見つけることができます。 相見積もりとは 複数の業者から見積を取る事(見積書を提出してもらうこと)を相見積(あいみつもり)と呼ぶ。 相見積もりは、組織が行う場合、個人が行う場合とある。 例えば、個人が財やサービス(家、自動車、機械、工事、等々)の発注・購入を実行しようとしている時など、特に入札などという制度を行わない場合であっても、見積を複数の業者から取っていれば相見積と呼ぶ。 仮に、役所などで行われている入札制度という文脈に限定した際、品質・価格・納期等以外の不透明な判断を入れない場合は「相見積を取る」は「概ね価格で業者を選定する」ということになるので、「競争入札」とほぼ同義になる。 相見積が行われる目的は複数挙げられる。 例えば、最終的な発注・購入価格を抑えたい場合、似たような価格でも品質がより充実したものを選びたい場合、納期が短いものを選びたい場合が考えられる。 見積もりを業者に行わせるということは即ち、見積の対象が、あらかじめ値札がついているような商品・サービスではなく、仕様の策定や、納期の設定などによって、はじめて価格が提示されうる性質を持つものとなる。 より 引越し業者の見積もりは定価がないので、料金を安くするにはこの「相見積もり」が有効な手段です。 一括見積もりサービスで依頼をすると、引越し業者は「他の業者より安い見積もり料金にして依頼を取ろう!」と値引きをするので、最安値の業者を探しやすくなる仕組みです。 場合によっては、見積もり金額の最低額が、最高額より50%も安くなることがあります。 引越し一括見積りサービスのデメリット 引越し一括見積りサービスのデメリットは、見積もりの依頼までしか完結できないところです。 そのため、引越し業者を決定した場合、その業者と契約をするために再び連絡を取る必要があります。 「急いでいる人」や「すぐに業者に依頼したい人」には煩わしいので不向きと言えるでしょう。 そういった方には、引越し侍の 「引越しネット予約サービス」がおすすめです。 ネット予約サービスは、希望する条件を入力すると業者の見積もりやサービス情報がその場で表示され、気に入った業者にそのまま予約まで可能です。 オンラインで引越しの依頼まで済ませたい方は、ぜひをご利用下さい。 引越し一括見積もりサイト利用の流れ 引越し侍の一括見積りサービスは単身、家族、オフィスの移転はもちろんのこと、自宅のリフォームやトランクルームに荷物を一時的に預けたい方や、海外へ引越しする方にもご利用いただけます。 どなたでも無料で簡単に利用できる一括見積もりサイトの流れを紹介します。 住所や建物タイプなどの基本情報を入力 荷物リストより運搬を予定している家財道具荷物の数量を入力。 運送するお荷物が決まっていない場合や、を希望される方は未入力で次のページに進んで下さい。 荷物リストにはテレビ・冷蔵庫など家電製品をはじめ、ベッド・布団や仏壇・自転車・バイク、エアコンの移設台数などの選択項目があります。 ダンボールの数量について、梱包前で正確な数がわからない場合は概算の個数を入力してください。 およそ、1人あたり10~20個がダンボールの目安です。 また、付帯サービスを希望する方は依頼したい作業にチェックを入れてください。 荷造り、梱包、荷ほどき、不用品の処分など選択できます。 建物への養生作業は多くの業者が引越しの基本サービスとしているため付帯サービスの依頼項目にはありません。 確認したい方は直接引っ越し業者へお問い合わせください。 引越し見積もりの依頼完了&相場の紹介 最後に入力内容を確認し、問題なければ依頼ボタンを押してください。 これで、一括見積もりの依頼は完了です。 入力内容をもとに相場費用が算出されますので、次のページで確認しましょう。 当日中にメール・電話にて見積りの料金案内 引越業者からの見積り連絡は早ければ依頼して即日、遅くても2日以内に入ります。 ただし、繁忙期(3月、4月)は引越し希望者が多いため、連絡が遅れる可能性があります。 お申込み内容の控えと、ご利用者限定のお得なキャンペーン情報をお送りいたします。 引越し業者からの見積もりメール お見積りのご依頼ありがとうございます。 弊社、担当よりお電話させて頂きますので、宜しくお願いします。 ポイント1. 引越し希望日を見積もりが割安な日に設定する 引越しの希望日は、平日は数が少なく土日祝に依頼が集中するため料金が割高になります。 そのため、週の真ん中にあたる平日である火・水・木曜日は、比較的値段が安くなりやすい傾向にあります。 参考: サカイ引越センターの「運賃が安くなるお得日カレンダー」を見ても、週の中日は安く、休み前の金曜は土日と変わらない通常料金であることがわかります。 引用: より 引越し日のスケジュールが動かしやすいという方は、上記の様に「見積もりが安い日」を探して希望を出すのがおすすめです。 ポイント2. 作業の時間指定は見積もりが安い午後がねらい目 引越しの搬出作業の開始時間は、午前中に集中しやすく、午後を希望する人は少ない傾向にあります。 例えば、ある引越し会社の1日のスケジュールでは、午前中に引越しの依頼を1件こなして、午後は依頼が全く入っていないという日もあります。 引越し業者からしてみれば、トラックや作業員を遊ばせておくのはもったいないため、午前・午後もフル稼働でスケジュールを埋めることが理想です。 逆に、午後のスケジュールが空いているのであれば、値段を安くしても依頼を受けたいと考えている場合もあります。 こういった事情から、引越し料金を安くしたい方は、一括見積もり依頼フォームの「ご希望時間」は「いつでも」を選択しましょう。 参考: 「いつでも」を選ぶことで、引越し業者側は都合のよいスケジュールを組むことができ、時間指定した見積もりと比べて安くなります。 ポイント3. 引越し見積もりのプレゼントキャンペーンを利用する 引越し侍では、一括見積もりサービスを利用して引越しをした方を対象に、プレゼントキャンペーンと利用特典を用意しています。 引越し代金最大10万円キャッシュバックor新生活応援グッズプレゼント 引越しに掛かった代金を最大10万円までキャッシュバックするか、新生活に欠かせない家電などをプレゼントするキャンペーンです。 キャンペーン期間中に一括見積もりサービスをご利用いただき、応募条件を満たした方に抽選でプレゼントいたします。 詳しくは、「」をご覧ください。 引越し一括見積もりサービスの利用特典 一括見積もりサービスを利用したすべての方を対象にした特典です。 不用品の処分や家庭の電力の切り替えなど、様々な新生活に便利なサービスを提供しています。 引越し見積もりサービスで失敗しないための注意点 当サイトを便利に失敗することなく利用いただくための注意点を紹介します。 入力する情報は正確に 見積もり料金の算出と相場費用のシミュレーションには荷物量や引越しの条件などできるだけ正確な情報が必要です。 実際に引越しをする内容と異なると、正確な料金を計算することができません。 また、電話番号やメールアドレスに誤りがあると引越し業者からの連絡を受けられませんので注意してください。 一括見積もり依頼時に入力内容を失敗した場合 入力内容を間違えてしまった、引越し業者より連絡がこないなどの場合は問い合わせフォームよりご連絡ください。 連絡のつきやすい時間帯にサイトを利用する 一括見積もりを利用すると各社より電話やメールの連絡がきます。 大手の引越業者では専門のサポートスタッフを用意しているので早ければ依頼して数分後に連絡がきます。 受電が可能な時間に依頼しましょう。 引越し見積もりの電話営業を迷惑に感じる人におすすめのサービス 一括見積もりは、複数の引越し業者からの料金の案内を、電話またはメールにてお知らせいたします。 そのため、一度にたくさんの業者から連絡が入ることをご迷惑に感じる方もいます。 こういった電話連絡を迷惑だと感じる人は、まずはネット上で見積もり料金の確認ができる「」がおすすめです。 見積もりシミュレーションは簡単な入力をすることで、自分の引越しにかかる料金を概算することができますので、ぜひ活用してください。 引越し見積もりの一括比較サービスまとめ 引越しの一括見積もりサービスは、 複数の業者に対してまとめて見積もりの依頼ができるため、1社ずつ連絡する手間が省けます。 加えて、相見積もりができるため、一番安い引越し業者を見つけることができます。 皆さんの引越し費用が少しでも安くなるよう、ぜひ引越し侍の一括見積もりサービスを利用してみてくださいね! <引越し業者選びに役立つページ> 引越し侍が提携する全国の優良な引っ越し業者の一覧 引越し侍の利用者アンケートをもとにした満足度ランキング 価格の安い引っ越し業者ランキング 引越し侍を利用して実際に引越しをした方の口コミ・評判を紹介 <引越しの見積りに関するページ> 引っ越し業者へ見積もりを取る際のコツや注意点を掲載 引越しの見積りを安く抑えるために実践したい10項目を紹介 引越し業者に見積もりを依頼するのに最適な時期を紹介 あなたの引越し見積もりがいくらになるかの概算シミュレーター <引っ越し費用や料金に関するページ> 引っ越しの荷物量・運送距離・時期・間取りごとの相場を紹介 一人暮らしの方が引っ越し業者へ支払う費用の相場を紹介 引っ越し代金だけでなく、賃貸物件の契約費用まで含んだ引越し費用について解説 家族で引っ越しする際に引越し業者へ支払う料金の相場を紹介 <引越し業者のプランに関するページ> 引越し会社が一人暮らしの人に向けて用意したプラン・パックの説明から料金相場、運べる荷物量を紹介 荷物が少ない方向けの引っ越しプラン <引っ越しの準備や手続きに関するページ> 引っ越しの際にやること・段取りのリスト 役場関係やライフラインなど引っ越しで必要な手続きのリスト 荷物の梱包方法やダンボールの入手方法などについて解説.

次の

引越し業者おすすめ7選+1|見積もり・業者の選び方まとめ

引っ越し 見積もり おすすめ

引越し業者を決める前に見積もりを必ず取ろう 引越しの場合は条件によって費用が変動するので、業者を決める前には見積もりを取って検討することがポイントです。 また、見積もりはひとつの業者からだけでなく複数業者 参考目安は6社程度 取った方がよいでしょう。 過去に利用したことがある業者でも、プラン内容に変化が生じたり、時期によっても費用が変わる可能性があるため、見積もりを再度お願いするべきです。 見積もりを依頼した際の返事のスピードや内容なども、サービスの質を推し量るポイントとして参考にすることができます。 一括見積もりだと引越し業者を簡単に比較できる 見積もりを取る際には、一括見積りサービスを使うと、簡単に複数の引越し業者から見積もりを取れます。 複数の見積もり価格を比較すると、一番安い引越し業者が見つかります。 また、料金だけでなく口コミも比較して確認できるので安心です。 24時間いつでも簡単に引越し業者の比較が可能なので、忙しい方には助かるサービスでしょう。 おすすめの引越し業者一括見積もりサービス では、引越し業者の一括見積りサービスにはどのようなものがあるのでしょうか? どのような見積もりサービスがあるのかわからない方のために、おすすめの引っ越し業者一括見積りサービスとその特徴をご紹介していきます。 特におすすめのサービスを2つご紹介しますので、ご自身に合ったものを利用してみてくださいね。 SUUMO引越し見積もり 「SUUMO引越し見積もり」は、リクルートが運営する知名度抜群の住宅情報サイトSUUMO スーモ の引越し見積りサービスです。 大手はもちろん地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかります。 SUUMOの引っ越し見積りのポイントとしては 電話番号なしで申し込みが可能である点が挙げられます 名前とメールアドレスは必須。 一括査定にありがちな営業電話がたくさんかかってくるといった煩わしさがなく、メールであればご自身のペースでやりとりをすることができ、利用しやすいサービスとなっているため引越し侍と共にぜひチェックしてみてください。 対応エリア 全国 サービスの特徴• 最大50%安くなるSUUMOだけの特典やプランが充実• 大手から地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかる• 電話番号の入力は任意のためメールでやりとりを完結できる• サイト上で簡単に引越し料金をシミュレーションできる 引越し侍 引越し侍の料金一括比較サービスは、サカイ引越センターやアーク引越しセンターなど、大手の引越し業者を含む 全国300社以上の業者と提携しているため、一度にまとめて料金を見積もることができます。 日時や荷物を入力し料金やサービス内容を比較し、自分に合った引越し業者を簡単に選ぶことができるため、これから安心して引っ越しをしたい方は利用してみてはいかがでしょうか。 対応エリア 全国 サービスの特徴• 最短1分で引越料金の相場がわかってその場で予約可能• 大手から地域密着の業者まで、全国300社以上と提携• 予約or見積もり完了でキャッシュバックなどのキャンペーン有• プランやサービスを含め、情報は変更になる場合があるため、最新の情報は各業者のウェブサイトなどでご確認ください。 サカイ引越センター サカイ引越センターは、大阪府に本社をおく引越し業者です。 創業は1971年。 専業の引越し業者の中ではトップクラスの売上を誇り、最大手といえます。 幅広いニーズに対応できる7つの引越しコースがあり、トータルサポートが必要な場合は『らくらくコースプレミアム』、荷造りや荷ほどきを自分でするかわりに費用を抑えたい場合は『せつやくコース』など、希望に合わせて選べます。 また、有料オプションで、引越しを機に処分したい家電や家具を引き取ってもらうことも可能です。 サカイ引越センターの口コミ どの作業員の方もテキパキと作業されていたし、新居を傷つけないように慎重に作業しているのがよく分かったので安心してお願いできました。 梱包が間に合ってなかったものも知らない間に旧宅からトラックに詰め込まれていてびっくりしたほどです。 たいへん満足しております。 引用元: 対応エリア 北海道から沖縄まで全国180個所以上に支店あり 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 創業40年以上の業界最大手で安心• 予算や希望に合わせて最適なプランを提案してくれる• 訪問見積を依頼するとお米1㎏プレゼント アート引越センター アートコーポレーション アートコーポレーションは、大阪府に本社をおく引越し業者です。 引越しパックは単身と家族でわかれており、ニーズに合わせてさらに細分化されたコースを選ぶことができます。 また、学生がおトクな『学割パック』、女性スタッフが作業を行う『レディースパック』、60歳以上の方からの整理整頓に関する相談にも対応している『シニアパック』といった、特徴的なサービスも展開しています。 アート引越センターの口コミ まず、自分が思っていた金額よりも安かったこと。 当初の予定では、作業員の方が二人で対応する予定だったが、引っ越し当日3名の作業員がきてくれた。 その為、荷物の搬出及び搬入が非常に早く、移動(搬送)時間を含めても2時間以内で完了しびっくりしました。 お得感があり非常に満足しています。 引用元: 対応エリア 日本全国 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 創業50年以上、引越し業者のパイオニア• 引越し希望日前後で日程をおまかせすると料金が半額に• 郵便や新聞の転送など面倒な移転手続きを無料で代行• 引越し後1年以内の無料家具移動や段ボール引取無料など、独自のきめ細かなサービスが多数 お問い合わせ アーク引越センター アーク引越センターは、愛知県に本社をおく専業の引越し業者です。 実践教育を受けた自社専門スタッフのみが引越しを担当することが特徴です。 引越しプランには、単身用や家族用といった一般的なプランもありますが、結婚して新生活を始める方に適した『おふたりのお引越しプラン』や、新居を建てた方に適した『建て替えプラン』、大型のものだけを運ぶ『大物限定プラン』などがあり、個人の細かいニーズに合わせたサービスを提供しています。 アーク引越センターの口コミ 時間通りに来ていただき、作業も素早く行っていただいてとても助かりました。 大型の家具をお願いしたのですが始める前にどのようにやるのか説明していただき丁寧に運んでくれたので安心してお願いできました。 とても自分たちでは運べない物だったので、業者の方に頼んでよかったです。 引用元: 対応エリア 日本全国に200拠点 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 実践教育を受けた自社専門スタッフのみが引越しを担当• お客様の声などを活かし独自開発したオリジナルの梱包資材が多数• 独自の引っ越しお得日カレンダーを毎月更新 お問い合わせ ハート引越センター ハート引越センターは、東京都に本社をおく引越し業者で、設立は1992年です。 これまでに紹介してきた引越し業者と比べると若い会社ですが、営業所は北海道から九州まで全国の広い範囲にあります。 さらに、引越しは国内だけでなく海外まで手掛けています。 プランは『スタンダードプラン』『エコノミープラン』『パーフェクトプラン』『エクセレントプラン』の4つがあり、任せる作業内容によって選ぶことができます。 基本的な作業内容には、家具梱包、搬出入、輸送、セッティングがあり、プランによって小物梱包・収納とハウスクリーニングが含まれます。 さらにオプションとして、インターネット回線取次、電気工事、ペットの輸送などが追加可能です。 ハート引越センターの口コミ 他の引っ越し業者よりも値段が安かったのが選んだ決め手でしたが、従業員の方々は感じが良く熱心に作業してくださったり、当日悪天候の中一生懸命作業してくださいました。 段取りも良く、とてもコスパが良いと感じました。 引用元: 対応エリア 日本全国だけでなく海外への引越しも対応可能 電話問い合わせ有無 あり 特徴• LINE査定も依頼できる、独自の家具・家電買取サービスあり• 高齢者施設への引越しにきめ細かに対応する安心プランも• 法人の事務所移転による引越しも専門スタッフが対応 お問い合わせ 日本通運 日本通運は、設立から80年以上の歴史がある大手物流業者です。 輸送関係の事業を多く手掛けており、その中に引越事業も含まれています。 そのため形式上は兼業業者といえますが、全国に37支店230店舗をもつ大規模な事業であり、引越しプランも複数あるため、サービスの豊富さは専業と同等であるといえます。 プランはシンプルな分類がされており、まず大きく単身と家族の2種類にわかれ、単身の場合は主に荷物の多さ・大きさと距離で細かくサービスを選ぶことができる一方、家族の場合は箱詰めなどの任せる作業の範囲によってサービスを選ぶことができます。 さらにオプションサービスでは、不用品の引き取りや家事手伝いのほか、エアコン工事や盗聴器・盗撮器探査といった特徴的なサービスも利用することができます。 参考: ハトのマークの引越センター 全国引越専門協同組合連合会 全国引越専門協同組合連合会が本部の『ハトのマークの引越センター』は、全国の専門業者によって構成されている組織です。 組合員は175社あり、地域に密着したサービスに力を入れています。 また、オプションサービスも豊富です。 たとえば、家電やピアノ、車などの大型の荷物の移送を行っていたり、引越し後の掃除や荷物の預かりにも対応していたりと、利用者になるべく手間がかからないような手厚いサービス内容となっています。 参考: 赤帽 赤帽は、個人事業主で構成されている組織で、引越しのほか、定期配達や大きな貨物の配達など、運送関係に広く対応しています。 赤帽での引越しの特徴は、貸し切り便で荷物の積み替えがないことや、利用者の事情に合わせた柔軟な対応などが挙げられます。 たとえば、一部の大きな荷物だけ運んでほしいという場合や、住居周辺の道が狭く荷物の運び出しが難しいという場合などです。 また、昼間は忙しいため夜間に引越しをしたい、というケースも相談を受け付けています。 参考: 番外編|引越しx不用品の買取 トレファク引越し トレファク引越しは引越し作業と一緒にいらなくなった物を買取を行ってくれるサービスです。 転居先に持っていく必要がない物を引越しと同じタイミングで楽に処分できるので非常に便利です。 プランナーが自宅に訪問し、引越しと同時に見積もりを取り、引越し当日に引き取りを行います。 そのため、不用品は引越し直前まで使用できます。 家具、家電、楽器、アウトドア用品などあらゆる品物の買取に対応しているので、一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。 そのほかにも不用品を処分する方法は様々あります。 無料回収はもちろん、運がよければ買取価格がつくものもあるかもしれないので、処分方法はしっかり選ぶことをおすすめします。 不用品の様々な処分方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を合わせて読んでみてください。 引越し業者の相場を知ろう 引越し費用は時期や距離、荷物の量によって変動します。 自分の引越しのおおよその相場を知ることで、見積りを取ったときにその提示された引越し費用が適正であるかどうかがわかります。 例えば、引越し業者には引越しを専業でおこなっている業者と、兼業の業者の2種類あります。 どちらも運送業者であるという点では同じですが、兼業業者の場合は一般的な運送業務をメインで行っていて、申し込みに応じて引越しにも対応したり、会社の一部に引越し部門があったりするパターンが代表的です。 会社や事業の規模が異なるため、同じ種類の業者でも一括りにすることは難しいのですが、ノウハウの点では専業、価格を抑えるという点では兼業の業者に期待できます。 また引越し費用を安く抑えるポイントも知っておくとお得に引越しができるかもしれません! 引越し業者の最適な選び方 引越し業者はたくさん存在しているため、どういった基準で選べばいいのか迷ってしまうことがあります。 では、どういったポイントに注目していけば良いか選び方をいくつかご紹介していきます。 料金の安さで選ぶ 一番気になるのはやはりいくらで引越しができるのか?という部分ではないでしょうか。 業者により価格の差は明確に存在しているので、「とにかく安く引越しを済ませたい!」という方は選び方の重きを料金に置いて、一括見積りや業者同士の直接交渉等をうまく活用していくことをおすすめします。 オプションの豊富さで選ぶ 引越し業者ごとにあらゆるオプションサービスを用意している場合があります。 例えば、以下のようなものがあります。 エアコン取り外し・取り付け」• パソコン設定サポート• 不用品の買取• 造園サービス 他にも、荷物搬入前のハウスクリーニングや新聞手配、盗聴器発見などユニークなオプションも存在します。 ご自身の引越しの荷物や転居先の状況にあわせてオプションサービスが豊富な業者を選ぶことも考えられます。 知名度で選ぶ 引越し作業の丁寧さや実績を重視する方は知名度で選ぶことも大切です。 全国対応の大手引越し業者は作業員の研修の充実、転居先の保護などサービスが徹底しています。 安心感を求めるならこちらの選び方も大切です。 引越し業者の見積もり・手配はいつまでにすればよいですか? 引越し予定日の2ヶ月~1ヶ月前までに済ませておきましょう。 直前では予約が埋まってしまうため早めの見積りをおすすめします。 安い料金で引越ししたいのですが? 複数の業者への一括見積もりがおすすめです。 希望日に最も安い料金で引越しできる業者を簡単に見つけることができます。 詳しくは「」をご覧ください。 引越し業者の見積もりはメールでも可能ですか? 基本的にはメールまたは電話での見積もり連絡となりますが、一部の一括見積りサービスによっては電話番号の入力が不要な場合もあります。 インターネット環境も引越しに合わせて申し込みを 引越しと一緒に検討したいのがインターネット環境です。 フレッツ光は加入数1,730万回線を突破しているインターネット回線です。 ADSLよりも高速でネットサーフィンはもちろん、動画やゲームもサクサク快適に楽しむことができ、月額1,000円台からプランからのプランが用意されているため、非常にお得な料金で通信制限もないため思う存分高速インターネットを使うことができます。 引越ししてすぐにインターネットを利用したい方は事前申し込みをしておくことをおすすめします。 すでに契約している回線がある場合の解約 乗り換え 等の相談も可能で、キャッシャバックといったキャンペーンをうまく活用してお得に契約することができるため、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 カシモWimaxもおすすめ! カシモWimaxは家でも外でもネットが使えるモバイルルーターのサービスプロバイダです。 業界最安級の月額1,380円から利用でき、端末台や初月の月額料金も無料のためお財布に優しい料金設定となっています。 3年間利用した場合、最大で約6万円もお得になります。 光回線を繋ぐまでもないがネットは不便なく使いたいという方におすすめです。 参考: まとめ 今回ご紹介した中には、名前を聞いたことがある引越し業者もあるのではないでしょうか。 しかし、名前を知っていたとしても、これまで引越しをしたことがなかったり、毎回手伝ってくれる知り合いがいたりして業者を利用したことがない場合には、名前は知っていてもどのようなサービスを提供しているのかがわからなかったりすることもあります。 それぞれの業者を比較してみると、似たようなプランを用意していても細かいサービス内容に違いがあったり、業者によってはオプションサービスが特徴的であったりすることがわかります。 自分に合いそうな業者を見つけたら、一度見積もりをとったり、詳細を問い合わせたりしてみてはいかがでしょうか。

次の