旭化成 配当 利回り。 【注目銘柄】旭化成(3407)は仕込み時?割安で高配当な総合化学メーカー【株式投資】

旭化成株、ノーベル化学賞受賞も株価はイマイチ

旭化成 配当 利回り

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は旭化成(3407)の株価を分析。 そして見通しを分析していきます。 旭化成(3407)とはどんな会社? 旭化成(あさひかせい)は、合成繊維および産業用化成品、石油化学製品、樹脂、合成ゴムなどを製造しています。 同社はさらに住宅販売、医薬品、医療関連機器、電子材料、建材、家庭用消費財の販売も行っています。 旭化成といえば「イヒッ!」というCMでもおなじみですね(今はもうやっていないっぽいです)。 そんな旭化成(3407)、現在の社員数は34,670人です。 日本を代表する大企業です。 NIKKEI225の構成銘柄でもあります。 現在の株価とPERは? 現在の株価は935円前後です。 取引単位は100株なので、9万円前後で旭化成(3407)の株を所有することが可能です。 10万円以下なので初心者でも敷居が低くて助かりますね。 以前は旭化成、1,000株単位だったので最低でも100万円以上の軍資金が必要でした。 そして、旭化成(3407)のPER(株価収益率)は、現在10. 86倍です。 10倍前後なのでかなりの割安です。 配当利回りと株主優待は? 配当利回りは、2. 98%です。 いいですね!日本株の中では高配当です。 そして、旭化成(3407)の株主優待はありません。 過去の長期のチャート 比較的堅調です。 特に2016年以降の上昇がすごいですね。 ただ、その後の急落がものすごいです。 直近1年のチャートはこちら 直近大きくガクッと下げています。 狙っている人にはかなりのチャンスですね。 旭化成(3407)の売上高は? ほぼ横ばいに見えますが、実は少しずつ売上を更新しています。 FY2018にはとうとう売上2兆円を越えました。 さすがですね。 旭化成(3407)のEPS(1株当たりの利益)の推移です キレイではありませんが右肩上がりです。 FY2018にグイッとあげています。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう こちらはしっかり右肩上がりです。 いい感じです。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近10. 68%です。 いいですね。 合格ラインの10%をしっかり超えています。 高ROEです。 ROEが高い会社は経営がうまくいっているという証拠です。 だいぶ投資をする上でプラスポイントです。 最期に、流動比率は1. 54倍です。 こちらは1倍を超えているので問題ありません。 旭化成(3407)の今後をまとめると 低PERで高配当。 各数字の伸びも良好です。 さらにROEもしっかり合格ラインでした。 優良銘柄ですね。 個人的にもかなり気になっています。 そして株価が大きく落ちている今、「買いたい!」と思う銘柄です(ホントに買うかも)。 気になる方は四季報などで詳細チェックしてみて下さい。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 105•

次の

旭化成|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:3407)

旭化成 配当 利回り

マテリアル、住宅セグメントが主力 [3407]旭化成の セグメント別売上高です。 マテリアルセグメントが全体の 53%、次いで 住宅セグメントが 31%となっており、全体の8割以上を売り上げていることが分かります。 化学業界 売上高ランキング [3407]旭化成の化学業界内での順位です。 売上高ランキングで、旭化成は 第4位となっています。 順位 企業名 売上高(兆円) 1 3. 7244 2 富士フイルムHD 2. 4333 3 2. 1905 4 旭化成 2. 422 5 花王 1. 508 6 信越化学工業 1. 4414 7 三井化学 1. 3285 8 積水化学工業 1. 1074 9 資生堂 1. 0948 10 0. 9921 [3407]旭化成 株価 ( 2020/06/26時点) [3407]旭化成の 株価は、 870.9円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約8.7万円です。 1年チャート 5年チャート [3407]旭化成 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [3407]旭化成の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/26時点) 配当金 [3407]旭化成の 1株当たりの配当金は、 0円です。 100株保有の場合、 年間0円の配当金が支払われます。 配当利回り [3407]旭化成の 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 79685= 0% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [3407]旭化成の 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [3407]旭化成の 配当性向は、 0%です。 [3407]旭化成 配当金まとめ 株価 870.9円 年間配当 0円 最低購入額(100株) 約8.7万円 年間配当(100株) 0円 利回り(税引き前) 0% 実質利回り(税引き後) 0% ( 2020/06/26時点) [3407]旭化成 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [3407]旭化成の 配当金支払い実績です。 安定した増配傾向が見られます。 2018年で大きく増配しましたが、2019年は据え置きの配当金となっています。 配当利回りの推移 [3407]旭化成の 配当利回りの推移です。 配当利回りは、2~3%台の間で推移しています。 配当性向の推移 [3407]旭化成の 配当性向の推移です。 配当性向は、おおむね40%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。 [3407]旭化成 業績 売上高 [3407]旭化成の 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [3407]旭化成の 営業利益です。 (単位:百万円) 経常利益 [3407]旭化成の 経常利益です 【グラフ】 (単位:百万円) 純利益 [3407]旭化成の 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [3407]旭化成は、着実な増配傾向が魅力の銘柄です。 今後の利回り上昇とともに購入していきたい企業です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

日本株高配当ランキング: 素材・化学

旭化成 配当 利回り

今回の記事の内容 ・旭化成(3407)の株価の状況は? ・旭化成の配当と株主優待は? ・旭化成の株価の推移(チャート)はどうなる? ・旭化成の今後の予想は?株は買い時? 旭化成の株価に関して以下のツイートをしました。 総合化学大手の旭化成。 2018年後半から中国経済減速の影響で株価は大幅に下落してます。 直近1Q決算も、前期比で10%以上の減収。 ただ化学事業は不調ですが、住宅事業やヘルスケア事業は堅調。 流石に最近の株価は売られ過ぎの感が強いです。 配当利回りも3%を超えで、長期的には欲しい銘柄ですね。 2018年後半から中国経済減速の影響で株価は大幅に下落してます。 直近1Q決算も、前期比で10%以上の減収。 ただ化学事業は不調ですが、住宅事業やヘルスケア事業は堅調。 流石に最近の株価は売られ過ぎの感が強いです。 配当利回りも3%を超えで、長期的には欲しい銘柄ですね。 自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。 今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。 旭化成の株価データ• 株 価: 1073円• P E R : 10. 0倍(予想)• P B R : 1. 10倍(実績)• R O E : 10. 7%(予想)• 配当利回り:3. 配当利回りは3. 35%と日本株の中では高配当ですね。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから10. 0倍というのは割安な水準ですかね。 同業の化学メーカーのPERと比較してみると• 東レ:13. 三菱ケミHD:6. 住友化学:7. 8倍 となっていて、必ずしも割安とは言えないですね。 日本の化学メーカーは優良企業が多く業績も安定していますが、将来的に高い成長がそれほど期待されないセクター。 株価的には加熱しずらいということなのでしょう。 旭化成の配当実績は? 続いて配当実績を見ていきますね。 以下が旭化成の配当金の実績です。 出典: 2010年以降、配当金の減配は一度もないですね。 しかも綺麗な増配傾向です! 直近5年間の配当性向は23%〜35%程度となっていて、余力十分なことがわかります。 旭化成の配当方針を見ると、 成長投資と株主還元をバランス良く行うよう、適切な内部留保を保ちながら、安定配当と継続的な収益拡大による増配を目指すことを基本方針 としているので、配当性向などの数値目標はないものの増配を目指していくことが明記されていますね。 過去の実績や余力十分の配当性向、業績の安定性も考えると 配当金が減配する可能性は低いと考えます。 配当利回りも高く、増配も期待できる。 旭化成はそんな銘柄といえます。 旭化成の株主優待は? 総合化学メーカーで最大手の一つ旭化成。 株主優待はどうなっているのでしょうか? やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。 関連記事: しかし現在のところ、 旭化成は 株主優待を実施していません。 残念です…。 化学メーカーということもあり自社製品を優待で提供するのは難しいのかもです。 株主還元は配当金を増配することで、投資家の期待に応えるということなのでしょう。 旭化成の株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート 続いてチャートを確認していきましょう。 総合化学メーカー最大手の一つ旭化成ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていくとともに、チャートから株価の予想・見通しも確認します。 旭化成の長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 10年間で株価は堅調に伸びていますね。 チャイナショックのあった2015年ごろや米中貿易摩擦が顕在化した2018年後半に株価は調整していますが、それ以外の期間は順調に伸びているのがわかりますね。 2013年ごろまで500円程度だった株価が、アベノミクスもあり2015年に1200円程度の水準まで上昇していますね。 2年で株価2倍超えですから配当金も考えると申し分ないパフォーマンスと言えます。 その後一旦調整に入りますが2016年ごろから再び上昇。 2018年初頭には1500円を超える水準をまで株価が伸びています。 旭化成の短期チャート。 株価の見通し・予想は? 以下が2018年からの短期チャートです。 2018年の後半から 株価は調整していますね。 ・2018年10月 5日:1765円 ・2018年12月28日:1053円 となっていて 3ヶ月程度で40%以上減ですからかなり大きな落ち込みですね。 2016年後半から一本調子で上げてきた反動減というのもあるのでしょう。 チャート的には1000円の大台が支持線となっていますね。 ここを割り込むようだと、もう一段安を目指していくことになりそうです。 株価の今後の見通し・予想は、現時点で何とも言えない状況ですね。 ただ、長期的には上昇傾向ではあるので 1000 円の大台で踏みとどまって1200円あたりをブレイクすると株価は再び上昇基調を強める可能性が高い考えます。 大きく調整していることもあり、株価の回復には時間がかかるかもしれません。 短期的には株価が大きく調整している旭化成。 なぜ株価は下落しているのでしょうか? 次に旭化成の業績を見ていきます。 旭化成の業績は? ここでは旭化成の業績を見ていきます。 過去5年の業績が極めて堅調 過去5年の売上高、営業利益、純利益などの推移は以下のとおり(単位:億円)。 売上高 営業利益 純利益 2014年度 19,864. 1 1579. 3 1056. 5 2015年度 19,409. 1 1652. 0 917. 5 2016年度 18,829. 9 1592. 3 1150. 0 2017年度 20,422. 2 1984. 8 1702. 5 2018年度 21,704. 0 2095. 9 1475. 1 2015年、2016年と売り上げを落としていますが、その後回復。 2017年には2兆円の大台を超えました。 ただ直近2018年の純利益が200億円以上も減収していますね。 2018年度下期から米中貿易摩擦や世界経済減速懸念があり、特に石油化学製品の需要も減退した影響が大きいです。 旭化成は 2018 年11月に上方修正した通期業績予想を2019年2月に下方修正。 最近の株価が冴えないのも、化学製品の需要減退や業績の下方修正が要因の一つですね。 2020年3月期1Q決算:前期比で増収減益 直近の1Q(4月〜6月)決算も冴えなかったですね。 売り上げは前期比で伸びたものの、減益となっています。 住宅関連やヘルスケア事業の業績は堅調も、中国経済の減速の影響で化学や繊維などのマテリアル事業の不振が続いてます。 旭化成の業績は米中貿易摩擦の影響が今後どの程度続くかに影響されるといえそうです。 株価が下落傾向の旭化成。 株は買い時? 中国経済の減速もあり業績が落ちている旭化成。 株は買い時でしょうか? 長期投資を前提とするのであれば、旭化成株の買いを検討しても良いのではと考えいます。 化学・繊維などのマテリアル事業が不調ですが、他の住宅やヘルスケア事業は堅調。 これらの事業は売り上げを伸ばしています。 業績の下方修正などもあり株価は冴えませんが、長期的には株価は上昇傾向であり、さすがに売られ過ぎの感が強いです。 配当金も高配当で増配も続いており、買いを検討しても良い銘柄といえそうです。 「旭化成の株価」まとめ 今回は旭化成の株価ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。 中国経済の減速もあり最近の業績や株価は落ちているものの、優良銘柄であることは間違いないですね。 配当利回りが3%を超え、しかも増配が続いている。 自分も長期的に是非とも保有したい銘柄の一つ。 実は自分もネオモバを使って、旭化成株を購入しました。 配当金によるインカム目的での保有ですね。 それでは。 おすすめ記事です。 Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券。 ネオモバなら1株単位で投資可能。 自分も旭化成に投資しました! 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の