ハエ 男 の 恐怖。 Amazon

Amazon

ハエ 男 の 恐怖

刺激に弱い方は閲覧を控えて下さい。 久々に、というか数十年ぶりにホラー映画「ザ・フライ」を見ました。 1958年に公開された同名の映画(邦題は『ハエ男の恐怖』)のリメイク作品。 1989年には続編『ザ・フライ2 二世誕生』が公開された。 by Wikipedia 1987年に日本公開されたザ・フライ。 あなた(閲覧者)もまだ生まれてなかった頃、 私はテレビの前で布団を被ってヒイヒイ泣きながら観ていました。 もしまだ見たことがないって方は、 当ページをキッカケに視聴してみてはどうでしょうか。 ハエ人間・ハエ男、なんて古臭い題材じゃん、 などと笑えないほど怖い体験をするかもしれませんよ。 カテゴリー• 25 記事投稿の月別表示• 4 固定ページ•

次の

ハエ男の恐怖

ハエ 男 の 恐怖

ご注文、決済が完了しましたら、Amazon配送センターより迅速に発送されます。 ご了承ください。 その際は、Amazonカスタマーセンター フリーダイヤル:0120-999-373携帯電話よりは011-330-3000 までお問い合わせください。 出演:• 監督:• 形式: 色, ドルビー, 限定版, ワイドスクリーン• 言語: 英語• 字幕: 日本語, 英語• リージョンコード: リージョン2 このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。 詳細についてはこちらをご覧ください• 画面サイズ: 2. 35:1• ディスク枚数: 1• 販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント• 時間: 96 分• カスタマーレビュー:• ASIN: B0009J8CF2• JAN: 4988142292322• Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,129位• 思わず目を覆う、戦慄のエンディング! しかし、装置の中に1匹の蝿が紛れ込んでいたために頭と手だけが蝿の"蝿男と化してしまう。 自分の頭を持つ分身蝿を探すうち、徐々に人間としての意識が薄らいでいくことを感じた彼は、やがて絶望の淵へと追いやられていく……。 原作はジョルジュ・ランジュランの小説「蝿」。 物質転送装置を開発した科学者アンドレ アル・ヘディソン は、自らの身体を使って実験中、装置に一匹の蝿が紛れ込んでしまう。 アンドレは人間と蝿両方の特徴を持つ蠅男となり苦悶する。 今日の基準からすればホラーと呼ぶべき内容だが、「蠅男の恐怖」は決して恐怖描写だけを強調したり、グロテスクなメイクで必要以上の嫌悪感をかきたてるものでもない。 その静かなタッチは文学的とさえ言える。 蠅男と化し、妻と子供にもその姿を見せられないアンドレの哀しみ。 そして驚愕のラストシーン。 映画史上最も悲しい「HELP ME…」のセリフが発せられる。 その衝撃は脳裏に焼き付くこと必至。 恐怖映画の名優ヴィンセント・プライスがアンドレの弟役で出演。 翌年製作された続編「蠅男の逆襲」との橋渡し役を務めている。 斉藤守彦 内容(「キネマ旬報社」データベースより) ジョルジュ・ランジュランの原作を映画化したSFホラー。 科学者自らが行った人体実験。 しかし、その実験中に一匹の蝿が紛れ込んでしまい…。 内容(「Oricon」データベースより) 物質転送装置の実験の最中、偶然にも装置の中に紛れ込んでいた一匹の蝿と融合し頭と手が蝿と化してしまった科学者の恐怖を描いた戦慄のクラシック・ホラー。 先日『アルタード・ステーツ』をレビューした際に触れたクローネンバーグの『ザ・フライ』のオリジナルである本作を思い出し鑑賞。 SF 、ミステリー、ホラー、どのように見ても素晴らしい一作であった。 当方、モンスター、怪物モノの知識はあまりないが、原作とともに本作の評判はきいていた。 スチールを見てチープなつくりかと想像したがシネマスコープだし脚本はしっかりしているし俳優がみな堂々たるものであった。 ゴメンナサイ。 深夜の電子工業会社に2度響きわたるプレス機の音、守衛は頭部と左手を粉砕された男を発見する・・。 なんとも不気味な空気で本作は幕を開ける。 すぐにその妻が犯行を自白するが、動機だけは頑として語らない。 異常に蠅に反応する妻。 やがてことの顛末が妻の回想で語られるがそれはにわかに信じがたい怖しくも悲しいものだった・・。 なぜ妻は愛する夫をあやめたのか?何が2人の間に起きたのか?ミステリー・タッチで映画は進む。 天才科学者の夫は瞬間物質転送器を開発した。 しかし自身の転送実験の際、機械の中に1匹の蠅が紛れ込み、2つの生体分子は混じり合い、夫は「蠅男」になった・・。 布を被っているが頭部(横溝正史みたいでした)と左手がハエになってしまった(『ザ・フライ』では「融合」渾然一体(笑)となり、徐々に変身が進行していくことが恐怖だった)のである。 夫は頭が白い蠅がいるはずで、それを生きたまま捕えて分解・再結合すれば元に戻る(つまり2つに分かれるところが『ザ・フライ』と異なる)という。 しかし蠅のDNA?が優位に立ち、判断力、意識レベルが落ちていく。 左手は勝手に動き出す・・。 (これはキューブリック『博士の異常な愛情』でセラーズがパロっているのか?)。 はやく捕まえなければ。 この探索は地味だがタイムリミットがありサスペンスフルだ。 しかし夫と妻の絶望は察するに余りある。 それでもお互いに現状をなんとかしようと苦闘する姿は感動的でさえある。 自暴自棄になり自害を決意した夫は研究室を破壊。 ここは蠅男の感情が爆発するシーン。 ゾッとする。 もう蠅が見つかっても元には戻せない。 No Returnである。 こちらまで胸苦しくなるような生々しさ。 黒板に書いたI love you…自害を手伝う妻の諦観と絶望と強さ。 そして驚愕のラスト。 警部の行動。 Help! の「アイツ」の声が甲高く鳥肌モノ。 しかし蜘蛛に食われることや、「あの姿」で生きながらえることを想像するのもまた恐ろしい・・。 本作の恐怖は半人半獣(ケモノではないが)、「変身」の恐怖であり、それ以上に暗澹たる後悔と絶望の映画である。 私が一番ゾッとしたのは、ネコを転送する場面である。 失敗し再結合することができなかった。 ネコは分子のまま永遠に異空間をさまよう・・。 空間のどこかから悲しげな鳴き声だけがする。 「にゃ~」・・。 ひえー。 そして転送された皿。 Made in Japan. のアイディア。 そして複眼の蠅男から見た絶叫する妻の見せ方。 ウマい。 これらは本編をご覧ください。 監督(カート・ニューマン。 本作以外はしらない)や撮影がおもいのほか丁寧かつ王道。 悲劇的でおどろおどろしい音楽も重厚(ポール・ソーテル)で、テーマが流れるオープニングクレジットもグラフィカルでセンスが感じられる。 本作はおそらく30年代から続いてきた異形、怪物、変身モノの系譜に連なる作品であり、急速に50年代に発達した現実の科学進歩のSF的趣向を採りいれたものと勝手に推測する。 探究心による悲劇・惨劇という点で『フランケンシュタイン』の後継であり、自身を被験者とする科学者映画『アルタード・ステーツ』などの先駆けではないか。 また日本の空想特撮科学モノ(『ウルトラQ』等)やアメリカの『事件記者コルチャック』等にも影響を与えたと思う。 ホームドラマ風味も生かした第1級の悲しきホラー・ムービー。 古典でありながら現代にも通じる先駆性と普遍性を併せ持っている。 The Fly 1958 U. 20th Century Fox Color 「ザ・フライ」としてリメイクされましたが、本家のほうがずっと怖い。 物質を瞬間移動させる装置を開発した科学者が、動物実験の成功により、自ら装置に入るのですが、その時、彼の背中には一匹のハエが。。。 頭部と片腕がそのまんまハエと入れ替わるのですが、それがすんごく怖い。 奥さんがいて、研究室の黒板で筆記しながら意思を伝える場面や、頭部を覆っていた布が落ちて、奥さんが悲鳴を上げる場面など、小さい時に一度観ただけですが鮮明に覚えています。 また、子供が庭の蜘蛛の巣に変なハエが捕まっているのを発見しますが、人の顔で、人の声で叫んでいるのです。 ああ、怖い。 あまりの怖さに最後まで観れなかったのか、結末は覚えていません。 SFホラーファン必見の一本です。 子供の頃、テレビで何度も見た映画なのですが、やっぱりラストシーンの印象が強烈に残っています。 幸いトラウマにはなりませんでしたが、初めて見たときは、あの叫び声がしばらく頭にこびりついて離れませんでした。 クローネンバーグによるリメイクの予告編が付いていますが、同じセリフが使われています(シチュエーションは違うのですが)。 V・プライスの語りが入った本作の予告もちょっと良いです。 あとこの映画、シネマスコープだったのですね。 今回、はじめて知りました。 映画の出来としては、話の運び方がミステリー仕立てになっていて、なかなか良く出来ていると思います。 当時としては、物質転送装置というもの自体がSFらしくてワクワクさせられました。 今の目で観ると、ホームドラマっぽいところもありますし、ちょっとのんびりした感じがするかもしれませんが・・・。 昔のSF映画、モンスター映画が好きな人にお奨めします。 ジョルジュ・ランジュランの小説「蠅」をカート・ニューマン監督により映画化された「蠅男の恐怖(The Fly)」が公開されたのは1958年 のことでした。 この映画「蠅男の恐怖」は公開前から前評判が高く、国内では各種雑誌や少年漫画雑誌等において、蠅男のスチール写真やあらすじが書かれ ていて、物体を原子状にして電送するという斬新なアイディアや機械のトラブルから人間と蠅がキメラ状態になって復元合成されるというス トーリーは一大センセーションを巻き起こし、第一次ベビーブーム世代の人間にとっては忘れることの出来ない恐怖映画でした。 当時のわが国では、「透明人間」と「蠅男」が空前のブームになっており、村山三男監督により「透明人間と蠅男」が大映から公開され、ま た、1960年には東宝から「蠅男の恐怖」に登場する質電送装置のアイディアをパクッた「電送人間」が公開されましたが、あまりにもパクリ過 ぎていて、これは不評を買った作品となりました。 「蠅男の恐怖」が地方で公開されたのは1959年の小4の時でしたが、先にこの映画を視た年上の従兄の怖い話を聞いていると我慢出来ず、親 から何とか50円の映画代をもらいリアルタイムで視聴した映画でした。 蠅男は雑誌の写真で何度も見ていましたので、それほど怖くはありませんでしたが、アンドレが猫を未完成の物質転送装置で送信すると失敗 に終わり、猫の原子が永久に空中に漂ったままになり、空間から原子猫となった猫の鳴き声が聞こえた時は余りの怖さに鳥肌が立ったのを想い 出します。 また、この時、21世紀の未来にはこの物質電送装置が実現しているかもしれないと子共心に本気で思うほどでした。 映画が終わり、薄暗くなった映画館からの帰り道では、不意に後ろから蠅男が出てきそうな恐怖感に襲われ何度も後ろを振り返りながら帰っ た記憶が今でも蘇えります。 今、改めて、この映画を視ると、ちっとも怖くないのですが、蠅男になったアンドレが妻のヘレンを視ると複眼のため多数の顔に見える映像 表現、蜘蛛の巣に捉えられた人間の頭を持つキメラ蠅等のアイディアが秀逸です。 また、蠅男のアンドレが最後に妻あてに黒板に書く「LOVE YOU」にはグッとくるものがありますし、チャラス警部の「ハエの頭を持つ人間 を殺した妻が殺人犯なら人間の頭のハエを殺した私も殺人犯になるのだろうか。 」のラストの言葉による物語の落とし所は、まるで芥川龍之介 の短編小説を読むようです。 興味のある方は、「蠅男の恐怖」よりも、復讐のため人間を襲う蠅男が登場する、さらに怖い続編「蠅男の逆襲(The Return of the Fly)」 (1959年、モノクロ)や続々編「蠅男の呪い(Curse of the Fly)」もお勧めします。 そのアイディアやストーリー性といい、この映画は、現代でも十分通用する必見の恐怖映画です。 名高きクローネンバーグ監督の作品、「ザ・フライ」のリメイク元である。 リメイクでは科学者に起こるグロテスクな身体変化を、奇抜なSFXで生々しく再現したホラー作品だったが、こちらは時代が時代だったのか、そういう描写は控えめである。 しかし、怖さはリメイク版にも勝るとも劣らない。 終始、不気味に響き渡るハエの羽音、ややチープだがそれでもショッキングなハエ男の姿。 最もぞっとするのはやはりラストシーンだろう。 「ザ・フライ」では、ハエと主人公が遺伝子レベルで「融合」したことになっているが、こちらは遺伝子レベルで肉体の一部が「入れ替わった」ことになっている。 これがラストの伏線になっているのだが…。 これは自分の目で確かめていただきたい。

次の

映画「蠅男の恐怖(1958) 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ハエ 男 の 恐怖

概要 [編集 ] ソフト化された現在では『 蠅男の恐怖』と漢字表記を使用しているが、テレビ初放映(日本では劇場未公開)ではカタカナ表記の「ハエ男の恐怖」であった。 続編は『恐怖のハエ人間』というタイトルでテレビ放映された。 ハエ男のマスク製作は、20世紀フォックスのメイクアップ部チーフのベン・ナイとクレジットされているが、実作業は『』()や『恐怖のワニ人間』()のが担当している。 変身後の主人公が布で顔を隠す姿は、日本映画『』に影響を与えている。 ストーリー [編集 ] ある日、カナダ人物理化学者のアンドレが上半身を潰された状態の死体で発見される。 容疑者は現場から逃げてゆくのを目撃されたアンドレの妻のヘレンであり、彼女は義兄のフランソワとその友人のチャラス警部に信じられない話を語り出す。 物体を瞬時に別の場所に移動させる物質電送機の研究開発に没頭していたアンドレは、試行錯誤の末にカップや冷やしたシャンパンなどを用いて電送実験を成功させると、ついには自身を使って電送の人体実験を行った。 しかし、物質電送機内にが紛れ込んでいたため、電送の最中に両者が交じり合い、アンドレは頭と片腕がハエで、ハエは頭と足の1本(片腕)が人間という異形の体になってしまい、実験室から飛び去ってしまった。 アンドレとヘレンは、アンドレと入れ替わったハエを捕まえて再度物質電送機にかけることで元に戻そうと考えたが、頭がアンドレのハエはなかなか見つからないうえ、アンドレは自分の意識がハエの意識に変わっていくことに危機感を抱き始める。 やがて、研究をすべて破棄したアンドレは自身の痕跡も残らないよう、ヘレンに懇願して上半身を圧搾機で潰させたという。 ヘレンの意外な話をフランソワとチャラスは信じられなかったが、庭で衝撃的な証拠を目撃する。 そこでは、頭がアンドレのハエがクモの巣にかかり、助けを請うていた。 捕食される寸前のところでチャラスは石を落とし、そのハエを殺してしまう。 フランソワは、「頭がハエの人間を殺すことも、頭が人間のハエを殺すことも同じことで、あなたも人殺しだ」とチャラスに告げ、事件は自殺として処理された。 スタッフ [編集 ]• 製作・監督:• 脚本:• 原作:(『蝿』)• 撮影:• 音楽:ポール・ソーテル• 特撮:• メイクアップ:ベン・ナイ キャスト [編集 ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 フランソワ・ドランブル ヘレン・ドランブル 山崎左度子 アンドレ・ドランブル チャラス警部 エマ フィリップ・ドランブル チャールズ・ハーバート アンダーソン看護師 ベティ・ルー・ガーソン エジュート医師 ユージン・ボーデン 看護人 ハリー・カーター 夜警ガストン トーベン・マイヤー 検死官 フランツ・ローン 小島敏彦 精神科医 チャールズ・タネン 江原正士• NETテレビ版:初回放送 19:30-20:56『洋画特別席』• 日本テレビ版:初回放送 21:00-22:51『 』• 日本語吹替音声は共にソフト未収録、ソフト版字幕翻訳:。 関連作品 [編集 ] 続編 [編集 ]• 『蝿男の逆襲』(当時 [ いつ? ]の邦題は『恐怖のハエ人間』) リメイク [編集 ]• 映画『』(1986年のアメリカ映画、本作のリメイク)• 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年3月)• 映画『』 - 日本の特撮映画。 題名が類似しているが、公開は1957年であり、本作と直接の関係はない。 漫画『』 - バクスター・ストックマン ()がハエ男となってしまう。 漫画『』 - 第38話「透明巨人」にて、青年科学者の花房が物質伝送機で自らを伝送する実験のアクシデントにより、ウサギ、魚、ロボットと融合したモンスターと化してしまう。 漫画『』- ヒロインと猫が融合する。 科学者である父親と会話で、「ハエ男の恐怖』「ザ・フライでしょ」を繰り返し、父親が年齢を感じ落ちこむパロディがある。 漫画『』 - 転送装置が題材となっているが、こちらは科学者の妻とロバの意識が入れ替わってしまっている。 アニメ『』 - 第44話「怪人ハエ男」にハエ男が登場するが、こちらは不潔な生活をしていた人間の成れの果てという設定である。 アニメ『』-第43話「怪獣になったモンキ!? 」にて、科学警備隊のマスコットキャラクターに当たる小猿のモンキがヘラー軍団の物質転送装置により、ドストニー1号と融合してモンキ・ドストニーとなってしまうが、ピグを助けるためにドストニー2号と戦った末にドストニー2号もろとも発信元のヘラー軍団基地へ戻され、モンキは分離される。 特撮テレビドラマ『』 - 第42話「悪魔の使者 怪奇ハエ男」に、轢き逃げ事件を起こした冷酷非道なドラ息子の加納修を素体とした改造人間として、が登場。 劇場作品1作目『』にも登場する。 特撮テレビドラマ『』 - 第48話「コセイダー トカゲ人間の恐怖」にて、生体伝送装置開発中の宗方博士が実験用に入ってたトカゲと合体して頭がトカゲで身体が人間の「トカゲ人間」になってしまう。 アニメ『』-第51話「ちゃまちゃま大変身? ふざけんじゃネーコ! 」にて、主人公の御坊茶魔が御坊家の科学研究班が完成させた「細胞ミックスマシーン」で父親の亀光と融合しようと寝ている隙をついて亀光を細胞ミックスマシーンに入れて融合を試みようとしたら、カプセルを密閉し忘れていた為に寝ぼけた亀光に逃げられ、亀光が入っていたカプセルに入り込んだ蠅と偶然融合してしまって上半身が茶魔で下半身と全身のサイズが蝿という姿になってしまった。 ゲーム『』 - ステージ3「恐怖の町」のエリア3 研究所 のボスとして転送装置にもぐりこんだ男がハエと融合した「人面ハエ」が登場する。 ゲーム『』 - ポケモン預かりシステムの開発者のマサキ青年がある実験でポケモン転送装置の操作を誤り、ポケモンと合体した姿になってしまい、それを主人公に助けられるイベントがある。 アニメ『』-主人公のが同じような経緯を辿る(ただし蠅ではなく藪蚊)。 なおこちらは部下である及びとらの活躍により殺害は免れた。 アニメ『』-第8話Aパート「合成だよん」にて、デカパンがダヨーンのいたずらによって自らが発明した2つの物を合成させる機械「バッタンちゃん一号」で蠅と合体させられる。 彼を含め合成されたキャラ達は『』シリーズの悪魔合体のパロディで「今後ともよろしく」と言っている。 ゲーム『』「ハエおとこ」というモンスターが登場する。 脚注 [編集 ].

次の