シャンデラ かえんほうしゃ。 【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

シャンデラの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

シャンデラ かえんほうしゃ

特性 効果 もらいび 相手からの炎技を無効化し、 炎技の威力を1. 5倍にする。 隠 すりぬけ リフレクター・ひかりのかべ・ しんぴのまもり・しろいきり・ みがわりを無視して攻撃できる。 非常に高い特攻が魅力のポケモンです。 ゴーストタイプらしく、様々な補助技も使えます。 特性について• もらいびは、 相手からの炎技を無効化し、炎技を強化することができます。 手持ちの先頭にいると、 炎タイプの野生ポケモンと出会いやすい効果があります。 ほのおのからだは、相手の接触技に対して発動します。 確率で発動するため、確実に相手をやけどにしたいなら おにびのほうが有用です。 手持ちにいると、 タマゴの孵化歩数を半減する効果があります。 すりぬけは、相手の みがわりや壁を無視できる特性です。 攻撃技だけでなく、補助技にも有効です。 技名 威力 ダイ 効果 命中 PP オーバーヒート 基本技 130 140 自分の特攻が 2段階ダウン。 90 5 だいもんじ 技レコード15 110 140 1割で相手をやけど。 85 5 かえんほうしゃ 技レコード02 90 130 1割で相手をやけど。 100 15 マジカルフレイム 技マシン92 75 130 10割で相手の特攻を 1段階ダウン。 100 10 しっとのほのお 鎧の孤島教え技 70 120 10割で、そのターンに能力の 上がった相手をやけどにする。 100 5 ほのおのうず 基本技 35 90 相手をバインド状態にする。 特性すりぬけのおかげで、ラプラスにキョダイセンリツでオーロラベールを張られても、無視して攻撃できます。 素早さは 最速50族/ 準速60族抜きです。 クリアスモッグはダイマックスして使うとダイアシッドになり、自身の特攻を1段階上げる追加効果があります。 また、サイコキネシスを覚えさせてダイサイコとして使うと、先制技が無効化される サイコフィールドという場になるため、いずれかの技の代わりに採用する価値はあります。

次の

こだわり眼鏡すりぬけシャンデラ育成論:起点作り対策

シャンデラ かえんほうしゃ

シャンデラ育成論 概要 壁張り・みがわりを貼って、起点を作る構築が最近増えています。 一定数存在する壁・身代わりに対して、 有効なのが特性:すりぬけシャンデラです。 役割といては、高火力でサイクルを崩していくのを強みとするポケモンです。 今回は特攻特化にしても等倍だと確2になることが多いので 少し火力を削り 素早さに振りました。 HP252振り ポリゴン2(しんかのきせき持ち) (大文字)59. ・ねごと (シーズン8)ランク外 (シーズン9)ランク外 ・エナジーボール (シーズン8)55. 一番に人気は、エナジーボール。 次にめざめるパワー、トリックといった順番です。 ・こだわりメガネ (シーズン8)14. 一方メガネ型は、シャンデラの強みを一番伸ばした型です。 上から殴られるのを苦手としますが、上から殴る場合は圧倒的に強いです。 パーティー単位で活かすには? という点で見ていきます。 有利な相手を具体的にあげると、 クレッフィ・無限グライオン(AS以外)・ムラッけオニゴーリ・ポイズンヒールキノガッサ・猫の手ニャオニクス+レパルダス・ライコウなどに強く出れます。 いわゆる、害悪と呼ばれるようなポケモンに強気にでれます。 どれくらいオーバーヒートの火力があるかというと、 HP252振りクレセリア 67. また、物理受けのポケモンの攻撃くらいなら耐えることができるので ファイアロー・ナットレイ・エルフーン・クレセリア・ボルトロス(霊獣・化身)・サンダー・ニンフィア・メガフシギバナを高火力で吹き飛ばせます。 鬼火を無効に目を向けると、メガガルーラなどの高火力アタッカーと並べることで役割集中構築が実現できそうです。 役割 メガガルーラ・ガブリアス・ゲンガーなど、 上からなぐってくるポケモンには弱いシャンデラです。 パーティ補完として、ガルゲンガブに強いポケモンを採用しシャンデラを動きやすいようにしたい。 素早さを逆転(電磁波・トリックルーム)できれば、ガルゲンガブにもワンチャンあります。 ・HP252振り メガゲンガーにシャドーボール 147. VS サンダー HP252振りサンダーに対してオーバーヒート 98. VS ニンフィア HP252振りニンフィアに対してオーバーヒートが 75. 素早さは、シャンデラの方が上のことがほとんどなので対面有利 VS ギルガルド HP252振りギルガルドに対して、かえんほうしゃが111. また、耐久ポケモンに炎技を連打するシーンでは、火炎放射では少し不安定であり大文字が欲しいシーンも VS ファイアロー 無振りファイアローに対して、シャドーボールが 103.

次の

シャンデラ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

シャンデラ かえんほうしゃ

シャンデラの基本情報 タイプ・特性 タイプ ゴースト、ほのお 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 残りの努力値は特攻に252は確定で、余った20は無駄になりにくいHPに振るといいでしょう。 努力値を素早さに252振ると実数値が217になり、ほとんどのポケモンを抜くことができるので、自分の用途によって変更していくのもありです。 命中をとるならかえんほうしゃ、威力をとるならだいもんじを選ぶようにしましょう。 (両方採用するのもありです)。 よりダメージを与えたい場合はオーバーヒートもありですが、自分の特攻が2段階下がる点は留意しておきましょう。 シャドーボール タイプ一致技として採用。 相手の特防を下げる効果も優秀です。 エナジーボール みず、じめん、いわに対応することができます。 サイコキネシス かくとうやどくタイプに対応することができます。 与ダメージ計算 シャドーボール Cが252のシャンデラがシャドーボールを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 かえんほうしゃ Cが252のシャンデラがかえんほうしゃを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。

次の