レモン バーベナ。 【楽天市場】レモンバーベナ(レモンセンテッドヴァーヴェナ・ベルベイヌ・コウスイボク) ハーブ苗 9vp Lemon scented verbena:ハーブとアロマテラピー

レモンバーベナレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

レモン バーベナ

レモンバーベナ精油 目次• キーワード&データ 過去を忘れる 名前 レモンバーベナ、コウスイボク、Lemon Verbena• Lippa citriodora• 17世紀の有名なハーバリストであり占星術家であるニコラス・カルペパーは、レモンバーベナは「内側と外側のすべての傷を癒す」と記しました。 植物の特徴 レモンバーベナは高さ1-3mに成長する落葉低木です。 葉からフレッシュなレモンの香りがします。 レモンバーベナの効果効能 心への効能 心の傷を癒します。 過去を忘れ、ポジティブにさせてくれます。 集中力とやる気を高めてくれます。 体への効能 レモンバームやレモングラスと似た作用があります。 鎮静し、炎症を抑え、血圧を下げる働きがあります。 出産直前から使用すると安産にいいと言われています。 出産後の回復にも使用されます。 皮膚への効能 刺激が強いので注意が必要ですが、レモンのようなフレッシュな香りと皮脂バランスを整える作用から、石鹸や化粧水といった化粧品に広く使われています。 体への効能• 抗うつ作用• 抗炎症作用• 抗不安作用• 催眠作用• 子宮強壮作用• 消化促進作用• 鎮静作用• 鎮痛作用• 疲労回復作用• 利尿作用 肌への効能• 抗炎症作用• 皮脂バランス調整作用 おススメ使い方 芳香浴、フレグランス、ホームケア 精油のブレンド 香りの相性がいいブレンド• ハーブ系・・・、、、• 柑橘系・・・• フローラル系・・・、、• スパイス系・・・• オリエンタル系・・・、、• 樹木系・・・• 樹脂系・・・ 機能性ブレンド• 落ち着き・・・レモンバーベナ、、• 明るさ・・・レモンバーベナ、、 次はこれを要チェック 注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。 ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。 事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。 持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

次の

【レモンバーベナ】育て方、効果・効能など|ハーブのホームページ

レモン バーベナ

レモンバーベナの特徴 レモンバーベナはレモンの爽やかな香りが特徴のハーブで、乾燥しても香りが長持ちすることから、ポプリや匂い袋として昔からよく使われています。 原産はアルゼンチン、チリなどで 和名では「防臭木 ぼうしゅうぼく 」と呼ばれています。 原産が南アメリカであることからも分かるように、 冷たい風や寒さには弱く20度〜30度の気温がレモンバーベナの適温となっています。 開花は8月〜9月頃の夏の時期で、 白色〜淡い紫色の小さな花がたくさん咲きます。 葉は長細い葉がひとつの節に3、4枚ほど生える輪生のものです。 葉の長さは約7cm〜10cmで、 鮮やかな緑色をしています。 レモンバーベナの簡単な育て方 レモンバーベナは、比較的育てやすいハーブです。 種の市販はほとんどありませんので、苗から育てるのが一般的といえます。 冬の寒さや冷たい風が苦手なハーブですので、地植えよりも鉢植えにし、寒さを避けてあげられるようにするのが良いでしょう。 植え付けに最適な時期は5月〜6月です。 レモンバーベナを植えるための土づくりは、レモンバーベナを移植させる2週間前程から始めるようにしましょう。 市販のハーブ用の培養土や、 赤玉土:腐葉土を7:3の割合で混ぜ合わせたものに、 苦土石灰を混ぜて作った土が理想です。 酸性土壌を嫌うので、 苦土石灰を忘れないようにするのが良いでしょう。 レモンバーベナは乾燥を好むハーブですので、 水やりは土がかわいた時にあげるのを目安にすると良いでしょう。 冬はもっと乾燥気味にしても問題ありません。 肥料は水と違い、不足しないように与えましょう。 5月に1回と 8月〜9月頃に1回あげるのを忘れないようにします。 肥料は、ゆっくり効いていく 緩効性のタイプのものを選ぶのが良いでしょう。 挿し木をして増やすことができますので、増やしていきたい場合は挿し木にも挑戦してみるのはいいかもしれません。 剪定のコツ挿し木で増やす方法も 挿し木を行う際は 6月頃を目安にしましょう。 挿し木の方法は、まず 元気の良い枝を選び、10cmほど枝先を切ります。 切った枝 挿し穂 を水にかわ分ほどつけて、水を吸わせてあげます。 水を吸わせてから、柔らかすぎる先端部分は挿し木には向かないので切ってあげましょう。 次に 土にさす部分の葉をとります。 水で湿らせておいた土に挿し穂をさし、 水を静かにかけ、 土と根を密着させてあげて出来上がりです。 1ヶ月ほどは半日陰におき、土を乾かさないように水をあげるようにしましょう。 挿し穂から新しい 脇芽が出てきたら根付いたということになり成功です。 また 剪定は20cm以上の大きさになったら、 春と秋に収穫を兼ねて摘芯を行うようにしましょう。 剪定をしないと、レモンバーベナは葉が小さくなってしまうので気をつけましょう。 一年目は剪定によりダメージを受けてしまうこともあるので、 一年目の剪定は避けましょう。 春は芽の様子を見ながら、秋はいらない枝や長くなってしまった太い枝を中心に、剪定するようにしましょう。 剪定は枝先を10cmほどカットすると良いでしょう。 まとめ レモンバーベナは比較的強く育てやすいハーブですが、 寒さには弱いハーブですので、冬の寒さを避けられるように、鉢植えで育てることをお勧めします。 挿し木で簡単に増やすこともできますので、株が多く欲しい場合は挿し木で増やすのが良いでしょう。 挿し木はレモンバーベナが成長しやすい 6月頃にすると、 発根しやすいので時期を見て行うようにしましょう。 また、挿し木をして発根するまでは土を乾かさないように 水あげをするのを忘れないようにしましょう。 発根してからは乾燥気味を好むハーブですので、あまり水をあげすぎないようにすると良いでしょう。 レモンバーベナの葉は乾燥しても香りが長持ちするので、ぜひポプリや匂い袋として使ってみるのはいかがでしょうか。

次の

レモンバーベナの育て方やハーブティーの効能は?

レモン バーベナ

レモンバーベナって何? レモンバーベナとは レモンバーベナとは、クマツヅラ科イワダレソウ属のハーブです。 原産はアルゼンチン、チリ、ペルーで、日本ではコウスイボク、もしくはボウシュウボクと呼ばれています。 花も使われることがありますが、利用されるのは主に葉で、その用途はハーブティーや美容、アロマ、ポプリなどさまざまです。 レモンバーベナの味と香りってどんなの? レモンバーベナは、レモンのような爽やかな香りをもち、さっぱりとした味をしています。 味は、香りほどレモンそっくりではありませんが、酸味があるので似た印象は受けるかもしれませんね。 レモンバーベナの成分 レモンバーベナは、精油としてもちいられることがほとんど。 その成分は以下のとおりです。 レモンバーベナティーや料理に使った場合と、アロマとして香りを楽しんだ場合の効果、効能を、それぞれ具体的に見てみましょう。 レモンバームティーや料理にもちいた場合• イライラ、不安、気分の落ち込みなどを解消し、精神を安定させる。 うつ状態の改善にも効果的です。 精神疲労を回復させたり、気分をリフレッシュしたりするのにも効果的。 頭がすっきりします。 心を落ち着け、快眠にいざないます。 胃腸の調子を整え、消化を促進したり、食欲を増したりします。 胃の不調を改善するので、胃痛や胃もたれはもちろん、吐き気をともなう二日酔いや乗り物酔いの解消にも役立ちます。 血行をよくして体を温め、冷え性や貧血を改善します。 高ウィルス作用と利尿作用により、病原菌をおさえ、風邪の予防や炎症の緩和に役立ちます。 鎮痛作用があり、頭痛・生理痛・リウマチ・関節痛などの改善が期待できます。 抗酸化作用により、生活習慣病の予防に役立ちます。 また、精油を飲用、食用に使用することはできません。 精神の落ち込みを改善し、明るく、前向きにします。 副交感神経を刺激し、不眠や自律神経失調症などを改善します。 血行がよくなり、冷え性やむくみなどが改善します。 抗ウイルス作用、抗菌作用により、風邪やインフルエンザを予防します。 免疫力を高め、花粉症の症状を緩和します。 皮脂バランスを整え、ニキビ、脂性の予防や改善に役立ちます。 お風呂に入れれば、疲労回復に効果的です。 レモンバーベナの基本的な使い方 レモンバーベナはハーブティーや精油の他にも、さまざまな形で利用されています。 代表的なものとしては、ハーブバス、香水、ハーバルバス、ハーブチンキ、湿布、スチーム吸引、手作り化粧品、ポプリなど。 レモンバーベナティー レモンバーベナ大さじ1をティーポットに入れ、沸騰したお湯を入れて蓋をし、5分蒸らせば出来上がり。 レモンバーベナワイン レモンバーベナティーを入れ、同量のワインを加えれば出来上がり。 レモンバーベナを使った料理 食用として親しまれていることはほとんどないため、あまり料理の材料としての見方はされないレモンバーベナですが、ハーブティーとしても口にされているものですから料理にしなくてはもったいないですよね。 そこでレモンバーベナが変身する料理はどういったものがあるのかご紹介します。 ケーキ レモンバーベナの最大の魅力は高い香りにあります。 そのため、そんな良い香りを発するレモンバーベナはケーキの材料に活用し、一工夫加えたインパクトのあるケーキに仕上げることが可能です。 しかし、レモンバーベナは酸味がほぼないため、チーズケーキなどにする場合はレモンなどを追加して加えましょう。 ピクルス ピクルスはおやつとしてもおつまみとしても最高ですが、レモンバーベナをピクルスの香り付けとしても使うことが可能です。 酸味を感じさせるピクルスは味付けをしっかりしておけばあとは個々で一味違ったピクルスのアレンジができます。 和え物 レモンバーベナは手などでちぎって使えば日本独特な料理との相性も良いです。 作り方も簡単なのでレシピをご紹介します。 材料 (2人分)• 水菜 1束• キュウリ 1〜2本• ミョウガ お好みの量• 生姜 お好みの量• 市販の青じそドレッシング 大さじ2• オリーブオイル 大さじ1• ごま 適量 普段の和え物にレモンバーベナを加えるだけで良いため、手軽で簡単な料理をぜひ作ってみてくださいね。 レモンバーベナの香りがさっぱりとした和え物をさらに食べやすく仕上げてくれますよ。 レモンバーベナの保存法は? 熱帯性のハーブであるレモンバーベナは8月頃の暑い季節に使用する量よりも収穫する量の方が多くなります。 そのため、使い切れずに持て余すこともあるでしょう。 そんなときには少しでも長持ちさせてあげられるように保存方法を知っておくことも大切です。 保存の基本は乾燥 レモンバーベナなどのハーブ類は保存する際乾燥させることが基本です。 乾燥させる際はハーブの茎部分に水分が残りやすい傾向があるため、茎は取り除き、葉のみにしてから乾燥を行っていきましょう。 手早く乾燥させたい場合は、クッキングペーパーの上に重ならないようレモンバーベナを敷き詰め、500Wの電子レンジで3分程度加熱します。 目安は葉がパリパリになったかどうかを確認し、水分が抜け切ったと感じたら保存の下準備は完了です。 冷蔵・冷凍保存 レモンバーベナを乾燥した後の保存場所は日が直接当たらない冷暗所が適しています。 しかし、夏場は気温も高く湿度も高くなるため、暑い季節は冷蔵庫や冷凍庫で保存しても構いません。 冷凍したレモンバーベナは取り出した際に水っぽくなってしまうことが多いですが、使いにくいと感じた場合はスープやソースなどの香り付けとして使用してみましょう。 これらの用途であれば解凍しなくても冷凍したまま使用可能です。 ちなみに冷蔵庫で保存したレモンバーベナの使用期限は4~5日。 冷凍庫で保存したものは1~2ヶ月程度は保存できるので使い切れそうな量か見極めてから使い分けて保存すると良いでしょう。 レモンバーベナの副作用や注意点 レモンバーベナは、皮膚刺激の強い精油です。 そのため、敏感肌の人や、妊娠中は使用を避けたほうがいいでしょう。 また、一定以上の量を長期間引用すると胃腸に負担がかかってしまう場合がありますので、注意が必要です。 レモンバーベナの摂取目安量ってどれくらい? 一日の摂取量は? レモンバーベナは、もともとは薬草として利用されていたようです。 そのため刺激や効果が高く、摂取量も一日500~1000mgほどと定められていました。 しかしながら、レモンバーベナティーを楽しむくらいなら、あまり量を気にすることもないでしょう。 アロマとして利用している場合ならなおさらです。 また、レモンバーベナの場合、摂取量と効果が比例するわけではありません。 あくまでも香りを楽しむことで、とくに精神的に深い作用をもたらすのです。 眠れないときのお供にレモンバーベナを レモンバーベナは、これから試してみようと思った場合のとっかかりがつかみにくいハーブかもしれません。 そんなときは、リラックスしたいとき、安眠したいときにぜひ試してみてください。 一度効果を実感すれば、もう手放せなくなるかもしれませんよ。

次の