東京都教育委員会。 東京都教育委員会とは

東京都教育委員会とは

東京都教育委員会

概要 [編集 ] 東京都内のに関する事務を所掌するであり、6人の委員で構成される。 それまでのは(きむら つとむ 2004年10月20日 - 2015年3月31日)であった。 広義では、教育委員会の事務を担当する(Office of Education)を含めて、教育委員会と呼ぶこともある。 教育委員会の事務の執行責任者であり、事務局の長であるは、教育委員会の委員を兼任していた。 2015年(平成27年)4月1日から施行されたの改正により、教育委員長と教育長を一本化した新「教育長」が設置された 時代から木村孟ら歴代教育委員長及び、中村正彦、、、ら歴代教育長の下、の学力向上などの高校改革に見られる大幅な教育改革に取り組んでいたことが知られている。 但し、石原都知事辞任以降は、都立高校の独自化の動きは、や入試におけるが原則、グループ作成問題に移行するなど変化が見られる。 2019年7月1日以降の新「教育長」は。 同様に2016年9月現在の教育委員は木村孟、、遠藤勝裕、、大杉覚となっている。 組織 [編集 ]• 総務部• 教育政策課• 総務課• 契約管財課• 教育情報課• 法務監察課• 都立学校教育部• 高等学校教育課• 特別支援教育課• 学校健康推進課• 営繕課• 地域教育支援部• 管理課• 義務教育課• 生涯学習課• 指導部• 管理課• 指導企画課• 義務教育指導課• 特別支援教育指導課• 高等学校教育指導課• 人事部• 人事計画課• 選考課• 試験課• 職員課• 人事給与情報課• 勤労課• 福利厚生部• 福利厚生課• 給付貸付課 所在地 [編集 ]• 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 市区町村教育委員会 [編集 ]• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会 関連項目 [編集 ]• - 初代委員長 脚注 [編集 ]•

次の

東京都スポーツ推進総合計画を策定しました|スポーツTOKYOインフォメーション

東京都教育委員会

概要 [編集 ] 東京都内のに関する事務を所掌するであり、6人の委員で構成される。 それまでのは(きむら つとむ 2004年10月20日 - 2015年3月31日)であった。 広義では、教育委員会の事務を担当する(Office of Education)を含めて、教育委員会と呼ぶこともある。 教育委員会の事務の執行責任者であり、事務局の長であるは、教育委員会の委員を兼任していた。 2015年(平成27年)4月1日から施行されたの改正により、教育委員長と教育長を一本化した新「教育長」が設置された 時代から木村孟ら歴代教育委員長及び、中村正彦、、、ら歴代教育長の下、の学力向上などの高校改革に見られる大幅な教育改革に取り組んでいたことが知られている。 但し、石原都知事辞任以降は、都立高校の独自化の動きは、や入試におけるが原則、グループ作成問題に移行するなど変化が見られる。 2019年7月1日以降の新「教育長」は。 同様に2016年9月現在の教育委員は木村孟、、遠藤勝裕、、大杉覚となっている。 組織 [編集 ]• 総務部• 教育政策課• 総務課• 契約管財課• 教育情報課• 法務監察課• 都立学校教育部• 高等学校教育課• 特別支援教育課• 学校健康推進課• 営繕課• 地域教育支援部• 管理課• 義務教育課• 生涯学習課• 指導部• 管理課• 指導企画課• 義務教育指導課• 特別支援教育指導課• 高等学校教育指導課• 人事部• 人事計画課• 選考課• 試験課• 職員課• 人事給与情報課• 勤労課• 福利厚生部• 福利厚生課• 給付貸付課 所在地 [編集 ]• 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 市区町村教育委員会 [編集 ]• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会• 教育委員会 関連項目 [編集 ]• - 初代委員長 脚注 [編集 ]•

次の

東京都スポーツ推進総合計画を策定しました|スポーツTOKYOインフォメーション

東京都教育委員会

更新日:平成30(2018)年3月30日 東京都スポーツ推進総合計画(平成30年3月策定) 平成32(2020)年とその先を見据え、スポーツを通じ東京の未来を創造していくための羅針盤となるものとして「東京都スポーツ推進総合計画」を策定しました。 本計画に基づき、都は引き続き「スポーツ都市東京」の実現を目指し、スポーツ振興施策を推進してまいります。 東京都スポーツ推進総合計画について 1基本理念 「スポーツの力で東京の未来を創る」 都民のスポーツ実施率70%を達成し、誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツを楽しみ、スポーツの力で人と都市が活性化する「スポーツ都市東京」を実現します。 2策定の背景・位置付け• 現行の「東京都スポーツ推進計画」(平成25(2013)年3月策定)と「東京都障害者スポーツ振興計画」(平成24(2012)年3月策定)策定後、東京2020大会及びラグビーワールドカップ2019? の開催決定や、都民の障害者スポーツへの関心の高まりなど、都のスポーツを取り巻く環境は大きく変化• 上記の環境変化を的確に捉え、新たな施策を効果的に展開するとともに、スポーツ振興全般について、障害のある人に配慮した視点を持って施策を普遍的に展開していくため、現行の2つの計画を統合し、本計画を策定 3計画期間 平成30(2018)年度から平成36(2024)年度まで 4主な内容 「スポーツ都市東京」の実現に向け、3つの政策目標を設定• 政策目標1 スポーツを通じた健康長寿の達成• TOKYOスポーツ施設サポーターズ• ボランティア活動気運の維持・継続• 政策目標2 スポーツを通じた共生社会の実現• 女性アスリートに対する競技力向上支援• 東京2020大会の会場のバリアフリー化• 政策目標3 スポーツを通じた地域・経済の活性化• スポーツクラスターの整備と活用•

次の