エクセル グラフ 問題。 【Excel】このグラフ、エクセルで作ったの?エクセルの棒グラフや円グラフのデザインのマンネリ化打破テクニック

エクセル練習問題「グラフ作成」

エクセル グラフ 問題

:グラフの作成• Excel エクセル では、シートに入力されたデータから簡単にグラフを作成できます。 エクセルでのグラフの作成手順および各要素の変更・修正方法などを間違いなく簡単に実行できる方法として、グラフツールバーからの操作方法で主に説明しています。 見た目が楽しくなるような絵を利用した、ひと味違ったグラフをエクセルで作成する方法も説明しています。 このページはかなり長いものになってしまいました。 スポンサードリンク• Excel2007以降ではリボンでの操作になっています。 以下のページをご覧ください。 Excel2007• Excel2010、Excel2013• エクセルで最も簡単にグラフを作成するには、グラフにするセル範囲を選択後、[F11]キーを押すとグラフシートにグラフが自動で作成されます。 ここでは、グラフ作成ウィザードを使う方法を説明します。 【練習】下表のデータをグラフ化します。 B C D E 2 各支店別売上高 円 3 福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店 4 10月 12,000,000 6,500,000 8,900,000 5 11月 13,500,000 7,200,000 8,200,000 6 12月 14,800,000 7,700,000 9,200,000 7 1月 11,000,000 6,420,000 8,120,000 8 2月 9,820,000 5,870,000 7,580,000 9 3月 10,800,000 7,700,000 8,800,000 10 合計 71,920,000 41,390,000 50,800,000• グラフにするデータ範囲、 B3:E9を範囲選択します。 (注)項目行(3行目)や項目列(B列)を含めて選択します。• [グラフ ウィザード]ボタンをクリックします。 「標準」タブを選択します。 グラフの種類:「縦棒」を選択。 形状:「集合縦棒」を選択。 [次へ]をクリックします。 (参考)「サンプルを表示する」 ボタンを押し続けている間、サンプルが表示されますので、自分の意図したグラフであるか確認できます。 「データ範囲」タブを選択します。 データ範囲:シートで選択していた範囲が間違っていたらここで修正します。 系列に「 列」を選択した場合• 系列に「 行」を選択した場合• 「タイトルとラベル」タブでタイトル等を入力します。 タイトル:「支店別売上高」• 今回は「オブジェクト」を選択しました。 「完了」ボタンをクリックするとグラフが作成されます。 修正の方法は色々ありますが、グラフツールバーを使用する方法で説明します。 グラフツールバー• グラフツールバーはグラフを選択すると表示されます。 【基本操作】• 修正したい場所をクリックして選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 表示される[書式設定]ダイアログで設定を変更します。 (なお、修正したい場所を ダブルクリックして、[書式設定]ダイアログを表示することもできます。 ) [A]数値軸ラベルの修正• 未設定の場合は以下の手順で入力します。 グラフを選択します。 数値軸のラベルを修正します。 修正する数値軸ラベルを選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸ラベルの書式設定」ダイアログの「配置」タブを選択します。 「方向」で「縦」を選択します。 「OK」ボタンをクリックします。 以下のようになります。 [B]数値軸の目盛りの修正• 数値軸の目盛りを修正します。 数値軸をクリックして選択します。 数値軸に四角のマークが表示されます。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸の書式設定」ダイアログの「目盛」タブを選択します。 表示単位で「百万」を選択します。 「表示単位のラベルをグラフに表示する」のチェックをはずします。 [OK]をクリックします。 以下のようになります。 [C] 文字列の修正• 数値軸のタイトルの文字列を修正します。 数値軸のタイトルをクリックして選択します。 (四角で選択されます)• 修正する箇所でクリックします。 (マウスポインターが「I」に変わります)• カーソルが表示され文字の修正が可能になります。 修正後の状況 する• 棒グラフと折れ線グラフを同じグラフに作成する方法です。 【練習問題】福岡支店〜鹿児島支店の売上高を棒グラフで、合計を折れ線グラフで表示しなさい。 B C D E F 2 各支店別売上高 円 3 福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店 合計 4 10月 12,000,000 6,500,000 8,900,000 27,400,000 5 11月 13,500,000 7,200,000 8,200,000 28,900,000 6 12月 14,800,000 7,700,000 9,200,000 31,700,000 7 1月 11,000,000 6,420,000 8,120,000 25,540,000 8 2月 9,820,000 5,870,000 7,580,000 23,270,000 9 3月 10,800,000 7,700,000 8,800,000 27,300,000 10 合計 71,920,000 41,390,000 50,800,000 164,110,000• 【解答例】• B3:F9を範囲選択し、グラフウィザードを使って棒グラフを作成します。 (凡例は表示していません)• 合計の系列をクリックして選択します。 グラフの種類ボタンから「折れ線グラフ」を選択します。 「合計」が折れ線グラフに変更されます。 支社の売上高と合計では数値の桁数が異なるので、合計の軸を第2軸に変更します。 合計の系列を選択して、[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸」タブを選択し、第2軸を選択します。 第2軸の目盛を選択し、「書式の設定」ボタンをクリックします。 「目盛」タブの表示単位を百万に変更し、表示するのチェックをはずします。 第2数値軸ラベルを選択し、「書式の設定」ボタンで表示されるの配置を縦書きにします。 完成です• グラフに凡例が表示されている場合 凡例をクリックして選択します。 凡例が四角で囲まれます• グラフに凡例が表示されていない場合 グラフツールバーの[凡例]ボタンをクリックすると表示されます。 グラフツールバーの【書式設定】ボタンをクリックします。 【位置】タブを選択します。 それぞれ選択位置に凡例が表示されます。 凡例の大きさや、位置によってグラフの大きさが変化しますので、グラフエリアの大きさを変更する必要があります。 同様にパターン・フォントの修正もできます。 省略します• データ範囲を変更する方法 3通り説明します [A] カラーリファレンスを使う方法• 10月〜1月のデータをグラフ化した後、データ範囲を3月まで広げる例で説明します。 グラフエリアをクリックするとシート内に選択範囲が青色で囲まれています。 青枠の右下コーナー部をドラッグして選択範囲を広げます。 2月、3月分のデータがグラフに含まれました。 なお、 2 から 1 へは青枠の範囲を狭くすれば良い。 [B] コピー&ペーストでの方法• シート上で2月と3月のデータ範囲を選択し、コピーボタンをクリックします。 グラフを選択し、貼り付けボタンをクリックします。 [C] ドラッグ&ドロップでの方法• シート上で2月と3月のデータ範囲を選択します。 選択範囲の枠線上 マウスポインタが十字矢印の状態 から、グラフエリアへドラッグして、ドロップします。 【A-1】 背景に写真を使う• グラフエリアに写真を入れます。 グラフエリアを選択し、[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの[塗りつぶし効果]を選択する。 「図」タブの[図の選択]をクリックする。 使用する写真を選択する。 グラフエリアに写真が入りました。 プロットエリアを透明にします。 プロットエリアをクリックして選択する。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの「領域」の「なし」を選択する。 プロットエリアが透明になります 【A-2】• グラフ要素に絵を使用します。 グラフ要素を選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「パターン」タブの[塗りつぶし効果]を選択します。 「塗りつぶし効果」ダイアログで、[図の選択]ボタンをクリックします。 使用する図を指定します。 「塗りつぶし効果」ダイアログの、『積み重ね』にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 各グラフ要素で繰り返して設定します。 絵グラフができました。 【B】• グラフ要素の一部分だけを変更します。 グラフ要素をクリックして選択する。 系列すべてが選択される)• もう一度グラフ要素をクリックする。 (1つの要素のみが選択される)• グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの「領域」の「色」を選択する。 1本だけ色が変わりました。 【C】• 折れ線グラフを滑らかな曲線にします。 折れ線を選択します。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「データ系列の書式設定」ダイアログで、「パターン」タブを選択します。 『スムージング』にチェックを入れます。 青の折れ線が滑らかになりました。 【D】• 棒グラフの棒の太さを変更します。 データ系列(棒)を選択します。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「データ系列の書式設定」ダイアログで、「オプション」タブを選択します。 『棒の間隔』を小さな値にします。 下は『50』にしました。 変更前 変更後 【E】• 円グラフの一部を切り離します。 切り離したい部分を2回クリックし、選択します 外周に黒いハンドルが付きます。 選択した部分を外側へドラッグして、移動します。 グラフ化する元データに空白やゼロ値が含まれていると折れ線が途切れたり、ゼロ値までプロットされてしまうことがあります。 空白を補完する• 品目3の売上金額 B4 が空白になっています。 グラフを選択します。 「グラフ」タブを選択し、『補完してプロットする』にチェックを入れます。 下のように、折れ線がつながります。 ゼロ値を無視する• 品目3の売上金額 B4 が「0」になっています。 データの方を変更します。

次の

エクセル練習問題:目次

エクセル グラフ 問題

Excel 問題 ファイルをダウンロードして問題を解くタイプ 基礎 1 では、基本的な表計算やグラフ作成などの基本操作を学びます。 さらに基礎 2 では、 データ処理に便利な関数を学びます。 実践的な表計算を学習することで Excel を習得できます。 基礎 1 - 表計算 1 作表・書式設定 - 2. 基礎 1 - 表計算 2 集計・平均 - 3. 基礎 1 - 表計算 3 並べ替え - 4. 基礎 1 - グラフ 1 グラフ作成 5. 基礎 1 - グラフ 2 グラフ変更 - 6. 基礎 2 - 関 数 2 関数 IF 8. 基礎 2 - 関 数 3 関数 COUNT - 9. ,Ltd. All rights reserved.

次の

エクセル練習問題「グラフ作成」

エクセル グラフ 問題

グラフ練習問題 グラフ練習問題• 例1 折れ線グラフ(推移・変化) 折れ線グラフは(時間的)推移や変化を表現するのに適したグラフである。 表1は百貨店とスーパーの売上高の推移を示したものである。 この表をもとに,図1のような,折れ線グラフを作成しなさい。 表1:大型小売店業態別販売額(単位:兆円) 年度 百貨店 スーパー 1993年 11. 2 10. 3 1994年 11. 0 10. 8 1995年 10. 8 11. 5 1996年 11. 0 11. 9 1997年 11. 1 12. 3 1998年 10. 7 12. 6 1999年 10. 3 12. 8 2000年 10. 0 12. 6 2001年 9. 6 12. 7 2002年 9. 4 12. 7 図1: 大型小売店業態別販売額推移 作成上の注意• 軸のタイトル(および単位)を必ずつけること• 変化が分かりやすくなるように縦軸の範囲を調整すること• 線種・マーカーを工夫すること(モノクロで印刷した場合でも,違いが分かるように) 例2 棒グラフ(比較) 棒グラフは比較を行うためのグラフである。 表2は各国の週当たり労働時間を示したものである。 この表をもとに,図2のような,棒グラフを作成しなさい。 表2:労働時間(製造業 2002年) 国 労働時間(時間/週) 日本 43. 5 韓国 47. 7 アメリカ合衆国 40. 9 ドイツ 37. 6 イタリア 39. 4 オーストラリア 38. 5 エジプト 55 図2: 労働時間の国際比較 作成上の注意• 縦軸のタイトル(および単位)を必ずつけること• 縦軸は原点を0にすること 例3 円グラフ(割合・内訳) 円グラフは割合や内訳を示すのに適したグラフである。 表3はビールの種別売上を示したものである。 この表をもとに,図3のような円グラフを作成しなさい。 表3:サッポロビールの種別売上(2004年) ビール種類 売上(万缶) ビール 4020 発泡酒 1775 第三のビール 1815 図3: ビールの種別売上割合 作成上の注意• 特別な基準がなければ,割合の高いものから時計回りにならべる(図3は出現順)• 濃い色から薄い色へと配色するのが一般的 例4 散布図(相関・傾向) 散布図は2つの変量の関係を調べるのに適したグラフである。 表4は1981年から2000年までの20年間の平均日照時間と年間出火件数を示したものである。 この表をもとに図4のような散布図を作成しなさい。 表4:日照時間と出火件数 年度 日照時間 h 出火件数 1981 2067. 0 60788 1982 1936. 8 60568 1983 2081. 1 59740 1984 2087. 8 63789 1985 1998. 3 59865 1986 1924. 8 63272 1987 1930. 4 58833 1988 1805. 7 59674 1989 1832. 7 55763 1990 1940. 7 56505 1991 1733. 0 54879 1992 1823. 4 54762 1993 1711. 9 56700 1994 2063. 6 63015 1995 2028. 1 62913 1996 1984. 2 64066 1997 2056. 1 61889 1998 1535. 4 54514 1999 1994. 5 58526 2000 1962. 5 62454 図4: 日照時間と出火件数 作成上の注意• 因果関係(原因と結果の関係)を想定できる場合には,横軸が原因,縦軸が結果とするのが一般的.

次の