パソコン mac アドレス。 パソコンやスマホのMACアドレスの確認方法

MACアドレスが2つ??

パソコン mac アドレス

MACアドレス重複の問題・影響 普段意識しないMACアドレス重複。 ふと気になってARPテーブルやMACアドレステーブルを見たりして『 あれ?これMACアドレス重複してない?』と思ったとき、どう考えればいいかをまとめてみました。 まず、MACアドレスが重複していて 問題・影響が有るパターンと 無いパターンがあります。 問題・影響が有るパターン MACアドレスが重複していて問題が出るのは、『 同一ブロードキャストドメイン内で、異なるIP機器が、同じMACアドレスを持つ場合』です。 このときの影響は、重複している機器の両方で、 通信速度が遅くなったり、頻繁に繋がったり繋がらなかったりするようになります。 原因は、 MACアドレステーブルのフラッピングです。 MACアドレステーブルは、同一VLAN内でMACアドレスのエントリを2つ以上持つことができません。 つまり、 同一ブロードキャストドメインの中でMACアドレスが重複していると問題があるのです。 具体的なケース VMware等の仮想MACアドレス重複 VMware等の仮想マシン上の仮想NICの仮想MACアドレスが競合するケースがあります。 それゆえ、仮想マシン上の仮想NICの仮想MACアドレスを、以下のように生成します。 00:50:56:[XX]:[YY]:[ZZ] [XX] には " vCenter Server instance ID" Ox00〜3fの中からvCenterインストール時にランダムに付与 に Ox80を足したものが入ります。 [YY]:[ZZ]は仮想マシンの仮想NIC生成時にランダムに生成されます。 つまり、 複数の vCenter を使い、 instance ID が重複し、 仮想マシンを同一VLAN内でたくさん作ると、重複する可能性が上がるのです。 これはVMwareでのケースですが、HVPER-VやKVM等でもVM管理が分かれていれば同様のケースが起こり得ます。 具体的なケース 1つのインタフェースに複数のIPを付与した場合 同じインタフェースに同一セグメントのセカンダリIPを付与した場合は、対向機器のARPテーブルに、 異なるIPで同じMACアドレスのエントリが複数表示されます。 ですがこれは問題ありません。 何故なら ARPテーブルの使い方は『IPアドレスからMACアドレスを調べる』という一方通行だからです。 複数のMACアドレスが1つのIPと紐づくいわゆる『IPアドレス重複』だと問題ですが、その逆は問題無いのです。 そしてMACアドレステーブルについても、スイッチとしては1つのポートに1つのMACがあるだけなので、accessポートであろうがtrunkポートであろうが、フラッピングは起きないし、その他の問題も発生しません。 Linux等で論理インタフェースを生成した場合 Linux で BondインタフェースやVLANインタフェース等の 論理インタフェースを作った場合、デフォルトでそのインタフェースが所属する 上位インタフェースのMACアドレスを継承します。 例えばBondインタフェースであれば、最初のスレーブ物理インタフェースのMACアドレスが使われます。 別ブロードキャストドメインでの重複 例えば先程の『問題・影響のあるパターン』の具体的なケースで紹介したVMwareの仮想MACアドレスですが、たまたま同一VLANで重複すれば問題が発生しますが、別VLANに繋がれば、問題は起きません。 極端なケースで、VM 1とVM 2がvNIC 1 VLAN10所属 とvNIC 2 VLAN20所属 を持ち、たまたま VM 1 の vNIC 1 と VM 2 の vNIC 2 のMACアドレスが重複し、 VM 1 の vNIC 2 と VM 2 の vNIC 1 のMACアドレスが重複していたとします。 このケースでも問題は発生しません。 ポイントは『 ルーティングテーブルにより出力インタフェースが決まる』ことと、『 ARPテーブルはインタフェース毎に持つ』ことです。 VM 1 10. 補足ですが、もし宛先IPが自分とは異なるセグメントであればNextHopも調べます。 今回は同セグメントですので、 出力インタフェースから10. 2のARP解決要求をブロードキャスト送信し、VM 2からは10. 2に対するMACアドレスがARP応答として戻ってきます。 そしてそのMACアドレス宛にIPパケットをそのインタフェースから送信します。 このとき、IPとは違い、 異なるインタフェースのMACアドレスは一切気にしません。 IPv6のリンクローカルアドレスの重複も同様 IPv6のリンクローカルアドレス『fe80::〜』もMACアドレスと同様、ブロードキャストドメインが異なれば重複しても影響はありません。 このケースでも ポイントはやはり同じで『 ルーティングテーブルにより出力インタフェースが決まる』ことと『 ARPテーブルはインタフェース毎に持つ』ことです。 MACアドレスの重複の調査方法 IP重複の場合はOSがで重複検知し、警告を表示させる機能がありますが、MAC重複に関してはそのような機能はありません。 なので重複していないかどうかの確認はデフォルトゲートウェイとして使っている全てのNW機器の全VLANのARPテーブルを確認し、重複したMACがある場合はそれが前述の『問題・影響のあるパターン』かどうかを見極める必要があります。 また、重複していることが判明した場合、 どの端末が重複しているかの調査方法は、 スイッチのMACアドレステーブルを確認し、そのMACアドレスがどのポートに繋がっているかを追っていくしかありません。 フラッピングにより頻繁に変わるので惑わされず根気強く調査する必要があります。

次の

MACアドレスの調べ方(Windows編)

パソコン mac アドレス

とは、 パソコンやルータなどのネットワーク機器などについている固有の識別番号になります。 表記方法はFF:AB:CD:EF:12:34 のように0~9 A-Fの16進数であらわされます。 2進数になおすと 48bit つまり0と1の48桁になります。 ここでは前半24bitはOUIいう名前の、ベンダー番号が割り振られます。 メーカー固有の番号になります。 後半がそのメーカが付けるシリアル番号になります。 例えばのOUIは00-1B-63になります。 だれがメーカごとの取りまとめをしているかというと というカに本部を置く技術標準化機関が管理しています。 基本的にこの番号は他の機器と重複しないように世界で一つになるように付けています。 , 他の動画で説明しましたが、LAN内の機器とデータをやり取りするにはフレームが使われます。 送信元、宛先としてを使います。 をコンピュータの通信は、相手のとの2つのアドレスが分かって、はじめて送りたいデータの送受信が行えるようになります。 相手のからを問い合わせるを 逆にからを問い合わせるをといいます。 について詳しく説明していきます。 パソコンAからCにデータを送ることを目的とします。 パソコンAはパソコンCのが分かっている状態ですが 相手にフレームを送るためにはが必要なので でパソコンCのを問い合わせます。 ただ、この時相手がどこにいるか分からないので、同じネットワーク内全ての端末に対して問い合わせを行います。 この問い合わせを行うとき用いられるのが行うのが他の動画で説明した フレームになります。 フレーム でも、フレームにはを設定する場所ってありませんでしたよね? どこに相手のを入れるかというと、データ部を上手く使うのです。 相手のが分からないので 全宛先を意味するオールFのを入れます。 このオールFのをブロードキャストアドレスと言います。 ちなみにマックではなくでオールヘビーというと なんと無料で野菜・ソースが2倍になります。 って全然関係ないですね 送信元は自分自身の 次のタイプに を使いますよーという意味の 0x0806 をいれます。 データ部に 再度送信元と送信元を入れます。 ターゲットのは不明なのでオール0とします 次に知りたい相手のをいれます。 ここではパソコンCのになります。 準備ができたのでこのフレームをパソコンAから発射します! この相手にを問い合わせる行為をリクトといいます。 リクトのフレームはその同一ネットワーク内の端末すべてに届きます。 ただ、他の動画で説明していますが、VLANでグループ分けされていたら異なるVLAN番号のものには届きません。 うけとった端末はデータ部にあるが自分のと一致するかをチェックします。 一致しなければ、フレームを破棄して何も応答しません。 一致すれば、の応答用にフレームを作ります。 今回はパソコンCからパソコンAに返答するので送信元と宛先が逆になるイメージです。 宛先に パソコンAの 送信元にパソコンの タイプは変わらずを意味する0x0806 そしてデータ部の 送信元に パソコンCの 送信元に パソコンCの ターゲットのに パソコンAの ターゲットのに パソコンAのを入れます。 行きは全端末を相手にする「ブロードキャスト」でしたが、帰りは送信元がわかっているので 1つの端末を意味する「ユニキャスト」として返信します。 この、の返事を返す行為を「リプライ」といいます。 同一ネットワーク内の話をしましたが が例えばインターネット上に存在する 突破口ドットコムのだった場合は何のを返却するでしょうか? 答えは、として設定されているルータのが返却されます。 はレイヤ2の話なので外部ネットワークと通信するのはレイヤー3のになります。 なので、指定されたが外部ネットワークの場合はレイヤ2と3の分かれ目に存在するルータのが返却されます。 ARPテーブル いちどを問い合わせてが分かったのに 再度通信したい場合、もう一度を送るのは非効率ですよね? じつはで得られたととの紐づけを端末側で一定時間保持しているのです。 これをテーブルといいます。 パソコンでは -a コマンドでテーブルを見ることができます。 一定時間といいましたが、メーカによりますが数分で消えてしまいます。 機器の入れ替えでに対するが変わった場合 通信ができなくなってしまうのを避けるためでもあります。 GARP 関連ででよく出てくるのが GARP になります。 リクトに問い合わせを行う端末自身のを入れるのです。 私の家の住所はどこ?と他人に聴いている感じで 普通に考えると意味のない行為ですよね? 普通に考えると相手からが返事がないのですが もし同じが他人が使っていた場合返事があります。 このGARPの目的は が重複していないかどうかを検出することにあります。 また、 同一ネットワーク上の機器のキャッシュを更新させる目的もあります。 例えば機器の冗長技術であるで 2台のルータに仮想的に同一IPを割り振ります。 は同一の192. 168. 1で ルータAにA ルータBにBとします。 通常時はルータAと通信してルータBは待機系とします。 なので通信送信もとからみたら テーブルの紐づけは 192. 168. 1に対してAになります。 ただ、ルータAが故障した場合、テーブルが邪魔してすぐに切り替えられませんよね。 ルータBがGARPで自身のを通知することで 192. 168. 1に対してB と送信元端末のテーブルが書き換えられ通信機器の切り替えがうまくいくということになります。

次の

LAN経由で他のPCのMACアドレスを調べることは可能でしょうか?

パソコン mac アドレス

次の手順で設定からMACアドレスを確認します。 「設定」が表示されます。 「ネットワークとインターネット」をクリックします。 「ネットワークとインターネット」と表示されます。 接続状態により操作方法が異なります。 次の操作を確認してください。 無線LANをご利用の場合 「Wi-Fi」をクリックし、右側の項目から「ハードウェアのプロパティ」をクリックします。 有線LANをご利用の場合 「イーサーネット」をクリックし、右側の項目から、「接続済み」アイコンをクリックします。 「Wi-Fi」または「イーサーネット」と表示されます。 「物理アドレス」の右に表示されるMACアドレスを確認します。 (Wi-Fiと表示される場合).

次の