即位礼正殿の儀 なぜ10月22日。 新天皇陛下の御即位をお祝いする 今年限定の「国民の祝日」です。~5月1日「天皇の即位の日」、10月22日「即位礼正殿の儀の行われる日」

即位の礼に合わせて55万人が恩赦……「そもそもなぜ日本に恩赦が?」東大の歴史学者に聞いてわかった“意外な起源”

即位礼正殿の儀 なぜ10月22日

即位の礼とは? 読み方は 「そくいのれい」で、 「即位礼(そくいれい)」ということもあります。 「即位後朝見の儀」とは? 「剣璽等承継の儀」は、皇位(天皇の位のこと)を承継された証として、歴代天皇に伝わる剣璽(けんじ)、御璽(ぎょじ)、国璽(こくじ)を引き継ぐ儀式です。 剣璽とは、三種の神器のうちの天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)のことで、勾玉のことを「璽」と呼ぶこともあることから、「剣璽」と称されています。 御璽とは、法律や政令など交付文や認証文に押すための天皇の印章のことです。 国璽とは、国家のしるしとして押す印章のことです。 関連: 「即位後朝見の儀」とは? 「即位後朝見の儀」は、天皇が即位なさったあと初めて公式に三権の長をはじめ、国民を代表する人々に会われる儀式のことです。 三権の長とは、「立法権」、「行政権」、「司法権」を司る機関の長を指します。 立法権は国会のことで長は衆議院議長と参議院議長、行政権は内閣のことで長は内閣総理大臣、司法権は裁判所のことで長は最高裁判所長官です。 「即位礼正殿の儀」とは? 「即位礼正殿の儀」は、即位の礼の中心となる儀式で、各国首脳や国家元首が参列し、即位した天皇が日本国の内外に、即位を宣明(せんめい・宣言して明らかにすること)する儀式です。 「祝賀御列の儀」とは? 「祝賀御列の儀」は、広く国民に天皇の即位を披露され、祝福を受けられる儀式です。 いわゆる「祝賀パレード」のことで、オープンカーなどで天皇がパレードを行い、沿道などに集まった国民の祝福を受けられます。 2019年10月22日(火)に予定されていましたが、台風19号で甚大な被害が発生したことを踏まえ、 2019年11月10日(日)に延期になりました。 天皇皇后両陛下は11月10日午後3時に皇居を出発され、およそ30分かけて赤坂御所へ向かわれます。 「饗宴の儀」とは? 「饗宴の儀」は、国民の代表や外国の賓客などが招待され、天皇の即位を祝福する祝宴です。 「即位の礼」はいつ行われる? 「剣璽等承継の儀」と 「即位後朝見の儀」は、 2019年5月1日(水)に行われます。 「即位礼正殿の儀」は、 2019年10月22日(火)に行われます。 「饗宴の儀」は、 2019年10月22日(火)、25日(金)、29日(火)、31日(木)で、4日間で4回、着席2回、立食2回で行われ、2600人が参列する予定です。 「祝賀御礼の儀(祝賀パレード)」は、 2019年11月10日(日)に行われます。 「即位の礼」が行われる日は祝日や休日になるの? まず、祝日と休日の違いについてご説明します。 祝日とは? 「祝日」とは正式には 「国民の祝日」といい、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって定められたもので、例えば1月1日の「元日」や5月5日の「こどもの日」などがこれに当たります。 休日とは? 「休日」は一般的には 土曜日と日曜日のことです。 また、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって定められた 「国民の祝日」、 「振替休日」、 「国民の休日」の3種類も休日に当たります。 祝日は休日に含まれるということになりますね。 』とあり、 祝日と祝日に挟まれた平日は休日にするということです。 「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」は祝日や休日になるの? 「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が行われる2019年5月1日は新天皇即位にともない、その年一回限りの祝日扱いとする特別法案が成立しましたので、 5月1日(水)は祝日になり、2019年のゴールデンウィークは10連休になりました。 2019年のゴールデンウィークは通常では以下のとおりになっていました。 4月27日(土) 休日 4月28日(日) 休日 4月29日(月・昭和の日) 祝日 4月30日(火) 平日 5月1日(水) 平日 5月2日(木) 平日 5月3日(金・憲法記念日) 祝日 5月4日(土・みどりの日) 祝日 5月5日(日・こどもの日) 祝日 5月6日(月・振替休日) 休日 「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が行われる5月1日が祝日になることで、祝日と祝日に挟まれた4月30日と5月2日が 「国民の休日」になり、10連休が誕生するという仕組みです。 2019年5月1日が祝日になりゴールデンウィークは以下のとおりになりました。 4月27日(土) 休日 4月28日(日) 休日 4月29日(月・昭和の日) 祝日 4月30日(火・国民の休日) 休日 5月1日(水・天皇即位日) 祝日 5月2日(木・国民の休日) 休日 5月3日(金・憲法記念日) 祝日 5月4日(土・みどりの日) 祝日 5月5日(日・こどもの日) 祝日 5月6日(月・振替休日) 休日 「即位礼正殿の儀」と「祝賀御列の儀」は祝日や休日になるの? 「即位礼正殿の儀」と「祝賀御列の儀」については、昭和から平成になり、上皇陛下が即位なさった際は、「即位礼正殿の行われる日を休日とする法律」に従い、平成2年11月12日(即位礼正殿の儀の日)が休日となりました。 そして、 2019年10月22日(火)についてもその年一回限りの祝日扱いとする特別法案が国会で成立し、 祝日となります。 台風19号の影響もあり、「祝賀御列の儀」は11月10日(日)に延期になりましたが、10月22日(火)が祝日なのは変わりません。 「饗宴の儀」は祝日や休日になるの? 先述の通り2019年10月22日(火)についてその年一回限りの祝日扱いとする特別法案が国会で成立しておりますので、「饗宴の儀」が行われる、 2019年10月22日(火)、 25日(金)、29日(火)、31日(木)のうち 10月22日(火)のみ祝日となります。 即位の礼は一日で終わるのではなく、長い期間をかけていろいろな儀式を行うのですね。 ゴールデンウィークが10連休になったり、祝日が増えることで、嬉しい気持ちになっている人も多いかもしれませんね。 ほとんどの儀式は私たちには参加できないものですが、祝賀御礼の儀はいわゆる祝賀パレードですので、一般人も参列することができますよ! 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

「即位の礼」とは?どんな行事でいつ行われる?祝日や休日になるの?

即位礼正殿の儀 なぜ10月22日

1.御即位を祝う今年限りの祝日とは? 5月1日の「天皇の即位の日」、10月22日の「即位礼正殿の儀の行われる日」 皇位継承などの皇室に関する事柄は、昭和22年(1947年)に制定された「皇室典範」に定められています。 しかし、皇室典範には天皇の「退位」については定められていません。 そこで、天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位を実現するための「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が平成29年6月に制定され、天皇陛下が今年4月30日限りで御退位され、皇太子殿下が直ちに御即位されることとなりました。 御退位の日には、国事行為である国の儀式として「退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)」が行われ、御即位の日には「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」などが行われます。 そして、今年10月22日には、天皇陛下の御即位を公に宣明される「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」などが行われます。 今回のように、天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことであり、憲政史上初めてのことです。 国民こぞって御即位に祝意を示すため、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」が制定され、今年5月1日の「天皇の即位の日」、同年10月22日の「即位礼正殿の儀の行われる日」が、今年限定の「国民の祝日」に定められました。 皇太子殿下が御即位され、新たな元号になる今年は、私たち日本国民にとっても特別な年といえるでしょう。 <皇太子殿下の御即位に伴う式典> ・剣璽等承継の儀 (けんじとうしょうけいのぎ) 御即位に伴い、皇位とともに伝わるべき由緒ある物である剣璽、天皇の国事行為に使用される物である国璽(こくじ)及び御璽(ぎょじ)を承継される儀式です。 皇太子殿下の御即位の日(今年5月1日)に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ・即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ) 御即位後初めて国民の代表に会われる儀式です。 剣璽等承継の儀が行われた後、同日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ・即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ) 御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式です。 今年10月22日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ・祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ) 即位礼正殿の儀終了後、広く国民に御即位を披露され、祝福を受けられるための御列(パレード)です。 即位礼正殿の儀が行われた後、同日に、国事行為である国の儀式として、宮殿から天皇陛下の御在所までの間において行われます。 ・饗宴の儀(きょうえんのぎ) 御即位を披露され、祝福を受けられるための饗宴です。 今年10月22日、25日、29日、31日に計4回、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ここで紹介した国事行為である国の儀式のほかにも、皇位継承に際して様々な皇室の儀式が行われます。 もっと詳しく知りたい場合は、宮内庁のウェブサイトをご覧ください。 休日当番医はお住まいの地域の自治体へ。 かかりつけ医がいる場合は、各自ご相談を。 (参考)関連リンク• ただし、金融機関の支店・営業店の営業が10連休となるため、連休前後に支店窓口が混雑する、休日日程が変更されるため資金決済予定日が変更となる等の影響が考えられます。 このため、混雑を避けるため可能な手続きについては早めに済ませておく、決済予定日が変更されることに伴う資金計画の変更等が生じないかを事前に確認する等の準備が必要でないか、ご確認ください。 証券取引所については、10日連続の休業日となりますが、証券取引所、証券会社において、連休前後で混乱をきたさないよう顧客等に広く周知するとともに、システムリスクの点検等を徹底いたします。 具体的な対応については政府系を含む金融機関や証券取引所、証券会社等にご確認ください。 (参考)関連リンク• 10連休に係る資金繰り対策特別相談窓口の設置について• 日本取引所グループ• 10連休中も、自治体や保育園の実情に応じて、同様の対応がされる予定です。 詳しくは、お住まいの市区町村窓口でご確認ください。 配達について、速達、書留、ゆうパック等は、連休中も毎日配達を行います。 普通郵便物、特定記録郵便物、一般のゆうメール等は、原則日曜、祝日等の配達はありませんが、通常どおり4月27日 土 に配達するほか、特例として、5月2日 木・休 に配達を行います。 また、土曜、日曜、祝日及び休日に営業しているATMで通常貯金の預入・払戻し等がご利用いただけます。 (参考)関連リンク• 詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。 10連休中もお住まいの市区町村の消費生活センターなど身近な相談窓口におつなぎします。 連休中に都道府県や市区町村の相談窓口が開所していない場合には、基本的に国民生活センターの相談窓口(土日祝10時~16時)におつなぎします。 また、「たびレジ」に登録し、在外公館から届く渡航先の最新の安全情報(日本語のメール)を、ぜひご活用ください。 (参考)関連リンク• 詳しくは以下をご覧下さい。 (参考)関連リンク• <取材協力:内閣府 文責:政府広報オンライン> Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の

即位礼正殿の儀とは何かを簡単に解説!なぜ10月22日?招待客もチェック!

即位礼正殿の儀 なぜ10月22日

10月22日、「即位礼正殿の儀」をテレビ中継で見た。 病を得てから、宮中祭祀などの儀式はお休みすることがほとんどだった雅子さま。 ビッグイベント中のビッグイベントであるこの国事行為に、どのように臨まれるのか。 その姿を見たかった。 儀式が始まったが、ほとんど雅子さまは映らなかった。 これは想定外で、かなり戸惑った。 陛下が即位を内外に宣言するという儀式なのだから、当然と言えば当然だ。 だが、高御座 たかみくら ばかりが映り、御帳台 みちょうだい が映る時間がこれほど短いとは思っていなかった。 とばりが開き、陛下が「おことば」を述べ、安倍首相が「寿詞 よごと 」を述べ、参列者による万歳三唱があり、再びとばりが閉められる。 その15分ほどの間で、雅子さまの表情がわかる映像は2度だけだった。 「おことば」前の30秒ほどと、「おことば」後のほんの数秒。 儀式の性質を理解しつつ、皇室とはそういう世界なのだなあと思ったりしながら見ていた。 コラムニスト 1961年生まれ。 83年、朝日新聞社に入社。 宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。 その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。 「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。 2011年4月、いきいき株式会社 現「株式会社ハルメク」 に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」 現「ハルメク」 編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。 著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。

次の