井浦 新 ドラマ。 井浦新 公式インスタグラムやツイッターの画像がかっこいい⁈ドラマブリッジの演技が凄い?

井浦新、日テレドラマ初出演 超有能『公安部』刑事役に「大好物のヤバい香りがプンプン」

井浦 新 ドラマ

第1話の冒頭で亡骸として発見される女性刑事・碓氷薫()の死に対して、事件捜査に緊急招集される公安部の超有能刑事・才門要を演じる。 主人公は叩き上げで捜査の最前線を任され、冷徹で目的のためには手段を選ばない刑事・遊佐(賀来)。 森の中で目を覚ますと、直前数ヶ月の記憶を失っていた。 右手には拳銃、そして横には上司だった女性刑事の亡骸が遺されていた…。 才門(井浦)は、身体能力も高く腕っぷしも強い。 飄々(ひょうひょう)としながら心の奥に強い信念を持ち、かつては新人時代の遊佐に刑事のイロハを叩き込んだ男。 場の空気を切り裂くような言葉を放てば、時折ユーモアを交えるセンスも持ち、時に禅問答のように物語のカギとなるセリフを吐く才門。 何を考えているのか、何をしようとしているのかまるでわからない、『雲』のような存在感で異才を放つ男を井浦が演じる。 井浦は「福井プロデューサーから物語の全容を初めて聞いた時、大好物のヤバい香りがプンプンしました。 台本を読んだ時にそれは確信に変わり、読み終えた時には身体が2話を欲してました。 設定も展開も斬新で挑戦的かつ曲者しかいない登場人物たち。 きっとつくり手たちも先の見えない展開に翻弄され暗黒の中を手探りで彷徨うことになりそうな予感。 そんな状況下で才門要という役に挑戦し育てていけることは大きな演り甲斐です」。 「福井プロデューサーのやべりが一番面白かったとならない様に、スタッフ・キャストがひとつとなって、全身ノワールに染まりながら、全霊で共演者と駆け引きし合い、観て下さる方々の心に爪跡をのこす作品にしてゆきたいと思っています」とコメントを寄せている。

次の

ドラマ【BRIDGE】のキャストとあらすじ!井浦新主演の阪神大震災復旧物語!

井浦 新 ドラマ

Contents• 井浦新さんのデビューのきっかけ ファッションが大好きで、洋服店に通い詰めていた時、そのお店の方の知人に頼まれて、ファッションショーにモデルで参加したところ、モデル事務所にスカウトされました。 『 MEN'S NON-NO』『 an・an』『 smart』他、各ファッション誌の表紙を飾り、1990年代後半にはパリコレをはじめ、東京コレクションなどでトップモデルとして出演をしています。 モデルデビューから3年。 写真集で井浦を見たという是枝裕和監督から、映画出演のオファーがあり、1999年 映画『 ワンダフルライフ』でいきなり主役でのデビューを飾りました。 183㎝の高身長と優しい面立ちは女性を虜にしています。 井浦さんは役柄によってまとう香りや聴く音楽のプレイリストも変え役作りを行っているそうです。 フランキンセンスと言えば、心身に深い落ち着きをもたらす香りです。 地に足がついているような安心感、奥深くに秘めた強さや深みを感じさせる香りで空、間に上質でクラシカルな雰囲気をもたらし、多くの人を魅了します。 井浦さんにピッタリな香ですね。 インスタグラムには井浦新さんの魅力がいっぱい見ることができます。 ファッションモデルだけあって服のセンスや着こなしが半端ない、かっこいいです。 最新情報はツイッターが必須ですね。 井浦さんは2019年、多くの映画ドラマに出演しました。 『 レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』ではディーン・フジオカさんとのダブル主演。 刑事役。 上半期NHK朝ドラ『 なつぞら』に出演、その役が「穏やかな物腰で人望が厚い」理想の上司と話題になりました。 映画『 宮本から君へ』では一転、グズ男を演じています。 人生負けっぱなしだが、情熱だけは半端ない不器用すぎる男、どうしようもない遊び人。 井浦さんの「色気」がハンパないと話題になっています。 10月からのドラマ『 ニッポンノワール-刑事Yの反乱』役は公安部の超有能刑事・才門要。 どんな刑事か楽しみです。 1月に放送したドラマ『 BRIDGE』は1995年の阪神淡路大震災で実際に起きた出来事をもとにしたドラマです。 六甲道駅をわずか74日間で復旧させた人々を描き、井浦さんは六甲道駅工事所長・高倉昭を演じました。 災害は時間とともにその記憶は薄れていきます。 そしてまた新たな災害が起きます。 災害の教訓を生かし備えるためにも決して忘れてはいけない事実です。 忘れないために記録に残し、実際に起こった災害を乗り越えていく人間の凄さを教えてくれます。 井浦新さんの演技に共演者も視聴者も忘れられない作品です。 井浦さんは当時まだ20歳。 平成で起きた様々な震災のなかで、阪神淡路大震災だけがすっぽりと抜け落ちていたといいます。 抜け落ちていた阪神淡路大震災の記憶を「もう一度学ばせていただける」と意欲を示しました。 役のモデルとなったJR六甲道駅復旧工事の現場責任者・岡本啓さんと対談では「余震がきて建物が壊れたら、死んでしまうかもしれない」という命の危険と隣り合わせの現場で、自分がリーダーであるという強い判断力、強いリーダーシップをとれるかが大事と聞き、井浦さんは強いリーダーシップで高倉という役を演じました。 井浦新Instagramより 妻役の吉田羊さんのコメント 「私が提案することを、きちんと受け止めてくださって、新さんの中には無かった設定もとりあえずやってみて、その先に広がるお芝居の可能性を面白がって下さり、懐の深さを感じてとても素敵な方だなと思いました。 結果的に、狙い通りの雰囲気になりましたし、私もそれを受けた新さんのお芝居からまた新しい感情を頂いて、とても嬉しいなと思いました」 被災者の方も大変な状況のなか、実は泣いているだけではなく、お互いを癒やし合い励まし合うこともある人間はそんなに弱い存在じゃないと思わせる、生き抜く強さを感じられる作品となりました。 井浦新さんの素晴らしい演技を見てほしい作品です。 まとめ 井浦新さんの魅力は、言葉では言い尽くせないほどです。 ファッションのセンスから、俳優としての実力、芸術家としてもかっこいいです。 インスタグラムの画像やツイッターからも多彩な魅力を感じさせますが、やはり作品を見るのが一番ですね。 これからも井浦新さんの魅力ある演技を楽しみにしています。

次の

原作・谷口ジロー 主演・井浦新「歩くひと」4月5日(日)スタート!

井浦 新 ドラマ

Contents• 井浦新さんのデビューのきっかけ ファッションが大好きで、洋服店に通い詰めていた時、そのお店の方の知人に頼まれて、ファッションショーにモデルで参加したところ、モデル事務所にスカウトされました。 『 MEN'S NON-NO』『 an・an』『 smart』他、各ファッション誌の表紙を飾り、1990年代後半にはパリコレをはじめ、東京コレクションなどでトップモデルとして出演をしています。 モデルデビューから3年。 写真集で井浦を見たという是枝裕和監督から、映画出演のオファーがあり、1999年 映画『 ワンダフルライフ』でいきなり主役でのデビューを飾りました。 183㎝の高身長と優しい面立ちは女性を虜にしています。 井浦さんは役柄によってまとう香りや聴く音楽のプレイリストも変え役作りを行っているそうです。 フランキンセンスと言えば、心身に深い落ち着きをもたらす香りです。 地に足がついているような安心感、奥深くに秘めた強さや深みを感じさせる香りで空、間に上質でクラシカルな雰囲気をもたらし、多くの人を魅了します。 井浦さんにピッタリな香ですね。 インスタグラムには井浦新さんの魅力がいっぱい見ることができます。 ファッションモデルだけあって服のセンスや着こなしが半端ない、かっこいいです。 最新情報はツイッターが必須ですね。 井浦さんは2019年、多くの映画ドラマに出演しました。 『 レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』ではディーン・フジオカさんとのダブル主演。 刑事役。 上半期NHK朝ドラ『 なつぞら』に出演、その役が「穏やかな物腰で人望が厚い」理想の上司と話題になりました。 映画『 宮本から君へ』では一転、グズ男を演じています。 人生負けっぱなしだが、情熱だけは半端ない不器用すぎる男、どうしようもない遊び人。 井浦さんの「色気」がハンパないと話題になっています。 10月からのドラマ『 ニッポンノワール-刑事Yの反乱』役は公安部の超有能刑事・才門要。 どんな刑事か楽しみです。 1月に放送したドラマ『 BRIDGE』は1995年の阪神淡路大震災で実際に起きた出来事をもとにしたドラマです。 六甲道駅をわずか74日間で復旧させた人々を描き、井浦さんは六甲道駅工事所長・高倉昭を演じました。 災害は時間とともにその記憶は薄れていきます。 そしてまた新たな災害が起きます。 災害の教訓を生かし備えるためにも決して忘れてはいけない事実です。 忘れないために記録に残し、実際に起こった災害を乗り越えていく人間の凄さを教えてくれます。 井浦新さんの演技に共演者も視聴者も忘れられない作品です。 井浦さんは当時まだ20歳。 平成で起きた様々な震災のなかで、阪神淡路大震災だけがすっぽりと抜け落ちていたといいます。 抜け落ちていた阪神淡路大震災の記憶を「もう一度学ばせていただける」と意欲を示しました。 役のモデルとなったJR六甲道駅復旧工事の現場責任者・岡本啓さんと対談では「余震がきて建物が壊れたら、死んでしまうかもしれない」という命の危険と隣り合わせの現場で、自分がリーダーであるという強い判断力、強いリーダーシップをとれるかが大事と聞き、井浦さんは強いリーダーシップで高倉という役を演じました。 井浦新Instagramより 妻役の吉田羊さんのコメント 「私が提案することを、きちんと受け止めてくださって、新さんの中には無かった設定もとりあえずやってみて、その先に広がるお芝居の可能性を面白がって下さり、懐の深さを感じてとても素敵な方だなと思いました。 結果的に、狙い通りの雰囲気になりましたし、私もそれを受けた新さんのお芝居からまた新しい感情を頂いて、とても嬉しいなと思いました」 被災者の方も大変な状況のなか、実は泣いているだけではなく、お互いを癒やし合い励まし合うこともある人間はそんなに弱い存在じゃないと思わせる、生き抜く強さを感じられる作品となりました。 井浦新さんの素晴らしい演技を見てほしい作品です。 まとめ 井浦新さんの魅力は、言葉では言い尽くせないほどです。 ファッションのセンスから、俳優としての実力、芸術家としてもかっこいいです。 インスタグラムの画像やツイッターからも多彩な魅力を感じさせますが、やはり作品を見るのが一番ですね。 これからも井浦新さんの魅力ある演技を楽しみにしています。

次の