雨の日 やる気でない なぜ。 雨の日に憂鬱になるのはなぜ? : メンタルトラブル

【雨は結構きれい!?】雨の日の洗車が「あり」の理由、教えます

雨の日 やる気でない なぜ

原因 低気圧 雨の日は気圧が低くなり、低気圧と呼ばれる状態になります。 人間の体は気圧の変化によって、ストレスを感じ、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。 活性化された自律神経はバランスを崩して、乱れることになります。 自律神経が乱れることで、不定愁訴と呼ばれる、頭痛や下痢、体の痛みや倦怠感、気分が沈むなど様々な症状が引き起こされます。 日が射さず、暗いから 朝起きて、カーテンを開けた時、日が射してこず、どんよりとした暗い天候だと、気分が上がりません。 「あ~あ、雨か」っていう感じで朝からテンションダダ下がりだと思います。 また朝日を浴びると、セロトニンが活性化され、やる気が湧いてくるのですが、雨だと朝日を浴びることができず、セロトニンも活性化されず、暗い気分のまま仕事や学校に行くことになってしまいます。 傘が必要になるから 雨が降っていると、傘をさしますが、この傘をさすという行為が非常に面倒です。 雨なら傘をさすということが当たり前すぎて、意外と意識しないのですが、よくよく考えてみると異常に傘は面倒です。 まず、片手が塞がること、常に腕を持ち上げていないといけないこと、雨が止んでも持って帰らないといけないことなど、化学が発達した現代において、かなり原始的な方法であることを、再認識させられます。 湿気が多い 雨で、湿度が高くなると体の水分が汗や尿として排出しずらくなり、体内に水分が留まりやすくなってしまいます。 そうなると、頭痛や、むくみ、倦怠感や下痢など様々な症状を引き起こすことになります。 家にいる時は、エアコンのドライ機能で除湿したりすることができますが、長時間除湿すると、逆に乾燥して喉を傷める原因にもなりますので、注意が必要です。 対策 雨が止むのを想像する 朝から雨が降っていて、気分が乗らない時は雨が止む状況を想像しましょう。 例えば天気予報を見て、夕方には晴れるとか、明日は晴れるとか、調べておいて、晴れた時のことを想像します。 降ってしまった雨を自力で止めることは不可能なので、落ち込むことなく、「雨が上がったら、きっと気分も晴れる」というように発想を転換させましょう。 止まない雨はない、いつか必ず晴れます。 通勤、通学で雨に濡れる時間を減らす すぐに実施できる対策ではありませんが、引越しを考えている方や、仕事や日常生活に支障が出るくらい、雨が嫌な場合は駅の近くに引っ越して、雨に濡れる時間帯を減らしましょう。 駅直結のマンションとかなら、雨に濡れることなく電車に乗れます。 また地下鉄などで、地下を移動できるようなら、地上にいる時間帯も短くなるので、傘をさす面相臭さや、どんよりとした空を見ずにすみます。 お気に入りの傘を買う 雨の日でも逆にテンションを上げる方法として、お気に入りの傘を購入することです。 おしゃれだったり、ブランド物だったりと、自分が気に入った傘であれば、使う度にテンションが上がります。 傘だけでは足りない場合はレインブーツやレインコートなど雨具グッズを揃えてみてもいいかもしれません。 雨になれば、気に入った雨具を使えると思うと、雨の日も少しは楽しみになります。 自律神経を整える 日頃から、食事、睡眠など生活習慣に気を使い、自分の自律神経を整えておくことで、急な雨でも自律神経が乱れないようにしておきましょう。 自律神経の乱れを整える方法としては、耳周りをマッサージすることで全身の血行を良くする方法や、瞑想で呼吸を整える方法がオススメです。 その他にも自律神経を整える方法はいくつかありますので、自分に合った方法を見つけましょう。

次の

雨の日に気分が落ち込む理由!気分を上げるには? | 日々是好日

雨の日 やる気でない なぜ

自律神経系のコントロールが鍵です! 谷さま、ご質問をありがとうございます。 そして、毎朝「1分間集中力メルマガ」をお読みくださり、重ねてありがとうございます!さて、いただいたご質問ですが、おそらく「気象病」の対処法がお役に立つかも知れませんので、ご紹介させていただきます。 気象病とは 気象の変化で起こる不調の総称です。 気圧、気温、湿度の変化によって起こり、特に、気圧の変化が大きな影響を受ける方が多い様です。 主な症状 症状は大別して二つ 1)不定愁訴が生じる 2)持病が悪化する です。 以下のような症状が関係しています。 同じ様な自律神経系のコントロール不全が、気温の急激な変化や、湿度の高まりで起こります。 特に女性は、生理周期でホルモンバランスが変化しますから、自律神経系が普段から影響を受けやすい状態で、気象渺になりやすいといわれております。 また、気圧が低下すると、血管が拡張して、痛みが増す原因になっている場合もあります。 一説には、慢性病の方の約25%は気象病が関係しているといわれております。 対処法1 :リラックス(ストレスを貯めない) 気象病は自律神経系のコントロールが上手く行かないことが原因ですから、気象猫の方は逆にストレスに強くない傾向があります。 普段の対処法としては、 === ・規則正しい生活 ・十分な睡眠 ・正しい食生活 ・適度な運動 === を心掛けることが基本となります。 毎晩、繁華街に出向いて、朝まで「イェーイっ!」なんてことは控えた方がいいということですね。 とはいっても、たぶんそんな気力も出てこないので、行かないと思いますが、外出はしないけれど、家の中でそれをやっている事があります…。 対処法2 :深夜のPCやスマホの使用をやめる! やる気が出ないから、ベッドの中で、スマホをいじりながらついつい時間つぶし… そんな方も多いのではないかと思いますが、これをやると体内時計が乱れ、自律神経系が不安定になりがちです。 そもそも、気象病は天候の変化に自律神経系のコントロールが着いて行かないことが原因ですから、これは悪循環に繋がりかねません。 今日から、深夜のPCやスマホの使用は控えましょう! 対処法3 :朝日を浴びる 規則正しい生活を心掛ける上で、体内時計をキチンと機能させることがとても重要です。 そのための一つとして、朝起きたら朝日を浴びることは、一日のリズムを作る上でとても重要です。 特に、日の出直前の周波数を眼に刺激として受けることは体内リセットにとても良いと言われております。 昼夜逆転しがちですが、気象猫の方は自律神経系が影響受けやすい方なので、規則正しい生活を心掛けましょう。 対処法4 :運動する習慣を付ける 気象病が出る方は、体力の無い方が多いので、体力を付ける上で運動をする習慣を付けることが解決策の一つです。 といっても、いきなりジム通いをする必要はなく、朝日を浴びながら散歩する程度で結構ですから、身体を動かす事を習慣にしてみて下さい。 対処法5 :酔い止めを飲む 特にめまいの出る方は、酔い止めを飲むことで、対症療法的に緩和することがあります。 根本的な解決になるわけではありませんが、今の辛さから逃れられる可能性がありますので、試してみて下さい。 対処法6 :眠る前に入浴する 交感神経系の不調を改善するためには、毎日同じ時間に眠ることが解決策の一つです。 しかし、夜眠れないという悩みをお持ちの方も少なくありません。 十分な睡眠を取るために、夜眠る前に入浴することも解決策の一つです。 ただし、偏頭痛が悪化する方の場合は、入浴することで血管が拡張して逆効果になることがあるので、体調に合わせて選択してくださいね。 対処法7 :生姜を摂取する 生姜を摂取することによって、体温が上がり、自律神経系の乱れを防止できることがあります。 特に冷え症という自覚のある方は、体温が暖まる程度の生姜を摂取することも解決策の一つになることがありますので、試す価値はあるでしょう。 対処法8 :ビタミンB群を摂取する ビタミンB群は、身体の抵抗力を発揮する上で重要な栄養素の一つです。 緑黄色野菜を意識して摂取することは解決に繋がる可能性があります。 市販のビタミンB剤を摂取することも選択肢の一つですね。 対処法9 :ツボ(百会;ひゃくえ)を押す 頭頂部にあるツボ「百会(ひゃくえ)」は、自律神経系を整えるツボの一つです。 インターネット上で位置を確認し、そこを押すことも対処法の一つです。 対処法10 :ファーストフード、インスタント食品を食べない 「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉があります。 そして、「あなたが食べたものがあなたを作る」という言葉もある通り、食事は重要です。 空腹を満たす食べ方ではなく、食材を自宅で調理した食事を食べることは、とても重要です。 ついつい「だるいから…」と簡単に済ませてしまいがちになりますが、食事は健康の基本と捉えて、キチンとした食生活を心掛けましょう。 対処法11 :不調日記を付ける 天候の変化と自分の体調との関連性を把握しておくことはとても重要です。 そうすることによって、天候を予測して発症を予測し、備えることが出来ます。 「頭痛ーる」というアプリもございますので、ぜひ、活用してみてください。 対処法12 :自律神経系を鍛える 自律神経系のコントロール(交感神経系と副交感神経の調節)がスムーズにできる様になることがとても重要です。 そうすることで、対応力が強化されます。 そのために有益な方法の一つに呼吸法をマスターするというものがあります。 1)お腹を凹ましながら息をゆっくりと吐ききる 2)お腹を膨らましながら行きを一気に吸い込む これを、繰り返すことが、自律神経系を鍛えることに繋がりますので、夜眠る前に仰向けになりながら、ゆっくりと腹式呼吸をすることを実践してみてください。 対処法13 :シルバメソッドを習得する シルバメソッドは、アルファ状態やシータ状態になって、心身を整えるトレーニングです。 薬などのものに頼らず、自力で体調をコントロールすることが出来るためのトレーニングですから、時期や時間、場所を選ばずにいつでもどこででも、自力で「本来の状態」に戻すことができる方法を学びます。 最初の一日でリラックスの方法を学び、睡眠のコントロールを学ぶ事で、規則正しい生活をおくれる技術を学ぶことができます。 また、不安症や心配性を改善するテクニックも学ぶ事が出来るので、一気にいろいろなことを解決する方法を習得することが出来ます。 特に夜眠れない、呼吸法がわからない、いろいろ気になってしまう…、やる気が出ない…という方は、ぜひ、一気に解決するために、シルバメソッドを学んでみてください。 ぜひ、新しい習慣を作ってみて下さい。 ということで、谷さまの人生がより輝くことを来しつつ、アドバイスを終わらせていただきますが、必要な情報は盛り込まれておりましたでしょうか? もちろん、直接お目にかかってやり取りしたわけではございませんので、私の見当違いでのアドバイスがございましたら申し訳ございません。 そこは文字でのやり取りの限界と思って、寛大なる心でご容赦ください。 しかし、ピントのズレたアドバイスをしていた場合は、少なくとも「原因は今回の内容ではない」ことがわかりましたので、もし次回のご縁がございましたら、より原因を絞れるかと思います。 ですからもし、まだ深刻だったり、新たな疑問が出てきましたら、毎朝届く「1分間メルマガ」に掲載されている質問URLからご質問をお寄せ下さい!(2016. このアドバイスが何らかのヒントやきっかけとなり、あなたさまにとってより充実・納得できる人生になることを願っております! 人はいつどこでどう開花するかわからない!ただし、やりきったことのある人だけが成功する! そして、あなたが元気で明るく実績を出して、社会で活躍できれば、日本はもっと元気で明るい国になると信じています! 共に頑張りましょう! 応援しております。

次の

梅雨のだるい眠いやる気でない原因は?元気に過ごすには?食べ物は?

雨の日 やる気でない なぜ

雨の日って気分が落ち込んでちょっとブルーになりますね。 何か嫌なことがあっても青空を見上げれば少しは気分も晴れるんですけど、雨が降っていると余計に滅入ってしまいます。 どうして雨の日は気分が落ち込んでしまうんでしょうか。 また、雨の日で落ち込んだ気分を上げる方法ってあるんでしょうか。 雨の日に気分が落ち込む理由 雨の日に気分がブルーになっちゃうのにはいろんな理由が考えられます。 低気圧 雨の日に気分が落ち込む一番の理由は 低気圧です。 標高が高いところへ行ったとき、持っていったポテトチップスの袋がパンパンに膨らんだという経験をしたことがある人も多いと思います。 あれは高地のほうが気圧が低いために起こり、ポテトチップスの袋にかかっていた圧力が弱くなって膨らむわけです。 「雨の日=気圧が低い」ということになるので、高地でのポテトチップスの袋と同じ状況が身体にも現れます。 具体的には血管の拡張です。 人の身体には交感神経と副交感神経という二つの自律神経があり、交感神経は活動しているときや昼間に活発に働き、副交感神経は安静にしているときや睡眠時などに働いています。 交感神経は血圧を上げる方向に働き、副交感神経は血圧を下げる方向に働きます。 血管が拡張すると血圧が低くなり、すると身体は副交感神経を優位にして休息モードに入ろうとします。 これが気分にも影響して「あまりやる気が起きない」「気分が落ち込む」ということになってしまうわけです。 人の身体は気圧の変化を敏感に反応して活動モードを変化させていたんです。 低酸素 気圧が低いときには上昇気流が発生し、その上昇気流に乗って水蒸気が上空に集まって雨になって降ってきます。 その上昇気流は地上の水蒸気だけではなくて酸素も上空に運ぶため、地上はわずかですが低酸素になります。 そうなると今度も身体は「活動モードではない」と判断して「休息モード」に向かい、身体活動を抑えようとし、それがやる気の無さにつながってしまうわけです。 ホルモン不足 人の身体の中ではいろんなホルモンが分泌されていますが、三大神経伝達物質である セロトニンもそのうちのひとつです。 セロトニンには 心の浮き沈みを絶妙なバランスで整える働きがあります。 血圧や心拍数を一定にし、爽やかな気分にしてくれるホルモンがセロトニンで、幸せホルモンとも呼ばれています。 セロトニンが不足すると精神的に不安定になり、うつ病を発症しやすくなるとも言われています。 そして、セロトニンは日光を知覚することで分泌が活性化されます。 雨の日の光の量は晴れた日の100分の1くらいになってしまうそうで、この光の量では室内にいたらセロトニンの分泌には足りない量だとのことです。 朝から雨降りで一日中ずっと屋内にいるような場合にはセロトニン不足になってしまう恐れがあり、精神的に落ち込んでしまうこともあります。 本能 天気が良ければ外に出て活動し、雨が降れば室内でおとなしくしている、というのは人間が進化の過程で獲得した習性だとも言われています。 人間がまだ知性を持っていかった類人猿のころ、雨降りの日に外に出て活動すれば濡れて体温を奪われ、最悪の場合には死んでしまう危険性もありました。 そのため、外に出て餌を取るのは天気が良い日にして、雨の日は洞穴などにこもって体力を温存するという知恵を獲得しました。 この習性は、雨の日は副交感神経を優位にして休息モードにするという形で引き継がれ、雨の日は「よし、やるぞ!」という意欲が薄れてしまうんです。 雨の日はやる気が削がれるというのが本能だったというのはちょっと驚きでしたね。 雨の日に気分を上げるには? 雨の日の気圧や酸素濃度は私達にはどうにもなりませんから、それ以外の方法を考えるしかなさそうですね。 まずは幸せホルモンであるセロトニンを増やすことを考えましょう。 セロトニンが活性化するのに次の三点が挙げられています。 太陽の光• リズム運動• グルーミング リズム運動とはウォーキングやジョギングなど一定の呼吸とリズムで行う運動で、グルーミングとは「人とのふれあい」のことで、家族での食事や井戸端会議などもグルーミングです。 器具を利用して光を浴びる 雨の日は太陽の光の量が少なくなるので、太陽光と同じような光を出す器具で光を浴びることでセロトニンが活性化します。 このような器具が発する光の量は太陽の光の10分の1程度ですが、セロトニンの活性化には十分な量です。 実際に太陽光照射器具はうつ病を治療する器具として、また光目覚ましとして販売されています。 光を浴びてからセロトニンが活性化するまで30分くらいかかるので、仕事のある日は少し早く起きて光を浴びてから出勤したほうがいいですね。 リズム運動をする ウォーキングやジョギング、サイクリングなど一定のリズムで筋肉を収縮・弛緩させたり、呼吸する運動をすることでセロトニンが活性化します。 ただ、たまにやる程度ではあまり効果は期待できませんので、毎日でもできるペースの運動を選ぶことが大切です。 こちらも朝行うのがおすすめです。 グルーミング 光を浴びることとリズム運動は「これから仕事」というときには有効ですが、グルーミングは仕事が終わったあとに有効なものです。 具体的には「家族団らんでの夕食」「仕事仲間と行く赤ちょうちん」などがそうです。 しかし、嫌いな人と一緒だとかえってストレスになってしまうので、メンバーには注意しましょう。 食べ物からセロトニンを摂取する セロトニンは必須アミノ酸である トリプトファンから作られます。 ですので、トリプトファンを多く含む食べ物を摂ることでセロトニンの増加が期待できます。 トリプトファンを多く含む食べ物には次のような食品があります。 乳製品• 大豆製品• ナッツ類• バナナ また、セロトニンは ビタミンB6や マグネシウムなどからも生成されますので、ビタミンB6を多く含むサンマやにんにく、マグネシウムを多く含むわかめやひじき積極的にを食べることも大切です。 好きなことをする 雨が降っていても、その日がデートの日なら気分は落ち込んだりしないですよね。 仕事がある日は無理なんですけど、雨が降っていたら本を読んだり趣味に没頭するなど自分の好きなことをして雨の日に良い経験をした記憶を作ります。 人は良い経験をすると、たとえ上述したような本能があったとしても、その経験の記憶がまさって本能を隠してしまうこともあります。 雨の日の良い経験が「雨は嫌だなぁ」という思いを和らげてくれるかもしれませんよ。 終わりに 梅雨などで雨降りの日が続くと頭痛や肩こり、めまいや神経痛などの体調不良に悩まされる人も多いようです。 また、雨の日はうつの症状が悪化するとも言われています。 どうも私達の身体は雨向きには作られてみたいですね。 社会人としては「雨の日はやる気が出ない」などと言ってはいられませんので、いろいろ試して雨の日でもパフォーマンスが落ちないように気をつけたいですね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の