パソコンからアイフォン 写真。 【Windows10】iPhoneの写真をパソコンに取り込む/保存方法!

パソコンからiPhoneにデータを転送する方法

パソコンからアイフォン 写真

iTunesの設定を変更して起きます。 メニューの「編集」「設定」 「デバイス」から「iPod, iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェッックを入れます。 これは自動的に同期してデータが消えたり重複しないようにするためです。 iPhoneをライトニングケーブル(USBケーブル)でWindows PCと接続してアクセスを許可します。 iPhone側で確認のダイアログが表示されるので「信頼」を選択 画像ライブラリーが起動するとiPhoneに保存されている写真リストが作成されます。 この状態では全て選択されているので、「選択の解除」をクリックして、取込みたい写真だけクリックして選択します。 その後「インポート」すると写真がPCに取り込まれます。 エクスプローラで見ると「ピクチャ」の下に日付のフォルダができていてその中に写真が取り込まれています。 iPhoneが見えない場合は、ケーブルを指し直したり、PCを再起動するなどで見えてきます。 この中に入っていくとiPhoneの写真アプリに保存されている画像・動画のリストが見えてきます。 後はファイルをコピペすればiPhoneの画像をPCに取り込めます。

次の

パソコン(Windows)の画像をiPhoneの写真アプリに取り込む方法。

パソコンからアイフォン 写真

パソコンを使う方法 Androidスマホをパソコンにつないで、中に入っている画像ファイルをパソコンに転送します。 そしてパソコンに転送した写真を、さらにiPhoneに転送するという2段階の作業になります。 この記事では、Windows 10搭載のパソコンを例に紹介します。 以下の記事を参考に、事前に導入してください。 (1)パソコンにAndroidスマホをつなぐ USBケーブルを使って、パソコンにAndroidスマホを接続します。 (2)パソコンでスマホの中のファイルを表示する Androidスマホ上に、パソコンを接続したときのメニューが通知などに表示されます。 メニューから「写真を転送」や「ファイルを転送」といった項目を選びます。 すると、パソコンからAndroidスマホの中に入っている画像データを見られるようになります。 写真を転送したいときは「写真を転送」という項目を選びます。 (3)写真をパソコンに転送する パソコンに表示されたAndroidスマホのフォルダーから、写真を選びパソコンにコピーします。 スマホの機種により異なりますが多くの場合、スマホのカメラで撮った写真は「DCIM」や「Camera」という名前のフォルダに入っています。 また、アプリで撮影した写真やスクリーンショットは別の場所に保存されていることもあります。 余裕があれば日付別や、イベントごとにフォルダーを分けるなどの整理をしておくと良いでしょう。 転送したい写真を「ピクチャ」などのパソコン上のフォルダーにコピーします。 (4)iPhoneをパソコンにつなぐ ここからは、iTunesとiPhoneを使って、写真を転送する作業です。 まずはiPhoneをケーブルでパソコンに繋ぎます。 (5)iPhoneの設定を確認する 写真を転送する前に、iPhoneの設定を確認する必要があります。 iPhoneの「設定」というアプリの中の「写真」というメニューをチェックします。 「写真」メニューの上の方に「iCloud写真」という項目があります。 この項目がオンになっている(右側のボタンが緑色になっている)と、パソコンを使って写真を転送することができないので、あらかじめオフにしておいてください。 (6)iTunesで「同期」する iPhoneをパソコンにつないだ状態で「iTunes」を起動すると、iTunesの画面の左上に、iPhoneの形のボタンが現れます。 このボタンをクリックするとiPhoneに「同期」するためのメニューが開きます。 同期とは、iTunesライブラリに保存されているデータの中から必要なデータを選んで、パソコンからiPhoneへまとめて転送する手続きのこと。 先ほど「ピクチャ」フォルダーに保存した写真も、この同期によって、まとめてiPhoneに転送できます。 なお、同期される写真は、iPhoneでの表示に適したサイズに縮小されます。 元の画質の写真を使いたいときは、このあとで解説する 同期を使わない方法がおすすめです。 「パソコンを使う方法」のメリット• パソコン上で写真を整理できる• iPhoneのデータ容量を圧迫しない• 音楽の転送とあわせて作業できる 「パソコンを使う方法」のデメリット• パソコンを用意する分、手間がかかる• iTunesの同期に時間がかかる Google フォトを使う方法 次に紹介するのは「Google フォト」という無料のクラウドサービスを使う方法です。 Androidスマホには標準で入っているアプリなので、すでに利用している人もいるかもしれません。 このアプリはiPhone版もあり、Androidからアップした写真をiPhoneでみることもできます。 (1)Androidスマホで「Google フォト」を開く Androidスマホで「Google フォト」アプリを開きます(ホーム画面では『フォト』という名前になっています)。 (2)写真をGoogle フォトにアップする Google フォトで写真を「バックアップ」する設定をします。 Wi-Fiにつないだ状態でしばらく待つと、Google フォトに自動でアップされます。 (3)iPhoneに「Google フォト」を導入する iPhoneのApp Storeで「Google フォト」アプリを検索して、インストールします。 アプリを開くと、Googleアカウントでのログインを求められます。 このとき、Androidスマホで使っているものと同じアカウントを入力すると、先ほどアップした写真が見られるようになります。 Google フォトでは、iPhoneで撮った写真もバックアップできます。 また、自動でアルバムを作る機能なども備わっていて、写真を整理しなくても使えるようになっています。 写真は「容量無制限」で保存することができます。 「無制限」で保存する設定では、写真の画質が多少落ちるものの、スマホで表示する分には問題ないでしょう。 なお、Google フォトを使ってバックアップした写真は、iPhoneの「写真」アプリ上には表示されません。 iPhoneの写真アプリで表示したり、他のiPhoneアプリで使いたいときは、Google フォト上で「端末に保存」の操作をする必要があります。 「Google フォトを使う方法」のメリット• パソコンを使わず、別の機器も不要• たくさんの写真をバックアップできる• iPhoneのデータ容量を圧迫しない 「Google フォトを使う方法」のデメリット• 写真をバックアップするために、Wi-Fiやデータ通信を使う• 画質は多少落ちる• iPhoneの「写真」アプリには表示されない iPhone対応のUSBメモリーを使う方法 最後はiPhoneとAndroidスマホの端子に対応するUSBメモリーを使って、写真データを転送する方法です。 iPhoneに公式対応するUSBメモリーを用意する必要がありますが、パソコン不要で簡単にデータを移せます。 iPhoneでも使えるUSBメモリーの一例としてアイ・オー・データの「U3-IP2シリーズ」があります。 また、リンクスインターナショナルが扱う「PhotoFast iType-C Reader」などのmicroSDカードリーダーでも代用できます。 USBメモリーを使う方法では、大きく2段階の手順で、写真を転送します。 (1)AndroidスマホからUSBメモリー AndroidスマホにUSBメモリーをつないで、データを転送します。 「 」などのファイル管理アプリを使って、写真を転送します。 (2)USBメモリーからiPhone 購入したUSBメモリーに付属するファイル管理アプリを使って、写真データを移します。 多くの製品では、iPhoneに挿すとアプリをインストールする画面を案内する表示がでます。 アプリをインストール後、写真を転送するメニューを選ぶと、USBメモリーの中にある写真を転送できます。 「USBメモリーを使う方法」のメリット• Androidスマホで撮ったときの画質そのままで転送できる• パソコンを使わない• microSDカードリーダーを使えばバックアップも作れる 「USBメモリーを使う方法」のデメリット• iPhone対応のUSBメモリーやmicroSDカードリーダーが高額• 用意したUSBメモリーの容量までしか一度に転送できない 3つの写真データ移行方法についてご紹介しました。 それぞれメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った使い方でデータ移行をスムーズに進めましょう。

次の

【Windows10】iPhoneの写真をパソコンに取り込む/保存方法!

パソコンからアイフォン 写真

最終更新日: 2020年06月24日 デジカメで撮った写真やパソコンにダウンロードした壁紙をiPhoneに送りたい時はあるでしょう。 その時はどうすればいいですか? iPhoneを使い始めたばかりなので写真を送る方法がわからない方、または従来のやり方以外にもっと便利な方法を探している方は少なくないと思いますから、このガイドは、パソコンからiPhoneに写真を送るツールを5つご紹介します: それではPCからiPhoneに写真を送る5つの方法を見ましょう。 方法1.AnyTrans for iOSでパソコンからiPhoneに写真を送る まず紹介したいのは、転送ソフトでPCからiPhoneに写真を送る方法です。 このソフトは世界中の1000万人以上のユーザーが愛用するiPhone向けのデータ転送ツールです。 PCからiPhoneに写真を送れるだけでなく、次のメリットもあります:• 高速な転送速度を持って、1分間で800枚以上の写真をiPhoneに転送可能• iPhoneに既存のデータを上書きしない• 画像をオリジナルのままで送り、画質の劣化がない• 直感的に操作でき、初心者でもすぐに利用できる• 無料使用&60日間返金保証を提供 以上、PC版AnyTrans for iOSとiOS版AnyTrans for iOSを利用する方法を紹介しましたが、皆さんはどっちがいいと思いますか?私ならiOS版のほうが気に入ります。 理由は以下の通りです:• PCにアプリをダウンロードせずに、容量を節約できる• USBケーブル不要で、iPhoneとPCの間でデータをワイヤレス転送できる• 無料で利用できる ただ、より多くのデータ(連絡先、通話履歴、メモ、カレンダーなど)を転送したい場合は、やはりPC版のご利用を推薦します。 方法2.iTunesでパソコンからiPhoneに写真を送る iPhoneの公式管理ソフトiTunesを使ってパソコンからiPhoneへ写真を送ることもできます。 操作方法は次の通りです: Step 1.USBケーブルでiPhoneをPCに接続 > iTunesを起動 > 画面左上にある (iPhoneのアイコン)をクリックしてiPhoneの管理画面に入ります。 iTunesでパソコンからiPhoneに写真を送る — Step 5 また、iTunesを利用する時、次のことをご注意ください:• iCloudフォトライブラリをオフにする必要がある• ほかのフォトライブラリからiPhoneに同期された写真は削除されてしまう• 1つのフォルダの写真としか同期できない それが面倒くさいと思っているなら、同じくUSBケーブルでPCからアイフォンに写真を送ることができるを利用するください。 以上がケーブルを使ってパソコンからiPhoneに写真を送る2つの方法です。 次はケーブルを使わずパソコンの写真をiPhoneに入れる3つの方法を紹介します。 手元にケーブルを持ってない方は次の方法を参考してください。 方法3.iCloudでパソコンの写真をiPhoneに送る もしUSBケーブルを使いたくないなら、iCloud写真の同期機能を利用して、パソコンの写真をiPhoneに送りましょう: Step 1.iPhoneで「設定」 > ユーザー名 > 「iCloud」 > 「写真」オンにしてください。 Step 2.パソコンのブラウザでにアクセス > Apple IDでサインインします。 Step 3. 「写真」に入ります。 方法5.メールでパソコンからアイフォンに写真を送る パソコンで写真をメールの添付ファイルに添付して、別のメールアドレスに送ったら、iPhoneからメールを開いて写真を保存することもできます。 iPhoneに送る写真が少ない、しかも複数のメールアカウントを持っている場合、この方法は便利です。 お見逃しなく: まとめ 以上はパソコンからアイフォンに写真を送る5つの方法です。 いかがでしたか? 5つの方法の中で、個人的にはAnyTrans for iOSを使うのをおすすめします。 AnyTrans for iOSはパソコンの複数のフォルダから写真をiPhoneに送ることができ、しかもiCloud写真と併用できます。 また、写真だけでなく、音楽、動画、着信音などのデータの管理もできるです。 パソコンの写真をiPhoneに移すだけでなく、。 ぜひして試してください。 この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアもお願いします。

次の