アニメ塗り。 クリップスタジオ~デジタル塗りの基本?アニメ塗りの簡単な方法

アニメ塗り講座!目や髪や服の塗り方も詳しく解説

アニメ塗り

link 使用ソフト 私は工程によって使用ソフトを分けています。 線画、色塗り:SAI• グロー効果、背景の雰囲気作り:CLIP STUDIO PAINT としています。 グロー加工以外は通常レイヤーのみで作成しておりますので、どのソフトでも通用する内容です。 レイヤー構成 レイヤーは上からこのように構成しています。 線画レイヤー• 光レイヤー• 影レイヤー• ベースレイヤー 色塗りメイキング それではさっそく制作工程に入っていきましょう。 今回はアニメ塗りのメイキングですので、線画までは既に完成しているものとします。 1.アニメ塗りにマッチする線画を作成する。 アニメ塗りは色の境目がぼやけておらず、 パッキリと分かれているのが特徴です。 その為、線画はしっかりした線で作成しておかないと、 線が面の色に負けてしまいアニメ塗りのハッキリとした色合いが伝わりにくくなります。 線画も絵の一部なので、手を抜かずに頑張りましょう! 線画を上手に見せるコツは、• 顔周りの線を太くする• 物体と物体が交差する個所で、前に来る物体の方の線を強調する という方法です。 このテクニックを使うだけで、線画だけでも立体感を出すことが可能です。 2.線画の色を変える 線画レイヤーを不透明保護し、 線画の色を黒から 茶色に塗り替えます。 線画が黒のままだと、黒が強すぎて全体の色合いと 馴染みにくいからです。 左が黒の線画、そして右が茶色の線画です。 黒の線画より、 線画の主張が弱まり、 色合いのバランスが均等になりました。 アニメ塗りは水彩塗りや厚塗りに比べて、情報量が少なく見える原因に、色数が少ないということもありますが、線画の色を真っ黒にしていることも原因のひとつです。 線画も使用する色に合わせて、適宜変えていきましょう。 3.配色をする 線画が整ったら、ベースの色を配色していきます。 ハロウィン子ちゃんの衣装には、かぼちゃを模した段のある部分があります。 このような部分は、 光源に沿って面の明暗を塗り込みます。 その際には少しずつ色が明るくなっていく(または暗くなっていく)ように変えていきます。 色を強く変えすぎると、色の繋がりが途切れてしまうので、丁寧に繋いで行きましょう。 プリーツスカートや葉っぱ、みかんの房など、 細かい面があるものをアニメ塗りで塗る際には、 細かく配色していきましょう。 後々の完成度が上がります! 4.大きな影を入れる 光源の位置を決めたら、大きな影を入れていきます。 アニメ塗りは手数が少なく、パーツの面積が広くなりやすいので、多めに影を入れてもバランスが取れます。 通常のアニメ塗りなら、ハイライトを入れて終了……となりますが、一枚絵のアニメ塗りはさらに手数を増やして、豪華にしていきます。 5.さらに濃い影(2影)を少し入れる 大きく入れた 影と線の境目に、 濃く細かい影を差します。 また、物体と物体が交差する部分にも少し濃い影を差します。 濃い影を入れたお影で、画面が引き締まり、メリハリができます。 駄洒落です。 6.線画の色を「細かく」変える 線画を周りの色に馴染ませました。 面で見せるアニメ塗りにおいて、面を説明する線はものすごく重要な要素です。 茶色のままでは違和感が出てしまうので、 隣接する面に合わせて線の色を変えましょう。 7.顔や肌にエアブラシで色を差す アニメ塗りにおいて、 顔にはあまり影を入れないようにしています。 色の境目をぼかさないアニメ塗りで、顔に影を忠実に入れてしまうと、重たい雰囲気になる恐れがあるからです。 ですが、顔に入れる影を控えめにすると、顔がのっぺりとした印象になってしまいます。 そこで、 エアブラシを使って顔にふわっと色を入れます。 女の子が化粧をするように、頬にチークや唇に色を差すと良いでしょう。 ここで気を付けたいのが、肌に差した色が、肌と地続きになっているかどうかです。 矢印の方向にエアブラシを動かしてあげると、チークの淡い色と肌がうまく馴染みます。 顔に入れた色を、他の肌にも乗せて、 統一感を出します。 差し色を顔だけに入ると、 残りの肌部分との情報量が噛み合わず、顔だけ頑張りました!感が出てしまいます。 化粧と同じで、ファンデーションを顔だけに塗ると、首と顔の色がチグハグになってしまいます。 顔の塗りは実際の化粧を意識しましょう! 8.光を入れる 影のテイストに合わせて、光を控えめかつ 物体に合わせて滑らかに入れます。 アニメ塗りで入れる光と影は、立体の正確な情報を伝える、というよりも、 画面を華やかにするデザイン、という意識の方が近いと考えております。 光に使用する色も、光だから明るい色!というのでなく、色を考えて選びましょう。 光だけ浮いてしまうのでなく、かといって光が埋もれるのでもなく、 縮小表示をしても潰れない光りの色を選ぶのが大事です。 9.ハイライトと反射光を入れる 物体の外側と内側に、それぞれ最も明るい色と影よりも 少し明るく青みがかった色を入れます。 一番目立つ白の光を外側に入れると、画面が引きしまり、豪華感を出せます。 そして、反射光として、物体の影側の際に、 影よりも少し明るく、青みがかった色を入れます。 塗り込む面積は狭いですが、このひと手間だけで、グッと完成度があがります! 10.ベースと影に、淡くエアブラシをかける。 ベースと影に、エアブラシで グラデーションがかった影を入れます。 物体の光が当たる部分には明るい色を差し、影の入りの際にはやや濃い色を差し、影の重たい部分に、薄い色を差します。 この差し色のお陰で、アニメ塗り特有の面のベタッとした感じを緩和でき、豪華さを出せます。 ここで気を付けたいのが、 ベースの色とかけ離れた色を選ばないことです。 あくまで、面の飾り付けと考えましょう。 あと、この工程で 目の飾り付けもしました。 目はアニメ塗りに合わせて、ベタ塗りで飾り付けすると画面から浮きません。 目のデザインや塗り方は、個人の好みでやるのが一番なので説明はしません。 11.背景デザインの方法 背景のデザインを追加します。 今回は 人物主体なので、 背景は控えめに入れています。 主体はアニメ塗りなので、背景はアニメ塗りを使わず、 淡いグラデーションにすると、アニメ塗りの強いベタ感が浮き出て、主体を目立たせることができます。 背景のグラデーションも、画面の半分を明るく、もう半分を暗くすることで豪華さを出せます。 背景のベタ感を抑えることで、主体の邪魔をさせないためです。 トーンカーブとグロー効果で加工して完成! CLIP STUDIO PAINTで トーンカーブ加工とグロー加工をかけます。 link トーンカーブで、赤味と青味をほんの少しだけ足しました。 その後にグロー加工をかけます。 ここで気を付けたいのが、 グロー加工に頼り過ぎないことです。 あまりにグロー加工を強くかけると、せっかくの画面がぼやけてしまい、アニメ塗りのベタ面の美しさが生かせません……。 あくまで、画面を美しくすることを意識します。 最後に、顔周りに細い髪の毛を追加して情報量を足します。 顔周りの情報量を多くすることで、顔に目がいきやすくなるからです。 これにて完成です! 終わりに 通常のアニメ塗りと比べて、豪華になっていると思いませんか? アニメ塗りで豪華さを出すためのコツをまとめました。 線画の色ベースを真っ黒でなく、馴染みやすい茶色か使う色に合わせる• 細かい影や塗りが完成度を高める• 顔に差し色を入れて程よく密度を出す• 面や影に主張しすぎない差し色をエアブラシでかける• 色の統一感を意識する• 背景はベタ塗りでなく、グラデーションをかけることで差別化 アニメ塗りはぷっくりして可愛いうえ、ビビッドな色の魅力をフルに活用できます。 塗りの情報量が控えめなので、 衣装の情報量や小物を多くしても、画面がパンクすることなく、 まとまりが出せます。 レイアウト感覚で塗れるので、とっても楽しいですよ! 著・画 林檎坂マリコ Twitter Pixiv 専修大学、人文・ジャーナリズム学科卒。 嬉しいことに、線画と色を良く褒められる。 人当たりの良さそうな人物を描くのがウリ。 ほぼ通常レイヤーのみで絵を描いている。 好きなゲームは、スプラトゥーン・逆転裁判・ポケモン・カービィ・ゼルダの伝説など。 好きなアニメはつり球。

次の

アニメ塗り講座!目や髪や服の塗り方も詳しく解説

アニメ塗り

下塗りをする まず背景色を置いて、肌の色を塗ります。 肌のレイヤーは一番下でハミ出しは隠れるので、 特にマスク掛けとかしてないです。 背景色をまず決めたのは理由がありまして、 色って相関関係があるんです。 隣り合う色によって見え方や感じ方が変化します。 なので、背景色や人物の色を 「後から決めればいいやー」ってやっちゃうと、 やけに人物が浮いたり色がチグハグになったり、 思ってたのと違う・・・なハメになっちゃいます。 そうならないためにも、できるだけ 最初に色は決めちゃいましょう。 肌は血色がいいほうがかわいいと思っているので ピンク系の色で塗ってます。 背景がピンクなので、あんまりピンクは目立たたず 肌色になってます。 シャツや髪、目も色を置いていきます。 影をつけていく 影は光がどこから当たっているか 考えると付けやすいです。 光は斜め上から当たってるから だいたいこんな感じで~と塗っていきます。 絵は誇張表現もあるので、 現実のものにガチガチに即して描くよりも、 嘘があるけど絵としてOK!であればいいと思います。 白目の部分は影を入れたり入れなかったり、 いろんな表現がありますが、今回は影を入れます。 この白目の影ってなんなのさ?と思いながら なんとなく入れてる人もいるかもしれませんが、 自分の目をよーく見てみてください。 眼球は名前のとおり球なので影ができます。 なので、よくある白目の影はこの影をいれて 目の丸さを表現しているのかなーと思っています。 ハイライトを入れる 髪や顔などにハイライトを入れます。 目が怖いのでここにも光を入れます。 光って大事だ・・・ 鼻の頭にちょっと光があるとかわいい気がするので チョンと小さくハイライトを入れます。 唇にもハイライト。 あんまり入れるとギトギトするので ちょっとだけ。 もう一手間加えてみる アニメ塗り完成ですとか言ったものの、 なんか地味だなーと感じるので、 もうちょっと手を加えてみます。 ポップな感じにしたいので、黄色とグリーン系の 光を目や髪などに入れてみました。 色選びのポイントとして、色相環を参照すると、 彩度マックス!!色相環において 正三角形の頂点にあたる色を選ぶ!! ということをすると、スーパーのチラシとか、 楽天市場のバナーとか、あんな感じのノリになります。 チラシのノリでいいならかまわないんですが、 今回はもう少し落ち着きたいので、 彩度を少し下げるとともに三角形を ちょっとずらした関係上の色を選んでます。 頬の色付きとか唇の赤みとか加えると もっと華やかになりますね。 これ以上は絵がうるさいかなーと感じるので 終わりにします。 同じアニメ塗りでも手の加え方や 表現方法で違いが出てくるのが楽しいです。 アニメ塗りからグラデ塗りや厚塗りへ 基本のアニメ塗りのパッキリした影や髪の光等、 デフォルメが効いてるところをもう少し実物に近づけて ボカしたり光を入れてみたり、やさしくすると グラデ塗り風になります。 そこからさらに凹凸や、それによる光や影のでき方、 透過光などを意識して、塗りこんでいくと 厚塗りになります。 ザックリした描き方と言い方なので、 「へーそうなんだー」程度に思っていただければ充分です。 今回の場合はアニメ塗りから他の塗りへ派生させましたが、 他の順番でも大アリです。 実は私アニメ塗りはほぼやったことがなくて、 厚塗りとか、グラデ塗りと厚塗りの 合いの子みたいなのばかりです。 なぜなら修正がラクだったから。 キチンと線画描いてさらに少ない情報量で見せる アニメ塗りは奥が深いです。 人の目って情報量が多いと上手いって思いやすいんですが、 本当に上手い人ってスーパーシンプルでも 魅せる絵を描けるんですよね。 うらやましいっス。 ちょっと話がそれちゃいました。 アニメ塗りもグラデ塗りも厚塗りも、 基本は光や色の見え方等、意識するところは同じで あとはどのようなデフォルメを効かせるかだと思います。 なので、自分が好きな塗り方を一つものにしていれば、 そこから派生させるのは練習は必要だけど わりと簡単なんじゃないかな?と考えてます。

次の

目の塗り方!アニメ塗りとギャルゲ塗りや流行りも!

アニメ塗り

アニメ塗り:アニメーションに見られるような仕上がりの彩色方法。 影の形をくっきりと描き、ベタ塗りを使う。 ぼかしをあまり使わず、境界がはっきりとしたエッジの強い影やハイライトのみで塗る技法。 日本のセルアニメ制作で用いられてきた塗り方と見た目が似ているため、アニメ塗りといわれているそうです。 全体的な感想としてはフィルターを使ってぼかすケースが多いようですね。 絵がプロっぽく見えるかどうかは、フィルターを使いこなせるかどうかにもなってきそうです。 クリスタにもフィルター機能や合成モードがあるのですが、やはりphotoshopのほうが高いだけあって高性能みたいですね。 どちらも使いこなせるようにしていきたいです。 1:「アニメ塗りで色々な種類・角度で塗る」 ブックマーク数:16252 2020-04-02 この講座はアニメ塗りの基本的な考え方を知るのにはもっとも適していると思います。 また初心者にもわかりやすい説明です。 ただし具体的にどのようなソフトやツール、明るさで描くかなどは触れられていません。 概観的なものを知るのには丁度いいと思います。 たとえば上の画像のように、影の段階を増やしすぎるとアニメ塗りっぽくなくなってしまうので2段階に抑えておくのがいいというのもなるほどと思いました。 三次元的な厚塗りに対して、二次元的なアニメ塗りという感じですね。 好きなアニメキャラを描きたい場合はアニメ塗りのほうがイメージ通りに描ける場合が多いと思います。 アニメ塗りのパターンが多く紹介されています。 たとえば影はなくしてハイライトだけ残す、影をギザギザにするといったパターンです。 こうやって自分で美しいと思う技法を考えていくのも絵の楽しさの1つですね。 2:「アニメ塗りで背景と簡単に色を合わせる」 主なツール:photoshop ブックマーク数:74733 2020-04-02 photoshopはなかなか初心者が手を出せない高価なツールですが、Photoshop以外のソフトにも使えそうなテクニックが満載の講座です。 特にキャラクターを塗りつぶすときに、 青色で塗りつぶすと塗り残しを防ぎやすいというのはなるほどと思いました。 最初にグレースケールで背景の明度に合わせて塗りつぶし、明るさを調整する手法はよく「厚塗り」で利用されています。 アニメ塗りでも役立ちますねやはり。 光はレイヤーモードを「覆い焼きリニア 加算 」にするそうです。 SAIでは「加算」だそうです。 クリスタでは「覆い焼きカラー 発光 」、「焼き込み リニア 」、「加算 発光 」といろいろあって迷いますね。 ちなみにクリスタでは合成モードが以下のように説明されています。 ブックマーク数:2581 2020-04-02 この講座はブックマーク数が他と比べて少ないのですが、シンプルに説明されてていいと思います。 ただし上級者特有の説明不足というのがあるのかもしれません。 「なるほど、わからん」というやつです。 たとえば「光沢を追加する」といわれても、「どうやって?」となってしまいます。 おそらくこの講座の筆者はアニメを観察して自分で考えることが大事だよといいたいのかもしれません。 基本の塗り方を抑えていることを前提にこの講座を見ればとても役立ちます。 他の講座と同様に、フィルター効果でぼかしていますね。 やはりガウスが使われています。 ガウスとはなにかは文系の私では説明できないので、とりあえずぼかすということでいいと思います。 フィルターを使うことで絵全体をぼかせるので楽ですね。 7:「厚塗り風アニメ塗りメイキング」 主なツール:クリスタ ブックマーク数:5,973 2020-04-02 ライトの種類 説明 フロントライト 光源が人物の正面にあり、全体像がはっきり見える ブロードレンブラント 鼻筋に45度から光を当てる。 影側の頬に三角形のハイライトができる。 立体感が出る ショートレンブラント ブロードレンブラントとは逆の位置。 影が多いので重厚感が出る お化けライト 光源が人物の下にあり、不気味な印象を与える リムライト 光源が人物の後ろに有り、神々しい印象を与える。 輪郭が光を縁取る。 この講座はアニメ塗りでよくあるライティングを説明してくれています。 素晴らしいですね。 フロントライト、ブロードレンブラント、ショートレンブラント、お化けライト、リムライトが紹介されています。 12:「サルでも分かるSAI簡単アニメ塗り講座」 SAI カテゴリー•

次の