乳酸菌革命痩せる。 乳酸菌革命の解約って簡単?実際に注文して解約してみました!解約の断り文句も紹介します!

乳酸菌革命でダイエット!乳酸菌で腸内環境が改善しない3つの理由

乳酸菌革命痩せる

乳酸菌で痩せる理由・メカニズム 乳酸菌といえば 整腸効果(便秘解消)というイメージが根強いですよね。 でも最近は研究が進んでいて、特定の乳酸菌を摂ることで人体にとって色々な良い効果をもたらしてくれることがわかってきました。 代表的な例でいうと明治のR-1乳酸菌の免疫力アップ効果が有名ですが、カルピス社のL-92乳酸菌のアトピー改善効果や、他にも花粉症であったり歯周病予防に効果がある乳酸菌も確認されています。 それらのほとんどは乳酸菌が何らかのカタチで腸内やカラダに作用して健康効果をもたらしてくれます。 では乳酸菌を摂ることでなぜ痩せられるのか?というと優秀な乳酸菌を摂ることで下記のような効果を得られるからだと言われています。 便秘解消(お通じ改善) 便秘になると単純に本来排出されるべきウンチがお腹に残るのでその分の重さが日々体重にプラスされ、お腹もぽっこり出てしまいます。 また腸の中に便があると新しく入ってきた食べ物の消化吸収に時間がかかってしまうことで余分な脂肪分や糖分を吸収してしまうという点でもダイエットの大きな障害となります。 そんな 便秘を解消する乳酸菌を摂ることがダイエットに繋がります。 基礎代謝向上 基礎代謝とは黙っていても消費するエネルギーのことで人間が1日に消費するエネルギーの70%もの割合を占めています。 つまり基礎代謝を上げれば、黙っていてもカロリーが消費され痩せやすい体質になり、逆に悪くなると、脂肪が燃焼されにくくなります。 ダイエットの基本として筋肉をつけて基礎代謝をあげることが重要!とよく聞きますが、基礎代謝全体のうち、筋肉の代謝量の占める割合は約18%のみで、実は最も割合が高いのが内臓で約60%の代謝が内臓で行われています。 乳酸菌を摂って 腸内バランスが整うことでこの 内蔵の基礎代謝をアップできると言われており、結果的にダイエットに繋がると考えられています。 腸内フローラの改善(痩せ菌とデブ菌のバランス) 身近にすんごい大食いだけど全然太らない人とかいませんか?僕の友達のさいとう君(仮名)は毎日のように次郎のラーメンを食べ、牛丼は必ず2杯食べるほどの大食いですが、全然太らずむしろただのガリです。 最近の研究ではこうゆう痩せ体質や逆に太りやすい体質に腸内フローラが大きく関係していることがわかってきていて、中でも痩せている人の腸に多くいる 痩せ菌がいることもわかってきています。 ある実験では太ったマウスの腸を平均的なマウスに移植したらそのマウスが肥満になったという結果になったそうです。 痩せ菌といわれる ダイエットに効果的な乳酸菌を摂って腸内環境からダイエット仕様に体質を改善することができます。 乳酸菌は胃酸や胆汁などで死んでしまい腸に届く前に死んでしまうモノや生きたまま届くけどそのままウンチになって出てっちゃうモノもいます。 最近だと死んだ乳酸菌でも様々な健康効果が確認されていますが、腸内フローラのバランス改善(腸に善玉菌を増やす)という観点では生きたまま届いて、さらにとどまる乳酸菌を選ぶことでより大きな効果が得られます。 トクホ・機能性表示食品かどうか? トクホ(特定保健用食品)と 機能性表示食品とはそれぞれ違いはありますが、どちらも ヒト試験や文献・論文等で効果が確認されている商品なので、安心して選ぶことができます。 なので商品パッケージや商品説明で 「脂肪の低減」や、 「腸内環境を整える」などの効果効能・機能性が表示されている商品を選ぶのが手っ取り早いのでオススメです。 色んな乳酸菌を試して自分に合った乳酸菌を見つけよう! ヒトの腸内細菌はそれぞれ一人ひとり違うので、乳酸菌との相性も人それぞれです。 僕は雪印メグミルクのガセリ菌SP株を摂ると1週間ほどでウンチの質が良くなって効いてる感じがするのですが、うちの嫁さんは数か月飲んでもあまり変化は見られませんでした。 なので気になったヨーグルトやサプリをまずは1ヶ月程度試してみてウンチやおなかに変化があるかどうか試して、変化があった乳酸菌を継続してみることをオススメします。 プロバイオティクス乳酸菌入りのヨーグルトなら大体1コ90円~150円程度ですし、サプリなら初回お試し価格などで安くなることが多いのでそんなに費用をかけずに試すことができます。 ちなみに乳酸菌を摂り始めたら、急にお腹の調子が悪くなった、下痢になったので合わないと思ってやめた、という口コミや話をよく聞きますが、これは新しい乳酸菌が入ることで腸内バランスが一時的に不安定になっている、いわゆる好転反応(悪い状態から改善する際に一時的に調子が悪化したりすること)の状態の可能性があります。 そうなった場合には少し我慢で1~2週間摂り続けてみて、落ち着くようだったらそのまま続けて、もしどうしてもダメそうだったら辞めるという風に判断することをおすすめします。 痩せる効果・効能がある乳酸菌(痩せ菌の種類) 上記の乳酸菌で痩せる理由に書いた通り、乳酸菌は便秘解消や基礎代謝向上、腸内フローラの改善などでダイエットに効果がありますが、中でも独自のメカニズムで直接的なダイエット効果が確認されている 痩せ菌が存在します。 私が調べた限りでは以下の乳酸菌が実際にヒト試験において内蔵脂肪低減などのダイエット効果が確認されています。 各社有名な企業ですので、たまにある胡散臭いサプリの会社とは違って実験結果なども公開しており信頼できます。 ・雪印メグミルク ガセリ菌SP株 ガセリ菌SP株は日本人の腸から発見された日本人由来の乳酸菌。 「世界で初めて生きて腸まで届いて長くとどまることが確認された乳酸菌」で90日間以上腸内にとどまることが確認されているので、腸内環境の改善という部分で期待ができます。 効果・効能としても内臓脂肪低減効果をはじめ、免疫細胞の活性化、インフルエンザ予防効果、ストレス減少、歯周病予防などが研究でわかっています。 中でも内臓脂肪低減については 成人を対象としたヒト試験においてガセリ菌SP株入りのヨーグルトを1日1個、12週間食べることで内臓脂肪が平均5.2%も減少したという実験結果も確認されており、ダイエット効果が期待できます。 また脂肪低減のメカニズムも解明されており下記の通り発表されています。 今回、「ガセリ菌 SP 株」の内臓脂肪低減のメカニズムを調べたところ、「脂質に働きかけて脂肪酸への分解および吸収を抑制すること」、および「腸管バリア機能を保護し、炎症物質の流入を抑制すること」の二つの作用によって、脂肪蓄積と内臓脂肪組織の炎症を抑制することが分かりました。 雪印メグミルク株式会社のニュースリリースから引用 僕はこのガセリ菌で痩せました。 またダイエット効果以外にも免疫力アップなど様々な効果が期待できるので一番オススメな痩せ菌です。 ただし現在この菌が配合されているのは雪印メグミルクのヨーグルトのみとなっていますので、サプリでは摂れないのはデメリットです。 ・カルピス CP1563株 カルピスが長年の研究の中で見つけた脂肪燃焼を促すチカラが期待できる乳酸菌です。 このCP1563株も ヒト試験において、1日1本、12週間CP1563株入り飲料を飲むことで内蔵脂肪・皮下脂肪ともに減少することが確認されています。 またメカニズムなどについてもにてわかりやすく解説されています。 こちらの痩せ菌もカルピスの「カラダカルピス」に配合されているのみで現状サプリなどへの活用は確認できませんでした。 ・森永乳業 ビフィズス菌B-3 森永乳業が40年以上に渡るビフィズス菌研究の中で発見した痩せ菌「ビフィズス菌B-3」です。 ヒト試験においてビフィズス菌B-3を1日500億個、12週間の継続摂取で体重・体脂肪が低減することが確認されています。 またマウス実験で内蔵脂肪・皮下脂肪低減効果も確認されています。 その他にも動脈硬化抑制、肝機能改善、肌の保護の効果が確認されています。 にてメカニズム等もわかりやすく説明されています。 このビフィズス菌B-3の良いところは森永以外の会社にも素材を販売しており、色々なサプリでこの乳酸菌を摂ることができます。 痩せ菌入りのおすすめヨーグルト・飲料 雪印メグミルク ガセリ菌SP株ヨーグルト 食べるタイプ・ドリンクタイプ (機能性表示食品) 1日当たり費用:約90円~100円(1日1本で効果が確認されています) おすすめの痩せ菌「ガセリ菌SP株(雪印メグミルク)」が10億個入り 機能性表示食品で「内蔵脂肪を減らす」ことが確認されています。 脂肪ゼロ・砂糖不使用で低カロリー 上記のドリンクタイプ以外にも食べるタイプのヨーグルトが3種類(プレーン、アロエ入り、豆乳仕立て)ありますのでその日の気分で違った味でガセリ菌SP株を摂取できますので飽きにくく続けやすいです。 またスーパーでは安いところで1本90円ぐらいで売っていてお財布にも優しいです。 効果は雪印メグミルクがヒト試験において確認しており、実際に僕も痩せているので相性次第ではありますが、合えば期待できます。 雪印メグミルク ナチュレ恵400g (トクホ) 1日当たり費用:約30円~35円(1日100gが目安) おすすめの痩せ菌「ガセリ菌SP株」に加えて「ビフィズス菌SP株」が入っています 特定保健用食品 トクホ で「腸内環境の改善に役立つ」ことが確認されています。 腸内でビフィズス菌の餌になるガラクトオリゴ糖入り こちらのナチュレ恵も上のガセリ菌SP株ヨーグルトと同様にガセリ菌SP株が配合されており、さらにビフィズス菌SP株も一緒に摂ることができます。 またこの商品はトクホで「腸内環境の改善」を謳っています。 スーパーで1コ120円~140円程度で売っていますので、1日の目安量100g当たりの費用は30円代とコスパは最高です。 ただしガセリ菌SP株の配合量が上記のガセリ菌SP株ヨーグルトよりも少ないため、直接的なダイエット効果も少ないかもしれません。 ただしビフィズス菌SP株と一緒に摂れる点とコスパの部分で非常におすすめのヨーグルトです。 カルピス カラダカルピス (機能性表示食品) 1日当たり費用:約150円~170円(1日1本が目安) 痩せ菌「カルピス CP1563株」が200㎎配合 機能性表示食品で「体脂肪を減らす」ことが確認されています。 カロリーゼロ カルピス社の痩せ菌CP1563株入りのジュースです。 甘くて爽やかなカルピスらしいさっぱりした味で飲みやすくおすすめです。 ただし1日当たり費用は少し割高となっています。 ただし雪印メグミルクのヨーグルトと違いペットボトルで持ち運びができ、常温保存可能、賞味期限も長いので特売時などに買いだめすることも可能というメリットがあります。 痩せ菌入りのおすすめサプリメント ファンケル 内脂サポート(機能性表示食品) 1日当たり費用 初回お試し :50円(1日4粒が目安) 1日当たり費用 通常時 :130円(1日4粒が目安) 痩せ菌「ビフィズス菌B-3 森永乳業 」に加えて「ビフィズス菌BB536 森永乳業 」と「N-アセチルグルコサミン」配合 機能性表示食品で「体重、体脂肪を減らす」ことが確認されています。 化粧品やサプリメントで有名なファンケルの商品。 機能性表示食品でヒト試験で24週間 約半年 摂取で体重・体脂肪の減少が確認されています。 初回お試し時の費用は50円と格安なので、まずはお試ししてみてウンチやお腹の変化があれば継続するというやり方がオススメです。 またこちらのサプリには上でも紹介した森永乳業の痩せ菌「ビフィズス菌B-3」に加えて、これまた森永乳業の「ビフィズス菌BB536」が配合されています。 BB536は森永の「ビヒダスヨーグルト」にも配合されている優秀な乳酸菌で、腸内環境の改善が期待できます。 色々な乳酸菌を試してみたけどなかなか効果が出ない方にオススメ!16種類もの乳酸菌が入っているので相性が良い乳酸菌が入っている可能性が高まります。 胃酸に弱いものが多い乳酸菌をカプセルで生きたまま腸まで届けられるので腸内フローラのバランス改善には効果的だと思われます。 またお得な定期コースでもいつでも辞められるのはポイントが高く、もし効果が全然現れなかった場合にすぐ辞められます。 (商品のお届け予定日よりも11日前にキャンセルすればOKとのこと) アンビシャス プレミアムスリムビオ 1日当たり費用 定期便初回お試し分 :71円(1日3粒が目安) 1日当たり費用 定期便2ヶ月目以降 :143円(1日3粒が目安) 痩せ菌「ビフィズス菌B-3」に加えて腸内環境を整える「乳酸菌EC-12」、「ラクトフェリン」を配合 さらに痩せ効果が期待できる「茶カテキン」と茶カテキンの吸収を高める「スマート乳酸菌」も配合 他にも食物繊維やオリゴ糖、納豆菌、こんにゃくマンナン、難消化性デキストリンなど腸内環境を整える成分配合 とにかく乳酸菌ダイエットに効果的な成分を全部入れてみました!みたいなサプリです。 しっかり効果が確認されている痩せ菌「B-3」が配合されていますし、その他にも腸内環境を整える成分がたくさん入っています。 特にポイントが高いのは内蔵脂肪低減効果がありポリフェノールの一種である茶カテキンと一緒にポリフェノールの吸収力を高めるスマート乳酸菌も配合している点です。 また食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌の餌になって腸内バランス改善に効果がありますし、難消化性デキストリンはトクホのコーラなどに含まれる脂肪の吸収を抑える成分です。 痩せ菌B-3+茶カテキン+腸内環境改善+脂肪吸収抑制と色んな角度からダイエット効果を狙った商品になっておりとてもオススメです。 最後に 長々と書いてしまいましたがいかがでしたでしょうか? 乳酸菌はヨーグルトやサプリなど色んな食品から気軽に摂ることができるので、乳酸菌ダイエットは誰でも簡単に始められるのが大きなメリットです。 今回の記事を見て、腸内環境や乳酸菌に少しでも興味を持ってもらって、最適な乳酸菌を見つけてもらえたらうれしいです。 乳酸菌の効果効能やメカニズム、また腸内フローラとカラダの関係についてはまだまだわかっていないことも多いので、今後さらなる良い知見が発見される可能性が高いんじゃないかと思っています。 また、今回紹介したヨーグルトやサプリ以外にもいろんな良い商品があるので、相性の合う乳酸菌に出会うまで是非色々と試してみてくださいね!.

次の

【乳酸菌革命で痩せた】マイナス2.6キロのダイエットで効果アリ

乳酸菌革命痩せる

乳酸菌生活でスリムも健康も手に入れる! ヨーグルトやチーズなど、発酵食品に多く含まれていることでおなじみの乳酸菌。 「もともと乳酸菌は、食品だけでなく、自然界のあらゆるところに棲息している細菌です。 私たち人間の体の中では、腸内に多く存在し、善玉菌として体によい効果をもたらしてくれます。 ところが、乳酸菌などの善玉菌は、加齢や乱れた食生活などによって減ってしまうことが……。 50代以降になると、乳児期に比べて100分の1にまで減ってしまうため、食事などから積極的に乳酸菌を補うことが大切なのです」(後藤先生) 乳酸菌は腸内フローラを整える 腸内には、乳酸菌をはじめとした腸内細菌が100兆個~1000兆個も棲息し、菌種ごとにグループに分かれて腸壁に張り付いています。 腸内フローラを構成する腸内細菌は、その働きによって大きく以下の3つに分かれます。 「善玉菌と悪玉菌は、その数を増やすことで日和見菌を味方につけ、腸内で常に縄張り争いをくり広げています。 ひとたび悪玉菌が優勢になると、毒素を発生させて体に悪い影響を与えるため注意が必要! とはいえ腸内フローラは、自力でコントロールができるところです。 まずは、食事から乳酸菌を補って、腸内を善玉菌優勢に整えていきましょう」(後藤先生) 便秘改善や免疫力アップなどの健康効果で以前から注目されてきた乳酸菌ですが、近年の研究では、肥満の抑制、ストレスの緩和、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきました。 ここで紹介する乳酸菌の働きやその選び方、摂取方法をチェックして、気になる不調を改善しましょう。 お悩み解消!乳酸菌のすごい働きとは? 乳酸菌とは、代謝の過程で多量の「乳酸」をつくり出す細菌のこと。 「乳酸菌には、糖質や食物繊維をエサにして乳酸をつくり出し、腸内を弱酸性に保つ性質があります。 逆に悪玉菌は、たんぱく質をエサにして発がん物質や毒性物質をつくり出し、腸内をアルカリ性に傾けます。 乳酸菌をとって腸内が酸性になれば、アルカリ性の環境を好む悪玉菌の増殖が抑えられるため、体にとって有害な物質が生まれにくくなります。 また、体の外から侵入してくる細菌の多くは酸性の環境下では生きにくいため、撃退することもできるのです」(後藤先生) ビフィズス菌は乳酸菌の仲間 乳酸菌とは少し種類が違うけれど、同じような働きをするのがビフィズス菌です。 「ビフィズス菌は、代謝の過程でおもに「乳酸」と「酢酸」をつくり出す細菌の総称。 乳酸菌と同じく、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑えてくれます。 小腸でも働く乳酸菌と違い、酸素があるところでは生きられないため、おもに大腸で働いています。 その効果は多岐にわたり、万能のパワーを持つといわれています。 ここでは、その一部の働きを後藤先生に教えて頂きました。 【ダイエット】 食事からとった脂質や糖質は、適度な量であればエネルギーとして代謝されますが、とり過ぎれば体内に余り、やがては体脂肪として蓄積されます。 乳酸菌は、小腸で脂質や糖質の吸収を抑え、排出を促すので、余分な栄養の吸収を抑える働きがあります。 また、最近の研究によると、腸内細菌には、脂質の吸収を抑制するもの(ヤセ菌)と、逆に脂質の吸収を促進するもの(デブ菌)があることがわかっています。 同じ量を食べても太りやすい人とやせやすい人がいるのは、この腸内細菌の量が関係しているため。 乳酸菌には、デブ菌の増殖を防ぐ効果があるため、ダイエットの強い味方になります。 【便秘解消&予防】 腸内で悪玉菌が優勢になると、腸内環境が悪化してぜん動運動が低下し、腐敗物が溜まりやすくなります。 すると、悪玉菌がますます増殖して悪循環に陥り、慢性的な便秘に……。 ヨーグルトなどで乳酸菌を補うことは、腸内の善玉菌を増やす効果があるため、腸内環境がよくなります。 その結果、ぜん動運動が促進されて便が排出されやすくなるので、便秘の解消&予防につながるのです。 【免疫強化】 体には、免疫システムが備わっており、さまざまな免疫細胞が、ウイルスの侵入を防いだり、病原体を攻撃したりして体を守っています。 乳酸菌は、こういった免疫細胞の働きをサポートすることがわかっています。 免疫システムは、小腸に集中しており、腸内環境が悪化すると腸の粘膜がもろくなるため、バリア機能が低下します。 免疫力強化には、腸内環境を整えることが何より大切なのです。 【生活習慣病の改善】 乳酸菌には、食事に含まれるコレステロールなどの脂質や糖質の吸収を抑え、排出を促す働きがあります。 過剰にとった糖質や脂質が体内に増えすぎないため、脂質異常症や高血糖の予防、改善に効果があります。 また、乳酸菌がつくるラクトペプチドという物質には、血管を拡張して血圧を下げる働きも。 つまり、ヨーグルトなどで乳酸菌を補うことは、高血圧、高血糖、脂質異常症といった生活習慣病を予防することにも役立つのです。 【ストレスの緩和】 腸と脳は密接につながり、お互いに影響し合っています。 これを「腸脳相関」といい、ストレスがかかると便秘や下痢になったり、逆に便秘が続くと気分が落ち込んだりするのは、このよい例。 これには、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが関係しています。 セロトニンは脳でつくられているほか、腸でもつくられていて、しかも、体内のセロトニンの8~9割が腸でつくられているのです。 便秘が続くと脳や腸でつくられるセロトニンの分泌が減るため、体と心の状態は不安定に。 腸内環境を整えることは、心の安定にもつながるのです。 乳酸菌の効果は、ほかにもいっぱいあります。 次の記事では、特定の乳酸菌の得意分野について紹介していきます。 効果別!乳酸菌の選び方 前の記事で紹介した働きは、乳酸菌ならどんな菌でもある程度は持っているもの。 ただ、乳酸菌にはさまざまな種類があり、菌によっては「この効果に、より力を発揮できる!」という得意分野もあったりします。 明確な目的があるなら、より効果を発揮する菌を優先的に補う方法もアリ! ここでは、効果別に菌をピックアップして紹介します。 血糖値の上昇を抑制したり、歯肉炎・歯周病を予防する効果のある乳酸菌もあるのでチェックしてみましょう。 肥満傾向のある人(101人)を2つのグループに分け、ガセリ菌SP株を含むヨーグルトと含まないヨーグルトを1日100g、12日間摂取してもらったところ、ガセリ菌SP株を含んだほうが、含まないグループに比べて内臓脂肪の有意な減少が認められました。 ラクトバチルスラムノーサスGG菌、TMC0409菌、TMC1543菌の3つの乳酸菌を使用し、カルシウムと乳清たんぱく質を強化した発酵乳を与えたグループと、高カルシウム乳製品のみを与えたグループで観察したところ、発酵乳を与えたほうがより顕著に体重と体脂肪が減少。 実験で用いられた発酵乳には、脂肪分解の促進、脂肪合成の抑制など、脂質代謝にさまざまな影響を及ぼす可能性が示唆されました。 胃酸で死滅することなく、生きたまま大腸に届くことでお通じを改善する効果が。 また、BB536株の働きは多岐に渡り、潰瘍性大腸炎に対する効果、花粉症の症状緩和効果などが実験によって明らかになっています。 カゼイ・シロタ株) 胃液や胆汁に耐えて生きたまま腸に届く乳酸菌。 乳酸菌 シロタ株を1日100億個以上、4週間摂取したところ、摂取しなかったときに比べ、腸内のビフィズス菌が3倍に増え、有害菌が5分の1まで減ることが確認されました。 また、乳酸菌 シロタ株を1日100億個以上、5週間摂取した実験では、発がん促進作用のある腸内有害物質が減ることも確認されました。 健康な成人に毎日500gのLB81乳酸菌を使用したヨーグルトを2週間食べてもらい、それぞれの糞便を調べたところ、腸内細菌叢の悪玉菌が減少し、善玉菌が増加することで、腸内環境のバランスを整える効果があることがわかりました。 そのため、インフルエンザなどの病気にかかるリスクを低くします。 NK細胞はウイルスに感染した細胞やがん細胞など、異常上のある細胞を攻撃する免疫細胞なので、病気の予防に役立ちます。 特に1073R-1乳酸菌のEPSは免疫活性化の機能が高いことが特徴に挙げられます。 腸の免疫細胞に働きかけて免疫力を高める効果が期待されています。 シールド乳酸菌M-1を摂取させたマウスによる試験では、インフルエンザ感染の症状が軽減されることが確認されています。 ヒトを対象にした試験では、花粉症やアレルギー性鼻炎による目や鼻の症状が改善することが明らかになっています。 一般的な乳酸菌よりも抗アレルギー作用が高いのが特徴。 ヒトを対象にした試験では、1日60gのTh221株を8週間にわたって摂取したところ、医師による鼻症状の判定が改善。 アレルギー症状を引き起こすIgE抗体の量も低下するという結果が出ました。 【こんな効果に強い乳酸菌も】 乳酸菌が豊富な食べもの、飲みものは? 腸内環境を整える善玉菌は、加齢や食生活の乱れによって減るので、食べものから乳酸菌をとって増やしていく必要が。 手っ取り早くとるならサプリメントなどもありますが、乳酸菌が豊富なおすすめの食品や食材もたくさんあるので、毎日の食事にとり入れてみて。 乳酸菌が豊富な食品・食材 乳酸菌は、太古の昔から自然界のあらゆるところに棲息してきた細菌です。 そのため、古くから世界各地に乳酸菌を利用した食品が存在しています。 例えば、ヨーグルトは、約8000年前の中央アジアで生まれた食品。 生乳を入れた容器にたまたま乳酸菌が入り込み、発酵したことで生まれたといわれています。 乳酸菌というと乳製品に多いようにも思われますが、実はそうではありません。 野菜を発酵させた漬け物やキムチ、大豆を発酵させた味噌や納豆、そのほかにも肉類や魚類を加工した食品にも豊富に含まれています。 ただ、塩分が多めものもあるので、とり過ぎには気をつけましょう。 「パッケージを見れば、どんな菌が使用されているか書いてあることがあります。 なるべく、目的に合った乳酸菌を選びましょう。 また、腸内環境は人によって千差万別なので、Aさんに効果があってもBさんには効果がない、ということもあります。 どの菌が自分に合っているかは、とってみないとわからないので、2週間くらい(アレルギー症状のケアの場合は、2~3か月)とってみて、体の調子を観察してみましょう」(後藤先生) ヨーグルトを使った簡単あったかアレンジレシピ 乳酸菌が豊富なヨーグルト。 シリアルにかけたり、ジャムやフルーツと一緒に食べるのも手軽ですが、加熱してさらにおいしく食べられるあったかアレンジレシピもおすすめです。 冷え性さんにもぴったりなので試してみてください。 (2)トマトはざく切りにし、にんじんは薄い半月切りに、スナップえんどうはすじをとる。 (4)煮立ったら、鶏むね肉を漬けだれごと加え、ときどきかき混ぜながら肉に火が通るまで約15~20分煮る。 スナップえんどうを加えてさらに3~4分煮て、塩、こしょうで味を調え火を止める。 (2)たまねぎは薄切りに、しいたけは薄切りに、しめじは小房に分ける。 えのきは長さを3~4等分に切ってほぐす。 (3)鍋にオリーブ油とたまねぎを入れて中火でしんなりするまで炒め、(2)のきのこ類も加えて軽く炒める。 低脂肪牛乳と塩ヨーグルトを加えて温め、塩、こしょうで味を調える。 器に盛りパセリを散らす。 乳酸菌サプリやショコラも上手に活用 乳製品や発酵食品が、どうしても苦手……という人も中にはいるはず。 また、忙しいときは、食べものを用意することさえ大変なときも。 そんな場合は、手っ取り早く補給できる乳酸菌のサプリメントがおすすめです。 「乳酸菌のサプリは、副作用もないので安心ですが、薬と違うところは、人によって効果が違うということ。 前述しましたが、腸内環境は人によって違うので、効果の強い菌と弱い菌があります。 まずは2週間毎日続けてみて判断し、目的にあった効果が実感できなければ、違う乳酸菌を試してみましょう」(後藤先生) また、チョコレートやゼリーなど、クチコミでも話題になったおやつタイプの乳酸菌食品もいろいろ登場しているのでスーパーやドラッグストアなどをチェックしてみましょう! ダイエットに効果的な乳酸菌のとり方 乳酸菌は、腸内環境を整えて代謝を上げるだけでなく、食事からとった余分な糖質や脂質の吸収を抑えてくれるのでダイエットをサポートします。 とはいえ、いくら効果があっても、乳酸菌食品ばかり食べていればよいというわけではありません。 また、どんなダイエットでも同じですが、「これさえ食べれば劇的にやせられる!」といった都合のよいものでもないので過大な期待は禁物。 あくまでも健康的な体に導きながら、キレイを目指すためのひとつの方法としてとり入れましょう。 乳酸菌でダイエット効果を上げる6つのコツ 【1. 極端な食事制限はNG!】 加齢以外に腸内環境を悪化させる原因が、乱れた食生活です。 「特に極端な食事制限をするのはダメ。 乳酸菌などの善玉菌は、糖質や食物繊維をエサにしているので、例えば、過激な糖質制限をすれば、善玉菌は餓死してしまいます。 また、肉類ばかり食べていると、たんぱく質をエサにする悪玉菌の増殖を手助けしてしまうことになるので注意が必要。 体に必要な栄養素を適度にとり入れながら、無理なくバランスのよい食生活を心がけましょう」(後藤先生) 【2. 目的に合わせた乳酸菌はひとつに絞る】 腸内環境は千差万別で、人によって腸内細菌の構成は違います。 「乳酸菌は多種多様なので、ある特定の乳酸菌が他人にとっては効果があっても、自分にはまったく効かない、といったこともあります。 まずは、自分に合った乳酸菌を探すことが大切。 そのためにも、1度にいろいろ試すのではなく、ひとつの乳酸菌に絞って摂取し、様子を見てみるとよいでしょう。 効果がなければ違う乳酸菌を試してください。 ただ、目的の効果が得られなくても、食べたことが台無しになるわけではありません。 どんな乳酸菌でも腸内を酸性にする効果があるので、腸内環境は以前よりも改善しているはずです」 【3. 2週間を目安に毎日とって】 乳酸菌で体質を変えたい場合は、目的に合った乳酸菌を毎日とり続けること。 「例えば、乳酸菌たっぷりのヨーグルトを1回食べたからといって、すぐに腸内環境が変わるわけではありません。 多くの乳酸菌は胃酸によって死んでしまうので、生きて腸まで届き、働いてくれるのはほんの一部。 そのため、ある程度の期間は毎日食べ続けて目的に合った菌を増やしていく必要があります。 2週間くらいでやっと菌は増え、腸内に影響を与え始めるので毎日食べ続けて判断してください」 【4. 食事といっしょにヨーグルトなら80~100g】 ダイエット目的の場合、乳酸菌食品は食事といっしょにとるのがおすすめ。 「糖質や脂質の吸収を抑える乳酸菌の働きを考えた場合、食事といっしょにとるとよいでしょう。 とはいえ、便秘を改善して腸内環境をよくするだけでも代謝が上がって太りにくくなるので、本来ならいつ食べても構いません。 できる範囲で続けてください。 食べる量は、ヨーグルトなら80~100gくらい。 カロリーがあるので、気になる場合は、おやつを少しだけ減らして調整しまでしょう」 【5. オリゴ糖や食物繊維もいっしょに】 乳酸菌をとるときはオリゴ糖や食物繊維をプラスすると、より効果的です。 例えば、紅茶やコーヒー、ココアなどの飲みものに入れる砂糖を市販のオリゴ糖に変えるだけでもOK。 「オリゴ糖や食物繊維は、消化吸収されにくいので腸まで届いて乳酸菌のエサになります。 腸内にエサがたっぷりあれば、乳酸菌も元気に働けるので善玉菌を増やすことに。 市販されているオリゴ糖以外にも納豆、たまねぎ、バナナ、ごぼう、にんにく、エシャロット、きなこなどの食材には、オリゴ糖が豊富に含まれるので上手にレシピにとり入れてみて」 【6. ほかの発酵食品も忘れずに】 もともと乳酸菌は、漬け物や味噌といった発酵食品にも多く含まれています。 「漬け物や味噌など、食品に含まれている乳酸菌は、市販のヨーグルトのように研究が進んでいないため、具体的な名前も得意分野の働きも、まだまだわからないのが現状です。 とはいえ、どんな乳酸菌でも一通り前述した働きを持っています。 目的に合った乳酸菌を含むヨーグルトといっしょに発酵食品を積極的にとって乳酸菌パワーを高めていきましょう」 生活習慣が乳酸菌を増やす 乳酸菌を効率よく増やすためには、食生活だけでなく、普段の生活習慣を見直すことも重要です。 適度な運動や十分な睡眠など、乳酸菌を増やす方法はほかにも。 健康的な生活の基本にもなるのでとり入れていきましょう。 運動習慣で便を押し出す力をアップ 適度な運動は、腸の働きを活発にしてくれるので、乳酸菌を増やすことに役立ちます。 「便秘になる原因のひとつに運動不足が挙げられます。 腸は外からの刺激も敏感に受けるので、運動不足でお腹に刺激を与えていないと、たちまちぜん動運動が低下します。 便通をスムーズにするためには、1日1万歩のウォーキングが効果的。 歩く振動や筋肉の動きが便通をサポートしてくれます。 また、どうしても時間がとれないときは、簡単な筋トレもおすすめです。 お腹の筋肉が衰えると、便を押し出す力も低下するので、腹筋を鍛える筋トレもとり入れていきましょう」(後藤先生) 【腸が元気になる簡単筋トレ】 <1> あお向けになり、両ひざを立て脚をそろえます。 両手は体の横に置き、手のひらを床につけましょう。 <2> 両脚をそろえたまま、息を吐きながらひざを伸ばして脚を斜め上に上げます。 腹筋がしっかり使われていることを意識して。 <3> 両脚が伸びきったところでつま先を手前に倒します。 そしてゆっくり息を吐きながら1の姿勢へ。 1~3を6回くり返して。 しっかり眠って腸を働かせる 十分な睡眠をとることは、腸にもよい影響を与えます。 「寝ている間は、副交感神経が優位なので、腸が活発に働くタイミング。 十分な睡眠をとっていれば、食べものは消化吸収されて腸に行って便になり、起きるころにはS字結腸まで移動しています。 そして、朝に何か食べることで腸が反応し、便意が促されるのです。 ところが、睡眠時間が短かったり、就寝時刻がバラバラだったりと、不規則な生活をしていると腸のリズムが崩れてしまい、便秘を招いてしまうことが。 できるだけ就寝時刻は一定にし、十分な睡眠時間を確保しましょう」 美肌をつくるのは腸内環境 便秘が改善すれば、肌の調子もよくなることは、女性なら体験的に感じている人も多いはず。 腸内環境を整えて美腸に導くことは、美肌づくりにもよい影響を与えます。 「腸内に悪玉菌が増えると、硫化水素やアミンといった毒性の強い物質が生まれます。 これらの物質は、おならになって肛門から出てしまえば、まだいいのですが、ひどくすると体内に再吸収されて血管に入り、皮膚などの細胞に悪影響を及ぼすのです。 便秘で肌が荒れてしまうのはこのため。 他にも、口臭や体臭が悪化するなど、悪玉菌が生み出す毒素は、さまざまなところに現れます」(後藤先生) 肌荒れも深刻ですが、女性にとって口臭や体臭の悪化も大問題です。 そんな目に合わないためにも、食べものから乳酸菌をとって善玉菌を増やすことは重要課題! 「体内で善玉菌が増えれば、悪玉菌の数を減らせるだけでなく、肌の代謝に関わるビタミンB群も生成できるようになります。 肌にとってはダブルでよい効果があるので、美肌のためにも乳酸菌をしっかり補うようにしましょう」 乳酸菌の中には、肌に対して特によい働きをするものも。 気になる人はとり入れてみて。 20~30代の慢性的な便秘で乾燥肌の女性を対象にした実験では、便秘の改善と肌機能のアップを確認。 LB81乳酸菌を使用したヨーグルトを1日に2回、120mlずつ毎日摂取してもらったところ、4週間後には、便秘とともに皮膚の弾力性や乾燥も改善したという報告があります。 ブレーベ・ヤクルト株 生きて腸にとどくビフィズス菌。 B.ブレーベ・ヤクルト株とガラクトオリゴ糖を含んだ発酵乳を4週間(1日100ml)飲んでもらったところ、これらを含まない疑似飲料を飲んだグループに比べて肌の水分量が保持されました。 この時、腸から血液を通じて肌にとどき、肌の新陳代謝に悪影響を及ぼす、血液中のフェノールが減少することも確認されました。 キレイな腸内環境が美ボディをつくる 近年、腸内細菌の遺伝子解析が進んだことで、菌のさまざまな効果が発見されています。 体にうれしい効果がいっぱいの乳酸菌ですが、もしかすると、今後も驚くべき発見がもたらされるかもしれません。 ヨーグルトや発酵食品で普段から乳酸菌を摂取することは、健康だけでなく美ボディづくりもおすすめ。 便秘改善やダイエットなど、気になることがあったら、今からでも乳酸菌生活をはじめましょう。 まとめ• 乳酸菌にはダイエットや美容など、さまざまな効果がある• 善玉菌は加齢によって減るので積極的にとる• 菌によっては得意分野があるので、目的に合った菌を選ぶ• 人によって合う菌と合わない菌がある• 毎日2週間以上とり続けて効果を見極める• 適度な運動と十分な睡眠をとる 取材・文/オフィス・エール 撮影/山上忠 モデル/Itsumi ヘア&メイク/斎藤節子 スタイリング/井口美穂 連載・関連記事• 新宿大腸クリニック院長。 東京大学医学部卒業。 大腸がんの予防推進のために無麻酔、無痛大腸内視鏡検査法を「水浸法」を開発。 腸内細菌や乳酸菌にも造詣が深く、メディアなどで乳酸菌が持つ万能の力を広めている。 著書に「ヨーグルトで健康革命 あなたの知らない乳酸菌力」(小学館)、「乳酸菌がすべてを解決する」(アスコム)など。

次の

毎日下痢なら乳酸菌革命?10年以上飲んだビオフェルミンが効かない!

乳酸菌革命痩せる

2袋以上のご注文の場合、送料無料! 「乳酸菌革命」について 運動不足や、偏った食生活、ゆっくり休む時間がない・・・。 不調の原因はいくつも思いつくのに、それらを一気に改善するのは簡単ではないですよね。 健康いきいき倶楽部は、悩み多き現代人に寄り添った製品と理念が魅力の会社です。 サプリメントについて ちゃんと腸まで届いて、腸内環境を整えてくれるサプリメント 腸にお悩みを抱えていない方も、最近メディアで取り上げられている「過敏性腸症候群」というキーワードをお聞きになったことがあるのではないでしょうか。 一昔前と比較しても、私たちを取り巻く環境は多様化し、様々な場面でストレスにさらされ続けています。 過敏性腸症候群は、ストレスや多忙により生活リズムが崩れ、第二の脳と言われる腸が過敏な状態になり、便秘、下痢、腹痛などの不調を繰り返し、また長期化する病気です。 健康を維持するために必要な「十分な睡眠」「適度な運動」「バランスの良い食生活」は、腸の健康維持にとっても例外ではありません。 しかしながら、忙しい毎日の中で自分のためだけに使える時間を作るのはなかなか難しいものです。 おそらく、生活習慣を改善したいという気持ちと、限られた時間の中で歯がゆい思いを抱えている方が多いのではないでしょうか。 いわゆる便秘も、過敏性腸症候群も、腸内細菌のバランスが崩れることで発現します。 しかも、一度バランスを崩した腸が正常な働きを取り戻すには相応の時間がかかることは言うまでもありません。 健康いきいき倶楽部がおすすめする乳酸菌革命は、3大乳酸菌と言われるビフィズス菌、ラブレ菌、ガゼリ菌はもちろん、合計16種類もの乳酸菌を、一粒当たり500億個も配合しています。 また、乳酸菌をちゃんと腸まで届けるための工夫として、カプセルには胃酸に負けない耐酸性を採用しています。 また、耐熱性に優れた有胞子乳酸菌なので、胃や十二指腸で死滅することがありません。 乳酸菌革命は、腸まで届く力強い乳酸菌を経口摂取することで、人によって相性の異なる腸内の細菌の働きを助け、健康維持に大きく貢献します。 お客様からお喜びの声 「この乳酸菌スゴい! 」一週間ほどで実感! 毎朝スッキリ楽々なんです! 広島県 川崎 恵子 様 私は30歳を過ぎた頃から毎日スッキリしなくて、子供の幼稚園の送り迎えや買い物さえ面倒に感じていました。 たまたまテレビで観た「乳酸菌」の特集で。 「これが足りないかも! 」と思い、ネットで調べて即購入したのが、この「乳酸菌革命」。 でも3日試してもなかなか実感できず諦めかけていたのですが、1週間ほど経った頃でしょうか…。 だんだんスッキリ楽々に! 続けている今では毎日が爽快になり、家事も前向きに取り組めるようになりました。 「乳酸菌革命」とは長いお付き合いになりそうです。 これからもよろしくお願いします。 今年は、想像以上に楽でした! 福岡県 加藤 さなえ 様 毎年、春はグジュグジュが、冬は流行りもので体調を崩しがちでした。 TVで乳酸菌が良いと紹介されたので、身体のためにと思い、「乳酸菌革命」を飲み始めました。 気づけば毎年ひどかったグジュグジュも気にならなくなって、冬は職場で流行っていたものも、私は元気に仕事ができました。 乳酸菌革命 商品詳細 名称 乳酸菌生産物質含有食品 原材料名 乳酸菌生産物質粉末 大豆、乳酸菌 、食物繊維 イヌリン、難消化デキストリン 、 ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、乳酸菌末 EC-12 、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末 ガセリ菌 、ラブレ菌、HPMC 内容量 1袋あたり 20. 栄養成分 1粒当たり エネルギー1. 36kcal、たんぱく質0. 06g、脂質0. 03g、炭水化物0. 22g、ナトリウム0. 26mg お召し上がり方 1日2~6粒を目安に、そのまま水などと共にお召し上がりください。 使用上の注意 本品は食品ですのでお早めにお召し上がりください。 なお、天然原料を使用しておりますので、色調などが多少変化することがありますが、成分・安全性等は問題ありません。 配送について 乳酸菌革命・酵素黒酢革命・生酵素革命をご注文の場合は送料別途 300円、ハリーズアップ・ラクトロン・滞流茶をご注文の場合は送料別途 600円がかかります。 ただし、商品2個(又は2カ月分)以上のご注文または定期コースのご注文の場合は送料無料となっております。 お届けについて 健康いきいき倶楽部では、オーダーを確認いたしましたら、翌営業日に発送させていただきます(土日祝休み)。 発送後は7日以内で配達いたします。 【1】初めてのご購入で5000円以上もしくは2回目以降のご購入でも1万円以上のお買い上げの場合は代金引換の宅配便で配達いたします。 【2】ハリーズアップ、ラクトロン、滞流茶のお買い上げの場合は宅配便にて配達いたします。 【3】乳酸菌革命、酵素黒酢革命、生酵素革命をお買い上げの場合はポスト投函にて配達いたします。 ただし、1度の配達個数が複数個になる際には宅配便でのお届けになる場合がございます。 オンラインによるリアルタイム決済です。 オンライン番号を含むデータは、SSLによりセキュリティを確保した上で送信されますので安心してご利用いただけます。 お支払い回数は一括のみとなります。 ご利用のブラウザやパソコンの環境・ウィルスソフトの設定などによって正しく決済できない場合がございます。 予めご了承くださいませ。 初めてのご購入で5,000円以上もしくは、2回目以降のご購入で1万円以上ご購入の方は、代金引換の宅配便で発送させていただきます。 返品・交換・キャンセルについて 返品・交換の場合は商品到着後 8日以内にご連絡ください。 お客様のご都合による返品の場合は、商品未開封の場合に限りお受けします。 なお、ご返品の送料はお客様のご負担 となります。 次回お届けの10日前までにご連絡ください。 ・解約申込フォーム: 個人情報の取り扱いについて 健康いきいき倶楽部は、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所氏名、メールアドレス、ご購入アイテムなど)を、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用しないことをお約束いたします。 お問い合わせについて 健康いきいき倶楽部では、お客様からいただきましたメールへのお返事は迅速な対応を心掛け、必ず2営業日以内に返信させていただいております。 万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいますよう、お願い致します。 ご注文・ご相談について 些細な事でも結構です。 何か分からない事がありましたらお気軽にご連絡下さい。 心をこめてご対応いたします。 運営会社 株式会社健康いきいき倶楽部 〒812-0039 福岡県福岡市博多区冷泉町1-1 TEL:0120-300-171 FAX:092-287-9226 店舗運営責任者:永峯 顕 店舗連絡先: info sunmillion-ikiiki.

次の