ニュージーランド 旅行 ベストシーズン。 ニュージーランド旅行のベストシーズンはいつ?服装や気候も詳しく解説!

ニュージーランド旅行のベストシーズンはいつ?

ニュージーランド 旅行 ベストシーズン

ニュージーランドは美しい大自然と穏やかな気候に恵まれ、 海外旅行にも大人気! 南半球の陽気な気候を活かした特産物はどれも絶品なものばかりです。 そんなニュージーランド、実は 「都市や季節によって天気や気候・気温に異なる特徴」が多くあります。 一言にニュージーランドと言っても 北島と南島で準備する服装が大きく変わってくる季節もあるんですよ。 こちらの記事では、そんなニュージーランドの季節や気候についてまとめてみましたよ。 北島と南島での気候の違い ニュージーランドの気候は 主に北島と南島で区分されている特徴があります。 北島とは、ニュージーランドの北側に位置する島で、 不動の大都市オークランドや首都ウェリントンがあります。 対して南島はニュージーランドの北側に位置し、 世界遺産や有名ワイナリー、クライストチャーチ・クイーンズタウンなどの都市が有名です。 日本では、北へ行くほど気温が低いイメージがありますが、ここニュージーランドは南半球。 南へ行くほど気温が低くなります。 南島の山間部では雪が積もるところも! ニュージーランドで南島へ行く場合は、しっかりとその気温についても注意してくださいね。 冬に雪が積もることもほとんどありませんよ。 ただし 冬には「よく雨が降る」と言われています。 折り畳み傘を持っていくなど、降水量には注意しながら観光を楽しんでくださいね。 その気候を活かした有名ワインの産地が多いことでも知られている地域です。 日本に住む私たちにとっては「寒〜い日本の冬から逃れたい!」とニュージーランドに行けば常夏な気候が待っている、ということですね! ニュージーランドでは 夏と冬の気温差が10度前後とそれほど大きくない特徴も。 1年を通して過ごしやすい気候になっていますよ。 特に 北島は冬の降水量が多いことで知られています。 逆に 南島は「冬は一番雨が少ない季節」と言われています。 日照時間が長い ニュージーランドは、 夏であれば「21時ぐらいまで日が沈まず明るい」ほど日照時間が長い 国! 日本ではあり得ない環境に、きっとワクワクしてしまうことでしょう。 ただし、日照時間が長いということは 「紫外線対策」には十分気をつける必要があります! そもそも年間を通じて 紫外線が非常に強いことでも有名なニュージーランド。 その量はなんと 「日本の約7倍」とも言われているのだとか… 特に日中に外に出る場合は、暑くても 「シャツを着る」「帽子をかぶる」「サングラスをかける」この3つは必ず行うようにしましょう。 必ず1日中外出する場合は 真夏でも上着を持ち歩くようにしてくださいね。 それでは早速、ニュージランドで季節別の平均気温と服装について解説していきますよ! 9月〜11月(春) まず 「ニュージーランドの春=天気の移り変わりが多い」と覚えておきましょう! 日本では過ごしやすい気候でお馴染みの春季ですが、ニュージーランドの春は気候の変化が激しい季節! 真夏の陽気がやって来たかと思えば、翌日は凍えるほど寒くてニットを着ている… なんてことも珍しくないんです。 気候の変化が激しい春季のニュージーランドへ訪れる場合は、 上着やジェケットでコントロールするのがオススメ! 通常の上着とは別に、 厚手のパーカーやジャケットなども追加で1つ持っていくようにしましょう。 全国的に降水量も少ないので、雨の心配もせずに観光を楽しめることでしょう。 ただし、ニュージーランドの夏は 「紫外線対策」がマスト。 夏らしくTシャツに短パンという格好だけでは、紫外線の餌食になってしまい危険です。 薄手のシャツを羽織るか、 2時間置きにSPF 30以上の日焼け止めを塗るようにしてくださいね。 北部の暖かいエリアでは、 4月頃まで海で泳ぐことも可能です。 ただし、降水量が多くなるので 傘を持ち歩く日も増えることでしょう。 また、朝晩は一気に寒くなるので出かける際は 日本と同様セーター&コートの服装がベター。 このシーズンだからこそ堪能できる観光スポットの1つ 「テカポ湖」は、その美しすぎる光景が インスタ映えもバッチリです。 広大な庭園植物園のガーデンシティでは 春から夏にかけて楽しむことができる「バラ園」がベストシーズンになっていますよ。 【一番人気】マリンスポーツにおすすめ!夏 12月〜2月 北島・南島共に過ごしやすい気候が広がる夏季は、 ニュージーランドの美しい大自然を堪能できるアクティビティのベストシーズン!一番人気のニュージーランド旅行時期になっています。 南島・クイーンズタウン周辺では、 トレッキングや山登りをしながら世界遺産の大自然を堪能することができますよ。 雨がほとんど降らず、心地の良いお天気が続いていますよ。 大自然に囲まれてゆったり癒される時間を堪能するにもオススメの季節です。 秋の紅葉が色づき、美しい景色を見せてくれる山々は必見です。 特にクイーンズタウン近くにある 「アロータウン」という町の紅葉はとても有名! 秋に南島に行くなら是非チェックしておきたいスポットですよ。 ウィンタースポーツを楽しむ!冬(6月-8月) ニュージーランドの冬といえば、 ウィンタースポーツが楽しめる絶好のベストシーズン! 南島に降る良好な雪を求めて世界中から旅行客が訪れます。 6月には先住民族マオリの新年「マタリキ」を迎えるため、様々なイベントも開催されています。 冬のニュージーランドで忘れてはいけないのが、 期間限定の特産グルメ「ブラフオイスター」! ブラフオイスターとは、ニュージーランドで 「最高級」と称されるオイスター(牡蠣)のことです。 とても希少な料理なので、もしレストランのメニューにあれば注文することをオススメします。 そこで今回の記事では、特にニュージーランド旅行で人気の都市をリストアップして、気候の特徴についてまとめてみましたよ。 オークランド:雨が多い ニュージーランドの大都市オークランドは 他の都市と比べると降水が多いことで有名な地域。 特に夏以外の時季には 「シャワー」と呼ばれる通り雨が1日に何度も降ることもあり、気まぐれな天気に悩まされることも。 クライストチャーチ:冬の気温差に注意 ニュージーランド 最南端の大都市クライストチャーチは、南島の南島にある美しい街です。 ゴシック様式の建物などが多く、イギリスの文化を感じられることから 「イギリス以外で最もイギリスらしい町」と呼ばれています。 南島は、 北島と比べて降水量は少なく、比較的お天気な日が多い特徴があります。 ただし 冬の朝晩は、気温が気温が0度を下回るほどぐっと下がるので、厚手の服を準備して訪れるようにしてくださいね。 ウェリントン:風が強い ニュージーランドの首都ウェリントンは、北島の南端・国土の真ん中付近に位置しています。 「アートの街」とも呼ばれていて、街のあちこちでおしゃれなカフェや古本屋、ビンテージショップなどを見かけることができますよ。 そんなウェリントンの気候はというと… とにかく風が強いです! 春から秋の平均気温は20度前後と日中は暑い日が多いですが、風の影響で 「実際の温度以上に肌寒く感じる」ことも。 オークランドほどではありませんが、雨が降ることも多い地域ですので、折り畳み傘を持っていくと良いでしょう。 この名前は 「その台風が発生した場所」によって変わります。 つまり、サイクロンであってもタイフーンであっても「私たちが体感するものは台風」ということですね。 ニュージーランドでは、この3つの台風の中でも 「サイクロン」が一番馴染みのある台風。 サイクロン台風は 「オークランドでも年に数回程度しかやってこない」と言われています。 傾向として2月に台風が来たニュースをよく見かけますが「台風に長期的な予測ができない」のは日本と変わりませんよ。 通年を通して堪能できる絶品の特産グルメや、有名なワインもリーズナブルに楽しめるニュージーランドでは、 各都市を巡る周遊旅行も大人気! ただし 都市によって気温や気候の差があるので、 上着で上手くコントロールしながら旅を楽しんでくださいね。

次の

ニュージーランドの気温

ニュージーランド 旅行 ベストシーズン

先日、ついに憧れの ニュージーランド旅行を実現することができました。 オークランドや クライストチャーチ、 や マウントクックなど、素敵な場所をたくさん見て回ることが出来ました。 さて、ニュージーランドを旅行しようと思っている人にとって非常に気になるのが、• お金はいくらくらいかかるのか?• 旅行期間はどれくらい見積もればいいのか?• どの時期(季節)に行けば良いのか? この3点だと思います。 他の人はどう思うかわかりませんが、少なくとも私は旅行前にこの3つが気になりました。 というわけでこの記事では、以上の3点について私自身の経験を踏まえた上で解説していこうと思います。 NZ旅行計画の参考にしていただければ幸いです。 この記事の目次• NZ旅行に必要な日数は? 目的にもよると思いますが、たとえば今一番人気(?)の観光スポットである南島の テカポ湖へ行こうすると、最低でも 5日間は必要になると思います。 テカポ湖だけでなく、オークランドやクライストチャーチ、クイーンズタウンといった主要都市の他、マウントクックやフィヨルドランド国立公園(ミルフォードサウンド含む)などに行こうとすると、 10日間以上は必要になりますね。 (それでも足りないくらいですが) ちなみに私の場合は、1週間の旅行期間でした。 具体的に旅程を書いていきますと 1日目 夜22時頃 日本の羽田空港を出発 2日目 お昼にオークランド着 そのままクライストチャーチへ国内線で移動&宿泊 3日目 クライストチャーチからテカポ湖へ。 オークランド泊 6日目 オークランド観光。 7日目 夜の便で出国。 8日目 朝5時に日本帰国。 ザックリと、こんな感じでしたね。 1日目と8日目はフルに日本で過ごしていたので、旅行期間は 1週間といったところです。 私はメインをテカポに据えていたので、テカポで2日半ほど過ごし、またオークランド観光にも1日費やしています。 やはりどれだけ短くしても、しっかりと観光したいのであれば5日間は確保したいですね。 本当なら私もフィヨルドランド国立公園やクイーンズタウンといった南島の南部へも足を運びたかったのですが、それをやろうとすると、もう2~3日必要になってしまいますので、今回は諦めました。 目安としては、 ニュージーランドを局所的に観光するのであれば 5日間、 全てを網羅したいのであれば 10日以上は必要になる、と覚えておけば良いでしょう。 (もちろん長ければ長いほど行ける場所は増えます) NZ旅行にはいくら必要か(予算・旅費について) 1週間旅行をするのであれば、飛行機代や宿代、滞在費含めて 30万円くらいで見積もっておけば良さそうです。 理由は、私がそのくらいかかったからです。 一番の鍵となるのが、 航空券代です。 日本での繁忙期に行こうとすると、安くても 12万円以上はします。 ゴールデンウィークや年末年始だと往復20万円くらいすることもあります。 あとは、 現地ツアーなどに参加するとそれだけで 1万円以上支払うことになりますので、それもデカいですね。 物価もクソ高いので要注意です。 お土産でマヌカハニーなんて買おうものなら、それだけで万を超える可能性があります。 あとは、食事にいくら費やすのか、あるいはどんなホテルに泊まるのか、人によって様々だと思います。 ただ、 指標としては概ね 30万円前後と考えておくと良いでしょう。 いつ行けば良いのか?(ベストシーズンは?) ズバリ、 夏がオススメです。 南半球ですから、ニュージーランドの夏は 12月~2月頃になりますね。 ちょうど「日本寒くて嫌になるわ~」っていう時期ですので、現実逃避をするにもちょうど良いですね。 社会人であれば、年末年始の長期休暇に乗じて行くことになるでしょうし、学生であればちょうどにも重なります。 もちろん、ニュージーランドは1年を通して過ごしやすい気候ですので、 春や秋もオススメです。 逆に日本の真夏(7月~9月頃)に旅行をして、スキーやスノボなどのウィンタースポーツを楽しむのも良いでしょう。 星空が1年で一番くっきりと見えるのも冬です。 要するに、 いつ行っても割とサイコーだよ!ってことです。 笑 まとめ ここまでの内容をまとめると• 必要な期間は最低5日間、できれば10日間• 予算(旅費)は30万円~• 個人的には夏がオススメ! こんな感じですね。 ただし、この結論はあくまでも私の実体験に基づくほんの一例です。 人によって使える時間も、経済力も、好きな季節も異なりますから、あくまでも「参考にする」程度で考えていただければと思います。 当サイトではニュージーランドについていくつか記事を書いていますので、そちらの方も合わせて読んでみてくださいね。 海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材 英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、 「話す・聴く」に特化した英語学習アプリ です。 最短2分からできる英会話レッスン• 今の英語力が診断できる• 3ヶ月以内の効果実感者続々• 精密な音声解析による発音の確認が可能!• 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン• 私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。 他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。 また、 通常のお試し期間は1週間と短いのですが、 当サイト経由で以下の キャンペーンコードを利用すれば、 1か月間、無料体験できます。

次の

ニュージーランド旅行・ツアーなら「旅工房」

ニュージーランド 旅行 ベストシーズン

先日、ついに憧れの ニュージーランド旅行を実現することができました。 オークランドや クライストチャーチ、 や マウントクックなど、素敵な場所をたくさん見て回ることが出来ました。 さて、ニュージーランドを旅行しようと思っている人にとって非常に気になるのが、• お金はいくらくらいかかるのか?• 旅行期間はどれくらい見積もればいいのか?• どの時期(季節)に行けば良いのか? この3点だと思います。 他の人はどう思うかわかりませんが、少なくとも私は旅行前にこの3つが気になりました。 というわけでこの記事では、以上の3点について私自身の経験を踏まえた上で解説していこうと思います。 NZ旅行計画の参考にしていただければ幸いです。 この記事の目次• NZ旅行に必要な日数は? 目的にもよると思いますが、たとえば今一番人気(?)の観光スポットである南島の テカポ湖へ行こうすると、最低でも 5日間は必要になると思います。 テカポ湖だけでなく、オークランドやクライストチャーチ、クイーンズタウンといった主要都市の他、マウントクックやフィヨルドランド国立公園(ミルフォードサウンド含む)などに行こうとすると、 10日間以上は必要になりますね。 (それでも足りないくらいですが) ちなみに私の場合は、1週間の旅行期間でした。 具体的に旅程を書いていきますと 1日目 夜22時頃 日本の羽田空港を出発 2日目 お昼にオークランド着 そのままクライストチャーチへ国内線で移動&宿泊 3日目 クライストチャーチからテカポ湖へ。 オークランド泊 6日目 オークランド観光。 7日目 夜の便で出国。 8日目 朝5時に日本帰国。 ザックリと、こんな感じでしたね。 1日目と8日目はフルに日本で過ごしていたので、旅行期間は 1週間といったところです。 私はメインをテカポに据えていたので、テカポで2日半ほど過ごし、またオークランド観光にも1日費やしています。 やはりどれだけ短くしても、しっかりと観光したいのであれば5日間は確保したいですね。 本当なら私もフィヨルドランド国立公園やクイーンズタウンといった南島の南部へも足を運びたかったのですが、それをやろうとすると、もう2~3日必要になってしまいますので、今回は諦めました。 目安としては、 ニュージーランドを局所的に観光するのであれば 5日間、 全てを網羅したいのであれば 10日以上は必要になる、と覚えておけば良いでしょう。 (もちろん長ければ長いほど行ける場所は増えます) NZ旅行にはいくら必要か(予算・旅費について) 1週間旅行をするのであれば、飛行機代や宿代、滞在費含めて 30万円くらいで見積もっておけば良さそうです。 理由は、私がそのくらいかかったからです。 一番の鍵となるのが、 航空券代です。 日本での繁忙期に行こうとすると、安くても 12万円以上はします。 ゴールデンウィークや年末年始だと往復20万円くらいすることもあります。 あとは、 現地ツアーなどに参加するとそれだけで 1万円以上支払うことになりますので、それもデカいですね。 物価もクソ高いので要注意です。 お土産でマヌカハニーなんて買おうものなら、それだけで万を超える可能性があります。 あとは、食事にいくら費やすのか、あるいはどんなホテルに泊まるのか、人によって様々だと思います。 ただ、 指標としては概ね 30万円前後と考えておくと良いでしょう。 いつ行けば良いのか?(ベストシーズンは?) ズバリ、 夏がオススメです。 南半球ですから、ニュージーランドの夏は 12月~2月頃になりますね。 ちょうど「日本寒くて嫌になるわ~」っていう時期ですので、現実逃避をするにもちょうど良いですね。 社会人であれば、年末年始の長期休暇に乗じて行くことになるでしょうし、学生であればちょうどにも重なります。 もちろん、ニュージーランドは1年を通して過ごしやすい気候ですので、 春や秋もオススメです。 逆に日本の真夏(7月~9月頃)に旅行をして、スキーやスノボなどのウィンタースポーツを楽しむのも良いでしょう。 星空が1年で一番くっきりと見えるのも冬です。 要するに、 いつ行っても割とサイコーだよ!ってことです。 笑 まとめ ここまでの内容をまとめると• 必要な期間は最低5日間、できれば10日間• 予算(旅費)は30万円~• 個人的には夏がオススメ! こんな感じですね。 ただし、この結論はあくまでも私の実体験に基づくほんの一例です。 人によって使える時間も、経済力も、好きな季節も異なりますから、あくまでも「参考にする」程度で考えていただければと思います。 当サイトではニュージーランドについていくつか記事を書いていますので、そちらの方も合わせて読んでみてくださいね。 海外旅行・留学へ行く人におすすめの英語教材 英語ペラペラになって海外旅行・留学へ行きたい人にオススメなのが、 「話す・聴く」に特化した英語学習アプリ です。 最短2分からできる英会話レッスン• 今の英語力が診断できる• 3ヶ月以内の効果実感者続々• 精密な音声解析による発音の確認が可能!• 人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスン• 私も毎日、出勤途中の電車でリスニング・ディクテーションをしたり、寝る前にスマホのマイクに向かって英語を発話して、英語学習に励んでいます。 他人と接することなく、英語の「スピーキング」と「リスニング」を磨くことができるので、コミュ力が無い私にはぴったりのアプリです。 また、 通常のお試し期間は1週間と短いのですが、 当サイト経由で以下の キャンペーンコードを利用すれば、 1か月間、無料体験できます。

次の