竜の道。 竜の道 二つの顔の復讐者

竜の道 二つの顔の復讐者主題歌の歌詞と発売日

竜の道

捨てられ、冷たい養父母に育てられた兄弟が、燃え盛る炎で過去を葬り、復讐のためにその知能を活かして表と裏の世界でのしあがっていく話である。 彼らがもし、生い立ちが不遇でなかったら、彼らの行く道は光に満ちていただろうに、と複雑な思いを抱きながら読んだ。 北九州は明治から昭和の中期にかけて、炭鉱で栄えた土地だ。 全国から、人が集まってきたという。 炭鉱やその周辺で富を手にした人々がいる一方で、朝から晩まで働かねば生きていけない人々も多く存在した。 彼らは貧しく、その子供たちの多くも、幼いときから働いた。 学ぶ重要性を、親も子供もわからない者が多かったと聞く。 不思議なもので、その価値観はやがて世代を渡る。 親から子、子から孫、孫から曾孫、というように。 貧しさも、学がないのも伝播していったと、北九州に住む知人が昔、感慨深げに言っていたのを思い出した。 あるいは竜一兄弟だけではなく、彼らを捨てた親も、養父母も、そんな、不運としか言い様のない類いの人間たちだったのかもしれないと思うと、何とも言えぬ気持ちになってくる。 小説自体の評価をすれば、2つの極端な評価が可能という点で、これは少々興味深い作品である。 私は星5をつけるが、星1をつけようと思えば簡単にできるだろう。 緻密さに欠ける作品と捉えれば、評価は間違いなく1である。 例えば、劣悪な環境にそぐわない、兄弟の、所作や知能だが、それを裏打ちする少年時代の描写が皆無のため、また、冷徹な思考のわりに、竜一の取る行動が穴だらけのため、作者の意図するところと読者の見えかたにズレが生じ、展開が時おり不安定に感じられるのはやはり大きな欠点だろう。 しかし、不思議なことに惹きこまれるのである。 原因の一端が、渇いた文体によって底知れぬ存在感を漂わせる曽根村始 竜一が生まれて初めて尊敬と憧れの眼差しを向けた大物ヤクザ にあるのは確かだが、あとはよくわからない、というのが正直な感想だ。 4月半ばからドラマになるという。 同じ仕手筋系、復讐系の小説なら梶山季之氏 昔の作家だが のほうが好みだが、正体のわからない魅力があるのは確かだ。 ぜひご覧いただきたい。

次の

竜道

竜の道

もくじ• fujitvview ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」の原作は、白川道(しらかわとおる)さんの小説「竜の道」(上・下巻)と「竜の道 飛翔篇」です。 2001年に出版されたベストセラー作品「天国への階段」(佐藤浩市)や2009年の「最も遠い銀河」(三浦友和)がテレビドラマ化されています。 白川道さんは、2015年に大動脈瘤破裂のために、亡くなっています。 そのため、「竜の道」の結末は、未完のまま発売されている作品です。 矢端竜一・吉江竜一・斉藤一成・和田猛は玉木宏 主人公の矢端竜一(出生時の名前)は、実の親に捨てられて、養父母のに育てられた双子の兄です。 養父母の吉江夫妻と幸せに暮らしていましたが、15才の時に養父母が自殺に追い込まれたことから、双子の弟と復讐を誓います。 「汚いことは俺がやる」と整形や「斉藤一成」「和田猛」と名前を変えながら、株取引やヤクザなど裏社会でのし上がっていきます。 矢端竜二・吉江竜二は高橋一生 吉江竜二は、竜一の双子の弟で、出生時の矢端竜二の名前で、権力を手に入れるために国土交通省に入省するエリート官僚です。 養父母を死に追いやった運送会社の真実を暴くために、監督している国土交通省に入省します。 吉江夫妻 2人を養子にして、幸せに育ててくれた夫婦で、運送会社の陰謀で借金を抱えて自殺してしまいます。 吉江美佐は松本穂香 吉江夫妻の実の娘で、2人の10才離れた妹です。 純粋な心を持った妹への想いが2人を復讐に向かわせます。 しかし、2人の妹への想いが、復讐の足並みを狂わせることにもなる重要人物です。 霧島源平は遠藤憲一 霧島源平は、吉江夫妻を死に追い込んだ運送会社のワンマン社長で、2人の復讐相手です。 妻の芙有子のキャストは、斉藤由貴さんです。 霧島晃は細田善彦 晃は、霧島の長男で、原作の小説にいないオリジナルキャラクターです。 ワンマンな経営をする父親に不満を持っているので、2人の復讐のキーマンになりそう! 霧島まゆみ まゆみは、霧島の娘で、復讐のために大学時代に知り合って、竜二(高橋一生)が振り回す。 竜二のことが大好きで、結婚を迫るお嬢様です。 原作では、一人娘の設定ですが、ドラマでは兄がいるし、美人なのでサプライズキャスト? 曽根村始は西郷輝彦 竜一(玉木宏)が行く裏社会で、圧倒的な力を持つヤクザの会長です。 竜一は右腕にまで上り詰めて、娘の咲と結婚します。 復讐相手 他にも2人が復讐の相手とする登場人物がいます。 運送会社の従業員• 運送会社に関わる関係者• 2人の素性を暴こうとする記者 に、詳しいネタバレあります。 スポンサーリンク 竜の道あらすじ 実の親に捨てられた矢端竜一と竜二は、吉江夫妻の養子になりました。 妹の美佐も生まれて、幸せに暮らしていましたが、15才の時に事件が起きます。 両親が経営していた小さな運送会社が乗っ取られて、借金で両親が自殺しました。 養父母を死に追いやった親会社の運送会社の霧島社長(遠藤憲一)への復讐を誓います。 7年後、22歳になった2人は、それぞれの道を行きます。 兄の竜一は、汚いことは俺がやると、焼死に見せかけて整形、戸籍をなくし、他人の戸籍で斉藤一成や和田猛と名前を変えて、裏社会で生きていきます。 復讐のために不正な株取引やヤクザの親分(西郷輝彦)に認められるために殺人まで犯します。 竜二は、出生時の矢端竜二の名前で、国交省に入省して、過去の事件を調べます。 それぞれの道で復讐を誓った双子の兄弟のサスペンスです。 スポンサーリンク 竜の道のドラマの結末ネタバレ 原作が未完の小説で、プロデューサーが原作にない「ある設定」を加えたことで、ドラマ化されます。 原作の結末では、復讐のためにのし上がっていく途中で、復讐は始まっていません。 竜一の後ろ盾だった極道の曽根村(西郷輝彦)が脳梗塞で倒れて、一命はとりとめたものの障害が残りそうな展開。 竜一は、曽根崎の娘・咲を妻にして、「グローバルTSコーポレーション」を立ち上げて、次々に傘下の企業を増やして昇りつめて行きます。 妻の咲は、バリバリの女実業家で、和服を着て、凜としていて、数々の女優をパートナーにして美容企業を育てている。 竜一は能無しを利用してしまえばいい、と何かをひらめいてギラギラする。 竜二は、美佐を愛しつつも、霧島急便社長の娘まゆみと結婚します。 2人は、全ては復讐のために結婚しながら、美佐を愛していることから、2人の足並みが狂っていくと予想します。 そこに元検事のライターが真相を探りに近づいてくるので、復讐を邪魔する人物として竜一に狙われるか! 妹の美佐は盲目で、それゆえに勘が鋭すぎるところがあって、2人の嘘も本音も見抜いているようなところがあります。 ラストのギリギリまでどんでん返しが続くと予告されています。 「竜の道 二つの顔の復讐者」は4月14日から毎週火曜21時より、フジテレビ系で放送です。 に、詳しいネタバレあります。

次の

「竜の道」ネタバレ!ドラマ最終回までのあらすじ・キャスト情報

竜の道

スポンサーリンク 竜の道はウロボロスのパクリ? 【4月スタート】玉木宏、高橋一生と初共演で双子役 養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス『竜の道 二つの顔の復讐者』で初共演を果たす。 — ライブドアニュース livedoornews 4月スタートの竜の道、玉木宏さんと高橋一生さんが共演ということで早くも話題になっています。 しかし、ストーリーがウロボロスと似ている、なんて声も。 ネットではどう言われているんでしょうか? 竜の道とウロボロスが似ているとネットで話題! 二匹の龍。 義父母を死に追いやったものへの復讐の話。 1人は裏社会から、1人はエリート官僚。 2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれていた施設職員の「結子先生(広末涼子)」が何者かに殺されるのを目撃する。 それから20年。 イクオは刑事となり、新宿第二警察署刑事課に勤務していた。 イクオとバディを組むのは日比野美月警部補(上野樹里)。 ドジで明るいお人好し、冴えないキャラのイクオであったが、なぜか事件のにおいを嗅ぎ取ることに長け、検挙率は署内ナンバーワン。 東大出のエリートキャリアである美月はいつもそのことが不思議でならなかった。 一方、竜哉は抜群の頭脳を生かし暴力団・松江組の幹部として闇の世界でのし上がっていた。 その後、夫妻の間に生まれた妹の美佐(みさ)を加え、5人家族として仲良く暮らしていた。 しかし、二人が15歳のとき、全国への事業拡大を進める霧島源平(きりしまげんぺい)率いる運送会社の悪質な乗っ取りに遭い、多額の借金を抱えた両親は、自殺してしまう。 卑劣で冷酷な手法で霧島に追い詰められる両親の姿を見ていた二人は、両親から命を、そしてまだ5歳の美佐から実の親を奪った霧島への復讐を誓い合う。 それから7年後、竜一は焼死に見せかけて他人の戸籍を奪い、整形で別人になり替わり、裏社会と関わりを持ち始める。 一方、竜二は名字を出生時の「矢端(やばた)」に戻し、運送会社を監督する国土交通省に入省する。 竜一が生きていることは、妹の美佐も知らない二人だけの秘密。 「これからは、なんでも二人だ」。 コインの裏表のような、正反対の立場の双子による、波乱万丈の復讐劇が幕を開ける! 引用: 主人公二人の設定が似てるんですね。 親がいなくて育ての親が亡くなって、表と裏の社会から復讐するっていう。 あと 竜っていうキーワードが同じなのが、さらにそっくり感を出してるんでしょう。 スポンサーリンク 竜の道とウロボロスの似ている・そっくりな点まとめ! 『竜の道 二つの顔の復讐者』玉木宏、40代初主演ドラマで、高橋一生と初共演&双子役に! — カシューナッツ avocadosalad919 それでは竜の道とウロボロスの似ている点をさらに詳しくまとめていきます。 厳密に言えばウロボロスの方は、血が繋がっていないのですが、同じ施設で兄弟のように育った2人です。 竜の道の方は、双子。 絆の強い男性2人というのが似てますね。 ウロボロスの2人も実の親はおらず、児童養護施設で育ちます。 親がいないというのが共通点ですね。 2人は自殺の原因となった乗っ取りをしてきた霧島源平に復讐していきます。 一方ウロボロスはと言うと、施設の職員で2人に温かく接してくれた結子を何者かに殺され、復讐を誓います。 どちらも育ての親を殺されて復讐を始めるんですね。 竜二は運送会社を監督する立場である国土交通省に入省して、表の社会から復讐しようとします。 ウロボロスでも段野竜哉はその頭脳を活かしてインテリヤクザとしてのし上がり、龍崎イクオは警察官になり表と裏から復讐に向けて動きます。 けっこう共通点がありますね。 これは似てると言われても仕方ないかも。 ただあくまでも話の入りが似てるぐらいなのかなと思います。 ストーリー展開は結構違ってくるんじゃないでしょうか。 スポンサーリンク 竜の道とウロボロスの違いは? 竜の道とウロボロスの違いについてもまとめていきます。 竜の道は遠藤憲一さん演じる霧島源平がターゲットです。 なのでどう復讐するかがストーリーのメインになるんじゃないでしょうか。 両親が自殺したとき美佐はまだ5歳。 そのせいか、復讐心を持たずに成長しているようです。 この妹への想いが2人の足並みを狂わせるとありますね。 2人とも美佐を愛してるんでしょうか。 竜一は顔も名前も変えてしまって後戻りできない状況です。 対して竜二は国土交通省のエリート。 美佐は竜一は死んだと思っているので、名乗ることすら許されませんからね。 美佐を間に2人の関係がどうなるのか、見どころだと思います。 ウロボロスのヒロインは刑事の美月でしょう。 竜哉の協力もあったりして、そちらも面白くて魅力の一つでした。 詳しくはまだわかりませんが、竜の道の方はおそらくそういう一話完結のサブストーリーはないと思われます。 復讐する2人をメインに、相手の霧島やその周囲の人間模様が描かれていくんじゃないでしょうか。

次の