背徳の愛。 背徳の愛

背徳の愛新潟店

背徳の愛

不倫を楽しむ男性はその状況にいる自分が好きというケースが少なくありません。 背徳感を楽しんでいたり、スリリングな恋愛をしている自分に酔いしれていたり…。 甘い言葉に惑わされて不倫男との恋を続けていては身も心も滅ぼしてしまうかも。 そんな不倫男が言いがちな3つの愛の言葉を知っておきましょう。 「真実の愛」と言う言葉を多用する 「君と出会って真実の愛を知った」という言葉は自分大好きな不倫男の常套句です。 まるで示し合わせたかのように、不倫男の多くがこの言葉を好んで使います。 もちろん、何をもって真実であるかという具体的な説明はありません。 女性と一緒に過ごす中で、なんとなく気分が高揚している時にさほど深く考えもせずに口に出す言葉です。 冷静に考えれば真実の愛ならなぜ不倫という形に留めているのか疑問ですが、女性側も既婚者と許されぬ関係にあるという事実に舞い上がっていることが多いので、軽い言葉に同調してしまうのです。 偽りの優しさ「君を傷つけたくない」 不倫男は女性との関係が配偶者にバレることを何よりも恐れています。 自分に非があることを自覚しているからこそ、関係を知られないように全力で取り繕うのです。 そして、配偶者との関係が不穏なものになった際は不倫関係の清算しようとします。 その時の定番のセリフが「君を傷つけたくない」という一言です。 言葉だけ聞けば相手を想う優しさに満ちているように思えますが、実際は不倫関係を配偶者や第三者に知られないための予防線でしかありません。 優しい言葉をかけて今までの関係を口外するなと、暗に脅しているようにも解釈できます。 このような事を言う不倫男は、追いつめられるとすべてを女性のせいにする可能性もあるので早々に別れた方が賢明です。 「妻とは別れる」と繰り返す不倫男 相手の女性にいつか結婚できるかもと希望を持たせることが不倫を長く楽しむコツとされています。 そこで、妻とは別れる、だからもう少し待ってほしいと言えばある程度は猶予期間を設けることができると考えているのです。 女性側もモラルに反する不倫を行っている後ろめたさから、具体的な日数や本気であるかなどを男性に確認しない傾向があります。 不倫相手の女性に妻との離婚をほのめかす不倫男ほど、実際はまったく離婚など考えていないものです。 不倫のスリルと背徳感を長く楽しみつつ、自分の嘘で女性が振り回される様を見て優越感に浸っているのです。 不倫男の言葉は信用しないのが賢明 本当に相手女性を愛しているならすぐにでも離婚を済ませ、改めてお付き合いを始めるのが誠実な行為と言えます。 既婚者という立場を保ちながら不倫関係を続ける男は、女性ではなくスリリングな不倫を楽しむ自分が大好きと見て間違いありません。 自己愛に満ちた不倫男の言葉は眉唾モノと言えます。 《Grapps》.

次の

背徳の愛新潟店

背徳の愛

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 店舗についての話題は各1スレにまとめて下さい。 個人についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の

背徳の愛は甘美すぎて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))

背徳の愛

やけどしそうにホットなラブシーンを堪能し、サスペンスと復讐物語を楽しむ作品! --------------ロマンティックタイムズ誌 両親を放火殺人でなくしたライリーは、兄弟とともに虎視眈々と報復をもくろんでいた。 ついにその相手エリーと対面するが、ひと目で恋に落ち…… 12歳のときに両親を放火殺人で亡くしたライリーは、ばらばらになった四兄弟とともに復讐の機会を手ぐすね引いて待っていた。 まずは復讐相手の娘エリーを破滅させるべく、弁護士となって彼女の会社の顧問となるが、ひと目見て足元が崩れそうな衝撃を受けた。 これが復讐相手の娘? ライリーはエリーをベッドに誘うことしか考えられなくなり、一方のエリーもライリーに愛されることだけを夢見る。 だが貪るように求め合う二人の前に、現実は立ちはだかり…… 原題:Ruthless 【 ホットでスリリング! 話題のロマンティック・サスペンスに絶賛の声! ヒーローとヒロインはお互いの中に 愛と癒しを見つけながら、復讐を片付けていくのが見事。 レクシー・ブレイクの描く登場人物にはいとも 簡単に心奪われ、心の底から好きになれる。 家族は夫と3人の子供、世界一怠け者のレスキュードッグ。 若いころに執筆を始めたが、演劇やニュース記事ばかりを書いていて、ロマンス小説を書くようになってからようやく世に名前が出るようになった。 どんなに複雑な人間関係であろうと、ロマンス小説におけるハッピーエンドを信じているという。 著者の代表的な著作"Masters and Mercenaries"シリーズは現在16作目まで刊行されている。

次の