逆流性食道炎 仕事 辞める。 逆流性食道炎になった!

【悲報】逆流性食道炎【健康】

逆流性食道炎 仕事 辞める

はじめにお読みください 当サイトは医学的な根拠(医師による意見・厚生労働省ホームページ・薬剤師による意見等)を示し、実際に自分自身が逆流性食道炎を治療した際の実体験に基づく情報だけをご紹介するように心がけておりますが、すべての方に同じように効果があるわけではありませんので、予めご了承いただければ幸いです。 私の場合、残業の多いハードなデスクワークをしていたため、仕事中に眠気覚ましとしていつも 濃いブラックコーヒーを何杯も飲んでいました。 今考えると、カフェインに依存気味だったのかもしません…。 ところが、 逆流性食道炎と 食道裂孔ヘルニアになってからは、コーヒーが受け付けない身体になってしまい、コーヒーを少し飲むだけでも 吐き気と 胸焼けが起こるようになってしまいました。 私のように眠気覚ましとしてコーヒーを飲んでいる方や、コーヒーが好きで毎日飲んでいるという方も多いと思いますが、逆流性食道炎の方は コーヒーを一切飲まないようにすることをおすすめします。 今回は、逆流性食道炎治療中に コーヒーがNGな理由や コーヒーと紅茶の比較、 タバコとコーヒーの組み合わせ、 どうしてもコーヒーが飲みたくなった場合のおすすめの飲み方などをお伝えしたいと思います。 ぜひ、最後までお読みいただけると幸いです。 Contents• 逆流性食道炎治療中は、コーヒーはNG 逆流性食道炎治療中は、例え軽い症状の場合でもコーヒーは一切やめたほうが良いです。 コーヒーに含まれるカフェインは 胃酸の分泌を増やしてしまうためです。 胃酸過多になると、 胃酸が逆流しやすくなってしまいます。 また コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインも、 胃酸の分泌を増やします。 出典: せっかく胃酸の分泌を抑える薬を飲んでも、カフェインによって胃酸を増やしてしまっては意味がありませんよね。 特に、 空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸過多で胸焼けを起こしやすくなってしまいます。 また、下記のように胃粘膜がダメージを受けてしまう可能性もあります。 空きっ腹でコーヒーを飲むのは良くない場合があるかもしれません。 なぜなら、カフェインには胃酸分泌を促進する作用があるため、もともと 胃酸過多の人が空腹時にコーヒーを飲むと、胃酸によって胃粘膜にダメージを与える可能性があるからです。 出典: 私自身、逆流性食道炎になってからはコーヒーを控えるようになりました。 完治した今も、再発を防ぐためにほとんどコーヒーを飲むことはありません。 特に、 濃い ブラックコーヒーは一切飲まないようにしています。 一方で、コーヒーには リラックス効果があり、逆流性食道炎を悪化させることはないという説もあるそうです。 諸説あるコーヒーですが、冒頭でもお伝えしたとおり、私の経験上、コーヒーを飲んで気持ち悪くなってしまったことが何度もあるため、その人の体質にもよると思いますが、特に 胃腸が弱い方はコーヒーを飲まないほうが無難だと思います。 コーヒーと紅茶だと、紅茶のほうがまだ良いです コーヒーも紅茶も カフェインが含まれるため、 摂らないようにするのがベストです。 ですが、コーヒーと紅茶を比較すると、 紅茶のほうがまだマシということができます。 なぜなら、紅茶よりも コーヒーのほうが「一杯に含まれるカフェイン含有量」が高いためです。 北海道北見市にあるのwebサイトには次のようにあります。 コーヒー豆100gと紅茶葉100gでは、確かに紅茶の方がカフェイン含有量は多くなります。 ただ、一杯に使われる コーヒー豆の量は約10g、カフェインの量は大体100mg程度。 それに対して一杯の 紅茶に使われる茶葉は約2g~多くて5gで、カフェイン量は30mgと言われています。 普通に紅茶を飲む状態では、茶葉を抹茶のように挽いて飲まない限りは、 コーヒーの方がカフェイン含有率は高くなるといえます。 出典: 逆流性食道炎治療中は、コーヒーも紅茶も飲まないのがベストですが、「どうしても眠くて仕方がない」などといった場合は、コーヒーではなく紅茶を少量飲んでみてはいかがでしょうか。 特に、逆流性食道炎の方にはミルクティーがおすすめです 私自身、逆流性食道炎治療中コーヒーは飲めませんでしたが、 紅茶は少量でしたら飲むことができました。 特に、 ミルクティーがおすすめです。 別の記事にて、 逆流性食道炎には牛乳が良いというお話をさせていただきましたが、 牛乳によって胃酸が中和されるため、ストレートティーを飲むよりも気持ち悪くならずに済んだのだと思います。 今もよく飲んでいますが、 「 午後の紅茶」のミルクティーにはずいぶん助けられました。 私の場合、糖分が気になるので、甘くないほうの「午後の紅茶」ミルクティーを愛飲しています。 コーヒーについては前述のとおりですが、 タバコも刺激になるため、逆流性食道炎を悪化させる可能性があります。 また、大阪市立大学の医学研究科 消化器内科学の藤原靖弘氏らの研究により、 禁煙治療が逆流性食道炎に有効であることが明らかになりました。 医学研究科 消化器内科学の藤原靖弘(ふじわら やすひろ)准教授らは、同 総合医学教育学、上本町わたなべクリニックとの共同研究により、 禁煙治療が胃食道逆流症(GERD, Gastro-Esophageal Reflux Disease)に有効であることを日本で初めて明らかにしました。 出典: 職場でも缶コーヒーを飲みながらタバコを吸っている方を多く見かけますが、逆流性食道炎の方はコーヒーとタバコを控えることをおすすめいたします。 どうしてもコーヒーが飲みたい!そんな時の対処法 コーヒーは飲まないほうが良いとお伝えしてきましたが、コーヒー好きな方にとっては一切やめるのはなかなか辛いと思います。 そこで、どうしても飲みたくなってしまった時には、下記の方法をおすすめいたします。 コーヒーに牛乳をたっぷり入れる コーヒーを牛乳で割ることによって、 カフェインの量を減らすことができるのはもちろんのこと、前述のように 牛乳で胃酸を中和することができます。 ノンカフェインコーヒー コーヒーに含まれるカフェインが胃酸の分泌を増やしてしまうので、 ノンカフェインコーヒーなら安心して飲むことができます。 妊娠中の方でコーヒーが飲めなくなってしまった方にもおすすめです。 以前は、ノンカフェインコーヒーというと、味があまり美味しくないものが多かったように思いますが、最近は美味しいノンカフェインコーヒーも増えています。 カフェインは 胃酸の分泌を増やしてしまう からです。 特に、 タバコとコーヒーが好きな方は要注意です。 コーヒーと紅茶を比較すると、 紅茶のほうが「一杯に含まれるカフェイン含有量」が少ないため、紅茶なら気持ち悪くならずに飲めることがあります。 特に ミルクティーがおすすめです。 また、どうしてもコーヒーが飲みたくなってしまった場合は、 コーヒーに牛乳を入れて飲むことや、 ノンカフェインコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

次の

逆流性食道炎が進行し悪化を繰り返した・・・合併症を引き起こした末路

逆流性食道炎 仕事 辞める

逆流性食道炎になってみて、思ったのは「この病気の影響は思いがけないところに飛んで行く」ということです。 わたしにとって、逆流性食道炎というのは「具合が悪い」というだけで済まされるものではなく、その人生にまで大きな影響を及ぼすものだったのです。 その時に働いていた職場・・・わたしはその職場が大好きだったし、できれば一生働きたいと思っていたけれど、逆流性食道炎という病気のせいで、辞めなくてはなりませんでした。 逆流性食道炎になった時、仕事がとても忙しくて、休めるような状態ではありませんでした。 社内でも体調を崩している人が数名いましたが、それでも出社していて、そこでわたしばかりが休むわけにも行かない状況でした。 仕事が好きだったので、多少は無理してもやりたいと思っていたことも事実です。 その時の仕事がとても楽しかったから・・・役立つ仕事がしたいと思っていました。 だけど、そのうちどんどん症状が酷くなってきて、吐き気、胸焼けが止まらないように。 この二つはなんとかごまかせたとしても、ゲップはどうしようもありません。 たまに出てくるゲップをこらえきれず、席を立ってトイレに駆け込むこともありました。 やっぱり、ゲップって見た目がいいものではないし、見苦しいものだと思うんですよね。 逆流性食道炎といっても常に酷い吐き気があるわけじゃありません。 だけど、「いつゲップがでるのか」「今、吐き気が襲ってきたらどうしよう」という不安が頭から離れず、それが結果的に「仕事をおろそかにする」ということにつながりました。 あんなに好きな仕事だったのに、いつくるか解らない吐き気におびえて、いつしかぜんぜん楽しむことができない様になって・・・。 そのうちに仕事もできないほど症状が悪化し、仕事はやめることになりました。 今でもすごく悔しいです。 頑張ったのに、ずっとやっていきたい仕事だったのに・・・。 心配してくれた上司や同僚が、辞める日には花束をくれました。 同僚はすごく泣いてくれて・・・「元気になってね」ってずっといってくれて、それがすごく申し訳なかったです。 治るまで待つともいわれたけれど、いつ完治するかもわからないのに、会社の人に迷惑をかけることもできず、やはり潔く辞めることにしました。 この会社を辞めなければならなかったことが、わたしにとっては一番辛いことで、今も悔しさがとまりません。 凄く好きな仕事だったから、ずっと続けたかったです。

次の

逆流性食道炎で退職はおおげさ?

逆流性食道炎 仕事 辞める

朝起きて仕事に行く前、吐き気がする…。 仕事中、休憩中にも気分が悪くなる…。 飲みすぎ食べすぎや肉体的な病気でもないのに吐き気がするのはストレスのせいかもしれません。 吐き気のほか、下痢や頭痛、動悸やめまいなどが伴っている場合にも注意が必要です。 仕事が原因で吐き気がするほどつらい日々を過ごしているなら、「仕事を辞めたい」から「仕事を辞める」に意識をチェンジした方がいいかもしれないです。 実際に転職するかどうかはともかく、一度、準備だけしてみるのもいいでしょう。 いつでも辞める準備はできている、という事実が、気持ちにゆとりを作ってくれるはずです。 今回は、吐き気の原因や対処法、辞める準備の具体的な方法などについて書いていきます。 ストレス以外の吐き気の原因は? ストレス以外の吐き気の原因も様々にあります。 食べすぎ飲みすぎ• 食中毒• タバコの吸い過ぎ• 薬の副作用• 逆流性食道炎、急性胃炎、胃がん、メニエール病、風邪などの病気 例えば上に挙げたメニエール病というのは耳の病気で、めまいや耳鳴りがし、それとともに吐き気があります。 このような症状の場合には耳鼻咽喉科で診てもらうのがいいでしょう。 ただ、メニエール病はストレスによる自律神経の乱れから発症することもあるそうです。 そうなるとストレス改善も必要になってきます。 飲み過ぎやタバコの吸い過ぎにしても、生活態度に気をつけたり胃腸薬を飲んだりして身体をケアしつつ、やはりメンタルのケアも大事です。 飲みすぎるのが仕事の悩みやイライラを憂さ晴らしするためであれば、そのストレスを解決する対策が必要となります。 吐き気、めまい、下痢、不眠などがあればうつ病の可能性も 出典: ストレスで吐き気がしているとき、不眠や食欲不振、下痢、憂鬱、不安や緊張など伴うのであれば、うつ病の可能性もあります。 当サイトの記事「うつ病経験者におすすめの仕事は?うつの症状や原因、対応策、仕事の見つけ方」にもありますが、うつ病は非常に厄介な心の病気です。 思い当たる人はなるべく早めに心療内科を受診した方がいいです。 病院に行く時は何科?心療内科? ストレスで吐き気だと自分では思っていても、実際に何が原因かは医師に診てもらわないと分かりません。 ただ、こんな場合に悩ましいのが何科の病院に行けばいいのか。 吐き気をおさえる薬をもらうのだったら、内科に行けば処方してくれます。 しかし、内科では、ストレスや過労が原因かもしれない、とは言われることはあっても、うつ病の疑いがあるなどとは診断されません。 何もできないくらい吐き気がひどい時にはとりあえず内科から行くのがいいかもしれません。 ただ、明らかにメンタルの不調を自覚している時には、必ず心療内科でも診てもらった方がいいです。 仕事のストレスによる吐き気の対処法 吐き気が少し気になる程度であれば、一度、ストレス性の胃腸薬が市販されているので試してみるのもいいかもしれません。 ただし、それは胃腸のケアであって、ストレス解消にはなりません。 また、吐き気がひどい場合には自分だけで対処せず、内科や心療内科などで診てもらうのが最善です。 肉体面とメンタル面、その両方の改善に努めるように心がけましょう。 ストレスの原因を分析する メンタル面のケアとして、なぜストレスが溜まっているのかを分析するのが大事です。 仕事での悩みなど、紙に書き出してみましょう。 そして問題点をどのようにすれば改善できるのかを考えます。 原因不明で吐き気がするという人も、仕事や生活でストレスとなる不満や不安はないか洗い出してみましょう。 「悩みやストレスを抱えて働くのが当たり前」という風になっていませんか? 健康に働けることは可能です。 当然なのですが、忙しく働いていると忘れがちな事実です。 これをきっかけに、自分の生活を見直してみましょう。 仕事に行けないほどの吐き気であれば休んだ方がいい 休職するのも一つの対処法です。 今は吐き気だけでも、ストレスが重なることで大きな病気になってしまう可能性もあります。 数日まとまった休みをもらって病院に行くなどメンテナンスする時間を設けるのもいいでしょう。 心療クリニックはなかなか予約のとれないところも多いですから、そういった事情も考慮して休みをとると有意義に過ごせます。 問題解決のため相談する 誰かに相談するだけでもストレスはいくらか解消されますし、客観的に自分を見つめ直す機会にもなります。 この時、なるべく第三者の立場にいる人に現状の問題を聞いてもらいましょう。 上司や同僚、家族や恋人などではなく、心療内科の先生や、キャリアアドバイザーといった転職のプロに話をして、これから自分はどう働いていけばいいのかを相談してみましょう。 吐き気で辞めたいと思ったら、辞めた方がいい理由 仕事のストレスの原因は例えば次のようなものがあげられます。 人間関係• プレッシャー• ミスや失敗• 怒られたり注意されたりした• 業務時間や業務量の多さ• 仕事の内容• 新人や入社したばかりの状況 こういったストレスのなかで、今の職場で働き続けることで解決できることはほぼありません。 身体は正直ですから「仕事ってこういうもんだ。 我慢して慣れるしかない」といくら自分に言い聞かせても、症状として表れてしまいます。 そのまま放置しておけば、心身の大病で取り返しのつかない事態にもなりかねません。 ストレスを改善するには自分に合った仕事を見つけるしかありません。 では、どうやればそんな仕事が見つかるのか?その方法を今から伝えたいと思います。 吐き気もストレスも解消できる現実的な方法 仕事探しは最初から最後まで、情報の扱い方にかかってきます。 例えば求人探し。 求人探しで必要な情報は次のようものです。 自己分析、ビジョンなど自身にかんする情報• 求人を探す方法にかんする情報• 企業にかんする情報 まず自己分析や将来のビジョンについて知っておかなければ、自分にマッチする求人を探しようがありません。 自分の力に合った職場、自分の強みや特性を生かせる仕事、そしてこの先どんな風に働きたいのか、などなど。 何でもいいから採用されるところ、では転職しても再び、耐えられないストレスが訪れてしまいます。 次に、自分の希望する求人を見つけるにはどんなツールを使えばいいか?無料求人誌なのか、ハローワークなのか、転職サイトなのか、などなど。 よさげな求人を見つけたら、その企業についての情報をできるだけ詳細に知りましょう。 企業の特色、社風、職場の雰囲気、採用後にはどのような業務につくことになるのか。 具体的に転職活動を進めていく流れを示すと次のようなものになります。 これだけでこれまでの仕事の探し方とはまったく違ったものになります。 転職エージェントを使えば、あなたの強みや特性を分析してくれ、そこからマッチした求人を紹介してくれます。 自分で探すよりも圧倒的にマッチング率も高いです。 履歴書作成を手伝ってくれますし、面接対策もしてくれます。 まずは登録だけして、いつでも転職活動を始められる準備だけしておきましょう。 そしたら気持ちにもゆとりができて、今の職場でのメンタルも少し変わってくるはずです。 今の職場を離れてストレスなく、充実した毎日を過ごしたいけど、どうやって仕事を探せばいいのか分からない人は転職エージェントの力を借りましょう。 その人生、後悔しませんか?「転職」が頭によぎったら今すぐやるべきこと 「転職」というコトバがほんの少しでも頭によぎったあなたは今すぐにでも、転職エージェントに登録するべきです。 なぜ、今すぐ行動に移さなければいけないのか。 次の場面を想像してください。 こんな人生を送ってきたような人、職場にいませんか? 転職エージェントは無料なだけでなく、すぐに使い始める必要もないというメリットもあります。 大切なのは、まだ余裕のある時に準備しておくこと。 転職しようかどうか考えるのはそのあとからで構いません。 むしろ、現状から一歩進んだ「やろうと思えば、いつでも転職活動を始められる状況」の方が進路について本気で考えることができます。 ゆとりを持って今の職場や自分についても冷静に見つめ直すことができるはず。 転職の進め方の順序を絶対に間違えてはいけません。 なぜ"転職エージェント"を利用すべきなのか? 転職はより良い生活を選んでいくためのイベントです。 そのイベントを成功させるためのアイテムが 「転職エージェント」。 使わなければ損というものではありません。 使わなければ自己実現が難しくなるような重要なアイテムと言っていいでしょう。 転職エージェントは、自力では何かと厄介な転職活動を最初から最後まで、 転職のプロがすべて無料でサポートしてくれます。 もし転職エージェントを使わない場合、理想的な条件の求人を膨大な求人の中からたった一人で探さなくてはいけません。 時間をかけて見つけたとして、はたして採用されるかどうか…。 転職エージェントを利用するだけで、あなたに本当にマッチした求人が見つかる可能性がグンと上がるばかりか、 採用率も格段に高まります。 とはいえ、エージェントというアイテムのなかにはまったく役立たないものも存在します。 強力なアイテムが必要です。 世の中には数多くの転職エージェントがあり、ネット中に「ここもおすすめ、あれもおすすめ」と情報が氾濫している状態です。 こん棒のような代物をつかまされないようにしなくてはいけません。 当サイトでは「まずはこれだけ使えばいい」という転職エージェントのみを紹介します。 利用してフィットしなければ、また違うものを使えばいいですが、最初からあっちもこっちもと目移りするのは効率的ではありませんよ。 まとめ 仕事のストレスで吐き気がするとき、肉体面、メンタル面の両方をケアするように心がけましょう。 胃腸薬を飲めば吐き気はおさまりますが、それだけでは問題の解決にはなっていません。 また、体調不良を放置しておくと気づけば大きな病気になってしまうこともありますので、休むをもらって病院に行くなりと体のメンテナンスをきちんと行いましょう。 辞めたいと思うほどの症状であれば、辞めた方がいいと思います。 現状維持では何も解決しません。 無理してその職場に留まり続ける理由がないのであれば、思い切って生活を作り直した方がいいかと思います。

次の