約束 の ネバーランド ノーマン 生き てる。 約束のネバーランドのノーマンは生きてる?死んだと思われていたが生存が確認され急成長して変わりすぎとの声も|ワンピースネタバレ漫画考察

約束のネバーランドでノーマン生きてる?再登場は何巻で再会いつ?生きてた理由も徹底調査

約束 の ネバーランド ノーマン 生き てる

Contents• ノーマンの計画 ノーマンは出荷前にレイの計画とレイが死ぬ気なのを知り「レイさえ死ななければ使える」と判断。 そしてエマに脱獄の計画を記した手紙を残します。 ノーマンから託された計画通りエマはレイが死ぬことを阻止し、レイを巻き込みノーマンの計画を実行します。 そしてエマはレイにノーマンからの伝言を伝えます。 レイの計画だけではなく性格も知った上でのノーマンらしい伝言ですね。 そして、レイの髪ってこんなに長かったっけ?w ドンとギルダ以外にも話す ノーマンの計画は出荷前から既に始まっていました。 まず今回の脱獄のことを知っているのはエマ、ノーマン、レイ、そしてドンとギルダの5名だけでした。 他の子供達へどうやって伝えるのか、そこでノーマンがとった方法はシスター・クローネとの会話を聞かせることです。 最初に4人にシスター・クローネとの会話を聞かせ、残りの子達は2ヶ月かけて引き入れました。 橋を渡らない ハウスの塀の外は崖となっており、外へ出るには本部へかかる橋を渡るしかありません。 そこでノーマンが考えた方法は橋を渡らず崖を超える方法です。 確かに誰も崖を超えるなんて思いませんよね。 イザベラの監視がエマとレイに集中していた2ヶ月間、子供達は崖を超える訓練を続けていました。 何も知らなかったレイはあまりの手際の良さに驚き、子供達が2ヶ月間本気で訓練していたことを知ります。 4歳以下は園に残す ここからはノーマンの計画ではありませんが、脱獄で一番のネックになっていたのは全員での脱獄です。 ここに関してはレイは終始反対していました。 全員での脱獄を一番望んでいたエマが遂に折れますが、諦めたわけではありません。 ある日、ギルダはエマに尋ねます。 隣のプラントにも自分達と同じような子供達がいる。 そのことを思い出したがエマはフィルを読んでハウスのことと鬼のことを伝えますが、フィルはなんとなく気づいていたと話します。 ちなみにフィルは4歳ですw そしてエマは、フィルが出荷されるのは最短で2年と伝え、それまでに必ず迎えに来ると話します。 もう一度言います。 フィルは4歳です。 見送るイザベラ 遂に全員で崖を超えることに成功したエマは、この場へ向かっているイザベラに別れを告げます。 エマ達が崖を超えた場所に到着したイザベラですが、既に子供達の姿はありません。 食べられない人間として、自分が生き延びることだけを考えてきたイザベラ。 ここで遂に負けを認めます。 そして子供達のことを思い出します。 イザベラ 「ただ普通に 愛せたらよかった」 「行ってらっしゃい 気をつけてね」 引用:約束のネバーランド37話 ハウスに戻ったイザベラに何も知らない残った子供達が集まってきます。 イザベラ 「追っ手はすぐにかからない」 「まさか崖から逃げるなど考えない」 「痕跡(ロープ)は回収しておいた」 「当分は農園(うえ)も血眼で園内を探すでしょう」 引用:約束のネバーランド37話 最初の朝 遂にハウスから脱獄したエマ達。 心から自由を感じるエマ。 しかし、これがゴールではなくスタートだということもわかっているエマ。 外の世界では人間が食料でその人間を食す鬼。 全て自分達で手に入れ厳しい生存競争を勝たなくはならない。 そんな現実にエマは 自由ってなんて過酷で美しいのだろう と痛感します。 そしてエマ達の第一歩、最初の朝を迎えます。 ノーマンは生きてる? 無事に脱獄できたエマ達ですが、今回脱獄できたのには間違いなくノーマンの計画があったからです。 脱獄決行日はノーマンが回想シーンで何度も現れます。 このままではノーマンはエマ達の思い出の中で「生きている」になってしまいます。 これだけの計画を立てられるノーマンはやはり天才だと感じました。 そんな天才ノーマンをこのまま思い出の中だけで生かすのは勿体無いですよね。 今後の登場を期待してますが、ジャンプ得意の敵側での登場なんてのもありえますよね。 ただ、そういったキャラって実力はあるけど、どこか精神的に弱いところがあってそこを突かれるケースが多いと思います。 ノーマンに限っては頭もいいし精神的にもタフそうだしありえない気がします。 間違いなく生きているでしょう。

次の

約束のネバーランド153話ネタバレ!ノーマン本心判明も長く生きられないと知るエマ!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束 の ネバーランド ノーマン 生き てる

約束のネバーランド61話「生きてみろよ」ネタバレと伏線考察 野良の人食い鬼の群生地に足を踏み入れた一行です。 『すごい・・・何この森。 まだハウスじゃ見たことない・・・ろうそくが溶けたみたい・・・』 エマは森を見渡し、その異質な雰囲気を感じていました。 『いる・・・確実に』 レイは姿を見せないがその気配を感じていました。 この森は人食い鬼の群生地で、野良だが群れを成して行動しているとオジサンは言います。 常に集団で動き、必ず近くに仲間がいる。 おまけにどの種も気性が激しいときています。 「つまり、見つかれば死ぬ」 仲間を呼ばれて一斉に襲われて、バリボリ骨まで仲良くシェアされ一巻の終わり・・・ その言葉にエマとレイの背筋はぞくり、と冷えました。 「絶対に見つかるな」「絶対に寄せ付けるな」「進め」「日暮れまでに抜けられれば夜は縄張りの外で眠れる」 その教えの通りに、オジサンの先導にエマとレイもついて行っています。 「あとどれくらい?」 「日暮れまでには多分あと2時間くらい」 「そっか頑張る」 エマの問いにレイは懐中時計を取り出しおおよその状況を伝えます。 「ああ、道のりも上々。 ここまではまず順調だ」 『何だ、この二人。 ここまで順調だと? 』 オジサンは口ではそう言いますが、心の中ではまだ二人を分析しています。 二人とも物覚えが異常に速すぎること、ど素人なのにこの数時間で足音一つ立てなくなったこと。 ちょっと普通では考えられません。 エマはオジサンの一挙手一投足見逃さずに観察・分析して学び取る事を続けています。 『見て覚えた?』 けれど、ただマネをしているだけではなく、オジサンが嘘を言っていないか自分たちの知る限りの知識で確認を取っていることを悟ります。 オジサンがウソを言っても、引っかからなかったからです。 そして見えてきたのは、『方針』はエマで、『知恵』はレイだということ。 『つまり、本質的に誰より面倒くせぇのはこっち(エマ)だが、基本裏で手を引いているのはこいつ(レイ)』 『どっちを死なせたら、より黙るかな』 『ていうか。 順調、つまんねぇよな』 後ろを歩く二人を見やり、オジサンは内心物騒な事を考えながら、銃に手をかけています。 ピクッ。 エマは何かを感じ、一瞬体を硬直させます。 すると、エマもレイも気がつかない上から人食い鬼が襲いかかろうと降ってきました。 「エマ!! 」 ドオオン レイがいち早く気がつきエマを引き寄せたので、間一髪で鬼との接触は避けられました・・・が、 「レイ!! 」 吹っ飛ばされた衝撃でレイは倒れ込み気絶し動きません。 見つかれば死ぬ。 仲間を呼ばれる前にブチ殺す。 先程のオジサンの言葉を思いだし、エマはレイのそばに転がった銃を手に構えます。 ですが・・・ が、エマが感じたのは自分の首から上がこの鬼に食いちぎられるイメージで。 引き金を引けずに固まってしまっています。 パアンパアン、パパパパパァン! すかさずオジサンが鬼を射撃し、とりあえず鬼の動きを止めます。 「エマ!」 気づいたレイがエマに駆け寄り、呆然とする彼女を揺り起こしました。 「あれ? 私・・・生きてる・・・!? 」 混乱気味のエマの言葉にレイは「は!? 」と声を荒げ、オジサンは「死んだと思ったろ」と得意げに投げかけてきます。 「実際死んでた。 お前は引き金を引く事すらできなかった」 「いやぁ、ウケるウケる。 上から降ってくる人食いは初めてだろ?この辺にゃいるんだよ。 まぁ俺は知ってたけどね」 『ジジィ!! 』 オジサンの軽口にレイは心の中で激高します。 「でもありがとうオジサン・・・助けてくれて」 エマの感謝の言葉にオジサンは表情もなく。 「そうだ早く逃げるぞ。 死体(こいつ)の仲間に気づかれる前に」 「誰が助けたって?」 レイの言葉に、オジサンは嫌みな返答を返します。 「助けてなんかない。 『再生?』 その鬼の再生模様にエマもレイも目を見開き驚きます。 キィィィィィィ! 頭部を再生させた鬼は奇声を上げ、仲間を呼んでしまいます。 「クソッ死んでねぇなら早く言え!」 「わざとだよ」 「は」 「わざと殺さずあえて黙ってた嫌がらせ」 「なっ・・・」 「ダイジョーブダイジョーブ俺は死なない」 「!! 」 鬼から逃げながら、えげつない嫌がらせをするオジサンに文句を言いたい二人です。 「でも、お前らはヤバイね。 食事(メシ)邪魔されて同族(なかま)攻撃されて相当キレてる」 オジサンの言葉通り、既に鬼の仲間は集合しており、今にも襲いかかろうとしています。 「ただ仲間呼ばれるより絶望だろ?」 「クッソジジィ!」 「地獄の旅路の幕開けだ。 お前らの命は俺の手中。 さぁガキ共、生きてみろよ」 オジサンの凶悪な嫌がらせで招かれた最悪の状況に、青ざめるレイとエマで61話は終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 オジサンが感じたエマとレイのこと。 物覚えが異様に早すぎること。 学習能力が高く、自分たちで考えて行動できていると思ったところは『特別な子供達』とイザベラが言っていた通り高級農園のなかでも最高級の品質の2人だったのでしょうね。 GFは他よりも優れた子供を育てられる農園なのだと思われます。 約束のネバーランド61話感想 見つかったら死ぬ、状況にあえて持ってきたオジサンの嫌がらせがすごい61話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね! 今週の[約束のネバーランド]生き残る自信満々のオジサンはサバイバル能力が相当高そう。 悪意に満ちたオジサンの試練を乗り越えられたらエマたちは飛躍的にレベルアップしそうだな。 — りんだクン pigeru オジサンを糧にレベルアップしていくのでしょうが・・・今をどう乗り越えるのかハラハラしますね。 しばらく停滞気味だったけど今週の約束のネバーランドめちゃくちゃ面白くて震えた — なまはむ 4Namahamu 順位から見てもそう感じられますが・・・とうとう動きがある回に入りましたね。 見逃せません。 週刊少年ジャンプ2017年48号の掲載順をご紹介 48号はこのような掲載順になっていました。 上から ・ゴーレムハーツ 新連載巻頭カラー ・ONE PIECE ・Dr. STONE ・フルドライブ センターカラー ・ハイキュー!! 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は12番目です。 ここ5週の掲載順番は『12番、3番、3番、12番、5番(最新号から)』ですので、平均は少し下がり7番になっています。 まとめ 見つかったら死ぬと言っておいて・・・怒らせて仲間を呼んでのピンチを作り出したオジサンの盛大な嫌がらせがヒドイ61話でしたが、このピンチ感が来ると面白いのは確かで。 順調、つまんねぇよな。 は読者の声を代弁していたのかもしれませんねww オジサンから見ても異様にスペックの高い二人なので、このピンチも難とか乗り越えて行くのでしょうが、どのように生き抜くのかが気になりますね・・・ カッコイイ大人の真の力は見られず、ただの悪意に満ちた嫌がらせで。 このピンチも楽しんでいる余裕のオジサンは感じは悪いですが、話を盛り上げてくれています。 目を離せない展開にドキドキしながら次週を待ちましょう。

次の

【約束のネバーランド】ノーマンは死亡?生存?最後の「え」という言葉の意味【約束のネバーランド】

約束 の ネバーランド ノーマン 生き てる

『約束のネバーランド』で飛びぬけて優秀な頭脳を持つノーマン。 物語の最初に、自分たちが食用児であることを知り、必死で脱走計画を考えエマたちを導いてきましたね! 普段はとても温厚な性格で頭もバツグンに良くて子どもたちからも慕われているので、読者のファンも多かったと思います。 そんなノーマンは脱走計画なかばで、残念なことに出荷されてしまいました。 今回はそんなノーマン生存説について、真実は何なのか考察から予想してみました。 『約束のネバーランド』ノーマン出荷のあらすじ GF農園の脱出するための下見をしていたとき、ママに気付かれエマは足を折られてしましました。 そのときママの本当の姿を見ることができましたが、それと同時に「おめでとうノーマンあなたの出荷が決まったわ」 と言われました。 それから数日、ノーマンを生かすためにエマとレイは様々な試行錯誤を繰り返すも、ついにノーマンはママの手によって本部へと連れて行かれてしまったのです。 スポンサーリンク ノーマンの複数の生存説 出荷されてしまったノーマンは、実はまだ生きているのでは?という説が浮上しています。 そのために農園の子どもたちに知能テストを与え、頭脳の成績を競い合わせていました。 このことからノーマンの「脳」は超一級品なのでしょう。 そんな優秀なノーマンなので、もしかしたら鬼の生産者側に抜擢されたのでは?という説が浮上しています。 ストーリーのワンシーンに、鬼たちと対等に接する人間がいることが分かっています。 シスタークローネが「彼ら、奴ら(鬼)と対等だった 食われない人間もいる」と言っていましたね! このときシスターが見たのは、 いかにも研究者らしく白衣に身を包んだ人間でした。 これがおそらく、食用児を生産するための研究者のような存在ではないか?と予想されます。 なにしろ優秀な頭脳をもつノーマンですから、ノーマンの遺伝子を受け継いだ子どもであれば優れた脳が受けづがれると考えられるでしょう。 実際、農園からママに推薦された女子は将来子どもを産むと、ママが言っていました。 これはもう完全にノーマンの敗北と言えるでしょう。 そもそもイザベラママは、「あなたたたちは特別なお方しか食べられない特別な食用児」と言っていました。 もし鬼の世界で何か特別なイベントがあるなら、きっと前もって出荷の準備は決まっているのではないでしょうか? スポンサーリンク ノーマンの生存を裏付ける事実 以上のノーマンの生存説について、信ぴょう性がありそうなのはどれでしょう? これまで判明している事実と照らし合わせて考察してみましょう。 ノーマンの最期のセリフが意味深 ノーマンがいよいよママに連れられてハウスを出て門までたどり着いたときのセリフです。 「え」 と驚いたような表情で言っていましたね。 ここでノーマンの姿は最後となり、これ以降はノーマンに関する情報はまったくなくなってしまいました。 ノーマンは、最初にコニーが出荷される瞬間を目撃していたので、自分が出荷されるときも、どんな風に殺されるかおおよそ予想はついたと思います。 それなのに ノーマンが一瞬驚いたのは、何か 予想もしなかったことが起きたからでしょう。 コニーが出荷されたときは、コニーがママに連れられて行ったすぐ後を追いかけたにも関わらず、コニーはトラックの荷台で胸にヴィダという花を挿されて無残な姿になっていました。 普通なら、ノーマンは鬼が登場しあっというまに食肉にされるだろうと予想していたと思いますが、もしかしたら 鬼ではない意外な人物が登場したのかもしれません。 ノーマンは体が弱かった? シスタークローネと鬼ごっこをしていたとき、ノーマンは小さいころ体が弱かった、と言われていました。 結局、ノーマンを捕まえることはできなかったシスターですが、シスターから見てもノーマンの体は、 「ヒョロヒョロ」だと言っていました。 この3本がエマとレイ、そしてノーマンを表しているのではないか?と考えられています。 そして この3本線が、少年ジャンプの連載時にしか描かれていないのです。 食用として出荷されたのなら、「さようなら ノーマン」だと思いますが、 「幸せに」と言っているところが何かひっかからないでしょうか? ノーマンがママとは 別の世界に行ってしまうのをほのめかしているようなセリフです。 そうなったとき、ノーマンはおそらくいったんは鬼の味方になると思いますが、心に秘めたものはきっとエマやレイたち食用児の開放をあきらめてはいないでしょう。 もしかしたら、今後エマたちが絶体絶命のピンチになったとき、ノーマンが救世主として姿を現すのが期待できるかもしれません。 ノーマン生存フラグあるやろ。 あるといってくれ! 引用:命はくれてやる でもその他何一つ譲る気はない 負けるつもりも一切ない 僕は勝つ! — 儀三郎 gizaburo 約束のネバーランド大好きやけど、今週の引きが不安すぎる、久しぶりにノーマン思い出して涙 — おき farfarsea 『約束のネバーランド』、ノーマン早く帰ってきて…という思いがどんどん強くなってくる。 エマがツッコミのいないボケみたいになってて辛い。 状況と展開もあれだけど、エマの真っ直ぐな狂気を効果的に使うにはレイとおじさんじゃちょっと弱い。

次の