僕の心のヤバイやつ 市川姉。 【漫画漫遊】「僕の心のヤバイやつ」桜井のりお著 秋田書店

『僕の心のヤバイやつ』2巻 山田の心の声が聞こえた(ような気がした)

僕の心のヤバイやつ 市川姉

以下、感想を語ります。 これはヤバイ。 読んでいる間口角が上がりっぱなしでした。 ・一コマ目からウキウキの山田 これは前回、市川が山田母を指して「可愛い」と表現した事に由来する言動でしょう。 市川に可愛いと言われたくて、ショッピングに連れまわしているという状況です。 ……いや、これ は破壊力高いです。 山田の市川に対する嫉妬心が良い方向に作用していると言えましょう。 嫉妬心に振り回される事無く山田自身も純粋にショッピングを楽しんでいる風なのがいい感じです。 そんな山田の様子に、案の定市川は気が付いていない様子です。 それどころか、カフェで山田に奢られた事を気にしている始末。 まあ、気持ちは分かります。 こういう時、奢られた側は奢ってくれた側に対して必要以上に負い目を感じてしまい、結果的に奢るという親切のための行為が仇となる事は珍しくないと思います。 まして市川は背伸びしがちな中学生。 そして相手は同年代の山田。 釈然としないといったところでしょう。 というかここのコマ、山田が「私お仕事してるし…」とか言うせいで、市川がなんかヒモみたいな感じになってません? ちょっと面白いです。 デフォルメされても山田が大人っぽいせいか、保護者と子どもにも見えますが。 こういう見た目のアンバランスさが「僕ヤバ」の魅力の一つですね。 ・可愛いを誘導する山田 山田、「どっちが可愛いかな」はちょっと卑怯じゃないですか? そんな問い方をされたら、普通はもう可愛いが得られてしまうではないですか。 山田は本当に露骨です。 素直であるがゆえにがっつき方が分かりやすいです。 そして意地でも可愛いと言わない市川。 しかも可愛いと表現しない事に関しては、現時点では無自覚的なように見えます。 「?」のモノローグの様子からしても、このページに関しては山田の視点に近いらしく、表情から市川の考えている事が読み取れません。 ポーカーフェイスの市川はかっこいいですね。 しかし市川……「自分の服なんだから自分の好みで買ったら」という指摘、実に市川らしいです。 正論と言えば正論ですが、そんな突き放し方は無いでしょうに。 相手が山田でなければ会話の流れが止まりかねない態度です。 不器用さが癖になります。 ・山田試着 「ラブコメでよく見るやつだ…」 ラブコメだよ!!!!! どこまで行っても無自覚的な市川、大好きです。 でもまあ市川の認識としては、漫画を借りにきたというだけで、これがデートであるとか今日がクリスマスイブだとか、そういうところは考慮の外にあるのかもしれません。 そういう事なら、無自覚さも納得というものです。 ……いや、さすがにそれは無い。 自分で言って即自分で否定するのは卑怯かもしれませんが、市川はそこまで鈍感ではないような気がします。 この「気がします」はしょせん桜井先生の匙加減なので難しいところではあるのですが、市川は他人の好意に鈍感なだけで、周りを取り巻く環境に関してはむしろ敏感です。 自分と一緒にいることで山田がどう見られているのかとか、市川自身がどう目立ってしまうのだとか、自分自身の過小評価さえ考慮に入れなければ、彼のそういう視線はかなり正確と言えましょう。 そうなると、「デートである」という部分は自己否定観から肯定できずとも、「今日がクリスマスイブである」という事実は、否応なしに認識せざるを得ない部分だと思います。 もっともこの場合に関しては、市川が気にしそうなのはあくまで「クリスマスイブに山田と自分が歩いているのを誰かが見ていたらどうしよう」といった的外れな心配であって、「山田が何故クリスマスイブに自分と過ごしているのか」という部分に関しては思惑しないでしょう。 したとしても、プラスの考えには行きつかないでしょう。 突き詰めれば突き詰めるほど、この二人の恋愛は難しくて面白いです。 やっぱりラブコメは最高ですね。 ・照れる市川 可愛いです。 市川も中学生、性欲が優先してしまうのでしょう。 服を脱ぐ音を聞いて煩悶する様子が面白いです。 で、思い起こすのは姉と母。 気持ちを静めるために想像するのがこの二人というのは、笑えます。 何故そこに父親を入れなかったのか。 もしかして市川、父親いない……? 根拠の無い疑惑が発生しましたが……市川の父親がここまで一度も登場していないのは確か……だと思います。 忘れていたらすみません。 「みつどもえ」において、主人公の三つ子には何故か母親がいませんでした。 最終回を迎えて連載終了した現在においても、結局その謎についてはほとんど触れられる事はありませんでした。 ただ、随所の描写から母親は既に死別あるいはかなり大きな隔絶によって二度と会えないという可能性が浮上しています。 基本的に明るい本編ですが、そう思って見返すと切ないシーンがいくつかあって、考察の余地が出てきます。 「僕ヤバ」は「みつどもえ」よりもギャグが抑え気味な分、人間関係の描写が丁寧な気がします。 するとここで市川が父親を思い浮かべなかったのは、何か深い理由があり、その理由は今後明かされるのかもしれません。 まあ、シチュエーションの関係上男性をイメージし辛かっただけかもしれませんが。 人間関係についても、市川と山田以外のところは主題ではありませんし、おざなりでも問題はありません。 この辺りの考察はあくまで「そうだったら興味深いな」程度のものです。 ・おねえ登場 おねえの事を考えて心を鎮めていたら、本物のおねえが来ました。 市川のお姉ちゃん、市川なしでの単独出演は初めてです。 どうやら友達と服を買いに来たというところでしょう。 おねえが服屋に入ってきたので、逃げる市川。 市川はおねえが嫌いというわけではないのでしょうが、思春期なだけに同じ家族というコミュニティーに属する相手に冷たくなるのは致し方なしでしょう。 そんな事とは露知らず、満面の笑みで浮かれ放題の山田可愛いです。 きっと市川に「可愛い」と言ってもらう事を想定して、笑みを零しているのでしょう。 微笑ましいです。 そんな山田を諫める市川。 ここで市川が山田に対して状況説明をしようとする際、「姉が」のちょっと前に「おっ…」と言いかけているのがぐっときます。 普段「おねえ」と呼んでいるのを山田に知られたくなくて、とっさに「おねえ」と言いかけたところを「おっ…」で止めて「姉」に訂正するのがすごく市川らしいというか中学生らしくて、滅茶苦茶好きです。 ・「今じゃない…」 ここの市川の真意は明らかです。 とにかく姉と山田とが接触するのが気恥ずかしくて、咄嗟にそう言ってしまったのでしょう。 けれど「駄目」ではなく「今じゃない」と、わざと先送りにするだけの言葉を言い放った真意については、市川自身もよく認識していないようです。 いち読者としても、ここの市川の本音はまだ分かりません。 わたしの解釈が浅いのか、それとも現時点ではまだ拾えない伏線となっているのか、その辺りはもう少し時間をかけて解明していきたいところです。 ・とっさに試着室に これはラブコメですね。 しかしこの二人……映画出演決定の時といい、密室で二人きりになるのが好きですね。 この二人というより山田が、になるのかもしれませんが。 連れ込んだのは山田の方ですね。 咄嗟の事とはいえ積極的です。 市川は動揺しまくるあまり ちゃんと畳め とか言ってますし、状況が混沌としています。 おまけにおねえまで隣の試着室に入って、もう滅茶苦茶です。 ちょっと気になったのですが、おねえ。 市川と違ってクリスマスイブに遊びに行く友人が複数いて、服屋の店員に怖じ気づく事なく話しかけ……と、弟と比べると随分まとも……というか普通ですね。 これまでの登場時を見てもそれが窺えたのですが、ここでさらに確信が強まったかたちです。 おねえ自体結構登場回数が多く、市川との絡みが非常に楽しいので、彼女については出来る限り触れておきたいところです。 ・「似合う」 照れながらも、市川は他意無く素直に山田の服装をそう褒めました。 これには山田も満足です。 しかしこの、市川の評価待ちの山田、滅茶苦茶可愛いですね。 この等身でみつどもえのふたばみたいな顔をすると、シュールです。 ともあれ、「可愛い」ではないにしろ、市川から評価が得られたので満足の山田。 一話の縦軸がきっちり揃っていて読みやすいお話でした。 ・オチ ロロッロかな? やっぱり桜井先生、「ロロッロ!」終わってちょっと影響出てるような……早急に新連載が必要なのでは? いやでも、月二での僕ヤバ連載も非常にありがたいです。 頑張って下さい。 そしておねえ!!! 実の弟相手にセクシーポーズの自撮りを贈るな! やっぱブラコンですね、この人。 モノローグの「クールダウンできた」がじわじわきます。 やっぱり桜井先生はラブコメ漫画家である前に下ネタ漫画家であり、ギャグ漫画家ですね。 最高でした。 総評 終始イチャイチャしてましたね、今回。 大満足です。 そして次回、渋谷デートクライマックスだそうです。 読むしかありませんね。 Karte.

次の

『僕の心のヤバイやつ』2巻 山田の心の声が聞こえた(ような気がした)

僕の心のヤバイやつ 市川姉

「僕の心のヤバイやつ」とは? 2018年から秋田書店の「週刊少年チャンピオン」で連載がスタートした「僕の心のヤバイやつ」は、漫画家・桜井のりお(さくらい のりお)先生が描く 青春格差ラブコメディマンガ。 2018年4月からは秋田書店のWebコミックサイト「マンガクロス」に移籍し、最新話が無料連載されています。 2020年1月時点で、第2巻まで刊行され、電子書籍を含む累計発行部数が30万以上を突破。 また、「マンガクロス」だけではなく、イラストコミュニケーションサービス「pixiv コミック(ピクシブ コミック)」でも、最新話が無料配信されています。 オトコ編第3位を記念して、2020年1月7日に発売された「別冊ヤングチャンピオン」の2月号に「僕の心のヤバイやつ」のKarute. 18プルーチェの回の再録され、両面クリアファイルも付録として登場しています。 また「次にくるマンガ大賞」にもノミネートされるなど「僕の心のヤバイやつ」は、 アニメ化や実写化が期待されている作品です。 僕の心のヤバイやつ:あらすじ 主人公の 市川京太郎は、思春期で中二病真っ盛りで「 陰キャ」の男の子。 そして京太郎は、心の奥に殺人衝動を隠す危険な思考の持ち主です。 一方の 山田杏奈は、学校内でNo. 1と呼び声の高い美人なのに、「アホの子」と呼ばれてしまうほどの性格。 しかし、杏奈は友だちに恵まれ、雑誌の商業モデルをするなど充実した生活を送っている「 陽キャ」の女の子です。 陽キャを憎む京太郎は、杏奈を 「僕が今最も殺したい女だ」 と密かに考えていました。 しかし、図書室で京太郎は、杏奈が隠れてお菓子を食べているのを目撃。 杏奈を殺したいと思っていた京太郎ですが、陰キャだからと言って差別せず、屈託のない素の表情を見せる杏奈の姿に、だんだん心が動かされていきます。 そんなある日、体育の授業中、杏奈の顔面にバスケットボールが当たり、鼻血を出して保健室に運ばれるという事件が発生します。 杏奈を心配した京太郎は保健室までついて行き、杏奈が次の日のモデル撮影が出来なくなった悔しさから泣いているのを目撃しています。 そこで初めて杏奈の涙を見た京太郎は「 僕は山田が好きなんだ」と、自分が杏奈にの恋心を持っているのを認め、2人の距離はさらに縮まっていくのです。 僕の心のヤバイやつ:ネタバレ込みで魅力を紹介! 「僕の心のヤバイやつ」の魅力は、主人公・ 市川京太郎の独特の目線で進行していくストーリーと、 思春期と中二病を発症している陰キャの京太郎と、陽キャで憎めない山田杏奈の甘酸っぱい関係性でしょう。 ストーリーが進んでいくうちに、飾らない性格の杏奈に、京太郎は恋心を抱くようになります。 一方の杏奈も「京太郎が好き」という言動が多くなり、より親密度を増していきます。 その後は京太郎も「杏奈が好き」だという自分の感情に素直になり、最新刊では「もはや付き合っているのでは…?」と錯覚するほど仲良くなりました。 京太郎と杏奈の 友だち以上恋人未満な関係にヤキモキしながらも、それ以上にときめいてしまう 新感覚のラブコメです。 また、杏奈は昼休みに図書室でお菓子を食べるのが大好きで、ねるねるねるねやプルーチェなど学校で食べるのが難儀なお菓子を持参し、京太郎をハラハラさせる…なんてシーンも、「僕の心のヤバイやつ」の見どころの1つでしょう。 39「僕は夢を見た」 では、雨に濡れて風邪を引き、学校を休んでしまった京太郎の自宅に杏奈がお見舞いにやって来ます。 しかし、自宅に杏奈を招き入れた京太郎は、体調が悪くなりダウン…。 そして、倒れた京太郎に新しいパジャマを着替えさせようとした杏奈が、京太郎に体を密着させたところで、再び京太郎は意識を失います。 京太郎が意識を取り戻すと、杏奈はすでに帰った後でした。 」とツッコミを入れ、Karute. 39「僕は夢を見た」は終了しています。 「僕の心のヤバイやつ」が始まったころの2人の関係を考えれば、かなり親密度の高い最新話となっていますね。 僕の心のヤバイやつ:実写化PV発表! 宝島社「このマンガがすごい!2020」オトコ編第3位に選ばれたのを記念し、特別に制作された 実写版のPVが、 Youtube で配信 されています。 市川京太郎役に原田暖之介さん 、 山田杏奈役に豊島心桜さんを起用。 第1巻から第2巻を集約した構成で、5分にわたるロングバージョンのPVとなっています。 ロングバージョンのPVを視聴し終わった後に「僕の心のヤバイやつがどこかで実写化されているのか?」と錯覚してしまうほど。 さらに「僕の心のヤバイやつ」の公式Twitterでも、実写化された「僕の心のヤバイやつ」のPVはアップされ、視聴したファンからは、 アニメ化や実写化して欲しい というコメントが寄せられています。 学校では情報処理部に所属し、京太郎を「京ちゃん」と呼ぶ姉とは、姉弟揃って街に出かけるほど仲が良い関係です。 また、京太郎は他人の心を深読みすぎたり、他人が発言した言葉に敏感に反応してしまう繊細で内向的な性格で、趣味は絵や小説を書いたり、読書をすること。 そして、「僕の心のヤバイやつ」の第1話で京太郎は「 殺人大百科」を読んで自分の世界に没頭するなど、心の奥に殺人衝動を隠す 陰湿な思考の持ち主です。 さらに、京太郎は「僕の頭はおかしい」と自分の心が淀んでいると分析し、人付き合いが苦手。 また、今日太郎は青春を諦めている発言もしていて、 思春期だけではなく中二病も発症しているいわゆる「陰キャ」の人物です。 また、京太郎は、友だちに囲まれて充実した日常生活を送っているクラスメイトの山田杏奈が、 底辺である陰キャを見下している から 「僕が今最も殺したい女だ」 と考えています。 しかし、京太郎は、図書館で目撃した杏奈の独特な行動を観察しながら、 徐々に杏奈に恋心 を寄せていくのです。 僕の心のヤバイやつキャラクター2:山田杏奈 陽キャの天然系ヒロイン 今日はクリスマス・イブ? ってことで、「僕の心のヤバイやつ」特別1P漫画、本日公開中!! 一体、2人に何が起きるのか…。 杏奈は自宅で犬を飼っていて、あだ名はストレートに「杏奈」です。 美しい容姿とは裏腹に純真で子供っぽい性格の杏奈は、ちょっとしたことで涙を流したり、嘘がつけない正直者。 また、杏奈は長身と抜群のスタイルを活かし、モデル事務所に所属しながらファッション雑誌「CiEL(シエル)」でモデルとして活躍中。 将来の夢は女優になることなんだとか。 そんな杏奈は字が汚いのが特徴的で、部活はバスケ部に所属しています。 しかし、体育の授業中にバスケットボールを鼻に当てられて怪我をしてしまったのと、モデルの仕事が忙しいためにバスケ部を退部しています。 「好きなものを好きな時に食べる!! それがストレスを溜めないライフスタイル」 と豪語している杏奈は、昼休み中に学校の図書室で隠れてお菓子を食べたり、ポケットにアメを忍ばせたりするほどお菓子がとても大好き。 さらに杏奈は、お菓子を食べていても、何の努力もなくスラリとした体型を維持している、女子にとって羨ましいキャラクターです。 同じ中学校の3年生のナンパイこと南条にナンパされた際には、「ライ…ン?」「エス…エム…エス?すあま?」と戸惑っている姿をみせていることから、杏奈はSNSに疎いようです。 あと、この頃から山田はカマキリが好きなようです…。 あだ名は「ちぃ」で、長身の杏奈とは反対にちひろは背が低く、アレルギーでスナックが食べられません。 杏奈とは親友関係にあり、京太郎の心の中では親しみを込めて「彼氏さん」と呼ばれています。 ちひろのするカマキリの真似は、杏奈の笑いのツボを刺激。 ちひろと杏奈のやり取りを見ていた京太郎からは 「萌えマンガしている」 と言われています。 僕の心のヤバイやつキャラクター4:関根萌子 関根萌子(せきね もえこ) は、市川京太郎と同じクラスの同級生で、山田杏奈の友だち。 ゆるい髪を部分的に結い、自分のことを「萌」と呼び、胸が大きいのが特徴的です。 萌子は、軽いトーンで大人びた発言をするため京太郎から 「ビッチ」「糞ビッチ」 と密かに呼ばれています。 また、萌子は心理テストが好きで、学校での成績は学年5位になるほど優秀な一面も。 萌子は、ナンパイこと南条と気軽にLINE交換をしている姿が描かれ、同級生の中でも大人びた女の子が目立ちます。 僕の心のヤバイやつキャラクター5:吉田芹那 吉田芹那(よしだ せりな) は、市川京太郎のクラスメイトの女の子です。 ポニーテールをしている芹那は、 はっきり物事を言う姉御肌タイプの性格 をしています。 山田杏奈とは小学校時代から友達で、あだ名は「にゃあ」。 秋田書店の漫画の編集部に職場見学に行った時に、芹那は「クローズ」と「ワースト」を全巻読破した大ファンであるというのを語っています。 また、小学校のころの芹那は、 金髪で夜露死苦やっている感じで近寄りがたかった と杏奈が暴露していました。 僕の心のヤバイやつキャラクター6:神埼 神埼(かんざき) は、市川京太郎と同じクラスの坊主頭の男の子です。 美人に関して、神崎は「僕は…美人すぎるとあんまりだな~」という発言をしていて、京太郎から密かに「ブス専か?」と分析されています。 また、神埼は好きな女性のタイプを「太ければ太いほど…3ケタでもいいし…こう段々になってるのが良いんだよ~」と言っていました。 そんな神埼の好きな人はクラスメイトの ぽっちゃり体型の女の子・原 です。 神崎は、原と2人で出かけるまでに距離を縮めていて、職場見学で同じ班になって親密度を深めています。 僕の心のヤバイやつキャラクター7:足立 足立(あだち) は、市川京太郎のクラスメイトで 髪の毛を染めている男の子 です。 思春期の男の子らしく猥談ばかりをしている足立は、ラッキースケベ系の漫画が好み。 さらに足立は、猥談でクラスの女の子たちをからかうのが大好きですが、 本当はピュアな性格 をしています。 また、足立は山田杏奈宛に「LINE教えてください 足立より」という手紙を、京太郎経由で渡そうとしているのが登場していました。 この時は、足立が猥談を書いた手紙だと思った京太郎によって別の手紙にすり替えられていますが、後に足立は、 杏奈に好きな男性がいるのか気にしている発言 をしています。 僕の心のヤバイやつキャラクター8:太田 太田(おおた) は、市川京太郎のクラスメイトです。 足立や神埼と行動をしている男の子で、太った体型をしています。 猥談が好きな足立や、ぽっちゃり体型が好みの神埼のそばで、太田が際立つようなエピソードは存在していません。 セミロングの髪を2つにまとめ、ぽっちゃりした体型をしています。 ぽっちゃりした体型を気にして、原はダイエットに励んでいました。 家には猫を2匹飼っています。 また、中学校の文化祭でおばけ屋敷をすることになり、原はお墓の絵を書いているシーンで、 「よくある名字を書いただけ」 と言って、山田杏奈や吉田芹那などの名字を描いてちょっとした騒動を起こしています。 そして、ぽっちゃり体型の女性が好みなクラスメイトの神埼と原は いい感じのようで、度々2人で出かけていることが「僕の心のヤバイやつ」第2巻で明らかになりました。 僕の心のヤバイやつキャラクター10:南条 南条(なんじょう) は、「僕の心のヤバイやつ」Karte. 6「僕は嫌だ」で、山田杏奈をナンパしている3年生の先輩として初登場。 猥談が好きな足立が、ナンパと先輩をかけて 「ナンパイ」 と南条にあだ名を付けています。 南条は、 杏奈の性格を知っても怯まず本気でアプローチ し、市川京太郎の心をざわつかせるきっかけになっています。 また、南条は、杏奈をナンパして軽薄な性格に見えますが、京太郎がナンパを阻止するために川に投げた自転車を率先して引き上げてくれるなど、基本的に優しい人です。 僕の心のヤバイやつキャラクター11:前田先生 前田(まえだ) は、市川京太郎が所属する2年3組の担任の先生です。 Karte. 20「僕は弁護した」で、図書室の前にお菓子の袋があったのをHRの時間に話し、山田杏奈が「私はゴミ箱に捨ててないので、違います」と言ったのを聞いて職員室に呼び出しています。 前田先生は、職員室に呼び出した杏奈を助けるためにやって来た京太郎に論破されていましたが、 京太郎や杏奈の性格を熟知 しています。 僕の心のヤバイやつキャラクター12:金生谷倫 金生谷倫(かなおや りん) は、市川京太郎のクラスメイトの女の子です。 Karte. 14「僕は何もできない」で、倫は、 山田杏奈にバスケットボールを当てて鼻血を出させてしまった 張本人。 バスケットボールを当てた直後は「え、いや、わざとじゃないし」と謝罪していませんでしたが、小学校時代から仲の良かった吉田芹那に諭されて、後日杏奈に謝罪をしています。 【僕の心のヤバイやつ】中二病の主人公の恋が気になる! 2018年から秋田書店のWebコミックサイト「マンガクロス」で無料連載されている「僕の心のヤバイやつ」は、陰キャの主人公・市川京太郎と、陽キャのヒロイン・山田杏奈が繰り広げる 青春格差ラブコメディです。 思春期と中二病を同時に発症している京太郎の目線から見た杏奈は、きれいなのにどこか残念な部分が多く、ツッコミどころが満載の女の子でした。 特に京太郎と杏奈だけのシーンでは、ドキドキと笑いが半々に描かれていて、読者を飽きさせません。 連載当初から絶妙な距離感で展開される京太郎と杏奈の関係がSNS上で話題になり、単行本が発売されると何度も重版されています。 アニメ化や実写化が待ち遠しい「僕の心のヤバイやつ」の今後の展開に期待しましょう!.

次の

漫画『僕の心のヤバイやつ』レビュー 陽キャ美少女山田さんに惹かれる陰キャ主人公との最高に甘酸っぱい学園ラブコメ : 嘘喰いLABO 〜嘘喰いネタバレ・考察・最新話まとめ〜

僕の心のヤバイやつ 市川姉

マンガ情報メディアにて桜井のりお先生のインタビューが公開されました。 山田が桜井のりお先生の想定を超えて動いているのは興味深いですね。 当初よりも早いペースで2人が近づいているのも、山田がガンガン攻めているおかげかも。 また、22話のレインコートを開けるくだりは「あそこはねっとりと、無駄にコマを多くして描写しました。 」とのことなので、確信犯だったんだな!!! だって、あからさまにセックスのメタファーじゃないっすか!!! また「市川の姉が大学生で軽音楽部に入っている」とおねえファンにはたまらない情報も。 先生自身もおねえ人気の高まりを感じてらっしゃるので、本編・ツイヤバともに登場回が楽しみ。 今ハマってる新しめのマンガで『チェンソーマン』を挙げており、山田がマキマさんっぽいぐるぐる目で嫉妬していたのはもしかして…と思ったり。 序盤は市川は山田を偏見に満ちた目で見ていて、山田は市川に全然興味がなかった。 それがふとしたきっかけでお互いを知り、意識し、好きになっていく。 2人のドキドキ感が伝わってきて、作品にどんどん没入していく。 先生の狙い通り、まんまと追体験して悶える日々を過ごしております。 僕ヤバで描きたいことはまだまだあるらしく、しばらくは連載が終わらなそうで安心! これからも市川と山田の恋路を見守っていきたいと思います。 関連リンク.

次の