芦屋 競艇 リプレイス マホ。 ボートレースまるがめ Official Site

ボートレース尼崎 Official Site

芦屋 競艇 リプレイス マホ

永田秀二&杉山正樹が超抜機を獲得! 全国きっての「江戸川巧者」が一同に集結した「G2江戸川634杯・モーターボート大賞」が開幕を迎える。 ちなみに、今シリーズは6日間の「3準優制」で争われるが、初日と2日目の【12R】には恒例の「Wドリーム戦」が組まれている。 なお、ホーム「追い風」と逆目の「下げ潮」が対峙した昨日の前検日は、ポチャ波が立つ程度の水面で「タイム計測」+「S練習」が実施されたが、本日の初日は午後にかけて南風(追い風)がかなり強く吹く見込み。 それに対して、7R以後は徐々に逆目の「下げ潮」が流入してくるため、後半のレースは波が出る可能性が高そうだ。 さて、事前に告知されていたA1級の6選手によって争われる、ドリーム戦・第一弾の「ドリームレーサー賞」で1号艇にエントリーしたのは、昨年9月に当地G1戦(64周年記念)を制した枝尾賢。 白カポックでの戦いとあって、当然気合は十二分に入っていたが、肝心の前検気配は今ひとつだった…。 枝尾自身も「何か力がない感じですね。 最近は今の新エンジンに対して、ペラも合わせ切れてないんですよ」と苦笑い。 よって、予選でポイントを積み重ねるためには「上積み」が必須条件になってくるが、幸いにも初日は「1回乗り」のため、整備&調整に目一杯時間を割く構えだ。 ちなみに、同機は2節前の「G3マスターズリーグ」を制した橋本久和を筆頭に、過去に使用した4選手全てが抜群の噴き上がりを見せていた。 なお、前節の池田は差すと重め感があったが、気っ風良く握って回れる安河内であれば、モーターのポテンシャルを生かし切れる可能性は高そうだ。 特に、山田が「(足が)良い人とは明らかに違っていた。 この足だと、整備しないと厳しいですね…」と話していた通り、「伸び足」がかなり低調に見えた。 よって、前記した1号艇の枝尾とともに、初日は朝イチから整備室にこもって、相棒(45号機)と格闘することになりそうだ。 また、初日ドリーム組以外では、永田の「30号機」と双璧のパワーを誇る「65号機」を杉山正樹が獲得した他、鶴本崇文(69号機)と伏見俊介(51号機)も「出足系」に特長のある「快速モーター」を手にしている。 まず、注目の杉山だが「試運転では回った後が良くなかった…」と最初は首を傾げていたが、S特訓後に再度話を聞いたところ、「機に力はあるかも。 伸び型を試してもいいですね!」と一転して笑顔に。 よって、スロー枠2走の初日(7R1枠&11R3枠)は、ズバリ「連勝」まで狙えそうだ!そして、「出足型」の2者では、過去に「634杯」を勝っている鶴本が「乗りやすい。 音がいいし、回転の上がりも悪くないですよ!」とパワーを実感した様子だった。 「捌き上手」な鶴本にとって同機は打って付けで、ダッシュ枠2走の初日(5R4枠&11R6枠)から注目しておきたい。 この中では、当地看板の齊藤&作間とともに、「ターンした感じが良さそうでしたね」と納得の表情を浮かべていた金子の3人は自身の手応えも十分で、気配的にも初日から好勝負を演じてくれる可能性は高そうだ。 最後に、「伸び型のスペシャリスト」である佐藤大佑&下出卓矢も、まずまずのモーターを獲得した。 特に、圧巻だったのは地元の佐藤で「出てますよ。 伸びるし、行き足も良かった。 これで(前検)タイムが出ていれば、自信を持ってレースに臨めますね!」と話していたが、その通りに断トツの一番時計(6.50)をマーク。 よって、初日の2走(1R6枠&6R3枠)は、好Sをバシッと決めて「捲り2連発」だけを目指す!.

次の

ボートレースまるがめ Official Site

芦屋 競艇 リプレイス マホ

ボートレースまるがめの「ヴィーナスシリーズ ブルーナイターエンジェルCUP」は8日に開幕する(13日まで)。 昨夏の蒲郡・レディースチャンピオン覇者の大山千広(福岡)がシリーズを引っ張るだろう。 6月の児島・ウエスタンヤングではG1覇者の仲谷颯仁、村松修二らを相手にせず〝王道V〟を飾り、ヴィーナスシリーズでも4月の桐生・第2戦と若松・第3戦で連続Vを飾っている。 地元の平高奈菜(香川)は5月の住之江・オールスターでは自身初のSG準優入りを果たすなど、男子強豪が相手でも互角の走りを披露した。 まるがめは5月のレディースVSルーキーズバトルで優勝。 当地2連続Vを目指して突き進む。 レディースチャンピオンV2の実績を誇る田口節子(岡山)も当然ながら優勝争いに絡むはずだ。 スタート力抜群の宇野弥生(愛知)、2015年の福岡・クイーンズクライマックス覇者の川野芽唯(福岡)や藤崎小百合(福岡)も地力は十分。 7月からA1初昇級の深川麻奈美(福岡)、当地3連続優出中(2、1、3着)の櫻本あゆみ(東京)、西橋奈未(福井)、渡邉優美(福岡)、中村桃佳(香川)、土屋南(岡山)らも要注目。 (データは6月18日現在).

次の

ボートレース江戸川

芦屋 競艇 リプレイス マホ

ボートレースまるがめの「ヴィーナスシリーズ ブルーナイターエンジェルCUP」は8日に開幕する(13日まで)。 昨夏の蒲郡・レディースチャンピオン覇者の大山千広(福岡)がシリーズを引っ張るだろう。 6月の児島・ウエスタンヤングではG1覇者の仲谷颯仁、村松修二らを相手にせず〝王道V〟を飾り、ヴィーナスシリーズでも4月の桐生・第2戦と若松・第3戦で連続Vを飾っている。 地元の平高奈菜(香川)は5月の住之江・オールスターでは自身初のSG準優入りを果たすなど、男子強豪が相手でも互角の走りを披露した。 まるがめは5月のレディースVSルーキーズバトルで優勝。 当地2連続Vを目指して突き進む。 レディースチャンピオンV2の実績を誇る田口節子(岡山)も当然ながら優勝争いに絡むはずだ。 スタート力抜群の宇野弥生(愛知)、2015年の福岡・クイーンズクライマックス覇者の川野芽唯(福岡)や藤崎小百合(福岡)も地力は十分。 7月からA1初昇級の深川麻奈美(福岡)、当地3連続優出中(2、1、3着)の櫻本あゆみ(東京)、西橋奈未(福井)、渡邉優美(福岡)、中村桃佳(香川)、土屋南(岡山)らも要注目。 (データは6月18日現在).

次の