ボンバー ガール セピア。 ボンバーガール

セピア・ベルモンド

ボンバー ガール セピア

セピア・ベルモンドとは、に登場するである。 担当は。 概要 ・はベルモンド一族の血を引く。 何かを育てることで多くの事を学べますから。 好き:!そう、こそがこの世で最も尊き存在なのです! 嫌い:とか、その類のだけはちょっと… より 、ので突如現れた。 自称限のの伝師の。 ならご存知、のの血族という設定の。 中ではと呼ばれあまり言及されないが、ベルモンドのでであることは設定である。 そのためでが関係するにはが使われやすく、のはまんま初代の演出である 専用のまで作られた。 その際のも同じく初代ののだった。 であるも巻き込まれている。 こので配布されたは普段ののでVer、Verとのから取られており、 のも入手できた。 専用も他のとは異なりの魅を活かしたセクなものになっている。 これを敢えてに着せてみるのもまた一。 でSP「」が追加され、の悪乗りがどんどんしている。 や、クロをぐグーバディの持ちであり、「が遅いのは 胸が重すぎるからでは?」「そもそもではなくご婦人と呼ぶべき年齢設定では?」などとから言われていた。 の設定画によると、~大卒ぐらいの年齢なのだとか。 そのためか専用はセクさが強調されたものが多い。 所属はであると同じくctry、一応という職者のためこのになったと思われる。 eパペーン第4弾では前回のとして、先着0名にがされた限定がされた。 条件は「20回後で申請」だが、中だったからかにも関わらず、7時間足らずで0が埋まってしまった。 そのため前回のになぞらえて、「 7時間でで万円稼いだ女」というがから送られることになった。 日程の発表が遅かったため休みの調整がつかず、に参加できないことが確定してを飲んだもいたとか。 はアタッの中でも、 敵を撃破するのが得意な。 移動しながら連続で攻撃できるを持っているので、 前線で敵の守りを切り崩そう! より アタッではあるのだが、の最大値が5と低く、それ以外のは他のアタッと同じ上限となっている。 その反面は並にあるのが特徴。 つまり、被弾時のを使った切り込みを身上とし、なおかつ 対が随一の危険なおさま。 の強化により、単独での破壊もに迫るほどのになった。 のもわずかに増加し、使い勝手が向上している。 入手後はこの2つので十分動けるため、のを最も受けないことも利点の1つ。 如何にでを取れるかがになる一方、の少なさから追い詰められやすく、一度すれば低い基礎・最大から、を起こしやすい。 をれるような強くて安定した戦法が存在しないため、には初期4のようなの良さが欲しい。 の編成をよく考慮しよう。 一方と足並みをそろえやすく、高いとのある攻撃から に最適、場合によってはの代役として防衛までこなせる汎用性の高さがる。 そのというを正しく敵味方に捻じ込めるようになれば必ずは応えてくれるだろう。 スキル• のの部分を持って、柄の部分で殴りつける技。 注入 本当に言います• の正面前方2. 5と左右1づつを巻き込む広範囲な攻撃。 1毎に判定が発生するよう強化された。 そのため破壊の効率が格段に向上している。 発生も硬直も長めだが、も範囲も高めなので、当てやすく当たると痛い。 あくまで「の正面」なので、撃ちができる。 と共にを起動、1ント毎に振り回すのを5回行う。 ただし使用中の被弾は終了時にまとめて計上され、スタン・もする。 死に際の連れとして使ったにはさながらごっこゲーと化す。 余談だが、と発動の次第ではモーションを維持したままが消えるため、さながら をしているという絵面を見ることができる。 色の鎖を振るい、正面3~5に判定、障物がない限り4前方へ移動。 攻撃判定発生までだが、実は移動中にはない。 だが、移動がに等しいなので、狙って狩ることはほぼ。 敵味方の爆と攻撃判定をに高速移動という不足のを補うとなる。 攻撃は隣接ではない1発分に相当する。 どのロールでもに痛い。 SNSの漫画において 初登場回ではでたちにした後、での登場に慌てたの摘を受け、焦って退場した。 なところもあるのかもしれない。 それ以上に"でも、によって心する"と狂信する過な思想のお方で、そういう意味で歴代のよりもヤバいヤツとたちには思われているのだとか。 おかげでを心させようと 駄な努を続けている。 また の気配を感じるとどこからともなく現れる。 特にがに覚めたと勘違いしたときは後述のをしようと突進してくる。 これに吹っ飛ばされたやは数知れず。 重量級のを軽々持ち上げるなど筋も高い。 手で瓶を割ることも飯前。 ミンボーのライグも尋常ではなく、の加速を受けたとが乗るミンボーにで追いついた。 自身ので宿敵であるからを貰ったときは歓喜のあまりに という名の博固めを決め、は生死のをさまよった。 その際にが上げた叫びはく「が絶命するときの悲鳴」だったらしい。 このはでも相手に行っており、そのときは泡を吹いて気絶している。 後日 のはのすら消し飛ぶ威だと説明された。 また も10tと説明されており、から借りたを中に破壊した 後でによってされている。 幼少期からベルモンドの名を継ぐとして修業を積んできたようで、伝統の歩き方からで見られるような的な動きまで仕込まれている。 でもやなどを披露している がこれらをでとして使用したことになる。 でりながらに高速で迫る様はまごうことなき。 その様を見たからは以上かもと恐れられ、からはされた。 流石にこれらの動きがで使われることはないだろうが、追加2がまだ未のためからは期待と不安が寄せられている。 普段はでとしての慈善活動を行っており、同じのもたまに手伝っている。 としての活動では「見敵必 サーチ&イ 」を掲げている。 黙っていれば温厚ななので、の利用者からは頼られている。 中にはその性にやられた人もいるようだ。 関連動画 良さそうな がありましたら などで をお願いします。 関連項目•

次の

「ボンバーガール」コラボ特設ページ

ボンバー ガール セピア

ボンバーガール BOMBER GIRL ジャンル 、 対応機種 発売元 人数 8人 発売日 デバイス スティック+4ボタン 『 ボンバーガール』 BOMBER GIRL はから発売され、2018年8月30日より稼働を開始したアーケードゲーム。 を吸収合併した(コナミアミューズメントのグループ企業)が権利を継承した『』を大幅に派生させた対戦協力型のアクションゲーム。 本作は各陣営の拠点を攻める内容となっており、登場キャラクターが全員「ボンバーガール」と呼ばれる少女のキャラクターであるのが特徴。 負けた(倒した)キャラクターの服が破れる一枚絵が表示され、軽度ではあるが脱衣ゲーム要素がある(後に帯による部分的な自主規制が入った)。 コナミの作品をベースとしたコラボも各種実施されている。 2017年2月に開催された(以下JAEPO)2017で発表された。 この節のが望まれています。 本作は、「ボンバーマンシリーズ」の基本システムすなわち下記の内容をベースにしている。 爆風で破壊可能な「ソフトブロック」、破壊不可能な「ハードブロック」、そしてソフトブロックに隠されたパワーアップアイテムが存在する。 設置した爆弾は一定時間後爆発して、十字に爆風が広がる。 爆風の大きさは取得したパワーアップアイテムに依存する。 キャラクターのパワーアップ要素は、爆風の大きさ・同時に設置できる爆弾の数・移動速度の3つ。 プレイヤーは爆弾を設置しながら、ソフトブロックを破壊しつつアイテムを回収してパワーアップする• 例外ありの部分は、キャラ毎の「スキル」の存在のためである。 一方踏襲されていない内容、特にこれまでの作品と大きく違う部分は次の通りとなる。 勝利条件。 「最後まで生き残ったプレイヤー」ではなく「拠点を破壊したチーム」または「拠点に多くダメージを与えたチーム」が勝利となる。 倒されたプレイヤーは、「敗者として終了までゲームからリムーブ」ではなく「5秒間一時的にゲームからリムーブされた後、復帰地点から再開」となる。 そのため「みそボン」は存在せず、さらに相手を倒した回数(いわゆる「キル数」)を争うゲームでもない。 キャラクターは所定のライフ HP があり爆風を受けてもダメージを受けるが「即死」ではない。 ダメージにより残りHPが0以下になると倒される。 味方や自身の爆弾による爆風を受けた場合はその場で一定時間動けなくなる スタン。 ダメージは、相手からの爆弾や攻撃のみで受ける。 引き継がれていないアイテムがある。 例えば「ドクロ」アイテムは本作に存在しない。 残り時間が少なくなる(60秒以下)なると、BGMのテンポは上がるがマップが狭くなるなどの早期決着を促す仕掛けは発生しない。 マップはプレイヤーで選択できず、一定のラインナップからランダムで選択される。 マップのラインナップは一定期間で更新・追加される。 4対4の敵味方2チームに分かれ、自分のベースを破壊される前に、敵のベースを破壊することがゲームの目的となる。 本作ではの要素を取り入れ、アタッカー、ボマー、シューターといった能力スタイル、チームレベル および経験値 や特殊スキル、リスポーン先となる拠点、ベース前を守るゲートといたものを実装している。 自分のチームのボム及び爆風は青で表示される。 敵チームのボム及び爆風は赤で表示され、これに当たるとダメージを受ける。 敵の攻撃スキルによってもダメージを受ける。 HPが0になると服が破けたダメージイラストが表示され、5秒後に自チームのリスポーン地点から復活する。 筐体には縦長のメイン画面、タッチパネル形式のコントロールパネル、操作スティックと各種ボタン、コンパネ上部に拠点破壊時に使用する起爆ボタンが設置されている。 メイン画面上の液晶画面には斜め上から見下ろしたクォータービュー形式の3D画面が表示され、メイン画面上部では遠くまで見渡せ、下部ではプレイヤーキャラクターを起点にほぼ真上の視点で見えるようになっている。 またメイン画面下部には、チャットログのほか、スキルの使用可否の状況やチームゲージといったゲームの基本情報やパラメータが表示されている。 コントロールパネルはステージ全体のミニマップが表示されており、チャット用のボタンやベースに帰還するボタンもここに設置されている。 ボムの設置、スキル1、スキル2のボタンもここに設置されており、使用できるスキルが表示されるようになっている。 起爆ボタンは敵のタワーもしくはベースの耐久ゲージが0になると押せるようになる。 時間内にベースを破壊したチームの勝利。 時間切れの場合はベース・タワーなどの残り耐久度が多い方が勝利で、それも同じ場合は引き分け。 プレイヤークラスとマッチングシステム [ ] オンライン対戦がメインのため、プレイヤーの実力の参考として下から順に以下の7段階のクラスが存在する。 各クラスのAの次は、上位のクラスCへアップとなり逆にCの時に降格条件を満たすと下位クラスのAへ降格してしまう。 ビギナー• ルーキー• レギュラー• スター• スーパースター• マスター• グランドマスター プレイヤーには「クラスポイント」が存在し、対戦結果によってこれが上下する。 具体的には勝てば上がり負けると下がる。 さらに連勝時の上昇ボーナスや対戦相手が上位クラスが多かった時の「ハンデキャップボーナス」が存在する。 クラスポイントに影響するのは結果のみで、試合内容は吟味されない。 このクラスポイントがいっぱいになれば上位へクラスアップし、逆にクラスポイントが空になると降格となる。 2020年6月時点では、プレイヤークラスによる違いは下記マッチング帯以外の影響はない。 通常選択される「全国のプレイヤーと出撃」を選択した場合のマッチングは、パートナーがビギナーのみでかつ相手がCOMのみの「ビギナー帯」、ルーキー以上スター以下全てがマッチングする「下位帯」とスーパースター以上の「上位帯」に分かれている。 さらにマッチング帯による違いは選ばれるマップに違いがあり、ビギナー帯は必ず「ボムタウン1」、下位帯はピックアップされたマップのうちの一部、上位帯はピックアップされたマップの全てから選択される。 上位帯のマッチングはさらに細かく下記のクラスを優先したマッチングが行われる。 スーパースターA〜C• マスターC• マスターB、A、グランドマスター 以上のクラス帯から8名のプレイヤーをマッチングするが、あくまでも「優先」のため欠員が出る場合は別クラスから自動的に補充される。 同じマッチング帯の補充プレイヤーが存在しない場合はCOMが補充される。 例外として、指定した店舗と対戦する店舗対戦の場合はクラス帯は一切無視される。 ただしこの設定はプレイ画面ではなく、オペレーション画面で設定する必要があるため対戦先を含めた店舗に協力を仰ぐ必要がある。 なお、フレンドやクラン、プレイヤーへの評価ボタン(いわゆる「いいね!」)といったSNS的機能は存在しないため全国対戦では指定した人と組みたい、または対戦したいまたはしたくないといったプレイヤー(マッチング)指定や希望、ルーム機能はない。 シンプルに同時にプレーを開始した同マッチング帯のプレイヤーとマッチングし、誰と組み対戦するかはマッチング完了までわからない。 店舗対戦時は必ず「店舗Aのチーム」と「店舗Bのチーム」とマッチングされる。 パワーアップアイテム [ ] ソフトブロックや一部オブジェを破壊するとランダムでアイテムが出現するが、本作では以下の5種が存在する。 パワーアップにはキャラクターごとに最大値が存在し、最大値に到達したパラメーターはアイテムを取得しても効果は一切ない。 そのため最大値になったパラメーターのアイテムは敢えて取らずチームメンバーに譲ったり、倒されることで失うパラメーターの補強に使うといった戦術に活用することができる。 ただし「経験値」アイテムは記述の通りチーム共有のため譲る必要はない。 火力 炎のアイコンが描かれた赤色のアイテム。 爆風の長さが上昇する• ボム数増加 爆弾のアイコンが描かれた黄色のアイテム。 同時に設置できる爆弾の数が上昇する• 移動速度上昇 ローラースケートのアイコンが描かれた水色のアイテム。 移動速度が上昇する• チーム経験値が上昇し、4つ取ると1レベルアップとなる。 このアイテムのみチーム全体に効果が及ぶ• ライフ ハートのアイコンが描かれたピンク色のアイテム。 HPが回復する。 唯一ソフトブロックから出現せず限られた状況でしか取得できない ラッシュタイム [ ] いわゆる逆転要素。 チームゲージに一定以上の差が開いた時に不利側に発動する。 両チームとも1試合で1回だけ発動するため、1回ラッシュタイムが発生したチームはその後いかなる不利状況になっても再度発生しない。 ラッシュタイムが発生した側のチームは15秒間以下の影響を受ける。 HPがその場で全快する• 各種パラメーターがキャラの現在値および最大値を無視し、全て「7」になる• スキルのチャージ時間が大幅に短縮される• ラッシュタイム発生時に経験値不足で使用できなかったスキルが解放される(チームレベルが最大扱いになる) ラッシュタイムに入ると画面にメッセージが表示され、BGMも固定のものに変更される。 ラッシュタイムになったチームはいかにこれを生かして逆転するか、そして相手側はいかにこれを乗り切るかが勝敗を分けるポイントとなる。 マップ [ ] 本作ではこれまでのシリーズのような長方形ではなく、途中に施設や隘路などが設置された複雑な形状でかつ画面1つでは入りきらない大きなマップとなっている。 ただし一部を除いて形状は点対称となっているためどちらのサイドに配置されても全てのプレイヤーにとっての視点や操作は全く同じ感覚でプレーできるように設計されている。 また各マップには固有のマップギミックが存在するがプレイヤーやチームが仕掛けそのものを無効化できないようになっている。 そのためいかにギミックを利用するかがポイントとなる。 オンラインバトルモードに登場するマップは大きく下記6種類存在するが、さらにその中でもバリエーションが存在し追加されているため実際のマップ数は数十種類に及ぶ。 この中から一定期間中3種類がピックアップされ、ピックアップされた中からゲームごとにランダムで決定される。 そのためプレイヤーにはマップ選択権はない。 ボムタウン [ ] 共通マップギミック:踏切と列車 街中に設置されたマップ。 一定間隔で警報音が鳴り始め、その後踏切が閉じられて列車が通過する。 踏切が閉じられると列車軌道外に脱出はできず閉じ込められてしまい、列車に轢かれて一撃で撤退となってしまう。 ただしマップによっては抜け道が設定されているため、抜け道の存在するマップでは踏切が閉じられても脱出や侵攻が可能である。 踏切の攻防はもちろんだが、抜け道にも注意を払うことが勝負の鍵となる。 例外的に「ボムタウン1」は初心者用マップと位置付けられ、一定のクラスまではピックアップされているマップを問わず必ずこのマップが選択される。 「ボムタウン1」にはマップギミックは無く構造もシンプルなマップで、ベース侵攻口も通常の2方向ではなく4方向から入れる難易度が低い造りとなっている。 サイバースペース [ ] 共通マップギミック:なし 雲を貫く高層ビルの頂上に設置されたマップ。 他マップと違い進路を妨害するギミックはないもののベースの形状やゲートのが多いなど造りがやや特殊なマップが多い。 試合開始前に近傍をが通過することがある。 パニックアイランド [ ] 共通マップギミック:折れる橋 がうろつく海の上に建設された人工島に設置されたマップ。 マップギミックの折れる橋は一定間隔でグラグラ揺れてから下に落ち、しばらくすると元に戻ることを繰り返す。 下に落ちている間は橋を渡ることができなくなる。 さらに橋が折れた瞬間に橋の上に居るキャラは海に落下し即座に撤退となってしまう。 聖邪の遺跡 [ ] 共通マップギミック:鉄格子 人里離れた山岳地帯に設置されたマップ。 鉄格子はスイッチを踏むと開くが、スイッチから足を離してしばらくすると閉じる。 ほとんどの鉄格子は片方からしか開けられずうまく使うとショートカットになりうるが、それは相手にも同様なため開けるタイミングには注意が必要となる。 また例外的にマップが点対称ではなく線対象のマップが存在するため、開始サイドによって見た目上左右が逆転する。 アクアブルー城 [ ] 共通マップギミック:ジャンプ台 名前の通りアクアの居城。 ジャンプ台は常時一定間隔で動作しておりこれに乗ると全ての障害物を飛び越し決まった場所へ着地することができる。 逆に着地点からは戻ることはできないため、侵攻ルートが2つ存在することになる。 ただしジャンプをする場合着地点や着地タイミングの調整は一切できないため、相手に着地点付近で待ち伏せやブロックを設置されると侵攻が大きく妨害されてしまう。 よって特に中盤以降のリスポーン時にジャンプ台を利用するときは下画面の全体マップで相手が着地点付近に張り込んでいないか注意を払う必要がある。 カラクリ城 [ ] 共通マップギミック:オジャマ石 日本庭園をモチーフにした和風のマップ。 マップギミックのオジャマ石は決まった場所に設置されており飛び越すことも破壊もできず上にカウントが表示されている。 これは1秒毎に1ずつ減っていき0になると地面に埋れて通行可能になる=侵攻ルートが増加する。 その他 [ ] 上記以外のオンラインバトルには登場しない専用マップやコラボ用マップ。 チュートリアルマップ• QMAコラボマップ との社内コラボマップ。 ボムタウン系をベースにしたもので、看板やオブジェクトにQMAのイラストなどが描かれている。 現在は出現しないもののQMAのイラストをなくし小修正したものが通常マップへ編入された。 ハロウィンマップ パイン追加時の限定マップ。 こちらも上記QMAコラボマップと同様現在はオブジェクトなどを通常のものに変更、マップも小修正されて通常のマップに編入された。 KACマップ コナミによるeスポーツ大会KACで実際に利用されたマップ。 基本的に既存のマップと同じだが、KAC用のオブジェクトがつけられたデザインになっている。 ボンバーガールはKACに2019年と2020年に対象として選ばれているが2020年は予選は予定通り開催されたもののその後の影響で決勝戦が無期限延期となっている。 キャラクター [ ] プレイアブルキャラクターは「ボンバーガール」と呼ばれている。 ゲストキャラ(コナミの他作品から登場するキャラ)を含めた全員に共通する特徴として、導火線など各キャラをモチーフにした尻尾が生えており、メインビジュアルではそこから火花が飛び散っている。 初期状態で使用可能なのはシロ、モモコ、エメラ、オレンの4人のみで、パプルは初回プレイからのスタンプを完成させることで解禁され、それ以外はバトル終了後のボンバーガチャで当たれば使用可能になる(ロケテストで使用可能にした場合は製品版に引き継がれた)。 誕生日は稼働開始後に公表されたが、ゲストキャラの誕生日は公表されていない。 ボマー [ ] 攻撃役。 ボムを多数設置でき豊富なボムスキルでソフトブロックの破壊や高威力のボムで施設破壊に長ける。 一方攻撃手段はボムしかない為相手ガール、相手サポーターを倒すのは苦手。 また防衛能力は皆無で参加しても逆に味方後衛を妨害しやすい。 そのため原則自チームが不利でも防衛には一切参加せず常に相手陣地へ侵攻し、相手ベースを攻撃し爆破へ導くことが定石となる。 シロ(声:)誕生日: 白いセーラー服を着たボンバーガール。 ボンバーマンシリーズの主人公である「(白ボン)」をモチーフにしたキャラクターで、髪飾りやボンボリをモチーフにしたサイドテールなど白ボンの意匠が見られる。 これまでのボンバーマンに近い感覚で操作できるとっつきやすさを持つ一方、ソフトブロック破壊力の高さと豊富なバリエーションを持ったスキルを持つため奥深さも持つ。 (声:)誕生日:未公表 元(モチーフ)は『』(ボンバーマンシリーズと直接の関連はない)のメインヒロイン。 「詩織をモチーフにしたボンバーガール」なので厳密には詩織本人ではないが、声は詩織役の金月真美が演じている。 他のボマーと違い一発で大火力のボム技が無い一方自身と味方に一定時間完全無敵を付与できる。 またスキルも自身が倒れると性能が落ちる特性があるため、味方前衛と足並みを揃えかつ相手陣地でいかに長時間生き延びることが重要になる。 クロ(声:)誕生日: 黒いブレザーを着たボンバーガール。 「(黒ボン)」をモチーフにしたキャラクターで、髪飾りやボンボリをモチーフにしたサイドテールなど黒ボンの意匠が見られる。 威力に特化しているため施設破壊力が高く、一発逆転力が強い一方ソフトブロック破壊はボマー内ではやや苦手な特性を持つ。 灰色のジャンパーを着たボンバーガール。 ボンバーマンシリーズに登場する「(マックス)」をモチーフにしたキャラクターで、髪飾りなどにマックスの意匠が見られる。 全般的にはシロとクロの中間の特性を持つが、彼女固有の能力として電撃を伴うボムスキルはハードブロックの向こうに存在する相手やブロックを攻撃することができる。 一方ボムを動かすスキルは覚えないため、ボムによる隘路の封鎖を崩すのは苦手でかつボムに囲まれると脱出する術に乏しい。 アタッカー [ ] 攻撃役。 足が速く相手や施設を直接攻撃できるスキルが豊富な切り込み役。 サポーターの除去も得意なためゲートを壊してしまえばベース侵入もスムーズに行いやすい。 一方、体力は低くボムの性能は低めでソフトブロック破壊は苦手。 ボマーと違い直接攻撃スキルがあるため攻めてきた相手を倒すこともできるが、ボマー同様原則不利状況でも相手陣地へ侵攻するのが定石。 攻撃スキルの無敵時間を駆使し、立ち回りで如何に長時間相手陣地を侵略し続け撤退させられないかがポイントとなる。 オレン(声:)誕生日: オレンジ色の迷彩柄のヘソ出しルックに身を包んだボンバーガール。 アイパッチをしている。 デフォルトキャラとしてはややクセはあるものの、ブロックやボムを飛び越したりすり抜けて攻撃するスキルを持つため速攻力が高い。 また自分自身のHPを回復するスキルを持つため、HPの少なさの割には立ち回りによっては長く敵地を侵略し続けることも可能。 ウルシ(声:)誕生日: 紅白の和服を着て目を仮面で隠しているボンバーガール。 スキルで姿を完全に隠して移動ができる。 時間経過かボム設置またはスキル使用、攻撃を受けると解除される。 ボマーのような一発で大きいダメージは与えられないが、攻撃回数で施設に大きいダメージを与えることができるのも強み。 『』シリーズ(ボンバーマンシリーズと直接の関連はない)のの血を引くボンバーガール。 ベルモンド家伝統の鞭や手持ちのチェーンソーによる直接攻撃のリーチに長ける。 またアタッカーとしては例外的に足は遅めだが体力は高いため他の二人より強引な攻めがやりやすい。 名前や外観の通りをモチーフにしており、髪の毛は浅葱色でボブカットの後ろ髪の先端が白になったダンダラ模様になっている。 狼の尻尾と耳を持つ壬生狼族のボンバーガール。 魔剣「大念動波剣」(『』に登場する剣と同じ名前だが、同作とボンバーマンシリーズと直接の関連はない)を操る正義感の強い警察官。 元・神撰組三番隊組長。 スキルを相手に当てるとHP吸収ができるが、回復に若干時間差がある。 シューター [ ] 防衛役。 離れた地点やブロックを挟んだ敵を狙撃するスキルを持っている。 すべての射撃スキルは施設に当てるとダメージが半減するため原則攻め込んできた相手を倒すために使用する。 体力と走力は低めでボムは火力が強く設置個数は少なめ。 エメラ(声:)誕生日: エメラルドグリーンのボディーをした戦闘用のボンバーガール。 メイド用にカスタマイズされ、エプロンをしている。 尖った部分は少ないが連射、射程重視、高火力射撃による援護とそれぞれを使い分けられかつ弾の発射にも癖が少ないため使いやすく、オールラウンダー的な特性を持つ。 パプル(声:)誕生日: 紫と白のボーダーの服を着たボンバーガール。 左目が赤、右目が青のになっている。 イラストにはセイジャ(声は未公表)が一緒に居るが、バトル中は背中の羽根や弓矢に変化する。 敵を射るとダメージと短時間の速度ダウンを付与、味方や自陣施設を射ると透過せず回復と速度アップ(速度アップは味方キャラのみ)する弓矢を使う。 相手への鈍足効果は無敵時間中に当てても付与できるため相手への妨害効果は高いが、味方にも当たる特性は混戦と相性が悪く、ゲートやベース防衛時は他シューターキャラと違いガチャスキルを引かないとこれらの向こうに居る相手を撃つことができないため苦手(持っていても弾道が特殊なので当てるのは難しめ)。 『』に登場する「聖邪の天使」をモチーフにしたキャラクター。 ツガル(声:)誕生日:未公表 元(本来のモチーフ)は『』の菱宮津軽で、『』(いずれもボンバーマンシリーズと直接の関連はない)のサンタ型ツガルがモチーフとなっている。 直線的で射程距離も非常に長い射撃スキルで狙撃に長ける一方、発射時はごく短時間足が止まるため接近戦は苦手。 またシューターとしては速度上昇の限界値が少し高く施設攻撃のダメージも他シューターと比較すると出しやすいため、前衛の援護に貢献しやすい。 元(モチーフ)は『』シリーズの2P機ウインビーのパイロット(ボンバーマンシリーズと直接の関連はない)。 射撃スキルは手持ちの拳銃またはウインビーによる攻撃で、いずれも連打はできないものの一発が重い。 ブロッカー [ ] 防衛役。 ソフトブロックを生成するスキルを持っている。 体力は4ロール中最高。 ベースの防御固めはもちろん、敵の侵攻の妨害役も兼ねており唯一復帰ポイント潰しができるため敵の攻めを遅らせることができる。 シューターとの連携が重要で、地味ながら非常に重要な役割。 モモコ(声:)誕生日: ピンクのロリータ風の衣装を着たボンバーガール。 ランドセルにはボンバーマンの敵キャラのアクセサリをぶら下げ、手には風のステッキを持っている。 ブロック生成力の高さと施設や味方の回復スキルを持った後衛のスタンダード的な特性で、回復スキルが強力なため不利状況を返す可能性も持つ一方直接攻撃やブロック生成以外の妨害スキルに乏しいため敵にベースに入られると追い払うのは苦手。 レウィシア・アクアブルー(アクア)(声:)誕生日: 青い髪のボンバーガール。 ゲーム中やメディアなどほとんどの場合フルネームではなく略称である「アクア」が使用される。 ブロック生成力は高くないが、強力なサポーターを召喚したり、敵を問答無用でスタート地点まで追い払うことなど直接相手にダメージを与えたり、追放するスキルに長ける。 一方チームゲージが不利になった時の巻き返しが難しい。 『』に登場する 「レウィシア(レウィシア・ラル・ヘブンケール)」をモチーフにしたキャラクター。 元(モチーフ)は『』(QMA)の(ボンバーマンシリーズと直接の関連はない)。 また、QMAと異なり名前表記に「・」がない。 ブロックは直接生成できず、代わりに敵味方問わずボムをブロックに変換するためテクニカルな部分があるが、他のブロッカーより柔軟なブロック生成ができる。 全般的に相手の妨害が得意で、特に敵ボマーの超強力なボムを出されてもブロッカーの中で唯一不発にさせることができる。 アクア同様、チームゲージが不利になった時の巻き返しが難しい。 黄色のロリータ風の衣装を着たボンバーガール。 ランドセルにはボンバーマンの敵キャラの「パース」をモチーフにしたデザインのランドセルを背負っている。 手には風のステッキを持っているが、こちらは爆弾部分を複数括り付けたものがモチーフとなっている。 スキルや特性はほぼモモコに準じるが若干癖がある。 ブロック生成は一回で4つブロックを生成できるがチャージ時間とモーションがやや長く、回復スキルは逆にモーションが短いといった相違点がある。 その他 [ ] ナビゲーションのキャラ(声:未公表)誕生日:未公表 ゲームのナビゲーションに登場するキャラ。 外観はボンバーマンシリーズに登場する「」に似ているが関連性および本作における名前や素性などキャラクターに関わる情報は一切不明。 公式Twitter漫画やゲーム内で2頭身キャラとして登場するときはKONAMI社員(制作スタッフ)の代役というアイコン的な役割も担っており、そのときは「スタッフ」と書かれた襷をかけていることがある。 サポーター 『』をはじめとする、ボンバーマンシリーズの様々な作品に登場する敵キャラをモチーフにしたキャラ。 「ミンボー」「オバピー」「コンドリア」モチーフのサポーターが存在し「ミンボー」以外はソフトブロックを透過できるがそれ以外の特性は同じ。 いずれもタワーやベースなどの周辺にいる護衛だが移動速度は遅く、相手キャラを捕捉すると追尾を始める。 自チームからのの攻撃は一部を除いて透過するが、相手チームからの爆風や攻撃に当たると消滅する、相手キャラに当たった時は消滅と同時にダメージを与える。 特殊なサポーターとしてアクアのスキルで召喚された物は全般的に性能が高い。 移動速度、攻撃力はもちろん相手を捕捉すると最短距離で接近してくる。 外観はアクアのイラストで随伴しているコウモリの羽を持つもので自チームから発生したものはイラスト通り青色の体色だが、相手チームのアクアが召喚したものは赤色になっている。 脚注・出典 [ ].

次の

ボンバーガール (ゲーム)

ボンバー ガール セピア

【 東京店/名古屋店/大阪店/徳島眉山店 】• 多くのお客様にお並びいただいた場合、整理券制となります。 整理券は混雑時の待機列解消のためにお配りしております。 お配りする整理券は先着順での配布となります。 入店時間をお選びいただくことはできませんのでご注意ください。 当日の整理券配布状況は各店のTwitterよりお知らせ致します。 下記の各店Twitterアカウントをご確認ください。 【 北九州店 】• 多くのお客様にご来店いただいた場合、入店制限を設けさせていただく場合がございます。 店頭ウェイティングボードに記入いただき、お待ちください。 お席がご用意でき次第、お電話にてお呼び出しさせていただきます。

次の